|  |  |  |

IMG_0637

 

12月13日(土曜日)に日本カトリック神学院の大山悟神父様をお迎えして共同回心式を行います。

講話は、【10:00】からと【13:30】からの2回、それに続いて「ゆるしの秘跡」となります。

「ゆるしの秘跡」を希望される方は、どうぞご参加ください。

 

ゆるしの秘跡とは…

ゆるしの秘跡は、司祭のもとで、自分の犯した罪を告白し、罪のゆるしを願うことにより、神からの罪のゆるしが与えられるというしるしです。
この秘跡は、回心、悔い改め、和解、いやしの秘跡とも呼ばれています。
ゆるしの秘跡に必要な行為は、
- 痛悔(犯した罪を悔やむこと)
- 司祭への罪の告白
- 償いをはたす決意、およびその実行
です。

ゆるしの秘跡には、個別のゆるしの式と共同回心式があります。
前者は、ゆるしの秘跡を求める個人と神との出会いを重視します。それにくらべて、共同回心式は、ゆるしの秘跡の教会的な面をあらわしています。この式は、共同体の祈りの中で行われます。

共同回心式は、個人の罪だけでなく、教会共同体の連帯性について考え、共同体の上に神のゆるしを求めるので す。また、ゆるしを神に求めるだけでなく、兄弟姉妹にもゆるしを求めることを意識させてくれるもので、通常、主の降誕祭や主の復活という大きな祭日に向け ての準備として、待降節や四旬節の間に行われます。

引用元:女子パウロ会 Laudate | キリスト教マメ知識 「ゆるしの秘跡」




 |  |  |  |

Immaculate-Conception

 

12月8日(月)は、聖母マリアが、その母聖アンナの胎内に宿ったことを記念する「無原罪の聖マリア」の祭日です。

松戸教会では、午前10時半からミサを行います。また、9時50分からは、ロザリオの祈りを1環唱えます。

多くの方のご参加をお待ちしています。

 

December 8 is Feast day of the Immaculate Conception.
The Holy Mass will be held from 10:30AM. and we will pray rosary from 9:50 AM.
Please Join us.

 




 |  |  |  |

名称未設定-2

November 29, 2014

Pre-Christmas Masquerade Dinner for a cause.

 

at Ichikawa Grand Hotel

from 5:30PM to 9:00PM.

 

Everyone is invited to a Pre Christmas masquerade-dinner for a cause. Please come in your best mask, headress or attire. Bring your family and friends.

マスカレードパーティを市川グランドホテルで11月29日午後5時半から行います。ご友人・ご家族をお誘いあわせのうえ、ご参加ください。
多くの方のご参加をお待ちしています

 

 

 

 

 

Proceeds will be donated to the Gawad Kalinga Foundation who is helping the street children of Manila.
収益は、マニラの路上生活の子どもたちを援助しているガワッド・カリンガ基金に寄付致します。

 

Admission fee

  • 7,500 yen for adults
  • 6,000 yen for JR and SR high school students
  • 4,000 yen for kids.

 

 contact for tickets

 

Please follow this event if you have a Facebook account.




 |  |  |  |

IMG_5505

 

11月27日(木)10:00より、聖堂で聖体礼拝の会が行われます。

The Benediction is administered from 10:00 on November 27.

 

多くの方の参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

motherhouse

 

 

NPO法人 マザーハウス(外部リンク) 五十嵐弘志による講演会が行われます。

多くの方々のご参加をお待ちしています。

 

講演テーマ

「人生は出会いで決まる」

日時

11月30日(日曜日) 午前12時 より。

場所

カトリック松戸教会 地下ホール

 

 

 

五十嵐さんのご紹介

五十嵐さんは前科3犯、20年刑務所に居た方ですが、最後の受刑期間中に留置場でクリスチャンと出会い、マザー・テレサの本と出会い、神の愛の宣教者会のシスター達との文通を通して、魂が清められていきます。

マザーの愛を実践するため、刑務所内の介護施設で、お年寄りの受刑者、障害のある受刑者の排せつ介助を4年間なさいました。家族の排せつ介護をなさっている方もいるでしょう。介護ヘルパーの方も排せつ介助をなさっていると思います。しかし、それはグローブと呼ばれる手袋をして、報酬を頂いての話だと思います。五十嵐さんは手袋もなし、報酬もないなかで家族でない者の介護をなさっていたのです。

彼の愛の実践は、出所後も続きます。

受洗した後、刑務所内にいる方、刑務所を出てきた方を援助なさっています。刑務所内にいる方も刑務所を出てきた方も、元は加害者です。しかし、出所なさった方は、就職差別にあい、社会的弱者となります。

五十嵐さんは多くの受刑者、闇の中にいる人たち、愛に飢え居場所のない子どもたちが、一人でも多く、イエス様と出会うことを切に願い、至る所でキリストの福音を述べ伝えたいと訴えます。

彼の愛の実践は本物であり、お話は感動的です。どうか1人でも多く、彼のお話を聴きに来て頂きたいと思います。