|  |  |  |

本日、「復活の聖なる徹夜祭」が行われました。

「復活の聖なる徹夜祭」は、キリストの過越を記念します。1年の典礼の中で最も盛大で、中心的な祭儀が今日行われる復活の聖なる徹夜祭です。

今日の典礼は、「光の祭儀」「ことばの典礼」「洗礼式」「感謝の典礼」の4つの部分で構成されています。この典礼では、火、水、復活ろうそくなどキリストの復活と新しい命を象徴するシンボルが多く用いられます。

 

 

復活の聖なる徹夜祭では、洗礼式が行われます。
これは、初代教会からの伝統です。洗礼は、受難と死を通して復活したキリストの復活に与り、一人ひとりが古い自分に死んで新しい自分に生まれ変わる「過越」です。したがって、復活の聖なる徹夜祭がそれにもっともふさわしいとされてきました。

松戸教会でも、本日、10人の方が受洗されます。また、2人の方がプロテスタントから転籍されます。典礼が始まる前には、シスターと予行練習を行い、洗礼式に備えます。

 

01e2528b6662932515f2263b544025ca72b2191f20

 

 

聖堂入口では、青年が典礼のなかで使う蝋燭を配っています。

 

01b15c37489d384ba223987171c434d7b92666fc59

 

 

 

 

そして、午後7時……。
いよいよ復活の聖なる徹夜祭が始まります。

 

復活徹夜祭は、「光の祭儀」によって盛大に、ルルドから始まります。

 

IMG_0616

 

フィリップ神父様が、「光」について説明され、火を祝福されました。

 

IMG_3138

 

そして、復活の蝋燭を祝福されます。

 

IMG_3143

 

そして、祝福された新しい火で復活ろうそくに灯しました。

 

IMG_3146

 

 

そして、会衆は聖堂に入り、フィリップ神父様の入堂を待ちます。

そして、聖堂入口でフィリップ神父様が、復活ろうそくを高くかかげて、「キリストの光」と歌い、会衆は「神に感謝」と答えます。

 

IMG_3149

 

更に聖堂中央で再びフィリップ神父様が、復活ろうそくを高くかかげて、「キリストの光」と歌い、会衆も再び「神に感謝」と答えます。

 

IMG_3150

 

祭壇の前につくと、フィリップ神父様が、「キリストの光」と歌い、復活ろうそくを蝋燭台に立て、祭壇、復活の蝋燭に献香されました。
そして、会衆に復活ろうそくから火が配られ、会衆全員の蝋燭に火が灯ります。

 

IMG_3152
IMG_3154

 

そして、高らかに「復活讃歌」が歌われます。

 

IMG_0641

 

 

 

 

 

 

復活讃歌が終わると、会衆は蝋燭の火を消し、1年の教会の暦の中で最も豊かな「ことばの典礼」が始まります。
復活徹夜祭の朗読は、「神が人間の歴史を通してどのように働きかけてくださったかを深く味わうことが出来るようになっています。

 

第1朗読では、神が6日間で、天と地とそこにある全てのものを造られたことを語ります。人間の創造は、神の創造のわざを締めくくる最後のものです。この朗読箇所で描かれているのは、「人間とはそもそもどのようなものとして造られたか」ということであり、ここに神に「良し」とされた人間本来の姿を見ることが出来ます。

 

IMG_0645

 

復活徹夜祭の朗読では、1つ1つ朗読が読まれ、答唱詩編が歌われた後に、司祭が祈願を唱えます。

 

IMG_3162

 

 

第2朗読の「エジプトからの過越の出来事」は「主の過越」のかたどりとして最も重要です。
紀元前13世紀、エジプトで奴隷状態にあったイスラエルの民を神様は救い出されました。このエジプト脱出の出来事は、イスラエルの民にとって根本的な救いの体験でしたが、キリスト者はこの出来事を、キリストが死から復活のいのちに移ったことと結び付けて考えます。また、紅海を渡ったこの救いの出来事は、キリスト者の洗礼を前もって表すものと考えられています。

 

IMG_3164

 

 

第3朗読では、神に背いて荒れ果てたイスラエルの地と捕囚の地にあったイスラエルの民に向かって、回復の預言をエゼキエル(捕囚時代の預言者)は語ります。それは、人間の功績によるものではなく、まったく神ご自身による新しい創造の業とも言えるものです。特に、洗礼式を意識して朗読されます。

