|  |  |  |

本日、灰の水曜日のミサが6時40分から、10時半から、19時から、それぞれ3回行われました。
灰の水曜日は、「土から出て土に帰っていく」ことを象徴し、回心して、復活されたイエス様にお会いすることが出来るように印を受ける「灰の式」が行われます。

 

祭壇には、灰が用意されます。
この灰は、受難の主日<枝の主日>に祝福された枝を燃やしてできたモノです。

 

DSC00434

 

 

第1朗読 ヨエルの預言 2章12~18節
第2朗読 コリントの信徒への手紙二 5章20~6章2節
福音朗読 マタイによる福音書 6章1~6、16~18節

 

 

朗読後、フィリップ神父様からお説教が行われました。

 

DSC00468

 

説教

今日は灰の水曜日です。
四旬節とは、イエス様のご復活を迎えるための40日間の期間という意味です。
どのような準備をすればよいのかということに関して、今日の福音書では3つのポイントを伝えています。

  1. 祈り
    これは、神様の前で再度修行を受け入るための祈りです。
    神様は私たちのためにおられます。私たちの理想と限界を越えるための祈り、それをイエス様は聖書と教会として残しました。イエス様の祈りとして私たちの生活の中での使命を理解し、それを行うための自分を知ろうとするための祈りです。
  2. 断食
    私達は、断食と言えば「食べること・飲むことを慎むこと」と考えます。しかし、現代では、私たちの大部分に食べ過ぎる危険があるので断食の機会が与えられています。
    この断食には、食べ物・飲み物・タバコ・遊楽の断食より根本的な深い意味があります。神様からずっと離れた生活のなかで、何かに夢中なったり、また、何かに頼りすぎることから自由になる努力を意味します。
  3. 慈善
    四旬節は、困っている人を助ける期間です。
    人々を救うために、私たちの時間やお金、力やモノを差し出すことです。それは、この社会のなかで私たちの周りにいる人々を大切にし、真面目な関心を持つということも含んでいます。
    そのため、四旬節の間に罪を滅ぼし、今の社会での貧困の問題など色々な問題を理解し、そうすることで私たちは住んでいる世界をより理解するように、感情と考え方を宿し、人々の求めに尽くすための良い期間になるでしょう。

そのために今日のミサのなかで心を合わせて祈りたいと思います。

 

 

 

説教後、灰の式が行わます。

まず、フィリップ神父様が祈りとともに、灰を祝福されます。

 

DSC00472
DSC00473
DSC00476

 

 

続いて、フィリップ神父様から「回心して福音を信じなさい」という言葉とともに灰で額に十字のしるしを受けます。

 

DSC00484
DSC00480

 

 

 

 

灰の式後、ご聖体を頂き、ミサが終わります。

 

DSC00499

 

なお、本日は、大斎・小斎になります。

<大斎・小斎とは?>

現在、教会はイエスの精神に戻って、祈り、愛の業との関連で断食を意義づけています。
具体的には、教会は、大斎(だいさい)と小斎(しょうさい)を定め、償いと克己を行わせ、キリストの受難に倣うようにしています。

大斎 日に1回だけの十分な食事とそのほかに朝ともう1回わずかな食事をとることができ、満60歳に達するまでのすべての成人が守ります。
小斎 肉類を食べないことですが、各自の判断で償いの他の形式、とくに愛徳のわざ、信心業、節制のわざの実行をもって替えることができ、満14歳以上の人が守ります。
(大斎も小斎も、病気や妊娠などの理由がある人は免除されます)

引用元:カトリック中央協議会 ひとくちメモ「四旬節、断食、カーニバル」
女子パウロ会Laudate「キリスト教マメ知識」




 |  |  |  |

036

 

本日(灰の水曜日)から四旬節にはいります。
四旬節は復活祭を迎える準備期間です。四旬節という言葉は「40日間」を意味します。
イスラエルの民がモーゼに率いられてエジプトから脱出し、荒野を40年彷徨ったこと、また、イエス・キリストが40日間、荒野で断食し、サタンの誘惑を受けたことが背景にあります。

 

四旬節は復活祭に洗礼を受ける人々の最終準備の期間であり、四旬節第1主日に洗礼志願式(昨年の志願式)が行なわれます。

すでに洗礼を受けた信徒も洗礼志願者も共に、教会全体が主イエスの死と復活にふさわしく与るために準備しますが、教会共同体だけのことではなく、宗教・思想・民族を越えた人類共同体の一員として、苦しみ争うこの世界に平和の実現を心から祈り求める期間でもあります。

 

 

 

DSC00440

 

司祭の祭服は紫色のものとなります。

これは、回心や悔い改めを表します。なお、受難の主日(枝の主日)には赤を用います。

四旬節の間、栄光の讃歌は歌われません。また、アレルヤ唱は歌わず、詠唱を歌います。ミサのなかで「アレルヤ」とも唱えません。

 

 

 

教会は特にこの季節、神に心を向け直すように呼びかけます。

心と生き方の方向転換へと招きます。それは「祈り・断食・施し」という具体的な形となって実践されます。

 

教皇フランシスコは、四旬節が始まるにあたり、以下のようなツィートをされています。

 

 (訳)四旬節の間、自分の無関心を克服する具体的方法を見つけましょう

 

 

