|  |  |  |

12月31日、午後11時より「神の母聖マリア」の祭日のミサが午後11時から行われました。

 

DSC00434

 

入堂とともに、馬小屋、祭壇、そして、マリア様に献香されました。

DSC00436
DSC00437

 

 

 

そして、ことばの典礼…

DSC00440
DSC00442
DSC00443

 

 

第1朗読 民数記 6章22~27節
第2朗読 ガラテヤの信徒への手紙 4章4~7節
福音朗読 ルカによる福音書 2章16~21節

 

 

そして、お説教…

20160101002337(1)
DSC00445

 

説教要旨

今日は神の母聖マリアの祭日です。この日に、私達は新年を迎えます。
お正月の間、日本では、何百万人もの人々が、お寺や神社や教会などを訪れて、新しい1年に向かって、心のなかで、様々な望み、様々な願い事を抱え、神様の祝福を求めます。
商売がうまくいくように…学校の試験に受かるように、病気が治るように、全世界に確立した平和が来るように…結婚相手が見つかるように…景気が上向くように…無事に車の運転が出来るように…など、願い事は様々です。
この時、人生の失敗と成功・喜び、楽しみ、健康と病気、また、命さえも、自分よりはるかに大きな力がある方の御手にあるというような思いがほとんどの人々の心に湧いてきます。
キリスト者である私達は、この大きな力のある方は、「父と子と聖霊、そして、万物の造り主である神」と信じています。ですから、私達キリスト者は、ここに集まり、自分たちの上、家族の上、教会の上、全世界の上に、父と子と聖霊の神様の祝福を切に求めます。
今日の第1朗読では、神様の祝福を求める昔のイスラエルの人々の一つの祈りが、述べられています。
主があなたを祝福し、あなたを守られるように。主が御顔を向けてあなたを照らしあなたに恵みを与えられるように。主が御顔をあなたに向けてあなたに平安を賜るように。
悪から守る事、歩む道に光を照らす事、慈しみの眼差しを見せる事、平和をもたらすことが祝福の願い事であり、神様が私たちの為になさりたいことと考えられます。
この昔のイスラエルの人々の祝福の祈りの中に、イエス様が述べ伝えた福音の光が、見えてきます。神様についての「良い知らせ」です。
神様という存在は遠いもの、近寄りがたいもの、冷たいモノではなく、慈しみ深いもの、私たちの幸せのために最善を尽くしてくださることを示しているからです。
キリスト者にとって、神様の祝福、神様の慈しみ深い御心は、イエス様を通して明らかになりました。
今日の第2朗読のなかで、聖パウロは、このことについて色々と書き記されています。それによりますと、私たちを大いに祝福するために、御父がイエス様を送ってくださいました。イエス様は、私たちにおくられた神様の祝福の結晶、祝福そのものと説明されています。御父が御子イエス様をおくられたのは、私たちが御父を「おとうさん」と呼ぶことが出来るようになるためでした。そして、私達は、御父の子どもとして、奴隷状態、地の腐敗から解放され、神様の霊を頂き、神様のものを相続するために送ってくださったのです。御父は、私たちをその子供とするために送ってくださったのです。
私たちは、神を「アッバ、お父さん」と呼びます。
これからの1年、わたしたちの今日の福音書のなかでマリア様がそうされたように、神様がイエス様を通して私たちに祈りをくださったことが、どれほど私たちの信仰にとって、素晴らしいものであるかを「思い巡らせ」愛と喜びに満ちた日々をおくることが出来るように祈りましょう。
父と子と聖霊の御名によって

 

 

 

 

奉納の際の献香。

DSC00453
DSC00454

 

 

 

 

DSC00459
DSC00461

深夜に行われたミサにもかかわらず、多くの方々がミサに与りました。

DSC00463

 

 

 

 

ミサの最後にミサを与った方々に灌水し、祝福してくださいました。

DSC00467
DSC00468
DSC00469

 

 

そして、ちょうど2015年12月31日11時59分にミサは閉祭しました。
閉祭後、地下ホールで、ヨゼフ会の方が作ってくださった暖かいお雑煮を頂きました。

来年もよろしくお願い致します。
皆様に神様の祝福がありますように・・・・




 |  |  |  |

ogp

 

教会学校では、毎週日曜日に1年生から6年生までのお子さんを対象に、歌をみんなで歌ったり、工作や絵を描いたり、ゲームをしたり、おはなしの読み聞かせを聞いたりすることによって、子どもたちが楽しくキリスト教を学び、みんなで信仰を育てていけたらと思っています。

 

3学期は、来年1月10日(日曜日)から始まります。
みんなで一緒に教会で楽しく過ごしましょう!

