|  |  |  |

本日、10時半からは、クリスマスミサ(日中のミサ)が行われました。

昨日の夜半のミサとは、また違う穏やかな雰囲気のなか、ミサが始まります。

 

 

 

司祭が入堂し、馬小屋と幼子のイエス様に献香します。

 

DSC00375

 

 

そして…「ことばの典礼」です。

 

DSC00381

 

DSC00385

 

福音朗読の前に献香されました。

 

DSC00386

 

DSC00388

 

 

第1朗読 イザヤ書 52章7~10節
第2朗読 ヘブライ人への手紙 1章1~6節
福音朗読 ヨハネによる福音書 1章1~18節

 

 

 

 

DSC00393

 

お説教(以下内容)

クリスマスで私たちの関心は、粗末なベツレヘムの洞穴のイエス様に集中します。
イエス様の誕生は、他のすべての家族と同じで普通のことです。
しかし、大きな違いは、生まれた子どもが「神様ご自身」であるということです。
だから、今日私たちが祝っている不思議な出来事は、この世で神様の受肉、いいかえれば、神様が人間の姿をとるということなのです。
神様は形としては肉体を持ち、私たちのなかの1人になったのです。神様は人間になったのですから、私たちはその方を見て、触って、声を聴くことが出来ます。神様は人間になったのですから強く私たちを愛します。神様は人間になったのですから、完全に自分のようになることを望まれるのです。
イエス様の誕生はまったく予期しない出来事でした。
3人の博士を導いた大きな星は、宮殿では止まらずにベツレヘムの小さな馬小屋を指し示しました。やがて、(近く)エジプトへの難民になる貧しい両親に頼り切っている無力な子供の神様の姿に私たちはとても驚かされます。この世の栄華を極めた宮殿ではなく、貧しい家に生まれることを選んだイエス様は、世の中の名誉と成功という気まぐれをひっくり返しました。マリア様とヨゼフ様の愛の結びつきの始まりは、その夜は、羊の群れの世話をしていた(当時の)社会から追放されていた羊飼いでした。羊飼いが側にいたことは、イエス・キリストが日々、社会の弱い貧しい人の味方になろうとしたこと、また、この世で困っているこどもたちに神様の優しい光を届けたということの証明に役立ったという確信になります。
降誕祭のお祝いは、私たちに神様の愛を思わせるものです。神様は私たちを深く愛しているので、闇と罪から救い出すために、この世にたった1人の我が子を送りました。イエス様は私たちの罪を赦し、私たちに天国への道を教えるためにこの世に来たのです。
イエス様は神様の子として私たちに届き、この憐れみで、神様は、「造られたモノ」と「造る御方」の神聖で超えてはならない境を壊しました。この誕生の夜からマリア様から生まれた赤子は神様と私たちのつなぎ目になりました。神様はこの世に来たのですから、苦味と裏切りは、私たちに与えた新しく御子の豊かな愛情で解消されます。そして、私たちは頑な心を和らげる天の恵みをいつもその御子に誓います。イエス様は自分の心を開いて歓迎するものの側にいるのです。
クリスマスは、イエス様の受肉のことだけに関心を持つ時ではありません。
貧しさ・病気・社会やお互いの間から追放されたものに関心をもつ時なのです。だから、イエス様は弱い人々、貧しい弱い人々に心を置いたのです。私たちはこのクリスマスにこういう人たちとお互いとを大事にすることにも広げるべきなのです。
だから、クリスマスの幸福と平和は、心の中からくるものであり、その時神様は私たちの馬小屋に生まれるものなのです。

クリスマスおめでとうございます。

 

 

 

平日の午前中にもかかわらず、今日もたくさんの方々が、ミサに与りました。
昨日から3回すべてのクリスマスミサに与った方もいらっしゃりましたね。

 

DSC00403

 

 

 

今日も、昨日に引き続き、クリスマスミサを与ってくれた子どもたちに教会からプレゼントがありました。

まず、フィリップ神父様が灌水し、祝別されました。

 

DSC00405

 