 (訳)主よ、私たちに恵みを与え、自分が罪人であることを悟らせてください

 

 

断食に関しては、カトリック教会には、大斎・小斎があります。

大斎と小斎を守る日は灰の水曜日と聖金曜日(復活祭直前の金曜日)、小斎を守る日は祭日を除く毎金曜日です。

 

<大斎・小斎とは?>

現在、教会はイエスの精神に戻って、祈り、愛の業との関連で断食を意義づけています。
具体的には、教会は、大斎(だいさい)と小斎(しょうさい)を定め、償いと克己を行わせ、キリストの受難に倣うようにしています。

大斎 日に1回だけの十分な食事とそのほかに朝ともう1回わずかな食事をとることができ、満60歳に達するまでのすべての成人が守ります。
小斎 肉類を食べないことですが、各自の判断で償いの他の形式、とくに愛徳のわざ、信心業、節制のわざの実行をもって替えることができ、満14歳以上の人が守ります。
(大斎も小斎も、病気や妊娠などの理由がある人は免除されます)

引用元:カトリック中央協議会 ひとくちメモ「四旬節、断食、カーニバル」
女子パウロ会Laudate「キリスト教マメ知識」

 

 

また、灰の水曜日に、「回心して福音を信じなさい」ということば受けることからも分かるように、赦しの秘跡を受ける時期としても、もっともふさわしい時とされています。松戸教会でも、共同回心式が行われます。

 

 

四旬節中の毎週金曜日、松戸教会では、十字架の道行を行っています。

「十字架の道行」の祈りは、イエスの受難の各場面を黙想し、回心しキリストの愛にならうための祈りです。

 

 

 

 

キリスト教の最大の祭りは、クリスマスではなく、十字架上で死に、葬られたキリストが復活するのを祝う復活祭です。「復活の聖なる徹夜祭」(昨年の復活徹夜祭)は、一年の典礼のうち、最も盛大で、中心的な祭儀です。

ご復活を祝うために、是非みなさんも教会にいらして、ご一緒にその準備を整えましょう。




 |  |  |  |

DSC01001

 

四旬節の期間中、毎週金曜日に「十字架の道行き」を行います。

Stations of the Cross will be prayed during Lent every Friday.

 

「十字架の道行」の祈りは、イエスの受難の各場面を黙想し、回心しキリストの愛にならうための祈りです。各留にとどまり、しばらく黙想し、順次回っていきます。聖堂内にイエス・キリストの裁判から十字架の死に至るご受難の歩みを描いたレリーフが並べて掛けてあります。14場面あり、これは ” 留(りゅう)”と呼ばれています。

 

毎週金曜日(初金を除く)  Every Friday(other than First Friday)

10:00 A.M.~ / 6:30 P.M.~

2月27日の夕方の十字架の道行は、お休みになります。
On February 27 Evenings, Stations of the Cross will be canceled.

初金(3月6日) First Friday(March 6)

10:30 A.M.~ / 6:30 P.M.~

聖金曜日(4月4日) Good Friday(April 4)

3:00 P.M.~

 

多くの方のご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

今日は、久々のレクレーション!

快晴の空のもと、みんなで近くの公園に行って、遊びました。

ところでサッカーの「FCバルセロナ」や「バイエルン・ミュンヘン」でウォーミングアップなどに行われている「トリカゴ」って知っていますか?
数人で輪になり、その輪の中に鬼となる2人がいます。その鬼にボールを取られないようにワンタッチでボールを回し続けるというものです。

それを、みんなでやることに!

 

__ (32)
IMG_2490
IMG_2491
IMG_2492

 

もちろん、「FCバルセロナ」や「バイエルン・ミュンヘン」のようにいきませんが……みんな楽しくボールを蹴ります……かなり…グダグダになっちゃいましたが…楽しければOK……
青い空のしたで、元気に遊ぶのはやっぱり楽しいですよね。

 

今年度も残りわずかになってきました。
みんな、来週も元気に集まってくださいね!




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を毎月第2週に行っています。

今月は、あいにくの天気で、いつもより奥(地下ホール前)で行いました。昼過ぎからは、雨も強くなってきてしまいました……

 

IMG_2468

 

 

 

 

● 今月のおすすめ品

IMG_2462

いちご(とちおとめ)

とちおとめの果皮の色は鮮赤で果形は女峰の特徴を受け継いで比較的整った円錘形をしています。果実の大きさは大,果肉色は淡紅,果心の色は紅赤,果実の光沢は良,果実の溝はかなり少ないです。「第53回福島県農業受賞」を頂いたいちごです。第53回福島県農業受賞したイチゴです。
春の到来を感じますね。

 

 

 

IMG_2463

フルーツトマト
糖度の高いトマト。フルーツのように甘いです。

 

 

IMG_2464
IMG_2465

有機野菜

一度霜をかぶり、甘みをました野菜たち。新鮮でおいしいです!
とくに、曲りねぎは人気です。甘い」「柔らかい」「風味が良い」の三拍子そろったねぎです。

 

 

IMG_2467

きのこ類

肉厚なしいたいけやなめこ、関東では、めずらしいたもぎ茸など様々なきのこをお持ちいただきました。

 

 

 

 

来月も、第2週3月8日(日)8時ごろから即売会を行っています。

教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。