今日は、無原罪の聖マリアの祭日です。

 

IMG_0912

 

フランス、ルルドで聖ベルナルデッタにご出現になったマリアは、ご自分を「無原罪の御宿り」と言われました。マリアは神様の特別な恵みによって、その存在の最初からあらゆる罪から守られていたのです。

今日は、イエスの母となるように選ばれたマリアが、救いの恵みを予め受け、聖アンナの胎内に宿った時から原罪から守られていたことを記念した祭日です。

 

ミサの始まる30分前からロザリオの祈りを一環唱えました。

 

IMG_0910

 

そして、10時半からミサが行われました。

入堂して、まずは祭壇、そして、無原罪の聖マリア像に献香しました。

 

IMG_0915

 

ミサのなかでは、待降節に入ってから歌わなかった「栄光の賛歌」を歌いました。

そして、フィリップ神父様は、説教のなかで「大天使聖ガブリエルに受胎告知を受けた時、「私は主の婢(はしため)、お言葉通りになりますように」(ルカによる福音書1章38節)と仰ったマリア様に少しでも近づけるように祈りましょう」と説かれました。

 

IMG_0919

 

IMG_0921

 

閉祭の歌では、Salve Regina(サルヴェ・レジナ)を歌いました。

 

Salve Regina,
Mater misericordiae:
Vita, dulcedo et spes nostra, salve.

Ad te clamamus exsules filii Hevae.
Ad te suspiramus, gementes et flentes in hac lacrimarum valle.
Eia ergo, advocata nostra,
illos tuos misericordes oculos ad nos converte.
Et Jesum, benedictum fructum ventris tui, nobis,
post hoc exsilium ostende.

O clemens:
O pia:
O dulcis Virgo Maria.

 

元后、あわれみの母
われらのいのち 喜び 希望
旅路から あなたに叫ぶエヴァの子
なげきながら泣きながらも
涙の谷にあなたを慕う

われらのためにとりなすかた
あわれみの目をわれらに注ぎ
とうといあなたの子イエズスを
旅路の果てに示してください

おお いつくしみ 恵みあふれる
喜びのおとめマリア

 

 

第1朗読 創世記 3章9~15、20節
第2朗読 エフェソの信徒への手紙 1章3~6、11~12節
福音朗読 ルカによる福音書 1章26~38節