|  |  |  |

Lenten Recollection was held at basement hall from 1:00 PM to 5:30 PM on Today.

MCCICの四旬節の黙想会が地下ホールで午後1時から午後5時半まで行われました。

 

 

11079623_836594646415079_7617269237849984852_n

 

Fr.Jay Madrona was conducted by.

ジェイ神父様の指導の下、分かち合いを行いました。

 

1560649_836594659748411_3942982498151253749_n

 

 

Group recollection with confession.

そして、グループでの分かち合いも行われました。

 

17900_836582163082994_5891762267381859253_n
11102683_836582186416325_3498084747830945828_n
11082557_836582143082996_3125613441665760004_n

 

 

 

 

A commemorative photo was taken at last.

(with Fr.Philip Bonifacio and Fr.Jay Madrona)

最後にフィリップ神父様・ジェイ神父様と一緒に記念撮影。

 

11080926_10205012319320806_4259723597308204679_n



 |  |  |  |

今日は、四旬節最後の主日である受難の主日(枝の主日)でした。
松戸教会では、午前8時、そして、午前10時半からミサが行われました。

 

受難の主日(枝の主日)は、信者がそれぞれに枝を持ち、行列をして受難の道に入ったことを思い出す典礼です。受難の主日(枝の主日)は、(ユダヤ人の)過越祭に合わせ、主イエスがエルサレムに入ったことをを記念して行われます。
その際、多くの群集が、子ロバにまたがって入城するイエス様を群集が衣服や枝を持ち、歓呼を持って迎えます。(しかし、その数日後、その群衆は、イエス様を「十字架につけろ!」と叫びます。)

今日から、典礼暦の頂点である聖週間が始まります。

 

 

教会入口で、用意された枝を受け取り、聖堂へと向かいます。

 

D30_6471

 

 

 

午前10時半からのミサでは、ミサの前に、まず、「枝の式」が行われます。

信者は、外の駐車場で、フィリップ神父様を待ちます。

 

D30_6487

 

 

そして、交唱を歌い、神父様をお迎えしました。

 

IMG_0565

 

D30_6500a

 

そして、フィリップ神父様が枝(棕櫚の葉)を祝福をします。

 

D30_6507
IMG_0573
D30_6512
D30_6517

 

 

そして、入城の福音朗読。

 

D30_6518

 

 

福音朗読 マルコによる福音書 11章1~10節

 

 

 

 

福音朗読後、枝の行列を行いました。

「ダビテの子」を歌いながら、下の広場からスローブを登り、入堂します。

 

D30_6532

 

行列が、聖堂に入ると、今度は「聖なる町に」を歌います。

 

IMG_0579

 

D30_6556

 

 

 

ご受難の朗読(福音朗読)は、神父様(イエス様)と朗読者2人(第1朗読者;語り手、第2朗読者:その他の登場人物)と会衆全員(群衆)で行います。

 

D30_6567

 

 

 

そして、お説教……。

フィリップ神父様は、「ご受難を思い起こし、もう1度主イエス様に立ち返ること、十字架の奇跡に立ち返ること」を説かれました。

 

D30_6571

 

 

 

第1朗読 イザヤの預言 50章4-7節
第2朗読 使徒パウロのフィリピの教会への手紙 2章6~11節
福音朗読 マルコによる主イエス・キリストの受難 15章1~39節

 

 

 

 

今日のミサは、本当に大勢の方が来てくださり、お御堂に入れないほどでした…。

 

D30_6570

 

 

 

いよいよ聖週間が始まりました。

聖週間の祭儀に出来るだけ参加し、キリストの過越しの神秘に感謝しましょう。