|  |  |  |

本日、ミカエル会特別企画として、青年有志による「徒歩巡礼」が行われました。

実はこの企画、四旬節中に1人で徒歩巡礼をした青年がいて、それを聞いた青年たちが、自分たちも行ってみたいという希望を持ち、行われました。

 

 

今回は、「松戸教会 → 市川教会 → 小岩教会 → 本所教会 → 浅草教会 → 上野教会」(歩行距離・計25.7キロ)の順に歩いて回り、ご聖体訪問するという企画でした。

経験した青年から「途中で休憩・食事をしたら、多分そこでやる気をなくすから」というアドバイスもあり、「飲み物以外は口にしてはならない」というルールを定めました。

予定としては、午前8時からのミサに与り、教会学校でリーダーを務めている人は教会学校に参加し、教会学校終了後の10時半から出発する予定でしたが、1人の参加予定者がいきなりそこで脱落……

そんなこともあり、午前11時に松戸教会を出発しました。

 

 

 

松戸教会から市川教会までの道では、松戸市の南北の広さを感じます。土地勘のあるメンバーがいたので大体の位置を把握しながら、歩くことが出来ました。しかし、天気予報では「くもり(降水確率50%)」ということでしたが…途中雨に降られてしまいました。参加者が1名傘を持たずに来ていたので、濡れながらの移動になりました。
参加者のお母さんから「巡礼なのだから、(そう簡単に)途中で断念してはならない」という言葉を頂いていましたので…めげずに歩き続けます。

このあたりでは、参加を断念したメンバーから「雨だからもう帰ろう」という悪魔の誘いが来ていたそうです……。

 

IMG_2910

 

そして、ようやく市川教会到着。松戸教会から約8キロ約2時間の道のりでした(途中道を間違えたり、傘を買いにコンビニに寄ったりしたため…)

 

IMG_29151

 

さっそく、ご聖体訪問をします。
聖堂に入り、それぞれ市川教会の守護聖人「ロザリオのマリア」の取り次ぎを祈り、ロザリオの祈りを1連捧げました。

 

IMG_2919

聖堂入口のピエタにも祈ります。

 

IMG_2916

 

 

 

 

ご聖体訪問後、休憩もとらず、小岩教会へ向かいます。

市川教会から小岩教会までの間あたりから、疲れが体を襲い始めました。
江戸川を渡る前に道路標識に「松戸」という文字を発見し、まだ帰れるという誘惑にかられますが、押し切ります。

途中、北小岩の「なかよし小道」という遊歩道を通ったのですが、そのあたりから、足の裏に痛みも感じ始めました。

 

IMG_2921

 

そして、小岩教会に到着……市川教会から計約5キロ、約1時間半の道のりでした。

 

IMG_2925

 

ところが…お御堂が開いていませんでした。

これほどご聖体にお会いできないということがツライとは…と、精神的なダメージを負ってしまいます。

 

小岩教会の「聖ボニファチオ」の聖遺骨にもお会いしたかったのですが…本当に残念でした。

ご聖体にはお祈り出来ませんでしたので、聖堂横にいらっしゃったマリア様にお祈りします。

 

IMG_2924

 

そして、聖堂前で暫しの休憩。

弱気な言葉も出始めますが、もう前に進む以外にありません。

 

IMG_2927

 

 

 

 

(これ以上いると立ち上がれなくなりそうになってきたので)休憩を10分ほどで切り上げ、本所教会へ向かいます。

精神的にもここの区間が一番つらく、何度も心が折れそうになりました。

土地勘もあまりなく、スカイツリーを目指して歩いていたのですが、スカイツリーが見えても、なかなかサイズが変わらず、距離が近づいている認識にかられなかったり、なんといっても小岩教会でご聖体訪問できずにいたので、なんとなく市川教会からずっと道が続いているイメージになってしまったからです。

 

IMG_2928

 

時間の感覚もおかしくなり、10分しか歩いてないのに倍以上歩いている感じになっていきます。

 

IMG_2929

しかし、途中で奇跡が起こります!
スマートフォンのアプリ「google map」を頼りに移動していたのですが、見るとなんと川の上を歩いています!

