|  |  |  |

10時半の国際ミサ後、復活祭パーティが行われました。
たくさんの方々が参加くださり、地下ホールの外にも人があふれていました。

マリア会の方々を中心に、パーティの準備してくださり、MCCICからも多くの差し入れを提供して頂き、豪華なパーティとなりました。

 

フィリップ神父様からご挨拶を頂き、神父様の乾杯のご発声でパーティが始まります。

D30_8012
D30_8017

 

 

本当にたくさんの方がいらっしゃり、ご復活の喜びを共に祝いました。
普段会えない信徒の方々との久々の再会もあり、会話に花を咲かせていらっしゃいました。

D30_8021
D30_8024
D30_8020

 

受洗された方々とフィリップ神父様、入門講座の講師を務めてくださったシスターと…

D30_8025

 

 

ご復活を迎え、新しい兄弟姉妹を迎え、松戸教会では、また新たな息吹を頂くことができました。

主のご復活、おめでとうございます!




 |  |  |  |

復活の主日(日中)のミサ後、4月2日の朝祷会(月第1週土曜日早朝に行われるエキュメニカルな集会)を最後に異動される愛徳カルメル会のシスター清水とシスター藤原にご挨拶を頂きました。

D30_7979
D30_7985

 

 

教会学校と青年達からシスターに感謝の気持ちを込めたメッセージボードが贈られます。

D30_7987
D30_7991

 

 

そして、教会からもお礼が贈られました。

D30_7992

 

シスター清水には、入門講座で洗礼を希望される皆さんにカテキズムを優しく指導して頂きました。そして、受洗後も、様々なケアをして頂きました。
シスター藤原には、様々な活動に参加して頂きました。そして、聖ミカエル幼稚園の子ども達も大変お世話になりました。
また、御二人とも、青年たちとの関わりを大事にしてくださり、修道院にお招きいただき、祈りの時間や食事を共にしていただきました。

本当に今までありがとうございました。

ご活躍をお祈りしています。
お近くにお越しの際には、是非松戸教会にお越しください!




 |  |  |  |

本日、復活の主日(日中)のミサが8時から、そして、10時半からの2回のミサが行われました。

特に、10時半からは、国際ミサが行われ、お御堂に入りきれないほどの信徒が訪れ、エントラスもいっぱいになっていました。

D30_7806

 

 

 

入堂後、まず、フィリップ神父様が祭壇と復活のろうそくに献香されました。

D30_7810
D30_7813

 

栄光の讃歌の時にカナパネラが鳴らされ、荘厳に復活の主日のミサが開祭されます。

D30_7823

 

 

 

第1朗読は、ローマ軍の百人隊長であったコルネリウスから招待を受けた聖ペトロがイエス・キリストについて証言する箇所が朗読されます。
復活した主・イエス・キリストに力づけられ、聖霊に導かれた初代教会の姿を思い起こします。

D30_7827

 

第2朗読は、英語で朗読されました。そして、「thanks be to God」と会衆が答えました。
今日の箇所のなかでは、洗礼によってキリストとともに死に、キリストともに復活させられたキリスト者の新しい生き方と栄光が語られます。

D30_7832

 

そして、福音朗読を復活の続唱、そして、アレルヤ唱を歌い、迎えます。

D30_7838

 

福音朗読では、イエス様が十字架で死んでから3日目の早朝の出来事が語られます。
マグダラの聖マリアに墓が空になっていることを聞いた聖ペトロと聖ヨハネの2人の使徒が、走って墓へ向かい、墓が空になり、遺体を包んでいた亜麻布が落ちているのを見つけます。
イエスは、必ず死者の中から復活されるということになっているという聖書の言葉を、2人はまだ理解しなかったのである

D30_7842
D30_7843

 

 

 

第1朗読 使徒言行録 10章34a、37~43節
第2朗読 使徒パウロのコロサイの教会への手紙 3章1~4節
福音朗読 ヨハネによる福音書 20章1節~9節

 

 

 

