今年の典礼暦が終わりを告げ、新しい典礼暦が始まります!
一歩一歩、人類はその運命に向かつて進んでいます。天の神様が神の愛をご自分でお示しになるために、2000年以上も前にカルワリオの十字架上で血を流して人類を罪から救うため地上に来られたのだと、キリスト者はあの聖霊降臨の日からずつと証言してきました。もう一度、声を高くして、キリストの教会は全世界の人々の耳に届くように叫びます、『主であるイエス・キリスト!』

主が来られました、そして主はもどられるでしょう。これが私たちの信仰です。
待降節はただ待つて準備をするときだけではなく、イエス様がやってきて、私たちの心の中に、魂の中に、私たちの体全体に入つてこられるのです。イエス様はどのようにして来られるのでしょうか。
イエス様は今までに来られたときと同じように来られ、同じようにしてもどつて行かれるのです。今、このとき、まさに私たちの中に入つてこられる瞬間である現在は過去と未来とで決められています。現在というのは何かつかむことのできないものです。連続して何かが起こるといつもやつてきます。これから来るはずの何かのために準備するとやってきます。

イエス様は謙遜の姿で来られ、イエス様は栄光に輝いてもどられます。イエス様は今、謙遜と栄光のうちに来られます。私たちがミサの中で会うイエス様はこのように謙遜と栄光をあわせもつたお姿ではないでしょうか。なぜなら、私たちが聖体拝領でいただくのは復活された栄光のイエス様だからですが、同時に、感謝の祭儀でのパンとぶどう酒の形のもとにおられるのは、隠れて見えない小さな謙遜なイエス様なのです。これが、今日、毎日曜日のミサに、また毎日のミサに、キリストが来られたということなのです。
この待降節が私たちにとつて感謝の待降節となりますように!

クリスマスの準備をするとき、神のことばを聞き、教えに従い、近隣の人々には喜びをもつて仕えることで、待降節の心を行動で表せるようにと、イエス様の母であるマリア様に導いてもらうようにいたしましよう。また特別に、神の母、マリア様の助けをいただいて、本当の意味のクリスマスを祝い、12月8日から来年11月20日までの間、フランシスコ教皇が宣言された「いつくしみの特別聖年」を、開かれた心で旅することができますようにと願います。皆さん、しっかり準備をいたしましょう!

 


 

 

Advent be our Eucharistic Advent

 

As one liturgical year comes to an end; a new liturgical year begins!
Step by step, humanity proceeds towards its destiny. Christians have always testified, ever since the day Of Pentecost, that the God of Heaven and earth, came to earth about two thousand years ago in order to reveal in person the Love of God, and to save humankind from sin by shedding his Blood on the Cross of Calvary. Once more, and ever louder, the Church of Christ shouts out to the ears Of the entire world: “Jesus is Lord!”

The Lord came, and the Lord will return: this is our faith. Advent is not only a time of waiting and preparation, but that Jesus comes now, into our hearts, our soul, our entire person. In what way does Jesus come now? Jesus comes into us now in the same way that he already came and in the same way that he will return. For, the present moment, this very instant when Jesus comes into us, is determined by a past and a future: the present moment is something we cannot take hold of, it always comes as the continuation of what has occurred, and as the preparation for what is to come…

Jesus came in humility; Jesus will return in glory. Jesus now comes in both humility and glory. Is it not this double aspect of humility and glory that we find in Jesus in the Eucharist? For it is the risen and glorious Jesus we receive in Holy Communion, but, at the same time, it is the hidden, invisible, small, and humble Jesus who is present under the appearance of the Eucharistic bread and wine. This is the coming of Christ today: in each Sunday’s Eucharist ― and even in each day’s Eucharist! May this Advent be for us a Eucharistic Advent!

As we prepare for Christmas, let us be guided by Mary, the mother of Jesus, to embody the spirit of Advent by listening to God and doing His Will; and serving our neighbor joyfully. And in a special way, may the Mother of God help us celebrate Christmas authentically, and help us journey with open heart during the Jubilee Year of Mercy, from December 8, 2015 to November 20, 2016, declared by Pope Francis. Have a good preparation!

 

主任司祭
PARISH PRIEST

フィリップ・ボニファチオ神父
Fr. Philip llio Bonifacio, SSC