赤ちゃんには、お母さんが代わりに受け取ってくれました。

 

DSC00412

 

もちろん、昨日来れなかった教会学校の子どもにもプレゼントが用意されています。

 

DSC00416

 

 

 

 

ミサ後、地下ホールでティーパーティが行われました。
たくさんの方々が参加くださり、主の御降誕の喜びを分かち合っていました。
この後、帰省される方もいらっしゃり、年末の挨拶をされている方々もいらっしゃいました。帰省する前にみなさんいらしゃってくれたのですね。

 

DSC00424



 |  |  |  |

今日は、主の降誕の大祭日です。

カトリック松戸教会では、6時からの「子供の奉仕するミサ」、そして、8時半からの「インターナショナルミサ」と2回の夜半のミサが行われました。

6時から行われたミサのリポートは、教会学校がリポートしてくださいました。

 

 

ルルドも綺麗に飾られています。

 

IMG_2582

 

 

 

ミサが始まる前、午後8時から聖歌奉仕グループがクリスマスキャロルを歌い、キャンドルサービスが行われました。

 

 

 

 

 

午後8時半、インターナショナルミサが始まります。

アベドントクランツは5本すべての蝋燭に火が灯り、祭壇には、幼子のイエス様がいらっしゃいます。

 

IMG_2151

 

 

 

入堂後、馬小屋を祝別し、祭壇に献香します。

 

_MG_3077

 

松戸教会のクリスマスミサでは、日本語で歌われる「憐れみの讃歌」は、「kyrie(キリエ) 」、「栄光の賛歌」は、「Gloria(グロリア)」と、ラテン語で聖歌が歌われます。

 

 

 

 

朗読では…

第1朗読は、日本語で行われ、第2朗読は、英語で行われました。

 

DSC00304

 

DSC00307

 

 

福音朗読も、フィリップ神父様により、日本語と英語で行われました。

 

DSC00309

 

第1朗読 イザヤ書 9章1~3、5~6節
第2朗読 テトスへの手紙 2章11~14節
福音朗読 ルカによる福音書 2章1~14節

 

 

そして、お説教も日本語と英語で行われました。

 

DSC00340

 

以下、説教(日本語)

今夜は、幼子イエスの柔和な体で私たちに現される神様の愛を祝います。
しかし、この幼子イエスは普通の子どもではありません。彼の実体は、私たちの信仰の中心にあります。マリアの子だけではなく、神の子ではあること、そして、ナザレの預言者だけではなく、私たちの主キリストです。キリストであることによってこの光を感じます。この光は、空からの稲妻のようにではなく、母から生まれた赤子としていらっしゃいました。
聖ルカの福音書では、地理的にも歴史的にも詳しく記録されています。この話のなかでイエス様は家族や名前のない旅人のように突然歴史に現れるのではありません。アウグストゥス皇帝、そして、ヘロデ王の時代に現れたパレスチナのユダヤ人です。
このように、私たちの救い主の誕生は、すべての人の人生と同様に、場所と時間の境目に置かれています。聖ルカは、民への神の訪れの歴史的事実、そして、神の計画の実現として、イエスの誕生を記録します。
イエスとして、神様は自分の民の前に訪れ、場所と時間における自分の存在を記録しました。それは、今夜、私たちが主イエスの誕生を祝う理由です。その誕生によって、自分の民に、そして、世界に、新しい命、新しい希望、新しい意味を与えられました。だから、私たちは祝います。
イエスの誕生は、罪とこの世の悪の力に対する神様の抗議です。それは、私たちの道、真実の命になります。今日の福音書は、私たちに、この「赤子」を受け入れるように誘(いざな)います。教会を出る時に、その呼びかけを神様の贈り物として、心に抱いていくようにしましょう。私たちのために生まれた救い主であるから。
私たちのために生まれた光であるから。
私たちのために生まれた平和であるから。
私たちを神様が愛することの証拠であるから、今夜はイエス・キリストによって示された神様の愛を祝いましょう。

みなさん、クリスマス おめでとうございます!