 

開校日時

毎週日曜日 午前9時半~10時15分

対 象

小学生

(洗礼を受けていないお子さんももちろん入校できます)

費 用

無料

(注)錬成会・催しなどで実費を頂くことがあります。

募集期間

随時
申込みは、教会事務所前にある申込用紙に必要事項を記入のうえ、青少年育成担当までご提出ください。




 |  |  |  |

Right After Tagalog Mass “Feast of The Holy Family”, MCCIC Christmas party take place!

 

013e2c6661838a1559649f6f952fd5c9cb8754e6d1
01968bdcb9f072b2a93a87b5a50d109fb835a738df

 

A lots of Foods and drinks!!!

01d06d479ae69386d0dd75b5237b40a29dd1128980
01ae2acf4652d166b03a8107327e947bd6fb6ff4ae

 

Children play game!!

01db1cc1de68d726b4be04ba3bf58319ca61db5654
01b85c1ad1e63ca688b0b3922818b004e99a2d84d8

 

singing!!



 

 

 

 

01afed3ea76f257ab3a907dd5af45688931b03c696
0173083bb048164818ef0e433231e06300289ad15d
01ac9c5ebd6cb51349a4dd6c6383f917f6dd3a3b8f
017b9761e300872abcf1ad061fbb90d00efdfb440e
01c5e70f089241aec9158a4f54b74b76e13d929256

 

 

To all those who contributed or donated some cash or in kind for our party, and to all who generously gave their time in the preparation for the party, we thank you very much.
Thank you is the least that we can say to show our appreciation for your time, effort and generosity extended to the community.

Proceeds will  goes to …

  1. Olongapo Aeta Kokumin no kodomotachi no FEEDING Program and School Education Program.
  2. Couples for Christ (CFC) Cornerstone Project: Poor Children Education and Tutorial Program.

Your support had made the event successful.
Thank you is the least that we can say to show our appreciation for your time, effort and generosity extended to the community.
Thank you very much. May you have more blessings to come.

 

1914311_919220858173142_3435569779890864382_n

 

After Party…
Staff,their Friends and Fr.Philip!!

01ac1d4f6e1f2d476302060e27e3cec2c35ef8e2e5

Have a blessed and fruitful 2016!!!!




 |  |  |  |

松戸カトリック教会 topinfo5

 

元日・1月1日は、「神の母聖マリア」の祭日です。
松戸教会では、以下の予定で「神の母聖マリア」の祭日のミサを行います。

 

The Solemnity of Mary, the Holy Mother of God Holy Masses schedule 

12月31日(Dec 31) 11:00PM~ 

ミサ後、地下ホールにてヨゼフ会がお雑煮の用意をしてお待ちしています。

 

1月 1日(Jan 1) 10:30AM~

 

 

神の母聖マリアの祭日は、日本では守るべき祝日です。
また、ローマ・カトリック教会では1月1日を「世界平和の日」とし、世界の平和のために祈る日としています。

多くの方のご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

本日、10時半からは、クリスマスミサ(日中のミサ)が行われました。

昨日の夜半のミサとは、また違う穏やかな雰囲気のなか、ミサが始まります。

 

DSC00379

 

 

 

 

司祭が入堂し、馬小屋と幼子のイエス様、祭壇に献香します。

DSC00385
DSC00387

 

 

 

 

そして…「ことばの典礼」です。

DSC00391
DSC00397

 

 

福音朗読の前に献香されました。

DSC00399
DSC00401

 

 

第1朗読 イザヤ書 52章7~10節
第2朗読 ヘブライ人への手紙 1章1~6節
福音朗読 ヨハネによる福音書 1章1~18節

 

 

 

DSC00404

 

お説教(以下要旨)