 

IMG_0654

 

 

第4朗読では、使徒パウロが、人が神の恵みにより、信仰によって神との正しい関係に入ると述べたあと、キリスト者が洗礼によって招かれた新しい生き方について語っています。

 

IMG_3168

 

 

そして、アレルヤ唱を歌い、福音を迎えます。

(四旬節の間は歌われませんでしたので、47日間ぶりに歌われる)復活徹夜祭で歌われる「アレルヤ唱」は、すべてのアレルヤ唱で最も荘厳です。詩編118は、本来は死の苦しみから救われた人の感謝の詩であったと考えられていますが、新約聖書の中でキリストの復活を語るために用いられています。

 

IMG_3172

 

 

福音朗読では、イエス様がご復活された朝の箇所が朗読されます。
マグダラのマリア、ヤコブの母マリア、サロメが墓に向かうと、入り口の大きな石が脇へわきへ転がしてあり、中に入ると、天使が「復活なさって、ここにはおられない。あなた方より先にガリラヤに行かれる」と伝えます。

 

IMG_0657

 

 

 

第1朗読 創世記 1章1節・26節~31a節
第2朗読 出エジプト記 14章15節~第15章1a節
第3朗読 エゼキエルの預言 36章16~17a・18~28節
第4朗読 使徒パウロのローマの信徒への手紙 6章3~11節
福音朗読 マルコによる福音書 16章1~7節

 

 

 

そして、フィリップ神父様のお説教が行われました。

 

IMG_3174

 

説教要旨

復活祭は、教会の暦の中でも最も大事な祝日です。
教皇レオ1世は、「復活祭が一番偉大なお祝いであって、降誕祭は、復活祭の準備のためだけに行われる」と仰いました。
何故、復活祭は、教会の暦で行われる他の祝日より偉大なのでしょう。
それは、週の始めに驚くべき御復活をなさった主・イエスを記念するものだからです。証言では、520人もの信者達が、イエス様の御復活の証人となり、主がご復活されたことを否定することは出来ません。
復活の主日は、私たちの人類の歴史上、最も重要なターニングポイントです。そして、全ての人々の祝福された希望の実現を褒め称え、それは、すなわち偉大なる神であり、私たちの救い主であるイエス・キリストの栄光の表れです。
その時、時が満ち、過去・現在・未来、すべての忠実な信者は、神の恵みとして、永遠の命を頂きました。
私たちは、キリストと共に蘇りましたから、神の右の座についておられるキリストがいらしたところに心を留めなければなりません。
私たちは地上に生き返るのではなく、上にあるものに心を留めなくてはなりません。
なぜなら、私たちはキリストと共に死に、私たちの新しい命のうちにあるキリストのなかに隠されているからです。
キリスト者にとって、復活徹夜祭は、喜びの宴です。
それは洗礼の秘跡によって、私たちが新しい命をキリストから頂けるからです。
今晩は、私たちにとって喜びの夜です。
転籍をする方、洗礼の秘跡を与り、カトリック信者になられた12人の新しい兄弟姉妹が誕生しました。
今晩は、喜びの夜です。
イエス様からしばらく離れていた方々も告解と聖体の秘跡によってイエス様の下に帰ってくる夜だからです。
奇跡的なキリストの体の完璧なうちに天国のすべての聖人達・天使達と「本当に主は復活した」とルカ福音書24章53節にあるように喜びます。
キリストとともにいる兄弟姉妹のみなさん、初代教会のころ、何百人もの方が証人となった主・イエス・キリストの栄光の復活こそ将来私たちが1つの永遠の命の家族となる証明です。
現在の命は一時的なものです。
私たちが持っているものは、本当に素晴らしいものです。その日がくるまで、キリストとともにいる兄弟姉妹の皆さんとご復活の喜びを味わいましょう。
そして、この喜びを分かち合いたい社会から阻害されている人々にもこの喜びを届き、今晩、今私たちがしているように祝うことが出来ますように心に留めましょう。
今晩から私たちが出会う全ての人々とともにキリストの聖霊と主の喜びを分かち合いましょう。
主イエス・キリストは、私たちのためにご復活されました。
みなさん、ご復活おめでとうございます。