聖ペトロすら出来なかったことが私たちに……!

きっと小岩教会でご聖体にお会いできなかったことが青年たちの「イエス様を求める心」をより強くし、このような奇跡をおこせたのではないでしょうか!

 

 

10996068_821062064614473_5492332696415191109_n

 

 

そして、本所教会に到着。計約9.5キロ、約2時間の道のりでした。

今までこんなに教会にたどり着くことが嬉しかったことはなかったかもしれません。

 

IMG_2930

 

早速、ご聖体訪問をします。

本所教会の守護聖人「日本26聖人殉教者」の取り次ぎを祈り、そして、ご聖体にお会いできた喜びを味わえたことに対して感謝を捧げます。

市川教会でお祈りした時より、長くお祈りしていたのは、きっと喜びの深さがそうさせたのだと思います。

 

IMG_2931

 

お御堂の2階席の聖トマス小崎像も奥の方にいらっしゃいましたが、無事見ることが出来ました。

 

 

 

 

そして、少しの休憩の後、参加を断念したメンバーからの「帰ってきなさい」という誘いに「下がれ、サタン」と、その誘惑を絶ちつつ、浅草教会へ向かいます。

本所教会から浅草教会までは、あまり距離もない事もあり、途中に両国国技館などの名所も多く、かなり気持ちが楽になりました。
また、参加者の1人が、ウォーカーズハイ(?)になり、「走っていきます?」となるほどにテンションは上がっていました。
でも、やはり一番大きかったのは、本所教会でご聖体訪問出来た事の喜びだと思います。

 

IMG_2932

 

 

そして、浅草教会に到着。本所教会から約2.5キロ約40分の道のりでした。

 

まず、浅草・鳥越キリシタン殉教者の記念碑にお祈りいました。

 

IMG_2933

 

教会入場後すぐの立派なルルドでお祈り。

 

IMG_2934

 

教会の柱である2人の聖人の前でそれぞれ…記念撮影。

 

IMG_2935
IMG_2937

 

そして、浅草教会の守護聖人「聖パウロ」の取り次ぎを祈りつつ、ご聖体に今回の巡礼を共に教会の仲間と行えたことに対する感謝の気持ちを込め、お祈りを捧げました。

祭壇の垂れ幕は、教会暦によって色を変えているようですね。(復活節なので白…ちなみに四旬節の時は紫・年間の時は緑になっていたそうです…)

 

IMG_2939

 

お御堂を出て、上を見上げると綺麗なステンドグラスが……。

着いたのが午後5時過ぎだったこともあり暗くなっていたのですが、それによってステンドグラスがとても綺麗に見えました。

 

IMG_2940

 

 

 

 

そして、最後の教会、上野教会へ向かいます。

時間が時間だけにもう閉まっているかもと焦りつつ前に足を進めるのですが……本格的に足が重くなっており、なかなか思うように進めません。

しかも、最後の最後に道を間違えるというアクシデントもあり、ゴールへの険しさを改めて感じました。

 

そして、ゴールの上野教会に到着。浅草教会から約3キロ・約40分の道のりでした。

しかし、やはり、聖堂は空いておらず……。ゴールの教会でご聖体訪問することは叶いませんでした。

 

IMG_2943

 

でも、一応、巡礼完了の記念にマリア様の前で記念撮影。

 

IMG_2942

 

そして、教会入口にて。

 

IMG_2945

 

 

ゴール後、みんなでご褒美のラーメンを…。
早ミサから与ったために朝食をとれないで来ていた参加者もおり、本当に美味しい「ご褒美」となったようです。

 

IMG_2947

 

 

ゴールすると、どっと疲れが襲ってきました。
今日歩いた道をずっと記録していたモノです。
計28.35キロ、6時間52分というのは、まさに「歩いていた」道のり・時間です。

 

徒歩巡礼

 