クリスマスで私たちの関心は、粗末なベツレヘムの洞穴のイエス様に集中します。
イエス様の誕生は、他のすべての家族と同じで普通のことです。
しかし、大きな違いは、生まれた子どもが「神様ご自身」であるということです。
だから、今日私たちが祝っている不思議な出来事は、この世で神様の受肉、いいかえれば、神様が人間の姿をとるということなのです。
神様は形としては肉体を持ち、私たちのなかの1人になったのです。神様は人間になったのですから、私たちはその方を見て、触って、声を聴くことが出来ます。神様は人間になったのですから強く私たちを愛します。神様は人間になったのですから、完全に自分のようになることを望まれるのです。
イエス様の誕生はまったく予期しない出来事でした。
3人の博士を導いた大きな星は、宮殿では止まらずにベツレヘムの小さな馬小屋を指し示しました。やがて、(近く)エジプトへの難民になる貧しい両親に頼り切っている無力な子供の神様の姿に私たちはとても驚かされます。この世の栄華を極めた宮殿ではなく、貧しい家に生まれることを選んだイエス様は、世の中の名誉と成功という気まぐれをひっくり返しました。マリア様とヨゼフ様の愛の結びつきの始まりは、その夜は、羊の群れの世話をしていた(当時の)社会から追放されていた羊飼いでした。羊飼いが側にいたことは、イエス・キリストが日々、社会の弱い貧しい人の味方になろうとしたこと、また、この世で困っているこどもたちに神様の優しい光を届けたということの証明に役立ったという確信になります。
降誕祭のお祝いは、私たちに神様の愛を思わせるものです。神様は私たちを深く愛しているので、闇と罪から救い出すために、この世にたった1人の我が子を送りました。イエス様は私たちの罪を赦し、私たちに天国への道を教えるためにこの世に来たのです。
イエス様は神様の子として私たちに届き、この憐れみで、神様は、「造られたモノ」と「造る御方」の神聖で超えてはならない境を壊しました。この誕生の夜からマリア様から生まれた赤子は神様と私たちのつなぎ目になりました。神様はこの世に来たのですから、苦味と裏切りは、私たちに与えた新しく御子の豊かな愛情で解消されます。そして、私たちは頑な心を和らげる天の恵みをいつもその御子に誓います。イエス様は自分の心を開いて歓迎するものの側にいるのです。
クリスマスは、イエス様の受肉のことだけに関心を持つ時ではありません。
貧しさ・病気・社会やお互いの間から追放されたものに関心をもつ時なのです。だから、イエス様は弱い人々、貧しい弱い人々に心を置いたのです。私たちはこのクリスマスにこういう人たちとお互いとを愛し、大事にすることにも広げるべきなのです。
だから、クリスマスの幸福と平和は、心の中からくるものであり、その時神様は私たちの馬小屋に生まれるものなのです。

クリスマスおめでとうございます。

 

 

 

 

今日も天使ミサを行い、Kyrie(キリエ あわれみの賛歌)、Gloria(グロリア 栄光の賛歌)、Sanctus(サンクトゥス 感謝の賛歌)、Agnus Dei(アニュスデイ 平和の賛歌)が歌われました。

DSC00416
DSC00417

 

 

 

平日の午前中にもかかわらず、今日もたくさんの方々が、ミサに与りました。
昨日から3回すべてのクリスマスミサに与った方もいらっしゃりましたね。

DSC00418

 

 

 

 

聖体拝領後、今日も、昨日に引き続き、クリスマスミサを与ってくれた子どもたちに教会からプレゼントがありました。

まず、フィリップ神父様が灌水し、祝別されました。

DSC00419
DSC00421

 

赤ちゃんには、お母さんが代わりに受け取ってくれました。

DSC00423

 

 

 

 

ミサ後、地下ホールでティーパーティが行われました。
たくさんの方々が参加くださり、主の御降誕の喜びを分かち合っていました。
この後、帰省される方もいらっしゃり、年末の挨拶をされている方々もいらっしゃいました。帰省する前にみなさんいらしゃってくれたのですね。

DSC00428
DSC00430
DSC00432
DSC00433

 

神父様と記念撮影される方々も…

DSC00429

 

 

主のご降誕、おめでとうございます!