 

 

 

 

そして、いよいよ「洗礼の儀」が行われます。

この1年間、シスターから様々なことを学び、洗礼を受ける決心をされ、今日を迎えます。

 

 

洗礼式の前に、まず、プロテスタントの教会から転籍を希望される2名の方が、信仰宣言をし、カトリックへの転籍をされました。

 

IMG_3176

次に、フィリップ神父様に促され、10人の洗礼志願者が代父母の方々と一緒に祭壇の前に並びます。

 

IMG_3180

 

 

そして、諸聖人の取次ぎを願い、連願が会衆によって歌われます。
まず、聖歌奉仕グループのメンバーが先唱し、会衆が続きます。

主よ哀れみたまえ、主よ哀れみたまえ。
神の母聖マリア、我らのために祈りたまえ。
聖ミカエル、我らのために祈りたまえ。
聖なる神の使い、我らのために祈りたまえ。
洗礼者聖ヨハネ、我らのために祈りたまえ・・・

荘厳に諸聖人への連願が続きます。

 

IMG_3182

 

連願が終わると、次にフィリップ神父様が、聖霊の働きを祈りながら、復活のろうそくを浸し、「水の祝福」します。
この祝福され聖化された水は、これから次の復活祭まで聖水として、様々な場面で使われます。

 

IMG_3187

 

そして、洗礼志願者たちにフィリップ神父様が、「悪霊の拒否」を問い、悪を捨てる覚悟を表します。次に、洗礼志願者たちは、同じくフィリップ神父様の3つの問いに答え、「三位一体の神への信仰」を宣言します。

 

IMG_3189

 

そして、1人ひとりフィリップ神父様により祝福された聖水を3度注がれ、「父と子と聖霊の御名」により『洗礼』が授けられます。

 

IMG_3208

 

そして、聖香油が受洗者の額に塗られ、聖霊を受けます

 

IMG_3246

 

続いて、キリストに結ばれた新しい人になったことを表す「しるし」として、代父母は受洗者に白衣を着せ、フィリップ神父様が「あなたがたは、新しい人となり、キリストを着るものとなりました」と宣言します。

 

IMG_3259

 

そして、受洗者は、復活のろうそくから火を点けた蝋燭を渡され、フィリップ神父様は「光の子として歩みなさい(エフェソの信徒への手紙5章8節)」と、仰れます。
光は、キリストを表し、キリストに照らされたキリスト者の生き方をも表します。

 

IMG_3267

 

蝋燭が受け渡されると、受洗者に「洗礼名」が与えれます。
聖人から頂いた洗礼名は、受洗者の方々の新たな誕生と使命を表すものです。

 

IMG_3270

 

最後に、洗礼の約束の更新が行われます。
フィリップ神父様の呼びかけに答え、信徒全員で、自分が洗礼を受けた日のことを思い起こしつつ、信仰宣言を唱えます。

 

IMG_3272

 

そして、祝福された水を会衆に、フィリップ神父様が散水します。これにより、洗礼の約束が、更新されます。

 

IMG_3275

 

 

 

共同祈願が唱えられると、感謝の典礼となります。

奉納は、受洗者・転籍者によって行われました。

 

IMG_0710

 

 

聖体拝領の前に、フィリップ神父様が祭壇から降りてこられて、受洗者、転籍者の方々と固い握手を交わされました。会衆も拍手し、祝福しました。

 

IMG_0713

 

 

そして、聖体拝領は、今日、受洗された10人の方々、転籍された2人の方が最初に受けます。
受洗された10人の方々、転籍された2人の方は、特別に両形態の聖体拝領となりました。
初めてのご聖体は、どのようなものだったでしょうか…

 

IMG_0723

 

 

そして、受洗者・転籍された方々の笑顔と新たな兄弟姉妹を迎えた信徒一同の喜びのうちに復活徹夜祭のミサを終えました。

 

 

ミサ後、受洗者、転籍者の方々に記念品が贈られ、1人ひとり、会衆に向かい、自己紹介と挨拶がされ、新たな兄弟姉妹に会衆から歓迎の拍手が贈られました。

 