松戸教会の最初の所属信徒の方々は、松戸教会がない頃、遠く浅草教会まで通っていたと聞いています。
今のように交通機関があまり便利になっていない頃ですから、青年たちは、「本当にすごいよね」と改めて実感しました。

 

今回の徒歩巡礼で、今までと少し教会の感じ方が変わったと思います。
家の近くに教会があり毎週教会に通えたり、松戸教会はとてもアクセスが良い立地もあることなど、自分たちが恵まれた環境にある事への感謝が生まれ、ご聖体にお会いできるという事がいかに素晴らしい事かということを実感できたようです。
また、徒歩巡礼という苦行を共にできたことで仲間意識も強まったと思います。

 

つらかった部分もありましたが、青年たちにとって本当に実りの多い巡礼となったようです。
本当にお疲れ様でした!




 |  |  |  |

昨日、4月18日(土)から福岡教区から船津亮太神学生が松戸教会に司牧実習でいらっしゃいました。

 

ミサの終わりにご挨拶を頂きました。

 

IMG_3555

 

 

 

10時半からのミサ後、ささやかな歓迎会が行われました。

 

まず、フィリップ神父様から歓迎の挨拶を頂きました。

 

IMG_3556

 

そして、船津神学生からも信徒の皆さんにお言葉を頂きました。

 

IMG_3559
IMG_3558

 

そして、乾杯!

 

IMG_3560
IMG_3561

 

松戸教会にも福岡や長崎など九州に所縁のある方が多くいらっしゃいます。九州トークで盛り上がれればと思います。
2月までの短い期間となりますが、どうぞよろしくお願い致します。




 |  |  |  |

今日は「聖週間」と「復活祭」についてのお勉強として、みんなにイースターエッグを描いてもらいました。(本当はリーダー自作のDVDを見る予定でしたが……完成が間に合わなかったのです…)

 

最初に「教会学校・はじめの祈り」を唱えて始めます。

 

まず、みんなで「使徒信条」を唱えて、リーダーから「聖週間」についてのお話がありました。
「「使徒信条」の「ポンティオ・ピラトのもとで苦しみを受け、十字架につけられて死に、葬られ、陰府に下り」という部分は「聖週間」の出来事です。」

 

そして、聖木曜日に中高生代表・青年代表として洗足式を受けたサブリーダーとリーダーの紹介もありました。中高生代表のサブリーダーは、3年連続で洗足式を受けているそうです!!

「最後の晩餐の夜、イエス様は十二使徒の足を洗いました。主であるイエス様が弟子の足を洗うということは普通じゃないことだけれど、これは互いに愛し合うということのお手本を示してくれたんだよ。」

「聖木曜日に足を洗ってもらう人の枠には、中高生代表の枠もあります。今年中学生になったみんなの中で洗ってもらいたい人がいたら、是非来年の聖木曜日に神父様に足を洗って頂きましょう!!」

来年は、某サブリーダーの3年連続の記録が途絶えるのでしょうか!?

 

次に、みんなにたまごが6つ書かれたプリントが配られます。

 

「みんな復活祭でたまごを配ってくれたよね。このプリントに描かれているのはそのイースターエッグです。皆に配ってもらったのは白いたまごだったけど、外国では色を塗ったり模様を描いたりしてカラフルにします。というわけで、今日はみんなにプリントのたまごに絵を描いてもらいます!」

 

みんな好きな画材で思い思いに描きました。

 

 

11116202_436629723177820_243949180_n

 

「がんばって描けたら、来年はほんもののイースターエッグに絵を描いてって頼んでもらえるかもしれないから、一生懸命描いてください!」

 

11164156_436629693177823_743817265_n

 

みんな上手に描けましたか?

みんなが描いたイースターエッグの絵は、地下ホールに展示する予定です!
楽しみにしていてください!!

 

そして今日は、昨日から松戸教会に来てくださっている船津神学生から挨拶を頂きました。

 

11178547_436629679844491_294949491_n-2

船津神学生、これからお世話になります。よろしくお願いします!

 

最後に「主の祈り」を唱えて終わりました。
来週も元気に集まってくださいね!