 

 

共同祈願は、まず、日本語の共同祈願が唱えられ、その後、様々な言葉で唱えられました。

 

英語による共同祈願

DSC00341

 

タガログ語による共同祈願

DSC00342

 

スリランカ語による共同祈願

DSC00345

 

ポーランド語による共同祈願

DSC00347

 

 

奉納が終わると、侍者が会衆に献香しました。

 

DSC00349

 

 

 

奉献文も英語と日本語でなされました。

また、「平和の讃歌」も「Agnus Dei(アニュス・ディ)」が歌われました。

 

DSC00351

 

DSC00353

 

 

奉納の歌、拝領の歌は、MCCICの聖歌奉仕グループが歌いました。国際ミサならではの風景です。

 

DSC00355

 

 

本当に多くの方が、今日のミサには参列されました。

 

DSC00357

 

もちろん、お御堂の外でミサを与っていた方々のためにも聖体奉仕者が向かいます。

 

DSC00356

 

 

 

聖体拝領後、クリスマスミサに与ってくれた子どもたちのために教会からプレゼントをしました。

神父様が祝福し、来てくれていた子ども達みんなに渡しました。

 

DSC00358

 

DSC00362

 

DSC00367

 

また、教会に来てくださいね。

 

 

 

退堂の歌は、「Adeste(アデステ)」です。

 

DSC00371

 

 

 

 

ミサ後、幼子のイエス様の撮影会が行われていました。

みなさん、祭壇の前に来られ、写真を撮られていました。

 

DSC00372

 

IMG_2149

 

 

 

ミサ後、地下ホールにて、ティーパーティーが行われました。みなさん、10時を回っているのに…地下ホールに集まり、喜びを分かち合っていました。
全ての人にとって、クリスマスはやはり大きな恵みなのだと感じさせらせました。

 

主の御降誕おめでとうございます!




 |  |  |  |

12月24日、6時からシリル・ヴェリヤト神父様(イエズス会)の主司式で「子どもの奉仕するミサ」が行われました。

 

普段は、大人の方々がされている奉仕を教会学校の子どもたちやリーダーがするのです。(松戸教会では、1学期は子どもたちの初聖体が行われるキリストの聖体のミサ。2学期はクリスマス。3学期は教会学校の卒業式・修了式後の3月に「子供の奉仕するミサ」を行います)

 

 

神父様が入堂される前に、先唱を担当するリーダーが、聖堂でのマナーの呼びかけをしました。

 

IMG_2589

 

 

 

いよいよクリスマスミサが始まります。

 

IMG_2591

 

入堂後、シリル・ヴェリヤト神父様が馬小屋、祭壇に献香し、祝別しました。

 

DSC00288

 

栄光の讃歌では、鈴が鳴りびきます。

復活祭やクリスマスなど特別な祭日のみに行われます。

 

IMG_2601

 

 

そして… 第1朗読

実は、日本に来てまだ1年くらいしか経っていない6年生がやってくれました。

旧約聖書は、大人でも難しい言葉があり、とても難しいのですが…上手に朗読出来ました。本当にたくさん、練習してくれたのですね。

侍者も普段から奉仕をしてくれているので一番安心して見てられました。

 

IMG_2607

 

 

第2朗読。

さすが6年生。しっかり朗読出来ましたね。

侍者も実質初めて行うことになりましたが、本当に初めてかというくらい上手に出来ました。

 

IMG_2608

 

福音朗読。

アレルヤ唱の後、聖書に献香し、シリル・ヴェリヤト神父様の福音朗読。

朗読の後、いつも忘れちゃうお辞儀も今日はちゃんと出来ました。

 

DSC00294

 

 