IMG_3298
IMG_0734

 

 

 

 

最後に、フィリップ神父様や1年間入門講座を担当して頂いたシスター、そして、代父母の方々と一緒に記念撮影。

 

IMG_3309

 

 

受洗者の皆様、ご受洗おめでとうございます。
そして、主の御復活おめでとうございます!




 |  |  |  |

01b722b3a1150e926f0f886c45717659f38bd4aaac

 

復活の聖なる徹夜祭の前、午後5時よりフィリップ神父様、典礼委員と一緒に、徹夜祭の奉仕者が集まり、打合せを行いました。
典礼の流れを確認し、2時間を超えるミサが、滞りなく、行われるように、詳細に自分の役割を確認し、本番に備えました。
復活の聖なる徹夜祭は、典礼の中心であり、教会のなかでも、もっとも大きな行事です。
多くの方に参加して頂けたらと思います。

ヨゼフ会のメンバーは、このように教会の行事に積極的に参加しています。
今日新しく受洗・転籍された方々も、是非ご参加ください。

 




 |  |  |  |

みみずの会です。
この会は月2回、第1第3火曜日の午後1時くらいから教会のお庭の手入れをしているグループです。

 

聖週間もいよいよ佳境、後、数時間後には、イエス様がご復活します!
洗足式主の受難も個人的に何かしらのお役目を頂いていまして、すごく緊張していましたので、ホッとしています。今日は、主のご復活、そして、10人以上の新しい兄弟姉妹の誕生を待ち望みながら、ミサに与ろうと思います!
心配していたお天気の方もなんとか持ちこたえそうですし……。

今日は、早めに教会に着いたので、少し教会内をウロウロしました。
典礼委員の方々や役目のある方々、シスターがお忙しくしているので、聖堂にいるのがちょっと申し訳なくなってしまったこともあるのですけどね……。

 

すると……
教会入口のマリア様のところに八重咲きチューリップが!
以前、お伝えした時(お気づきですか Vol.2)は、まだ芽が出たばかりだったのに!

えっと…黄色いチューリップの花言葉は…………

 

011f41e2c43a716d1614de4e16040a7f4b8c122b70

 

望みのない愛…

…………… (*´;ェ;`*)
イ・イエス様が亡くなっている時間ですし……弟子やマリア様は、た・たしかにそんな思いだったかも……

 

 

もうちょっと…ウロウロしましょう。

 

そうすると………
教会外壁の十字架の下、駐車場の所にある花壇のところに…また、蕾がほころんで咲き始めている花を発見!やっぱり…春ですね!

えっと……この花は……
ハナズオウ

 

01fb5c673af784fcdca7b4ae9cd749bc02cfc92bcf

 

花言葉は…「不信仰」「裏切り」「疑惑」
…………Σ(゚ロ゚;)

イエス様を裏切り、銀貨30枚で祭司長たちに売り、その後、自責の念にかられ、首を吊り………
そのイスカリオテのユダが首を吊った時に使った木とされるのが…この「ハナズオウ」……なので、別名「ユダ・ツリー」とも言われいている…

もう……

なんて日だ!

受難のデパートや~
( ´△`)

そ・そういえば…日没まではイエス様は亡くなっているんだった……。

 

 

 

でも、よく調べてみると、このハナズオウには、「目覚め」という花言葉もあるみたいなんです。

イエス様は、ユダによって裏切られ、ご受難にあい、十字架のうえで死にます。
しかし、今日、イエス様は復活されるのですよね。そして、私たちは「目覚め」るんですよね!
そうです!受難の数が多いほど、ご復活の喜びもひとしおなのです!
( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆

新しい季節、新しい年度にもなりますし!
教会の入り口横にある(お隣のマンションの?)桜も満開ですし!

 

01acd8f13bfa645a00b6151cc324ef0cd399e80087

 

 

 

そうでした!

今日、新たに兄弟姉妹になられた方々のなかで、もし「土いじりが好き!」とか「教会の奉仕のお手伝いがしたい!」と思っていらっしゃる方がいましたら、是非、みみずの会のメンバーにお声掛けください!

これからの季節は、本当に色々な花が咲き始め、土いじりには最高の季節です。新たな「目覚め」とともに、ご一緒に土いじりをしましょう!