そして、フィリップ神父様のお説教が行われました。

D30_7846

説教要旨

復活の主日は、恵み溢れる信仰に感謝し、喜びを共にする日です。
キリストの復活は信仰の土台であり、人類の歴史の中で最も尊い大切な出来事です。
私達キリスト者にとってこの日に匹敵する日は他にないでしょう。
この日こそ、神様が造られた主イエス・キリストの日です。全ての希望と幸せは、復活の主日に起こったことから始まります。まさに、夢が実現した日です。
神様の力によって大きな石が動かされ、墓が開き、墓の中は空になっていることが分かりました。
苦しみ・絶望・悲しみが、取り除かれ、永遠の命に生きる希望と恵みに満ちた新しい将来が開かれました。
神様は私達に対し、ご自分の愛を完全にはっきりと示されたのです。
今日の福音書を読むと復活の日の朝の弟子たちの興奮が伝わってきます。
それは、彼らが復活の知らせ・福音を急いで伝えていることからも感じられます。まさに神の民になったことに気づき、彼らの心は喜びに満ち溢れていました。
復活の日の弟子たちの喜びは私たちの喜びにもなり、それは、今まで伝えられてきました。
私たちは、永遠の命を宿すとされましたので、神様のいらっしゃるところで、再び生きる喜びを味わいます。今日こそ、私たちは、復活の命に与ります。いまや、人生の旅路を1人で歩いているのではありません。
イエス様は、私たちの救い主として、心を清くしてくださる方として、私たちといつも一緒に歩いてくださります。
イエス様は、私たちを救うためにいつも側にいてくださいます。
イエス様は、私たちがいつどんな仕事をする時でも励まし、力を与えてくださいます。
復活祭は、キリストの死に対して生まれる命を喜び祝います。
復活されたキリストは苦しむ私たちの為に来られます。ご聖体とともにある愛の力は私たちの内にあり、私たちは勇気をもって、自分の命を捧げます。新しく洗礼を受けた兄弟姉妹も私達とともに神の愛である福音を伝えるという新しい使命を任せられています。
今日の復活祭は、私たちは自分自身の復活をみつめる新しい機会が与えられています。
私たちは、イエス・キリストの死に触れますか?
私たちは、イエス・キリストの死に深く根を下ろしていますか?
イエス様は、私たちの心の中に深く入ってこられていますか?
それとも私たちは利己的な闇の中にいますか?
イエス様は復活されたので、もしまだ闇の中にいるのならば利己的なこだわりを持ち、闇の中にいるのであれば、復活の霊的な意味はありません。
今日、私達は目を覚まし、復活した命であること、また、イエス様を通し、私たちが神の民であることを心に留めるべきです。
命の意味を探し求める人は、いつかイエス様が父である神様の下に行く道であること、そして、苦しむ人々にとって安らぎが与えられるところに行く道であることがわかるでしょう。
今日、この日にイエス様に「神様、イエス様、私はあなたの民です。今日この日に心を開き、私の心の中にあるあなたの命の賜物をより多くお与えください」と祈りましょう。
父と子と聖霊の御名によって アーメン。

 

 

 

説教後、昨日の復活の聖なる徹夜祭に続き、本日も洗礼式が行わました。
今日は乳児が1人、小学生が1人が洗礼に与ります。
まず、悪霊の拒否、信仰宣言が行われます。

D30_7855

 

そして、十字架のしるしを神父様、ご両親、代母がそれぞれ行いました。

D30_7859
D30_7860

 

諸聖人の取り次ぎを祈り、諸聖人への連願が行われ、1人ひとりフィリップ神父様により祝福された聖水を3度注がれ、「父と子と聖霊の御名」により『洗礼』が授けられます。

D30_7883
D30_7891

 

そして、聖香油が受洗者の額に塗られ、聖霊を受けます。

D30_7897
D30_7898

 

続いて、キリストに結ばれた新しい人になったことを表す「しるし」として、代父母は受洗者に白衣を着せ、フィリップ神父様が「あなたがたは、新しい人となり、キリストを着るものとなりました」と宣言します。

D30_7901

 

そして、受洗者は、復活のろうそくから火を点けた蝋燭を渡され、フィリップ神父様は「光の子として歩みなさい(エフェソの信徒への手紙5章8節)」と、仰れます。
光は、キリストを表し、キリストに照らされたキリスト者の生き方をも表します。

