|  |  |  |

松戸教会では、毎年、11月3日に流山にある豊四季霊園松戸教会共同墓地で墓前ミサが行われます。

今年は好天に恵まれ、80人ほどの人が参列されました。

 

IMG_0014

同時に、最近帰天された信徒の納骨と合祀も行われました

 

IMG_0024



 |  |  |  |

11月2日(日)はカトリック教会の典礼暦では、「死者の日」とし、亡くなったすべてのキリスト者を記念します。

わたしたちは生者と死者を問わず万人との連帯関係にあり、その連帯関係は聖徒の交わりを土台としています。「聖徒の交わり」とは、「聖なるものの分かち合い」と「聖なる人々の交わり」という意味を持ち、聖徒たちの交わりが、まさに教会なのです。すべての罪はこの交わりを損なうものです。
教会はキリスト教の初期の時代から、死者の記念を深い敬愛の心をもって尊び、死者のための祈願をもささげてきました。死者のためのわたしたちの祈りは、死者を助けるだけでなく、死者がわたしたちのために執り成すのを有効にすることができるのです。

引用 死者の日 カトリック中央協議会

 

 

カトリック松戸教会では、11月1日(土)、2日(日)のミサで「故人追悼の祈り」を行いました。

 

DSC00216

記念唱の時に、松永助祭が、故人のお名前を読み上げになり、会衆とともに祈ります。

 

DSC00220
IMG_1595a

 

第1朗読 知恵の書 3章1~6、9節
第2朗読 ローマの信徒への手紙 8章31b~35、37~39節
福音朗読 ヨハネによる福音書 6章37~40節

 




 |  |  |  |

今日は、昨日が「諸聖人」だったといういことで聖人について勉強することにしました。

今日のためにみんなに先週、自分の「霊名」と「なぜその聖人から霊名を頂いたいか」を家族に聞いてくるという宿題を出しました。今日はみんなにそれを発表してもらって、「聖人」についてもう1度みんなにいろいろ考えてほしいなぁと考えました。

 

まず、松永助祭から「聖人」とは、どのような方々なのか、少しお話しして頂きました。

「聖人とは教会が天国にいると認めている人たちのことです。」

「天国と地獄と煉獄という場所があって、煉獄というのは、天国に入るために清めを待つところなのですよ」

 

「聖人」とは、どういう方々なのか、みんなに聞いてもらい、いよいよみんなに発表してもらいます。

 

IMG_1597a

 

リーダーがホワイトボードに書き込んでくれています。

 

IMG_1598a

 

本当に様々な聖人からみんな霊名を頂ていて、名付けてくれたお父さんやお母さん、代父母さんの思いみたいなものも感じられました。

 

IMG_1601a

 

最後に松永助祭からもう一度お話をしてもらいました。

「みんなには、それぞれ”霊名日”があります。ほとんどは、霊名を頂いた聖人の亡くなった日なんだよ」

「誕生日のようにお祝いしてもらえる日なので、自分の霊名日を調べて家族でお祝いしましょう」

 

 

来週は、ちょっとしたイベントです!いつもより少し早めに集まってくださいね。




 |  |  |  |

本日、11月1日は、諸聖人の祭日です。

典礼暦年の最後の月に祝う“諸聖人”の祭日は、主の再臨とキリストの輝かしい完成を思い起こさせる日です。それは、キリスト者が死のかなたの命への希望に 生きるように励ましてくれるためであり、また、目にみえない世界に入ったすべての人との連帯を意識する日でもあるのです。

引用 【Laudate 教会カレンダー「諸聖人」】より

 

松戸教会では、午前10時半よりミサが行われました。

 

018f4afc71837383858505c2ea361979c55ee77296

 

お説教のなかで、フィリップ神父様は……

私たちは、聖人たち、そして、私たちが知ることもない名もなき殉教者たちに倣いたいという願望にかられます。それは、とても難しい事のように感じられます。

イエス様を通して「父である神様の無限の愛」に気づき、その気づきによって兄弟姉妹を愛するように促されています。愛することは、自己犠牲、すなわち、自分が死ぬということをなす行為です。そして、それをなすことによって私たちは幸せになれるのです。私たちはみんなイエス様の教えを受け入れ、従うことによって、イエス様の恩恵に浴すことが出来ます。イエス様によって不可能は可能となり、イエス様の支えによって、私たちは、天の神様が完全であるように、完全であることが出来ます。

本日、私たちが、諸聖人を友とし、人生を平穏とすることを宣言するのは、私たちが諸聖人に頼り、諸聖人に倣うことができるようになるためです。諸聖人と同様に神様の国の民になるためです。神様の思い示しに叶うものとなるように聖母マリアの取り次ぎを祈りましょう。

と仰れました。

 

01e0c604842614c9f66647b9f9bc7fbd2ab30ae766

 

 

第1朗読 ヨハネの黙示録 7章2~4、9~14節
第2朗読 ヨハネの手紙一 3章1~3節
福音朗読 マタイによる福音書 5章1~12a節

 




 |  |  |  |

IMG_5505

 

11月27日(木)10:00より、聖堂で聖体礼拝の会が行われます。

The Benediction is administered from 10:00 on November 27.

 

多くの方の参加をお待ちしています。