お説教では、子どもの奉仕するミサということでシリル・ヴェリヤト神父様が、「子供たちに向けてのお説教」をしてくださいました。

聖劇に登場する東方の3人の博士のお話には、実は別の話が合って、4人目の博士がいたというお話です。

「実は、4人の博士がイエス様のご降誕を祝うためにベツレヘムの星を目指して旅をしていたのですが…1人の博士は(博士の)国で問題が起こり、どうしても戻らなくてはいけなくなりました。その問題の解決には、結局30年ちかくの時間が必要でした。問題が解決した後、博士は30年数年前に生まれた「王となるあかちゃん」を探すため、イスラエルに1人で向かいました……。しかし、30年前の出来事を覚えている人はみつからず途方に暮れていると、エルサレムのゴルゴダの丘に大勢の人が集まっていた。そして、ようやくそれがその時の「王となるあかちゃん」であることを知りました。しかし、十字架の前にたどり着いた時には、イエス様は絶命していて、その場で彼は黙想したのでした…。そして、そのまま、彼も命を終えました。多分…彼はイエス様と一緒に天国にいることでしょう……」

 

DSC00295

 

 

 

共同祈願。

担当のリーダーが一生懸命考えた共同祈願を大きな声で唱えてくれました。
お御堂の端までしっかり聞こえたと思います。

 

IMG_2613

 

 

 

奉納では、教会学校に入って、1年生が初めてしてくれました。

6年生が一緒にしてくれたこともあり、しっかり出来ましたね。

 

IMG_2616

 

また、奉納の時、献金箱を教会学校の卒業生がしてくれました。

クリスマスということで、本当にたくさんの卒業生が来ていました。

 

IMG_2618

 

 

 

 

聖体拝領に並ぶ方々の数を見ると…本当に大勢の方々がミサに与りに来てくれたのだなと実感します。

 

IMG_2623

 

 

 

先唱の子どもたちも、色々アクシデントがあったなか、滞りなくミサを進行してくれました。

 

IMG_2624

 

 

 

聖体拝領後、シリル・ヴェリヤト神父様が幼子のイエス様を抱き、飼葉桶に置かれました。

 

IMG_2626

 

 

 

そして、教会から今日のミサに来てくれた子どもたちにプレゼント!

大学生が、運んでくれ、シリル・ヴェリヤト神父様が祝別してくださいました。

 

IMG_2628
IMG_2634

 

子どもたちにプレゼント!

クリスマスに教会に来て、良かったね!

 

IMG_2639

 

もちろん、教会学校の子どもたちにも!

 

IMG_2641
IMG_2642

 

 

 

 

そして、閉祭。

閉祭の歌も大きな声で歌います。
去年は、お菓子のプレゼントくらいでちょっと集中力を切らしてしまった感じでしたが、今年は最後まで頑張れました!

 

IMG_2644

IMG_2645

 

 

 

 

ミサ後のティーパーティが、地下ホールで行われました。

一仕事終えた後の一杯は、本当に美味しいよね。

 

IMG_2649

 

シリル・ヴェリヤト神父様、フィリップ神父様、シスター清水も笑顔で!

 

IMG_2652

 

 

今日も、たくさんの方々から、「いいミサだった」とほめてもらいました。

始まる前は、本当に心配だったのですが…本当にさすが!みんな達という感じでした。

リーダー達への神様からのクリスマスプレゼントだったかも!




 |  |  |  |

いよいよクリスマスミサ・子供の奉仕するミサ、当日です。

教会学校の子供たちはミサの始まる1時間に集まり、練習を開始しました。

日曜日、そして、昨日(23日)と練習を行ってきましたが…リーダー達は不安だらけです。なので、今日は最初に「どれだけ今日という日が大事なのか」という話をし、みんなに真面目に練習することを約束してもらって、最後の練習を始めました。

 

IMG_2142

 

朗読も昨日よりずっとよくなっていました。

きっと家でちゃんと練習してくれたのだと思います!