D30_7904
D30_7906

 

蝋燭が受け渡されると、受洗者に「洗礼名」が与えれます。
聖人から頂いた洗礼名は、受洗者の方々の新たな誕生と使命を表すものです。

D30_7907

 

受洗のお祝いを教会から贈られ、会衆より祝福の拍手が贈られました。

D30_7909

 

最後に、洗礼の約束の更新が行われます。
フィリップ神父様の呼びかけに答え、信徒全員で、自分が洗礼を受けた日のことを思い起こしつつ、信仰宣言を唱えます。
そして、フィリップ神父様が会衆に聖水を散水します。これにより、洗礼の約束が、更新されます。

D30_7917
D30_7921

 

 

 

共同祈願は、日本語・韓国語・タガログ語・セブ語・英語など様々な言葉で唱えられました。

D30_7925
D30_7926
D30_7928
D30_7930
D30_7933

 

 

 

奉納の歌は、MCCICの聖歌奉仕グループが歌います。

D30_7939

 

 

 

そして、聖変化…

D30_7946
D30_7948

 

そして、聖体拝領。
多くの方が復活祭に参加したのが分かります。

D30_7957
D30_7962

 

拝領の歌もMCCICの聖歌奉仕グループを中心に歌われました。

D30_7954

 

 

 

聖体拝領後、イータスーエッグの祝福が行われます。
家に持ち帰り、改めて家族とご復活の喜びを分かち合えて頂けたらと思います。

D30_7969
D30_7970

 

 

 

ミサ後、 受洗した子ども達、代母、ご家族の方々、そして、フィリップ神父様で記念撮影が行われました。

D30_8003
D30_7998

 

松戸教会では、昨日行われた復活の聖なる徹夜祭のなかで受洗された14名の方々、そして、今日受洗した2人と合わせて16人を、新たな家族として迎えることが出来ました。
本当にご受洗おめでとうございます。
そして、主のご復活おめでとうございます!!!




 |  |  |  |

主のご復活おめでとうございます!

今日は復活祭!

教会学校の子どもたちは、毎年、主日のミサの中で祝福して頂いた復活の卵を配っています。
もちろん今年もみんなに配ってもらいました。

8時からのミサの後の様子です。中学生と、今年の卒業生が配ってくれました!

12884608_567917756715682_595545526_n
12910324_567917750049016_495454057_n
12919051_567917736715684_1619513244_n
12919092_567917730049018_83049270_n

 

こちらは国際ミサの後の様子です。サブリーダーたちが見守る中、在校生たちが元気よく配ってくれました!

IMG_3722
IMG_3724
IMG_3725

たくさんあった卵が、あっというまになくなってしまいましたね!

 

2016年度の教会学校は、4月10日から始まります。
今まで来てくれていた皆はもちろん、新しく参加したい!というみんなも是非来てくださいね!!




 |  |  |  |

D30_7846

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、声を大にして3回言いましょう。
HAPPY EASTER!復活祭おめでとう!」
それから喜びと崇敬、驚きの気持ちをもってこう言いましょう。
「キリストは復活された!」

これが私たちの今ある姿です。キリスト者としてのいのちを生きる私たちの根源的な真実であり、私たちの信仰の中心をなすもので、小教区の中で互いの親しい交わりの中心となるものです。世界中でともに分かち合う福音のメッセージの核心にある友愛でもあります。墓にいた婦人たちを思い出してください、マグダラのマリア、ヨハナ、ヤコブの母マリアを。彼らは香油と香料を持って、当時の人々が葬るやり方に従って、イエスのご遺体を葬るために来ていたのでした。しかし、石が墓のわきに転がしてあり、主イエスのご遺体は見当たりませんでした。

途方に暮れていると、輝く衣を着た二人の人がそばに現れた。婦人たちが恐れて地に顔を伏せると、二人は言つた。『なぜ、生きておられる方を死者の中に捜すのか。あの方は、ここにはおられない。復活なさつたのだ。』…°そして、婦人たちは墓から帰って、十一人とほかの人皆に一部始終を知らせた

