|  |  |  |

松戸教会では、毎月第3週の主日のミサのなかで、その月に結婚記念日を迎えられる方々の祝福を行うことになりました。

 

今月の「結婚記念日の祝福」は、本日、年間第29主日のミサの中で、フィリップ神父様にお祈りを唱えて頂き、灌水して、祝福して頂きました。

ミサに与った方々からも祝福の拍手が送られました。

 

金婚式を迎えれたそうです!!本当におめでとうございます!

 

結婚は、秘跡です。
結婚記念日を迎えられた方々を祝福することで、神様のいつくしみを思い起こさせ、最も小さな共同体である家族のなかで、新たな思いで福音のよろこびを感じることが出来ればと思います。

もちろん、夫婦そろってではなくても(帰天されて死別されたご夫婦やミサに1人で来られた方)祝福は受けられます。
是非、結婚記念日を迎えられた月の第3週には、祝福に与ってください!




 |  |  |  |

松戸教会では、毎月第1週の主日のミサのなかで、その月に誕生日を迎えられる方々の祝福を行っています。

 

今月は、本日・年間第27主日のミサのなかでフィリップ神父様にお祈りを唱えて頂き、灌水して、祝福して頂きました。

8時からのミサ
10時半からのミサ

ミサに与った方々からも祝福の拍手が送られました。
10月生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます!




 |  |  |  |

主の平和

こんにちは!みみずの会です。
この会は月2回、第1第3火曜日の午後1時くらいから教会のお庭の手入れをしているグループです。

 

また、ご無沙汰していました。
前の投稿を見たら5月…もう4か月投稿してなかったのですね。
もちろん、その間も活動は行っていました。何しろ夏の間は雑草が……完全にいたちごっこですが。
でも、教会に来た人が少しでもよい気分になってくれたらよいなぁと思いつつ、汗まみれになりながら頑張っていました。

ここ数週間、ようやく暑さも引き始めて、そろそろ秋の風が吹き始めてきましたね。(それはそれで少し寂しい…)

そう…もう気づけば9月も中盤。後、3か月で1年が終わるなんて…早すぎる…

教会も行事が続きます。
今度の日曜日に行われる聖ミカエルの祝日を祝う国際ミサ、10月には聖ミカエル祭バザー、そして、クリスマス……。
行事に向かって準備している間に、あっという間に1年も終わっていくのでしょうね…。

 

だから、少し歩きを緩めて、草花の変化を発見してもらえると嬉しいですね。
教会入口の聖母子像の花々も満開です。

マリア様の足元も季節に合わせて少しずつ花を変えていたりするんですよ!

 

そのまま、スローブを登っていくと、右側の草木は次々と花を咲かせています。

 

中腹ぐらいには、ザクロも。
今年もたくさん実がなりました。

 

そして、スローブを登った先には、真っ赤な百日紅の花が満開です。少しだけ視線を上に向けるだけでこんな事に気付けますよ!

 

ルルドのバラも咲いていますよ!
四季咲きなので…次に咲くのはご復活の頃でしょうか…

 

 

時々、こうやって足を緩めて、教会の変化に気付くことが出来ればもうちょっとゆとりある生活が送れますよね。自分自身もこうやって少しでもこうしたゆとりがも取ればいいなぁと思います。

そうそう!
来月の聖ミカエル祭バザーには、今年も出店します!
是非、みみずの会のお店に来てくださいね!お待ちしています!




 |  |  |  |

本日、年間第24主日のミサのなかで、「2年間半、松戸教会のために奉仕して下さっていた愛徳カルメル会のシスター萩原が、急ではありますが、今週、異動となる」という寂しいお知らせが信徒の皆さんに報告されました。

始めに司牧評議会委員長より、松戸教会からの感謝状が読まれます。

 

そして、主任司祭から、感謝状が贈られます。

 

教会学校の子ども達からも感謝の気持ちを込めて、メッセージを込めたプレートが贈られました。

 

最後にシスター萩原からご挨拶をいただきました。

 

シスター萩原には、入門講座で洗礼を希望される皆さんにカテキズムを優しく指導して頂きました。そして、受洗後も、様々なケアをして頂きました。
また、聖ミカエル幼稚園の子ども達も大変お世話になりました。
本当に今までありがとうございました。

ご活躍をお祈りしています。
お近くにお越しの際には、是非松戸教会にお越しください!




 |  |  |  |

本日より、マリア会からレ・シュン・タンさんが、司牧実習に来ることになりました。
タンさんは、ベトナムから来日し、現在、マリア会の修道士への入門養成期間を過ごしています。将来は、司祭叙階を目指し、修練しています。

青年の活動を中心に共に私たちと活動を共にしてくれます。

どうぞよろしくお願い致します。