|  |  |  |

IMG_4287

 

10時半のミサ後、復活祭パーティが行われました。
様々な食べ物、ビール・ジュースなどが用意され、乾杯を合図に(多少フライングしてる方々もいましたが…)楽しいパーティーが始まりました。
たくさんの方々が参加くださり、地下ホールの外にも人があふれていました。

 

IMG_4430

 

 

IMG_4437

 

IMG_4441

 

普段会えない信徒や今年受洗された方々との良い交流の機会となりました。

 

(*注)信徒のプライバシーの観点から写真に修整をかけています。



 |  |  |  |

主のご復活おめでとうざいます。

今日から復活節が始まります。

 

松戸教会では、8時からと10時半からの2回、ミサが行われました。
10時半からのミサでは、聖堂に入りきれないほどの信徒が訪れ、ミサを祝いました。

 

IMG_4291

 

 

IMG_4314

 

 

IMG_4386

 

 

IMG_4413

 

 

説教の中で、神父様は「真実が見えなくなることはあるかもしれない。正義が見えなくなることはあるかもしれない。正しいことが見えなくなることはあるかもしれない。しかし、それは太陽が雲に隠れて見えなくなっても存在するように確かにあります。我々は、イエス様の復活を通して、それを信じることができる。イエス様は死に打ち勝ち、悪に打ち勝ち、栄光のうちに復活されたことを我々は知っているのだから」とおっしゃいました。

そして、10時半のミサでは、昨晩洗礼を授かった方の2人のお子さんが幼児洗礼を受けられました。これで、松戸教会は受洗者15人とプロテスタントからの移籍の方2人と計17人を新たな家族として迎えることが出来ました。

 

第1朗読 使徒言行録 10章34a、37~43節
第2朗読 使徒パウロのコロサイの信徒への手紙 3章1~4節
福音朗読 ヨハネによる福音書 20章1節~9節

 

 

(*注意)信徒の顔はプライバシーを考慮して修正をしています。



 |  |  |  |

皆さん、ご復活おめでとうございます。復活祭の喜びが信仰年をとおして、私たちの力と励ましとなりますように。

あるロシアの詩人がかつて言いました。「愛に将来性がなければ、それは愛とは言えない。」イエスのご受難をとおして、イエスが私たちに明らかにされたことは、御父と私たちへの愛でした。ご復活が表しているのは、イエスの愛は、将来性のある愛であり、その将来性とは、永遠の命だということです。イエスの復活は、神の愛は死より強いということを表しています。神は御子であるイエスを愛しておられるので、神はイエスが死に留まっていることをお許しになりません。神はイエスを死より復活させ、そうすることにより、罪と死に打ち勝つのです。

イエスは、ご自分のために死んだのではなく、わたしたちのために死んだのです。イエスはご自分のためだけではなく、私たちのために再び復活されます。イエスを信じて、イエスと共に罪に死んだ者もイエスと共に復活し、永遠に生きることができるよう、イエスは死者のうちから復活されます。神とイエスは私たちを愛しておられるので、私たちに愛の聖霊をお与えになり、罪と死を私たちのために克服されました。

復活されたイエスは、弟子達に現れました。弟子達と一緒にいることからイエスを遠ざけるものは何もありません。死や閉ざされたドア、また、落胆している弟子達の心すら、イエスを弟子達から遠ざけることはできませんでした。復活されたイエスは、約束されたように、この世の終わりまで、いつも私たちと共におられるということを思い出しましょう。復活されたイエスは、私たちが最も深い暗闇に包まれる時でも、わたしたちが、いつか、面とむかってイエスにお会いすることができる時まで、私たちと共に歩んでくださいます。イエスの復活をとおして、私たちの毎日の生活は、力を得て、罪と死を乗り越えることができるということを再確認しましょう。ですから、今日の枝の祝日が宣言しているように、喜びましょう。「この日は主がつくられた日です。喜び、感謝しましょう。」神は私たちを罪から救い出す約束を成し遂げられました。詩編の作者と共に感謝し、祝い喜びましょう。

皆さん、ご復活おめでとうございます

 

松戸教会主任 フィリップ・ボニファチオ神父