ルカ福音24:4-6,9

 

彼らはいっときも待っていられなかったのです。友人たち ― 使徒と弟子たち、「ほかのすべての人たち」のところに走って行き、このことを知らせました。この奇跡を、周りの人たちとみんなで分かち合おうと思ったのです。さあ、世界中の人たちとともに喜び合いましょう。
『キリストは復活された!!!』

まさにこの日、私たち一あなたとわたし一がそこにいたのです。教会で互いに親交を分かち合い、私たち一人ひとりを愛してくださるイエスの無限の愛に根元からつながっているのです。そして私たちが世界に愛を届けるのです。ちょうど初代教会の時代にイエスの友たちがしていたように。

彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった。…毎日ひたすら心を一つにして神殿に参り、家ごとに集まってパンを裂き、喜びと真心をもって一緒に食事をし、神を賛美していたので、民衆全体から好意を寄せられた

使徒言行録2:42,46

 

最初の福音伝道の結果は親しい交わりに根付くようにつながりました。このことがあって、彼らと会う人たちは皆わくわくして大喜びしたのでした。

こうして、主は救われる人々を日々仲間に加え、一つにされたのである。

使徒言行録2:47

 

2016年の復活祭を祝うとき、私は皆さんに永遠の喜びと驚嘆、そして畏敬の念とともに、「キリストは復活された!」と堂々と宣言することを願います。
さあ、大きな声で3回言いましょう。
HAPPY EASTER!復活祭おめでとう!」

それから、喜びと驚きと畏れをもって、「キリストは復活された!」と言いましょう。
家族の皆さんと喜びを分け合いなさい、友達のみんなと驚きをともにしなさい、そして、すべての人と一緒に畏れ敬いなさい!
キリストを信じていることを神に感謝します。

『われらの神に不可能はひとつもない!』

 

 

 


 

 

 

My dear Sisters and Brothers in Christ,
Let us say it loud, three times “HAPPY EASTER!”
Then let us say,”Christ is Risen!”  with joy, wonder and awe!

This is who we are. This is the fundamental truth of our lives as Christians. This is the center of our Faith. This is the center of the friendship we have with each other in our parish.
This is the friendship that is at the heart of our message of evangelization that we share with the world: “Christ is Risen!”
Think of that first Easter morning. Think back to the women at the tomb ? Mary Magdalene, Joanna, Mary, the mother of James. They had come to care for his body, to anoint it with oil and spices, to follow the traditions of their people in burying the dead. But the stone was rolled away from the tomb, and his body was gone.
While they were puzzling over this, behold, two men in dazzling garments appeared to them. They were terrified and bowed their faces to the ground.They said to them, “Why do you seek the living one among the dead? He is not here.but he has been raised.’ … Then they returned from the tomb and announced all these things to the eleven and to all the others” (Luke 24:4-6, 9).
They could not wait another moment. They ran to tell their friends ? the apostles, the disciples,  “and to all the others.” The miracle had to be shared with all they knew, with all they loved. And from there, shared with the world: “Christ is Risen!”
That must be us ? you and I ? this very day. We share our friendship with each other in our parish, rooted in the infinite love of Jesus for each of us. Then we take that love to the world. Just as his friends did in the earliest days of the church.
They devoted themselves to the teaching of the apostles and to the communal life, to the breaking of the bread and to the prayers. …They ate their meals with exultation and sincerity of heart, praising God and enjoying favor with all the people” (Acts 2:42, 46)。
The result of that first evangelization was rooted in loving friendship. Their example thrilled all who encountered them.
And every day the Lord added to their number those who were being saved” (Acts 2:47).
As we celebrate Easter 2016, I wish you the eternal joy, wonder and awe that comes with the bold pronouncement, “Christ is Risen!”


Let us say it loud, three times ” HAPPY EASTER! ”
Then let us say, ” Christ is Risen! ” with joy, wonder and awe!
Share that joy with your family, that wonder with your friends and that awe with everyone!
Grateful for Our Christian Faith that  “Nothing is Impossible with Our God.”