|  |  |  |

本日3月16日、教会学校の卒業式・修了式が行われました。

今日で、1人の6年生が卒業します。

 

最初に司会担当のリーダーによる開式の挨拶がありました。

 

DSC01022

 

そして、フィリップ神父様のお導きにより、「主の祈り」を唱えました。

 

DSC01023

 

神父様から卒業生に祝辞、そして、在校生には、1年の勉強の労をねぎって頂き、最後に「勉強をすることはとても大事です。これからも勉強を続けてください」と励ましの言葉も頂きました。

 

DSC01034

 

卒業生から在校生に向けて、リーダー、お世話になったシスターに向けて、メッセージがありました。

 

DSC01036

 

続いて、在校生の代表から、卒業生に挨拶があり、1年間の勉強の思い出、そして、来年度に向けての目標を話してもらいました。

 

DSC01039

 

リーダー達からも今年度の反省と来年度に向けてどんな教会学校にしたいか、話がありました。

来年度は、どんな教会学校になるのでしょう……。

 

 

式の最後に!

リーダーからのサプライズ演出がありました。

 

今年から「プチリーダー」を復活させて、名称を改め「サブリーダー」として、卒業生には活躍してもらうことになりました。

中高生はサブリーダーとして、リーダーをサポートしたり、在校生の子どもたちとリーダーの橋渡しをしてもらえればと思います。錬成会やパーティの時には、中心になって活躍してもらいます!

 

教会学校の校長先生、フィリップ神父様から「サブリーダー任命証」を授与して頂きました。

第3代サブリーダーの誕生です!

 

DSC01041

 

先に卒業していた中高生も改めてサブリーダー任命証を授与 され、第1代・第2代・第3代サブリーダーとして来年から活躍してもらいます。

教会学校から離れることなく、リーダーたちと一緒に教会学校を盛り上げてもらえたらと思います。

 

DSC01043

 

来年度も、楽しく、勉強出来ればと思っています。

リーダー、そして、新たに誕生した3人のサブリーダーとともに!




 |  |  |  |

本日、四旬節第1主日、10時半からのミサのなかで、復活の聖なる徹夜祭に受洗される5名の方の洗礼志願式が行われました。

 

フィリップ神父様が、代父・代母の方々に「志願者に洗礼の準備ができていると思いますか?」と尋ねられ、代父・代母の方々は「はい。そう思います」と答えられました。

続いて、志願者の方に「みなさんは本当に洗礼を望みますか?」と尋ねられ、志願者の方々は「はい、望みます」と答えました。

 

DSC01006

 

そして、フィリップ神父様が、聖香油で洗礼志願者の方々1人ひとりの額に十字架のしるしをされました。

 

DSC01010

 

最後に会衆も一緒に使徒信条を唱えました。

 

DSC01013

 

お知らせの時に入門講座で講師をしてくださっているシスターから洗礼志願者の方の紹介がありました。ミサに集まったみなさんから祝福されました。

 

DSC01020

 

これから、復活の聖なる徹夜祭までの間、様々なことを考え、受洗される準備を整えられると思います。

カトリック教会に転籍される2人、そして、復活祭で洗礼を受ける4人の子どもとともに、皆様のお祈りをお願い致します。

 

 

第1朗読 創世記 2章7~9節、3章1~7節
第2朗読 ローマの信徒への手紙 5章12~19節
福音朗読 マタイによる福音書 4章1~11節



 |  |  |  |

IMG_3588

 

3月29日(土)に中央協議会の嘉松神父様をお迎えして、共同回心式を行います。

10時と13時半の2回、嘉松神父様から講話を頂き、その後、個別に「ゆるしの秘蹟」が受けられます。

「ゆるしの秘跡」を希望される方は、どうぞご参加ください。

 

 

ゆるしの秘跡とは…

ゆるしの秘跡は、司祭のもとで、自分の犯した罪を告白し、罪のゆるしを願うことにより、神からの罪のゆるしが与えられるというしるしです。
この秘跡は、回心、悔い改め、和解、いやしの秘跡とも呼ばれています。
ゆるしの秘跡に必要な行為は、
- 痛悔(犯した罪を悔やむこと)
- 司祭への罪の告白
- 償いをはたす決意、およびその実行
です。

ゆるしの秘跡には、個別のゆるしの式と共同回心式があります。
前者は、ゆるしの秘跡を求める個人と神との出会いを重視します。それにくらべて、共同回心式は、ゆるしの秘跡の教会的な面をあらわしています。この式は、共同体の祈りの中で行われます。

共同回心式は、個人の罪だけでなく、教会共同体の連帯性について考え、共同体の上に神のゆるしを求めるので す。また、ゆるしを神に求めるだけでなく、兄弟姉妹にもゆるしを求めることを意識させてくれるもので、通常、主の降誕祭や主の復活という大きな祭日に向け ての準備として、待降節や四旬節の間に行われます。

引用元:女子パウロ会 Laudate | キリスト教マメ知識 「ゆるしの秘跡」




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、毎月第2日曜日に「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を行っています。

先月は、大雪でお休みになってしまいましたが、今月は無事いらっしゃることが出来ました。

 

 

IMG_0198

 

今月は…写真を撮りに向かったときには…すでにほとんどが売り切れ状態で…お勧めの商品の写真を撮ることが出来ませんでした。

新雪梨というかなり大きめの梨やとちおとめ(いちご)がおすすめの商品でした。

新雪梨は、収穫されたのは少し前なのですが、追熟させてから出荷されるものだそうです。貯蔵性が非常に高く、2月頃まで美味しいものが出回ります。家庭でも涼しいところに置いておけば一ヶ月近くはもちます。果肉は和梨独特のもので、みずみずしく、しゃきしゃきとした歯ざわりがあり、追熟されたものは酸味はほとんど感じず、甘みも強くはなくあっさりとした食味です。

とちおとめは、試食させていただきましたが、とても甘く美味しかったです。

 

来月も即売会を行います。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 




 |  |  |  |

今日は、2013年度最後の授業になります。

今日の内容は、来週行われる「子供の奉仕するミサ」の練習です。

シスターが、事前に「子供の奉仕するミサ」で、こどもたちが行う奉仕の役決めをしてくださっていたので、子供たちはそれぞれその役割を果たすべく、今日の授業の中で練習をしました。

 

先唱、侍者、奉納係、共同祈願 ・・・それぞれにリーダーがつき、指導します。

 

共同祈願は、シスターと共同祈願担当の子供たちで考えます。

 

DSC01004

 

時間は、まだまだ足りない感じでしたが・・・

 

シスターの導きで最後にみんなでお祈り。

 

IMG_0196

 

さて…来週は卒業式・終了式が行われます。6年生は、いよいよ来週で卒業です。

そして、10時半からのミサは、1年の総マトメとして、子供の奉仕するミサとなります。ぜひ、10時半のミサにいらして、子供の奉仕する姿を見ていただけたらと思います。