|  |  |  |

四旬節中の毎週金曜日、カトリック松戸教会では、十字架の道行を行っています。

 

 

「十字架の道行」の祈りは、イエスの受難の各場面を黙想し、回心しキリストの愛にならうための祈りです。各留にとどまり、しばらく黙想し、順次回っていきます。聖堂内にイエス・キリストの裁判から十字架の死に至るご受難の歩みを描いたレリーフが並べて掛けてあります。14場面あり、これは ” 留(りゅう)”と呼ばれています。

 

今日は、初金のミサが9時45分から行われ、その後、十字架の道行が行われました。

 

DSC00973

 

1つ1つの留(りゅう)で、祈りを捧げ、イエス様のご受難を思い、黙想しました。

 

DSC01001

 

フィリップ神父様が祈りへと導かれ、信徒が1留ずつ先唱を行いました。

そして、あらゆる困難、試練があろうともただただ父である神様の御心に適う行いをするイエス様に倣う者になろうと、祈りに心を合わせます。

 

DSC01002

 

最後に15留となる祭壇に向かい、主の復活を黙想し、主の祈りを唱えました。

 

DSC01003

 

みなさまも四旬節の期間に十字架の道行きに参加されてみてはいかがでしょうか。




 |  |  |  |

今日から四旬節が始まります。

四旬節は、洗礼を受けた信者も、この期間をとおして節制と回心につとめ、「自分は一体何を信じ、誰を信じているのか」振り返り、信仰の原点を見つめ直す時です。栄光の賛歌やアレルヤ唱(アレルヤ唱は「詠唱」に代わります。)も四旬節は歌いません。

 

カトリック松戸教会では、灰の水曜日のミサが6:40/10:30/19:00と3回行われました。

 

DSC00939

 

お説教の中でフィリップ神父様は、四旬節に勧められる3つの「祈り・節制・施し」について、1つ1つ説明してくださいました。

節制とは、断食などで自分を空にして神様、そして、聖霊をもう1度受け入れる準備をすること。

施しとは、自分本位なモノではなく、相手を思って行うもの

祈りとは、自分を捧げ、神様のもとに戻ること…

四旬節を通し、自分を省み、神様のもとに戻ることを促されました。

 

DSC00960

 

お説教が終わると、「灰の式」が行われ、「回心」の印となる(受難の主日<枝の主日>に祝福された枝を燃やしてできた)灰を額に受けました。

 

DSC00968

 

回心して福音を信じなさい」という言葉とともに、灰を受けました。

 

DSC00970

 

 

第1朗読 ヨエルの預言 2章12~18節
第2朗読 コリントの信徒への手紙二 5章20~6章2節
福音朗読 マタイによる福音書 6章1~6、16~18節



 |  |  |  |

カトリック松戸教会の2013年度のキリスト教入門講座は、3月23日(日)をもって終業致します。

 

洗礼希望者、キリスト教を基礎からもう一度学びたいと望む信徒の方を対象に2014年度のキリスト教入門講座が、5月11日(日)から始まります。

 

 

 

なお、受講料を頂くことはありません。テキストなどはこちらで用意しますので、筆記用具をお持ちの上、ご参加ください。

今年は復活祭が4月20日にあるのでスタートが遅くなってしまいますが、多くの方のご参加をお待ちしています。

 




 |  |  |  |

四旬節が3月5日(水)から始まり、3月9日・四旬節第1主日のミサでは入門式が行われます。

そこで、4月19日に行われる復活の聖なる徹夜祭で受洗される志願者の皆様、四旬節中に転籍される方をお迎えして、青年の集まり「ミカエル会」を以下の予定で行います。

 

日時:4月6日(日曜日) 16:00から

場所:カトリック松戸教会 地下ホール

 

 

四旬節中ということもあり、少し慎ましやかな会になりますが、洗礼志願者・転籍希望者の方々、そして、松戸教会所属の青年たちの相互紹介を行い、松戸教会の新たな家族として迎えることが出来たらと思います。仕事始め・始業式などがある時期ですが、たくさんの方々にお集まりいただき、親睦を深められたらと思います。

多くの方のご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

今日も先週に引き続き、十字架の道行を通して、イエス様のご受難について、勉強しました。

 

今日は実際に「十字架の道行」のお祈りを経験してもらうことにしました。本当はお御堂のレリーフを前に実際にやりたかったのですが……お御堂は聖歌奉仕グループの練習があったので、地下ホールに急きょ十字架の道行の14枚の御絵をはって、行いました。

 

IMG_0159

 

 

1つの1つの御絵の前で、実際にイエス様のご受難の話をリーダーから聞き、子どもたちにも「自分だったら…」と実際に想像していきます。

 

何も悪いことはしていないのに死刑にされちゃう!

鞭でたくさん打たれた後に自分が磔にされる重い思い十字架を担いで…!?

ずっとそれを見ていたマリア様はどんな気持ちだったのだろう…

十字架に直接釘で打ち付けられちゃうの!

 

様々な思いを、そして、様々な発見をしたと思います。

 

IMG_0160

 

 

今日初めて「十字架の道行」を経験した子どもたちもいたと思います。

こんなにイエス様がつらい思いをしたのは私たちの罪を神様に赦して頂くためということ、そして、それをしてくださったイエス様の愛を子どもたちが感じてくれればと思います。

そして、家に帰って、お父さんやお母さんと十字架の道行について話してもらえたらいいなぁと思います。

 

 

さて…今日で2013年度の通常授業は終わります。

来週は、3月16日に行われる「子供の奉仕するミサ」の練習となります。3月16日の本番で素晴らしい奉仕が出来るように頑張りましょう。