本日、年間第17主日の10時半のミサ後、柏・我孫子地区主催の講演会「妻の介護をして17年」が行われました。
この講演会は、柏・我孫子地区の地区集会のなかで、講話を務めてくださった方の素晴らしいお話を伺い、他の信徒の方々にも是非聞いて頂きたいということで企画されました。

 

はじめにアヴェマリアの祈りを唱えた後、約90分にわたり、認知症を発症した人の苦しみ、その人への理解、寄り添う人の苦労や心のありかたなど…認知症を患った妻を長年にわたって介護された体験を伺いました。

 

講演の最後に「いつくしみの特別聖年のための祈り」を参加者全員で唱え、終了となりました。
講演を伺い、沢山のことを感じられました。とても、恵み深い講演会となりました。