|  |  |  |

午後5時からからのミサ後、松戸教会地下ホールで恒例の納涼パーティが行われました。

 

フィリップ神父様の乾杯の音頭でスタートしました。

 

IMG_1182

 

IMG_1185

 

用意された食事やお酒をたくさんの並んでいます。

 

IMG_1187

 

IMG_1191

 

暑い中、多くの方が集まってくださいました。

お酒を飲んだり、食事をしながら、ゆっくりと話す時間がとれたのではないでしょうか。




 |  |  |  |

本日 「聖母の被昇天」の祭日、松戸教会では、午前10時半、午後5時から2回のミサが行われました。

そして、10時半からのミサでは、今年1年帰天された方への祈りが行われました。

 

「聖母の被昇天」とは…

マリアが霊魂も肉体もともに天に上げられたという教義で、1950年11月1日に、教皇ピオ十二世(在位1939~1958)が全世界に向かって、処女聖マリアの被昇天の教義を荘厳に公布しました。

聖母の被昇天 (【カトリック中央協議会】より)

 

IMG_1132

 

 

 

ミサの始まる30分前からはロザリオの祈りを行いました。

 

IMG_0072

午前10時半からのミサ前の様子

 

 

 

IMG_1128

午前5時からのミサ前の様子

 

 

 

 

 入堂後、マリア様に灌水され、献香されました。

 

IMG_1137

 

IMG_1145

 

 午前10時半からのミサでの第1朗読…

 

IMG_0077

 

午後5時からのミサでの第1朗読…

 

IMG_1152

 

午前10時半からのミサでの第1朗読…

 

IMG_0078

 

午後5時からのミサでの第2朗読…

 

IMG_1153

 

 そして、福音朗読…

 

IMG_1157

 

 

フィリップ神父様は、今日の説教のなかで「聖母の被昇天」について次のようにお話されました。

 

IMG_1170

 

私たちは死後、魂は「天国」「地獄」「煉獄」のいずれかに行くことになる。そして、私たちの肉体は地上に残る。それは、私たちの犯した罪によるものである。

しかし、マリア様は魂とともに肉体も天へと上げられた。それは、その一生のなかで罪を犯さなかったからである。「イエス様の昇天」とは違い、マリア様は自らによるものではなく、天に上げられたのである。

マリア様の被昇天の日、私たち「マリア様の霊的な子」である私たちにとって2つ重要なことがあります。

  • 神の御心にそって、生きていればいつかマリア様と共に天の国で生きれるということ
  • 天に上げられたマリア様を励ましとし神とともに生きること

2つのことを旨とし、マリア様の取り次ぎを願い、祈りましょう……

 

 

 

 

IMG_1172

 

多くの方々がミサに与り、ご聖体を拝領しました。

中には、お仕事を休んだり、早退して来られた方も……

 

IMG_0083

 

 

第1朗読 ヨハネの黙示録 11章19a、12章1~6、10ab節
第2朗読 コリントの信徒への手紙一 15章20~27a節
福音朗読 ルカによる福音書 1章39~56節

 

 

午後5時からのミサの後には、納涼パーティが行われました。




 |  |  |  |

本日「聖母の被昇天」の祭日、松戸教会では、毎年恒例の「納涼パーティ」が行われます。

ヨゼフ会は、午後1時過ぎくらいから集まり、その準備を致しました。

 

IMG_1124

 

IMG_0084

 

多くの方に食べて頂くために数十人分の焼きそばや肉を焼きます。

 

IMG_1190

 

午後5時から行われる聖母の被昇天のミサ後に始まるパーティに合わせ、次々と焼いていきます。

 

 

 

パーティ終了後は、片づけ。

 

IMG_1192

 

 

 

集まってくださった皆様に少しでも喜んでいただけましたら、幸いです。

まだまだ暑い日が続くようです。ご健康には一段とご留意ください。

 

 

 




 |  |  |  |

StMary'sCathedral-Tokyo-01

 

岡田大司教様が東京カテドラル献堂50周年に向けて教区の皆さまの祈りを願っておられます。

 

 

8月15日「聖母の被昇天」の祭日から、12月8日「無原罪の聖マリア」の祭日までの間、様々な機会にお祈りくださいますようよろしくお願い致します。

 

 

東京カテドラル献堂50周年の祈り

いつくしみ深い神よ、東京カテドラル聖マリア大聖堂は、国内外 多くの人の祈りに支えられ、今年 献堂50周年を迎えます。 

この半世紀 世界はさまざまな面で進歩しましたが、 新たな問題や困難にも直面しています。

東京教区の神の民が、司教を中心として 福音の喜びに生き、その喜びをすべての人と分かち合うことができますように。

わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。




 |  |  |  |

2014heiwa_s

 

8月6日から8月15日まで、「東アジアの兄妹姉妹とともに」をテーマにカトリック平和旬間2014が行われています。

 

祈りのリレーに参加しましょう。

 

また、東京教区では平和旬間の間に様々なプログラムが行われています。
講演会や平和巡礼ウォーク、平和を祈るミサなど企画されております。ぜひご参加下さい。

 

 

 

 


 

 

平和のための祈り 2014 / Prayer for PEACE

いつくしみ深い神よ、
御子イエス・キリストはすべての人に平和の福音を告げ知らせ、
十字架によって、人と人、民族と民族の間にある
敵意という隔ての壁を打ち砕いてくださいました。
キリストを信じるわたしたちが、この世界の中で、
和解と一致のパン種となることができますように。
聖霊がすべての人の心に働きかけ、
ともに平和への道を歩ませてくださいますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

 

Merciful and loving God,
your Son, our Lord Jesus Christ,
proclaimed a gospel of peace,
and by his cross broke down the wall of enmity
between individuals and between peoples.
May we who believe in Christ become a leaven of reconciliation and unity in this world.
May the Holy Spirit
inspire the hearts of everyone
to direct their steps on the path to peace.
We ask this through Jesus Christ. Amen