|  |  |  |

本日の教会学校は、クリスマス前、最後の授業となりました。

 

松戸教会では、毎年、2学期の締めくくりとして、24日・「主の御降誕」の祭日の6時から行われるミサの奉仕を行います。

今日は、その練習を行いました。

 

まずは、シスターに導いて頂き、お祈りから。

 

IMG_0956_680

 

そして、シスターの指導の下、台本を見ながら、ミサの各役割の部分を読み上げていきます。

 

IMG_0960_680

 

全員、それぞれに大役が任されています。

短い時間の中で自分たちの奉仕の内容を確認していきました。

 

IMG_0966_680

 

是非、松戸教会で行われる6時からの主の御降誕のミサにいらっしゃってください!

そして、教会学校の子どもたちの頑張りを見ていただきたいと思います!




 |  |  |  |

IMG_6607

 

元日・1月1日は、「神の母聖マリア」の祭日です。

松戸教会では、以下の予定で「神の母聖マリア」の祭日のミサを行います。

 

0:00~(12月31日24時)

ミサ後、地下ホールにてヨゼフ会がお雑煮の用意をしてお待ちしています。

10:30~

 

多くの方のご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を行っています。今月は、第3日曜日の今日、行われました。(原則、第2日曜日です)

 

IMG_0939

 

 

 

 

● 今月のおすすめ品

 

IMG_0934

かぶれ菜

関東では珍しいですよね。かぶれ菜特有の味の濃厚さは、一度食べるとやみつきになるそうですよ。煮て良し、炒めて良しの万能野菜です。

 

IMG_0935

大根・白菜

1回雪をかぶり、甘みが増しているそうです。

 

IMG_0936

大根の甘酢漬け

このような特産品はご飯のお供に最適で、いつもあっという間に売れ切れてしまいます…

 

IMG_0937

リンゴ(ふじ) 青リンゴ(王林) ラ・フランス

フルーツは、不動の人気。10時ごろには、ほとんど残らない状況でした…

 

 

 
来月は、第2週1月12日(日)8時ごろから即売会を行っています。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

● 仙台教区サポートセンター・福島デスクのブログ




 |  |  |  |

本日、10時から、そして、13時半からの2回、共同回心式が行われ、多くの信徒が参加しました。

 

まず、カトリック亀有教会から山浦神父様から、講話を頂きました。

 

 

以下講話内容。

洗礼を受けた者は、イエス・キリストと共に生き、そして、神の子として生きる使命がある。
「罪」とは、それに背いた行動をとったことである。

自らの罪を考える時、いくつかのポイントがあるのではないだろうか。
まず、洗礼を受け、キリスト者として神の子として生きるとはどのようなことか。

  1. 神の国を追求する人
    • イエス・キリストの言動を知ること。
    • イエス・キリストの言動を思い起こし、それに倣う。
  2. 神の民は祭祀を奉仕する。
    • 祈り。
    • 教会の仕事、例えば、ミサの仕事を手伝う。
  3. 主任司祭を受け入れる。

では、奉仕をするとはどのようことをするのであろうか。

  1. 仕える
    • 教会の為の奉仕。
    • 教会共同体のための行動をしているだろうか。
  2. 伝える
    • 福音を周りの人や子供たちに伝えているか。
    • キリスト者としての言動をとり、まわりに影響を与えているか。
  3. 祈り
    • 日々の祈り
    • ミサ聖祭での奉献文は、信者を代表して司祭が言うのものである。つまり、奉献文は司祭の言葉というだけでなく、ミサ聖祭に集まった全ての信徒の言葉である。それを意識しているだろうか。

奉仕とは「イエス・キリスト」と繋がる行為であり、教会に集まるのは、イエス・キリストがそこにいるからに他ならない。一人ひとりが、自分たちに何が出来るかを考え、振り返る必要がある。

また、ミサにどれだけ参加できているだろうか。昔、ある信徒が教会に電話をかけてきて「神父様、明日の主日のミサに行くことが出来ません」とわざわざ連絡してきたことがあった。主日のミサとは、本来そのくらい大事なものなのだ。そのくらいの意識があるだろうか。日本のカトリック教会が守るべき祝日としている日を言える人はどのくらいいるだろうか。(実際、お聞きになりました。日本では、「主の生誕(クリスマス)」と「神の母聖マリア」の祭日の2つが守るべき祝日です)

大事なことは、どれだけにミサに参加しているか、どれだけイエス・キリストと心を通わせているか。ということ。ミサや秘跡を積極的に受け、イエス・キリストに繋がること。

そして、最後に「十戒」。

  1. あなたの父母を敬え。
    • 父母・そして、自分の子どもたち、家族を大事にしているか
    • 松戸教会信者との関係を大事にしているか
  2. 殺してはならない。
    • 相手の人権を奪う。
    • 自身の健康管理。
  3. 盗んではならない。
    • まわりの人々からの搾取。
    • 自らの浪費。

