|  |  |  |

Lenten Recollection was held at basement hall from 1:00 PM to 5:30 PM on Today.

MCCICの四旬節の黙想会が地下ホールで午後1時から午後5時半まで行われました。

 

 

11079623_836594646415079_7617269237849984852_n

 

Fr.Jay Madrona was conducted by.

ジェイ神父様の指導の下、分かち合いを行いました。

 

1560649_836594659748411_3942982498151253749_n

 

 

Group recollection with confession.

そして、グループでの分かち合いも行われました。

 

17900_836582163082994_5891762267381859253_n
11102683_836582186416325_3498084747830945828_n
11082557_836582143082996_3125613441665760004_n

 

 

 

 

A commemorative photo was taken at last.

(with Fr.Philip Bonifacio and Fr.Jay Madrona)

最後にフィリップ神父様・ジェイ神父様と一緒に記念撮影。

 

11080926_10205012319320806_4259723597308204679_n



 |  |  |  |

今日は、四旬節最後の主日である受難の主日(枝の主日)でした。
松戸教会では、午前8時、そして、午前10時半からミサが行われました。

 

受難の主日(枝の主日)は、信者がそれぞれに枝を持ち、行列をして受難の道に入ったことを思い出す典礼です。受難の主日(枝の主日)は、(ユダヤ人の)過越祭に合わせ、主イエスがエルサレムに入ったことをを記念して行われます。
その際、多くの群集が、子ロバにまたがって入城するイエス様を群集が衣服や枝を持ち、歓呼を持って迎えます。(しかし、その数日後、その群衆は、イエス様を「十字架につけろ!」と叫びます。)

今日から、典礼暦の頂点である聖週間が始まります。

 

 

教会入口で、用意された枝を受け取り、聖堂へと向かいます。

 

D30_6471

 

 

 

午前10時半からのミサでは、ミサの前に、まず、「枝の式」が行われます。

信者は、外の駐車場で、フィリップ神父様を待ちます。

 

D30_6487

 

 

そして、交唱を歌い、神父様をお迎えしました。

 

IMG_0565

 

D30_6500a

 

そして、フィリップ神父様が枝(棕櫚の葉)を祝福をします。

 

D30_6507
IMG_0573
D30_6512
D30_6517

 

 

そして、入城の福音朗読。

 

D30_6518

 

 

福音朗読 マルコによる福音書 11章1~10節

 

 

 

 

福音朗読後、枝の行列を行いました。

「ダビテの子」を歌いながら、下の広場からスローブを登り、入堂します。

 

D30_6532

 

行列が、聖堂に入ると、今度は「聖なる町に」を歌います。

 

IMG_0579

 

D30_6556

 

 

 

ご受難の朗読(福音朗読)は、神父様(イエス様)と朗読者2人(第1朗読者;語り手、第2朗読者:その他の登場人物)と会衆全員(群衆)で行います。

 

D30_6567

 

 

 

そして、お説教……。

フィリップ神父様は、「ご受難を思い起こし、もう1度主イエス様に立ち返ること、十字架の奇跡に立ち返ること」を説かれました。

 

D30_6571

 

 

 

第1朗読 イザヤの預言 50章4-7節
第2朗読 使徒パウロのフィリピの教会への手紙 2章6~11節
福音朗読 マルコによる主イエス・キリストの受難 15章1~39節

 

 

 

 

今日のミサは、本当に大勢の方が来てくださり、お御堂に入れないほどでした…。

 

D30_6570

 

 

 

いよいよ聖週間が始まりました。

聖週間の祭儀に出来るだけ参加し、キリストの過越しの神秘に感謝しましょう。

 




 |  |  |  |

今日は、午前10時から聖週間を迎えるための大掃除がありました。
多くの方に参加して頂き、ありがとうございます。

 

午後5時からは、日曜日に引き続き、聖週間のための侍者会を行いました。

 

01ccae25c5db0df65c66460c90d8b3f73ab07e5465

 

