主の平和

こんにちは!みみずの会です。
この会は月2回、第1第3火曜日の午後1時くらいから教会のお庭の手入れをしているグループです。

 

だいぶ、ご無沙汰してしまいました。
前に書いたのは(お気づきですか? Vol.9)は、なんと1か月前……。

その間に、夏の暑さが訪れました。松戸も気温を30度を超える日が7月に入り何度もありましたね。しかも台風の影響によるモノで湿気が凄まじい……。ちょっと外に出るだけでものすごい汗をかき、水分補給を怠るとすぐ熱中症の予感を感じさせるくらいでした。

でも、夏の夜は良いですよね。
私は、春夏秋冬の中で夏が一番好きなのですが、その理由は、夏の夜がとても好きだからなのです。
庭やベランダにイスを出して、お酒を飲みながら、読書をしたり、考え事をしたり……。貴重な時間を過ごせるからです。子供の頃からの「夏休み」の記憶が多分残っているからでしょうか。「夏の夜」は、1秒が1秒じゃないような気がします。

 

 

「夏休み」と言えば…松戸教会は、聖ミカエル幼稚園の夏休み期間中に外壁塗装工事を行うそうです。

と…いうことは、みみずの会の活動も出来ない……。しかも…外壁沿いの植物たちもしばらく見れないかもしれません。

 

この満開を迎えた外壁ぞいの芙蓉(フヨウ)も7月21日で見納め?
ちなみに、芙蓉(フヨウ)は蓮の美称でもあり、とくに区別する際には芙蓉(フヨウ)を「木芙蓉(モクフヨウ)」、蓮を「水芙蓉(スイフヨウ)」と呼ぶそうです。
芙蓉(フヨウ)の名称「mutabilis」には変化しやすいという意味があり、花色が朝方のピンクから夕方には紅色に変わることに由来するといわれます。しとやかで優しい印象をあたえる芙蓉(フヨウ)の花は、昔から美しい女性のたとえにも用いられ、花言葉の「繊細の美」「しとやかな恋人」もこれにちなみます。

ま・まさに、ま・松戸教会にぴ・ぴったりの花じゃないですか……

0189db67aa9d35eca380986709d93813668083fd78

 

ちなみにこちらは、教会入口左側(聖母子像の正面)にある白い芙蓉(フヨウ)。少し珍しいタイプです。
こちらのほうは、満開を迎えるのはもう少し後になりそうですが…この暑さですから…すぐ咲いてしまいそうですね。多分、次の日曜日頃がピークになるのかなぁ…

01c92098bac39dcf0a3605178608ca9af74cc72b1d
01a124d2614fbf5d145e91392068f2b258c0fbd8de

 

 

そして、聖母子像の横にあるムクゲも満開。
芙蓉(フヨウ)に似ていますが、花がややムクゲのほうが小さく、1日でしぼんでしまいますが、次々に咲き変わります。ひとつひとつのお花の命は短くても、木全体としては尽きることなく花を咲かせ続けることから、韓国での「無窮花(ムクンファ)」という呼び名が生まれたということです。その為、韓国では 国の繁栄を意味する花として国花になっているそうです。
その「ムクンファ」という呼び名が日本に来た時に訛り、ムクゲになったと言われています。

花言葉は、「信念」
だから…余りに暑くて教会に来るのも大変!と思いつつ、マリア様にご挨拶する時に視界に入るこの「信念」の花を見た時に自分の信仰の弱さを痛感し、反省してしまうのですよねぇ…
私たちの信仰も、ムクゲに負けないように日々花を咲かし続け、絶えることなく、神様やイエス様と共にあることを喜べるようになれればと思います…

01885d83894fb540ac85c1502079cd9644f6c7833b

ところで……この「お気づきですか」シリーズ、今回でなんと10回目!
これからも教会のちょっとした変化、風景をお伝え出来たらと思います。皆様、お付き合いください!