単純にそのまま言葉を受け取るのではなく、そこにある深い意味を感じ、考える。

これらの事柄を考え、自分が「周りの人にどれだけのことをしてあげられたか」を考えてほしい。そして、イエス・キリストが側にいる事を感じ、その愛をもう1度感じてほしい。その愛があるからこそ「罪」があり、その罪は赦される。罪を犯すということはイエス・キリストから離れてしまうことだ。罪を告白することによって、より神様に繋がり、癒される。(赦しの秘跡は、癒しの秘跡とも言われている)

赦しの秘跡を通して、神の愛を感じ、そこからもう1度新しいスタートをきれる喜びを感じ、また、神様と繋がってほしい。

 

以上

 

 

講話の終わりに山浦神父様のお導きで、お祈りをしました。

 

DSC00727

 

講話の後、4人の神父様が赦しの秘跡を授けてくださいました。(赦しの秘跡については下記参照)

山浦神父様が仰るように新しいスタートを切り、主の御降誕を迎える準備を整えましょう。

 

 

ゆるしの秘跡とは…
ゆるしの秘跡は、司祭のもとで、自分の犯した罪を告白し、罪のゆるしを願うことにより、神からの罪のゆるしが与えられるというしるしです。
この秘跡は、回心、悔い改め、和解、いやしの秘跡とも呼ばれています。
ゆるしの秘跡に必要な行為は、
- 痛悔(犯した罪を悔やむこと)
- 司祭への罪の告白
- 償いをはたす決意、およびその実行
です。

ゆるしの秘跡には、個別のゆるしの式と共同回心式があります。
前者は、ゆるしの秘跡を求める個人と神との出会いを重視します。それにくらべて、共同回心式は、ゆるしの秘跡の教会的な面をあらわしています。この式は、共同体の祈りの中で行われます。

共同回心式は、個人の罪だけでなく、教会共同体の連帯性について考え、共同体の上に神のゆるしを求めるので す。また、ゆるしを神に求めるだけでなく、兄弟姉妹にもゆるしを求めることを意識させてくれるもので、通常、主の降誕祭や主の復活という大きな祭日に向け ての準備として、待降節や四旬節の間に行われます。

引用元:女子パウロ会 Laudate | キリスト教マメ知識 「ゆるしの秘跡」




 |  |  |  |

今日は、無原罪の聖マリアの祭日です。

 

IMG_0912

 

フランス、ルルドで聖ベルナルデッタにご出現になったマリアは、ご自分を「無原罪の御宿り」と言われました。マリアは神様の特別な恵みによって、その存在の最初からあらゆる罪から守られていたのです。

今日は、イエスの母となるように選ばれたマリアが、救いの恵みを予め受け、聖アンナの胎内に宿った時から原罪から守られていたことを記念した祭日です。

 

ミサの始まる30分前からロザリオの祈りを一環唱えました。

 

IMG_0910

 

そして、10時半からミサが行われました。

入堂して、まずは祭壇、そして、無原罪の聖マリア像に献香しました。

 

IMG_0915

 

ミサのなかでは、待降節に入ってから歌わなかった「栄光の賛歌」を歌いました。

そして、フィリップ神父様は、説教のなかで「大天使聖ガブリエルに受胎告知を受けた時、「私は主の婢(はしため)、お言葉通りになりますように」(ルカによる福音書1章38節)と仰ったマリア様に少しでも近づけるように祈りましょう」と説かれました。

 

IMG_0919

 

IMG_0921

 

閉祭の歌では、Salve Regina(サルヴェ・レジナ)を歌いました。

 

Salve Regina,
Mater misericordiae:
Vita, dulcedo et spes nostra, salve.

Ad te clamamus exsules filii Hevae.
Ad te suspiramus, gementes et flentes in hac lacrimarum valle.
Eia ergo, advocata nostra,
illos tuos misericordes oculos ad nos converte.
Et Jesum, benedictum fructum ventris tui, nobis,
post hoc exsilium ostende.

O clemens:
O pia:
O dulcis Virgo Maria.

 

元后、あわれみの母
われらのいのち 喜び 希望
旅路から あなたに叫ぶエヴァの子
なげきながら泣きながらも
涙の谷にあなたを慕う

われらのためにとりなすかた
あわれみの目をわれらに注ぎ
とうといあなたの子イエズスを
旅路の果てに示してください

おお いつくしみ 恵みあふれる
喜びのおとめマリア

 

 

第1朗読 創世記 3章9~15、20節
第2朗読 エフェソの信徒への手紙 1章3~6、11~12節
福音朗読 ルカによる福音書 1章26~38節