|  |  |  |

logoshinkonen

 

名誉教皇ベネディクト16世によって開催された信仰年も残すところ1ヶ月となりました。

カトリック松戸教会では、11月17日(日)第33主日の日に信仰年行事として「森司教様による講演会」を行います。

 

テーマ「信仰年を締めくくるにあたって」

 

10時半から行われるミサを司式して頂き、ミサ閉祭後、講話をいただくという形になります。

 

多くの方のご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

11月21日(木)10:00より、聖堂で聖体礼拝のミサと聖体賛美式が行われます。

The Benediction is administered from 10:00 on November 21th.

多くの方の参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

前日の大雨が嘘のように晴れ渡った日曜日の朝。

秋らしく空気が澄んでいて幾分かひんやりとしていました。

こんないいお天気だから子供たちも今日の教会学校にたくさん来るぞ!

と意気込んで教会学校の始まる15分前に教会に到着。

しかし、リーダー達はいるが子供たちの姿は見えない。

少し早く着すぎたかな、と思いつつ他のリーダー達と談笑していましたが、

9時半になっても誰も来ない!一人も来ない!

きっと先週のバザーで疲れたのだろう、ということにして

今日はリーダー達の会議にすることにしました。

会議と言ってもクリスマスまでの日程の確認程度でしたが……

とりあえず今日確認した現時点でのクリスマスまでのスケジュールを載せます。

 

11月03日  スポーツday 9:30教会玄関集合

11月10日  通常授業

11月17日  通常授業

11月24日  クリスマスカード作成

12月01日  クリスマスカード作成の続き

12月08日  通常授業・子供の奉仕するミサの役決め

12月15日  通常授業・子供の奉仕するミサの役決めの続きor 練習

12月22日  子供の奉仕するミサの練習

12月23日  終業式・子供の奉仕するミサの練習・クリスマスパーティー

集合    11:00

パーティー  12:00

 

12月24日  ミサのリハーサル17:00集合厳守

 

ざっとこんな感じです。細かい所はまた変わってくると思いますが、

とりあえずはこの日程で進んでいきます。

来週は幼稚園が使えないため通常授業はありません。

9:30に教会の玄関に集合して、

隣のマンションの裏にある相模台公園でいろいろ遊ぶ予定です。

来週は子供たちのたくさんの笑顔が見られますように。

 




 |  |  |  |

10月27日(日)にミニバザーを行います。

9時から、そして、11時30分からそれぞれ2回行われます。

 

掘り出し物が見つかるかもしれません。是非お越しください。




 |  |  |  |

11月2日(土)はカトリック教会の典礼暦では、「死者の日」とし、亡くなったすべてのキリスト者を記念します。

 

カトリック松戸教会では、11月2日(土)、3日(日)のミサで「故人追悼の祈り」を行います。

受付事務室前にある申込用紙に必要事項を記入して用意された箱に入れてください。

 

また、11月4日(月・振替休日)に墓参を行います。

10時から流山墓地で墓前の祈り、11時から豊四季霊園の松戸教会墓地でミサを行います。

 

 

「死者の日」とは…

諸聖人の祭日(11月1日)の翌日にすべての死者を記念する習慣は、998年にクリュニー修道院のオディロンによって始められ、クリュニーの修道士たちの影響によって11世紀には広く行われるようになりました。ローマ教会には1311年の暦に初めて記されていますが、それ以前からローマでも死者の日の記念が行われていたと思われます。

『毎日の読書』より

わたしたちは生者と死者を問わず万人との連帯関係にあり、その連帯関係は聖徒の交わりを土台としています。「聖徒の交わり」とは、「聖なるものの分かち合い」と「聖なる人々の交わり」という意味を持ち、聖徒たちの交わりが、まさに教会なのです。すべての罪はこの交わりを損なうものです。
教会はキリスト教の初期の時代から、死者の記念を深い敬愛の心をもって尊び、死者のための祈願をもささげてきました。死者のためのわたしたちの祈りは、死者を助けるだけでなく、死者がわたしたちのために執り成すのを有効にすることができるのです。

 

カトリック中央協議会」より