 

IMG_2144

 

侍者の動きも奉納も最後の確認です。

 

IMG_2146

 

先唱は、インフルエンザでお休みになった子の分を3人でフォローすべく…みんなで分け合いました。

 

IMG_2147

 

共同祈願も大きな声で出来るようになりました。

お御堂の端までちゃんと声が届くよう、一生懸命言ってくれました。

 

IMG_2145

 

最後に…本番で上手に出来るようみんなで「アヴェマリアの祈り」を唱え、神様にお願いしました。
多分、これで大丈夫(なはず…)です。
後は、本番を迎えるのみです!




 |  |  |  |

IMG_8128

 

待降節の四週間のあいだ、私たちはクリスマスをお祝いするためにイエス様をお迎えする準備をしてまいりました。

今は、この喜びに満ちた降誕節に入ろうとしています。待降節中の待ちわびる気持ちのときから、私たちはインマヌエル(私たちとともにおられる神)の光に包まれています。
「天には神に栄光」という天使たちがほめたたえる歌声が響きわたります。クリスマスのテーマは、神が人となって現われたという非常に意味の深いものです。それだからこそ、私たちは神とともに生きることができるのです。神の愛が肉となったのです。今日のこの日に、キリストは私たち人類が生きている混沌とした世界、すなわち罪深い人類 の棲む自然界の暗闇の中に降りて来られました。
ですから、私たちは新たな永遠のいのちを待ち望むことができます。
私たちの神は偉大です。私たちの生活と非常に密接にかかわっています。このようにして、 神は、私たちが自分の家族のためだけではなく、すべての人々のため、とりわけ貧しい人、 病気のひと、年老いた人、牢獄にいる人のために、自分のもっているものを分け与えるという見本を示してくださっているのです。

クリスマスは一日 だけのことでも、降誕節だけのことでもありません。
私たちの毎日がクリスマスであり、それによって私たちがインマヌエル(私 たちとともにおられる神)に気づき始めます。神はいつも私たちとともにいて、私たちを祝福しています。私たちが生きていくとき、イエス様と一緒に旅をすることを恐れないようにしましょう。

喜びにみちた降誕節に入る準備のできている私たちです。
もういちど ベツレヘムに行って幼子として現れたイエス様のお誕生をお祝いしましょう。イエス様はなんでもお持ちです。イエス様は私たちになんでも下さ いました。そんなイエス様に何を差し上げることができるのでしょうか ?
イエス様は貧しくお生まれになりました。イエス様は私たちにただひとつのこと 、謙遜に愛する心を求めておられます。

もういちど 、飼い葉桶の中に眠るこの「おさな子」の前で、へりくだって身をかがめましょう 。そうして天使たちと一緒に「天には神に栄光、地には民に平和」と歌いましょう 。

皆さんに 祝福に満ちたクリスマスが来ますように!

 


 

Merry Christmas to all!

 

For the past four weeks of Advent, we have been preparing ourselves to receive Jesus when we celebrate Christmas.  Now we are ready to enter the joyous season of Christmas. Coming from the expectation of Advent, we are in the Light of Emmanuel. “God is with us!″ With great joy we echo the angels’ songs of praise: ” Glory to God in the highest.” The Christmas theme is indeed profound wherein God has become man, so that we can live with God. This is the love of God made flesh. On this day, Jesus has come into the chaos of our human condition namely the darkness of our sinful human nature, so that we can have hope for a new and everlasting life.

Indeed, our God is great by involving himself intimately with our lives. By this act of God, He is giving us an example to share ourselves not only to our family but to all people especially the poor, the sick, the old and those in prison.

But Christmas is not only for a day or for the Christmas Season. Each day of our lives is Christmas, and it opens to us the awareness of Emmanuel, God is with us sharing his life and blessings to all of us. As we go about our lives, let us not be afraid for Jesus is journeying With us. Now as we ready ourselves to enter the joyous Christmas Season. We can again revisit Bethlehem, and celebrate the birth of Jesus, the God who comes as a baby. What can we bring to him who has everything and who has given us everything? Jesus came in humility and poverty, and is now asking us for one thing…… our l0ving and humble heart.  Let us once again stoop in humility before this tiny infant lying in the manger, so that we can sing with the angels, ″Glory to God in the highest and peace to his people on earth!”

A Blessed Christmas to all!

 

 

主任司祭 フィリップ ボニファチオ神父

Fr.Philip Ilio Bonifacio SSC
PARISH PRIEST