|  |  |  |

20150721111739570_0001

 

8月6日(木)から8月15日(土)まで、「戦後70年 今こそ武力に寄らない平和を」をテーマにカトリック平和旬間2015が行われます。

 

平和旬間とは……

1981年、教皇ヨハネ・パウロ2世は、広島の地で「戦争は人間の仕業です。戦争は人間の生命の破壊です。戦争は死です。」と 訴えられました。この広島での平和アピールにこたえて日本の司教団は平和旬間を定めました。広島に原爆が投下された8月6日から、8月9日の長崎の原爆投下をはさんで、太平洋戦争敗戦に至る8月15日までの10日間を、とりわけ平和のために祈り、平和について学び、行動する期間としています。

 

祈りのリレーに参加しましょう。

 

また、東京教区では平和旬間の間に様々なプログラムが行われています。
講演会や平和巡礼ウォーク、平和を祈るミサなど企画されております。

ぜひご参加下さい。

 

今年は、当松戸教会にて、中央地区のプログラムが行われます。

 

8月15日(土) 1:00 p.m.~

講演会

  1. 「原発事故から学んだこと ―苦しむ命に触れて、祈りそして回心へ― 」 金澤弘子さん
    金澤弘子(かなざわ・ひろこ)さん プロフィール

    小・中学校勤務を含め、カウンセラーを30年務める。自宅に鍵をかけず、駆け込み寺として開放。現在、NPO法人「子ども自立の里」理事、自立支援カウンセラー養成講座講師、傾聴ボランティア「白河みみずく」代表、「知足庵」世話人代表。カトリック白河教会信徒。

  2.  「国際協力の現場から学ぶ『平和』」 漆原比呂志さん
    漆原比呂志(うるしばら・ひろし)さん プロフィール

    1966年、神奈川県鎌倉市生まれ。日本カトリック信徒宣教者会(JLMM)よりカンボジアとベトナムに各3年間派遣。帰国後JLMM事務局スタッフ、2004年より事務局長。2011年よりカトリック東京ボランティアセンター(CTVC)事務局長を兼任。NPO法人「東ティモール医療友の会」理事。カトリック雪ノ下教会信徒。

平和を願うミサ

14:45~
司式:幸田和生司教

 

 

※教会内には駐車できません。公共機関をご利用の上、お越しください。

 

 

 


 

平和のための祈り 2015 / Prayer for PEACE

神よ、戦後70年にあたり、心からの願いをささげます。
あらゆる差別をなくし、いのちと人権を尊重する社会をつくることができますように。
国と国、民族と民族が、対話と相互理解の努力を続けることができますように。
無関心を乗り越え、格差と貧困の問題に取り組むことができますように。
地球環境を大切にし、すべての生きものと共存することができますように。
神よ、わたしたちに、武力によらない平和への道を歩ませてください。

 

Almighty Father, on the Occasion of the 70th year of the end of WWⅡ.
we solemnly pray for a society where there is no discrimination
and has respect for human rights and life;
that there will be a continuous dialogue and understanding
among countries and peoples regardless of race.
Help us to make some effort to overcome indifference
towards poverty and disparity;
inspire in us the love for the environment
so that we may be able to live harmoniously with all living things.
Lord,give us the courage to reject violence and to tread the path of peace.




 |  |  |  |

1次帰国されていたサレジオ会東アフリカ管区の森戸神学生が、アフリカに戻られるということで、「祈りの花束」、そして、皆様から募金で集まった支援金を贈りました。

 

祈りの花束(霊的花束)とは

カトリック教会では、ミサや、「ロザリオの祈り」や「主の祈り」、「アヴェ・マリアの祈り」などの祈りや、何かを少し我慢すること(たとえば、たばこやお酒などを断つこと)を決められた意向のために行い、祈りの「花」と見立て、それらを集めて、お祝いやお礼、お見舞いなどに、それらの「花」を「霊的花束」として贈る習慣があります。

個人としてだけではなく、教会として、教会に集う一人ひとりの「花」を「霊的花束」としてまとめて、お祝いやお礼に贈ることも多々あります。

 

 

10111542b8ed84c48cf78197241f6cf649f527462af
101bffd91105429a471ea6e37f39aa2e8df06a55cda

 

森戸神学生からご挨拶を頂きました。

0126e2e2e80c5e4bde7dc51b00354c3b8469653dc1

 

また、森戸神学生から「アフリカの子供達への楽器の支援」の依頼があり、豊四季教会の方々にもご協力して頂き、下記の楽器をお渡しすることが出来ました。

  • 縦笛類(ソプラノ、アルトリコーダー等) 26本
  • 鍵盤ハーモニカ 9台
  • ハーモニカ 9本
  • カスタネット 20数個
  • ギター 3台
  • フルート 2本
  • 太鼓 1台
  • 木琴 1台
  • 鉄琴 1台

 

皆様のご協力に感謝致します。

森戸神学生、1次帰国された際には、また松戸教会へいらっしゃり、お話をお聞かせください。
司祭叙階を心よりお祈りしています。




 |  |  |  |

被昇天

8月15日(土)、聖母の被昇天の祭日のミサは、午前10時半から行われます。また、ミサのなかでこの一年間に帰天された方々への祈りを行います。

ミサの始まる30分前よりロザリオの祈りを1環、唱えます。

 

聖母の被昇天とは…

聖母の被昇天の祝日は、1950年に「無原罪の聖母が地上の生涯の終わりにからだも魂もろとも天にあげられた」と教皇ピオ12世によって定義されたように、マリアが栄光につつまれて天国へ上げられたことを祝います。

聖母の被昇天は、マリアが神の母であることに由来します。マリアが神の母になったことが全世界にとって恵みであるように、マリアの被昇天は、神へと昇る全人類の被昇天のはじまりでもあるのです。

laudate(女子パウロ会)「聖母の被昇天」より

 

今年は、東京教区の平和旬間行事、また、土曜の主日のミサが行われるため、聖母の被昇天のミサは1度しか行われません。
お気を付け下さい。

 

現在、外壁塗装工事を行っています。車での来場は ご遠慮ください。(車でいらっしゃった場合は近隣の有料駐車場をご利用ください)

 


 

Holy Mass celebrating the Assumption of the Blessed Virgin Mary is celebrated at 10:30 a.m. on Saturday, August 15th .
(the Rosary is prayed  from 10:00 a.m.)

Please refrain from coming to the church by car if possible or you may use public parking space nearby.




 |  |  |  |

長崎の原爆

 

今年の8月15日で終戦70年を迎えます。

時の流れに伴い、様々な記憶が薄れ、戦争という現実を後世に伝える語り部も少なくなっています。
原爆や戦争体験を風化させることなく次の世代へ受け継いでいくために、この講演会を通して、70年間続いた平和に感謝し、被爆・戦災の体験を伝え、将来の平和を祈念したいと思います。

 

日時 8月2日(日)
11:45 (10時半からのミサ後)~ 12:30(約45分間)
会場 松戸教会 聖堂
参加対象者 どなたでもご参加いただけます
参加費 無料
お申込み方法 不要

 

 

夏休み中ですので、ご家族ご一緒にいらっしゃり、「平和について考える時間」を機会を是非お持ち頂けたらと思います。
多くの方々のご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

教会学校の子どもたちが、募金活動をしてくれました。

IMG_0926

サレジオ会森戸神学生のアフリカでの活動支援募金です。

「森戸神学生 アフリカ滞在報告会」の様子

 

女の子3人が大きな声で募金を呼びかけてくれました!
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。