IMG_0263

 

今日、松戸教会に、ある1家族が松戸教会にいらっしゃいました。BOLANOS JORGE CABRERAさんとレイさん夫妻とそのお子さんたちです。

彼らは、非常に困っていて、藁にもすがる思いで教会に力を借りにいらっしゃったと思います。どうか力を貸して差し上げてください。

 

 (*)プライバシー保護のため、子どもたちに修正をかけています。

 

【以下、『BOLANOS JORGE CABRERAさんに在留特別許可を』署名用プリントから引用】

BOLANOS JORGE CABRERAさんに在留特別許可を!

BOLANOS JORGE CABRERA(JORGE)さんは、18年間、日本にいます。
JORGEさんははじめビザを持つて日本にいたいと考えていました。しかし、JORGEさんの仕事(大工)をするためのビザは日本にありません。JORGEさんはフィリピンの親や兄弟を支えるため、日本に残り、オーバーステイになりました。今はこのことをとても反省しています。

しかし、JORGEさんは、これからもずっと日本に住みたいです。それは、日本にJORGEさんの家族がいるからです。JORGEさんは、日本で小泉レイさん(日本人)と恋人になりました。そして、レイさんとの間に2人の子ども(長男5歳、長女0歳)が生まれました。

JORGEさんと小泉レイさんは、2012年10月に結婚しました。レイさんを心から受け入れてくれるJORGEさんはレイさんにとってかけがえのない存在です。もし、JORGEさんがいなくなつたら、レイさんは生きていくことが出来ません。二人の子どもたちも、お父さんに会えなくなったら、辛い思いをします。レイさんと子どもたちに、どうしてもJORGEさんが必要です。
JORGEさんが、家族といっしょに日本に住むことができるように在留特別許可を認めてください。よろしくお願いします。

 

 

Asking Special permission for ML BOLANOS JORGE CABRERA

Mr.BOLANOS JORGE CABRERA(JORGE)has stayed in Japan for 18 years.
He has considered staying in Japan with proper visa for the first time.However,there are no visa category correspond to Mr.JORGE’s work(carpenter). So,he decided to stay in Japan with overstay for supporting parent and relatives in Philippines.He feels apologetic for this matter now.

But Mr.JORGE wants to stay in Japan.This is for sake of the family members in Japan、Mr.JORGE has mingled with Ms.KOIZUMI Rei (Japanese citizen). Between Mr. JORGE and Two children(5 years old and 0 years old)are born.

Mr.JORGE and Ms.KOIZUMI Rei have been married since October,2012. Mr.JORGE always accepts everything of Ms.Rei. Mr.JORGE is the invaluable person forMs.Rei. If Ms.Rei is robbed of Mr.Jorge, Ms.Rei cannot live. Two children mast suffer if they lose the father too.For Ms.Rei and two children,Mr.Jorge is highly needed.
Please grant the special permission for residence for Mr.Jorge to live together with family in Japan.Thank you.

 

【署名用紙送付先・問い合わせ先】
特定非営利活動法人 ASAIN PEOPLE’S FRIENDSHIP SOCIETY(APFS)
〒173-0014 東京都板橋区大山東町56-6-301  TEL 03-3964-8739  FAX 03-3579-0197

【Contact】
NPO ASAIN PEOPLE’S FRIENDSHIP SOCIETY(APFS)
〒173-0014  56-6-301 0yamahigashi-cho Itabashi-ku Tokyo
TEL 03-3964-8739 FAX 03-3579-0197

 

(*)プリントにはお子様の名前が書かれていますが、プライバシーの都合上「2人の子ども」とさせて頂きました。