6月9日、先週「キリストの聖体」の祝日のミサのなかで、初聖体を授かった5人に続き、また1人のお子さんが初聖体のお恵みに与りました。

 

本来は、5人と一緒に初聖体を授かる予定でしたが、学校行事(運動会)と重なったため、やむを得ず、1週間遅れて授かることになりました。

 

 

 

初聖体後、会衆を前に、自分で書いたお礼の言葉を読み上げました。とても、立派な挨拶でした。

 

 

その後、教会からのお祝いの品をいただきました。

 

 

ともにミサを与った会衆からも祝福の拍手が贈られました。

 

そして、ミサ後、神父様より初聖体証明書をいただきました。

 

 

 

初聖体おめでとうございます。

 

初聖体とは…

幼児洗礼の子どもが初めて聖体拝領をすることです。聖体とは七つの秘跡のひとつで、主イエス・キリストご自身が、パンとぶどう酒の形のもとに現存され、私たちと共にいて救いを完成してくださるのです。