|  |  |  |

今日は、午前10時から聖週間を迎えるための大掃除がありました。
多くの方に参加して頂き、ありがとうございます。

 

午後5時からは、日曜日に引き続き、聖週間のための侍者会を行いました。

 

01ccae25c5db0df65c66460c90d8b3f73ab07e5465

 

今日は、聖木曜日「主の晩餐の夕べのミサ」と聖金曜日「主の受難の祭儀」で、担当する方々に集まって頂き、フィリップ神父様のご指導のもと、典礼の式次第の確認をし、当日に備えます。

 

明日の受難の主日(枝の主日)から始まる聖週間は、カトリック教会にとって最も大事な1週間となります。

特に過越の聖なる3日間(聖木曜日・聖金曜日・復活の主日)は、教会暦の頂点となります。ぜひ、多くの方にご参加いただきたいと思います。




 |  |  |  |

本日、四旬節の大掃除が行われました。
松戸教会では、毎年、聖週間前に大掃除を行い、主のご復活の準備を整えています。

 

ヨゼフ会、各地区それぞれ担当の場所に分かれ、毎週各地区ごとに行う掃除では行えないような箇所も丹念に行いました。

ヨゼフ会の方々は、普段手の届かない高い場所の掃除もしてくださりました。

 

祭壇は、典礼委員の方を中心に行い、いつも以上に丁寧に磨きました。

 

01d3ae58135f30f90ba50673a5fc990cd463bf853f

 

聖堂は、ヨゼフ会の方々が、中心に青年も一緒になってモップがけを行い、ワックスがけを行いました。

 

019ee02416b92966081530d5c418914455e66ac93d

 

 

地下ホールも同様にモップがけを行い、ワックスがけを行いました。
ヨゼフ会の方々や各地区の方々がピカピカにして下さいました。

 

0135c846f1459d5a3c0684a6e1544ff3c4977f6f1c
019ec90f1b7ed666c837120210fe115e55b9d0e5ac

大体全てが片付いた後、青年達は、残って聖器物を磨きました。
磨くとこれだけ汚れていたのかということがわかります。磨いた後の聖器物はどれも輝いています。侍者をしている青年たちも自分たちで磨くことによって、より侍者奉仕への思いも強くなったと思います。

典礼委員の方々も「まるで新しく買ったみたい」と仰っていましたね。

 

016ea5a862f93b28c097244fdcd41c6be261ce5a41

 

明日からは、「聖週間」が始まります。この1週間は、典礼暦の頂点です。
信者は、「過越」を共にし、イエス様のご復活を迎えます。




 |  |  |  |

毎年、聖週間前直前の土曜日、松戸教会では、大掃除を行い、聖週間を迎える準備を整えます。

ヨゼフ会は、聖堂などの普段手が届かない様々な箇所や力仕事などの担当です。

 

お御堂のステンドグラスも磨きました。

 

0113dfe7f91ea03eb66ed7e0cd366f7720dda1a3b6
01a84b909dd3c23174d4b6f96ac3b1ea6d412b03c0

 

来ていた青年達も手伝ってくれました。
普段、ステンドグラスを正面から見ることはないので、幸運のおすそ分けです。(単に高いところだから代わりにやってもらったというわけではありません…)

 

014d3fc49957f96cabee1f9ce3e6a4fa6ac27a5790

 

 

聖堂のイスを全て移動し、モップをかけ、ワックスをかけました。

 

0183ab52dbe28b517a8f6868a74aa16e1f34bc56bb
01ec7b1972b946f52f1d472f25b1a52a86462a879d
0165d207a590a0bdec1101ca503963e9b6c423fa2d

 

 

 

地下ホールも同様にパーテーションを全て取り外し、モップ掛けし、ワックスをかけました。

 

0194fb531e5652d40143dda8870ff45048002dedb1

 

高いところのチェックも忘れません。エアコンのフィルターなどを綺麗にし、ほこりなどを取り払いました。

 

018982ce9ec88ddf18dceae9aed0a45ac72ffb12a0

 

 

 

外灯もケースを洗い、電球も拭き、綺麗にしました。

 

0197dddcf6cf765da0113db9ebb5dd1591cb0748bb

 

 

その他、男手が必要な様々なところで、力を発揮しました。

今年は多くの方に集まって頂き、短い時間で終わらせることが出来ました。来年もよろしくお願い致します。




 |  |  |  |

こんにちは!みみずの会です。
この会は月2回、第1第3火曜日の午後1時くらいから教会のお庭の手入れをしているグループです。

 

いよいよ明日から聖週間に入りますね。
松戸教会でも今日は大掃除があって、聖週間を迎える準備を整えます。
信者ではない人には、あまり馴染みがないかもしれませんが、この「聖週間」、そして、イエス様のご復活を祝う「復活祭(イースター)」は、とっても大事な行事なんです!クリスマスと同じくらい、いや、それ以上に大事なんですよね…。ヨーロッパとか中南米、フィリピンみたいなカトリック国では、国をあげてお祭りになりますよね。せっかく、旅行で行ったのにお店が開いてない!なんてこともあったりして……。

復活祭は、2回のミサが行われるのですけど、その2回とも「洗礼式」が行われます。成人になって洗礼を受ける人は、今日まで1年間以上勉強してきようやくこの日洗礼に与るんです!
信者たちも、その姿を見て、自分の洗礼式を思い出し(幼児洗礼の人たちは、記憶がないんですけどね…)気持ちを新たに出来ます…

でも、自分の洗礼式の話になると、「記憶がない」とか「ほとんど覚えてない」って人も多くて…緊張していて覚えてない人が結構多いみたいです。今年、受洗される方たちは、どうなのかなぁ…。

 

復活祭は、毎年、日にちが違いますから、ちょっと風景も変わりますよね。
ここ数年の復活徹夜祭は、あまり天気が良くないのですけど今年はどうでしょう……天気予報を見るとあまり天気が良くないようなんです。そういえば、数年前に洗礼を受けた方のなかに、ものすごい雨男がいるという噂も……

 

もしかして…ハッ!Σ(゜◇゜*)!!

 

今年、洗礼を与る方々は、教会の入り口にある夏みかんの木にたくさん実がなっていたことを思い出すかもなぁ…

 

IMG_2763

 

夏みかんの花言葉は、「純潔・清純」です。なんか受洗者にぴったりの言葉ですよね。
洗礼を受けた時に、今までの罪が赦され、今までの自分から新たに生まれ変わるのですから、本当に受洗者の人たちは、「純潔・清純」なんですから。

甘酸っぱい春の暖かさを思い起こさしてくれる夏みかんを食べるたびに、今年洗礼を受ける人たちが、自分たちの洗礼式を思い出してくれたらいいなぁ…

 

ちなみに果実の味は毎年同じというわけではないようです。

さて今年は「天使」とでるか「悪魔」とでるか…
収穫が楽しみです♪

「悪魔」と出ても、教会内の聖なる息吹を受けて美味しいと思われます!

( ̄∇ ̄*)ゞ