今日は、聖木曜日「主の晩餐の夕べのミサ」と聖金曜日「主の受難の祭儀」で、担当する方々に集まって頂き、フィリップ神父様のご指導のもと、典礼の式次第の確認をし、当日に備えます。

 

明日の受難の主日(枝の主日)から始まる聖週間は、カトリック教会にとって最も大事な1週間となります。

特に過越の聖なる3日間(聖木曜日・聖金曜日・復活の主日)は、教会暦の頂点となります。ぜひ、多くの方にご参加いただきたいと思います。




 |  |  |  |

本日、四旬節の大掃除が行われました。
松戸教会では、毎年、聖週間前に大掃除を行い、主のご復活の準備を整えています。

 

ヨゼフ会、各地区それぞれ担当の場所に分かれ、毎週各地区ごとに行う掃除では行えないような箇所も丹念に行いました。

ヨゼフ会の方々は、普段手の届かない高い場所の掃除もしてくださりました。

 

祭壇は、典礼委員の方を中心に行い、いつも以上に丁寧に磨きました。

 

01d3ae58135f30f90ba50673a5fc990cd463bf853f

 

聖堂は、ヨゼフ会の方々が、中心に青年も一緒になってモップがけを行い、ワックスがけを行いました。

 

019ee02416b92966081530d5c418914455e66ac93d

 

 

地下ホールも同様にモップがけを行い、ワックスがけを行いました。
ヨゼフ会の方々や各地区の方々がピカピカにして下さいました。

 

0135c846f1459d5a3c0684a6e1544ff3c4977f6f1c
019ec90f1b7ed666c837120210fe115e55b9d0e5ac

大体全てが片付いた後、青年達は、残って聖器物を磨きました。
磨くとこれだけ汚れていたのかということがわかります。磨いた後の聖器物はどれも輝いています。侍者をしている青年たちも自分たちで磨くことによって、より侍者奉仕への思いも強くなったと思います。

典礼委員の方々も「まるで新しく買ったみたい」と仰っていましたね。

 

016ea5a862f93b28c097244fdcd41c6be261ce5a41

 

明日からは、「聖週間」が始まります。この1週間は、典礼暦の頂点です。
信者は、「過越」を共にし、イエス様のご復活を迎えます。




 |  |  |  |

毎年、聖週間前直前の土曜日、松戸教会では、大掃除を行い、聖週間を迎える準備を整えます。

ヨゼフ会は、聖堂などの普段手が届かない様々な箇所や力仕事などの担当です。

 

お御堂のステンドグラスも磨きました。

 

0113dfe7f91ea03eb66ed7e0cd366f7720dda1a3b6
01a84b909dd3c23174d4b6f96ac3b1ea6d412b03c0

 

来ていた青年達も手伝ってくれました。
普段、ステンドグラスを正面から見ることはないので、幸運のおすそ分けです。(単に高いところだから代わりにやってもらったというわけではありません…)

 

014d3fc49957f96cabee1f9ce3e6a4fa6ac27a5790

 

 

聖堂のイスを全て移動し、モップをかけ、ワックスをかけました。

 

0183ab52dbe28b517a8f6868a74aa16e1f34bc56bb
01ec7b1972b946f52f1d472f25b1a52a86462a879d
0165d207a590a0bdec1101ca503963e9b6c423fa2d

 

 

 

地下ホールも同様にパーテーションを全て取り外し、モップ掛けし、ワックスをかけました。

 

0194fb531e5652d40143dda8870ff45048002dedb1

 

高いところのチェックも忘れません。エアコンのフィルターなどを綺麗にし、ほこりなどを取り払いました。

 

018982ce9ec88ddf18dceae9aed0a45ac72ffb12a0

 

 

 

外灯もケースを洗い、電球も拭き、綺麗にしました。

 

0197dddcf6cf765da0113db9ebb5dd1591cb0748bb

 

 

その他、男手が必要な様々なところで、力を発揮しました。

今年は多くの方に集まって頂き、短い時間で終わらせることが出来ました。来年もよろしくお願い致します。