|  |  |  |

IMG_3425

 

3月5日(水)は灰の水曜日です。
カトリック松戸教会では、6:40/10:30/19:00と3回のミサが予定されています。また、この日は、大斎・小斎になります。
なお、「灰の式」はミサの中でしか行いません。灰を受ける方は、ミサに参加してください。

灰の水曜日より「四旬節」が始まります。
四旬節の期間中、四旬節愛の献金をお願いしています。

 

Ash Wednesday

DATE :: March 5th

MASS::6:40/10:30/19:00 (3 times)

WE PUT ONLY ASH IN HOLY MASS…

 

<大斎・小斎とは?>

現在、教会はイエスの精神に戻って、祈り、愛の業との関連で断食を意義づけています。
具体的には、教会は、大斎(だいさい)と小斎(しょうさい)を定め、償いと克己を行わせ、キリストの受難に倣うようにしています。

大斎 日に1回だけの十分な食事とそのほかに朝ともう1回わずかな食事をとることができ、満60歳に達するまでのすべての成人が守ります。
小斎 肉類を食べないことですが、各自の判断で償いの他の形式、とくに愛徳のわざ、信心業、節制のわざの実行をもって替えることができ、満14歳以上の人が守ります。
(大斎も小斎も、病気や妊娠などの理由がある人は免除されます)

引用元:カトリック中央協議会 ひとくちメモ「四旬節、断食、カーニバル」
女子パウロ会Laudate「キリスト教マメ知識」           

 

 




 |  |  |  |

もうすぐ四旬節が始まります。

教会学校でも「イエス様のご受難」について勉強して、少しでもイエス様の愛を感じてもらいたいと思っています。

 

そこで、今日は「十字架の道行き」について、子どもたちに勉強してもらうことにしました。

 

まずは、今日も主の祈りからスタートです。

 

IMG_0129

 

リーダーたちがプリントを用意し、わかりやすく説明していきます。

 

IMG_0130

 

十字架の道行の14枚の絵を子どもたちに見せながらの説明です。

 

IMG_0131

 

イエス様の悲しくて、つらいお話なのですが……子どもたちには勉強のほうがつらかったかも…

 

IMG_0132

 

四旬節に入ると、松戸教会でも毎週金曜日に十字架の道行を行うのですが、学校があってなかなか参加するのが難しいこともあり、今のうちに「十字架の道行」という祈りを知っておいてほしいと思います。

 

来週は、今年度最後の通常授業になるので、みんなの元気な顔をみせてください。リーダーも遅刻しないように集まります!