|  |  |  |

松戸教会では、毎年、11月3日に午前10時からの流山墓地に墓参、そして、流山にある豊四季霊園松戸教会共同墓地で、午前11時から墓前ミサが行われます。

今年も、秋晴れの空のもと、80人ほどの人が参列されました。

 

流山墓地では、祈りをささげ、各墓所に灌水しました。

 

 

その後、移動し、午後11時から豊四季霊園松戸教会共同墓地では、ミサが行われます。

 

同時に、最近帰天された信徒の納骨と合祀も行われました

今年もたくさんの方々が、墓参に訪れ、永遠の命のうちに生きている方々を想いながら、祈願を捧げました。




 |  |  |  |

本日、11月2日は、死者の日とされ、亡くなったすべてのキリスト者を記念します。

わたしたちは生者と死者を問わず万人との連帯関係にあり、その連帯関係は聖徒の交わりを土台としています。「聖徒の交わり」とは、「聖なるものの分かち合い」と「聖なる人々の交わり」という意味を持ち、聖徒たちの交わりが、まさに教会なのです。すべての罪はこの交わりを損なうものです。
教会はキリスト教の初期の時代から、死者の記念を深い敬愛の心をもって尊び、死者のための祈願をもささげてきました。死者のためのわたしたちの祈りは、死者を助けるだけでなく、死者がわたしたちのために執り成すのを有効にすることができるのです。

引用 死者の日 カトリック中央協議会

 

 

松戸教会では、午前10時半から、ミサが行われました。

 

 

第1朗読 ローマの信徒への手紙 8章31b~35、37~39節
福音朗読 ヨハネによる福音書 6章37~40節

 

お説教のなかでフィリップ神父様は、信仰を持つ私たちですら、永遠の命という希望を持てない時がある。しかし、聖パウロは『希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。(使徒パウロのローマの教会への手紙5章5節)』と仰っている。
今日のミサの中で、私たちが、亡くなった方々と、ともに天の国に祈りましょう。」と仰られました。

 

 

 

11月は死者の月です。

死者の記念を深い敬愛の心をもって尊び、死者のための祈願をもささげましょう。

 




 |  |  |  |

On October 28th, 2018, the Catholic Matsudo Church had a healing mass in honor of St. Pio of Pietrelcina.

 

Delegates from the Philippine Center for St. Pio of Pietrelcina, Inc. brought to Japan the glove relic of St. Pio.
This is the 5th visit of the group to the church.
A stampita of St. Benedict and some medals were distributed when the people started coming in the church.

 

 

 

Before Mass

The Commentator announced about St.Pio Healing Mass

 

 

 

The Introductory Rites

 

1st Reading

 

2nd Reading

 

Gospel

 

Homily

 

 

Offerings

 

 

 

The Communion Rite

 

We pray the Load’s prayer

 

And all offer one another a sign that expresses peace, communion, and charity.

 

 

 

 

 

 

Individual Anointing of the blessed oil took place

 

 

 

The people did by the veneration of the relic.

 

During all that time,MCCIC choir had been singing…

 

 

 

 

We appreciate for Fr. Peter Von Essen and Members of the Center for st. Padre Pio of Philippines!




 |  |  |  |

本日、年間第28主日のミサは、東葛飾宣教協力体の司祭交流のため、亀有教会の松田 清四朗神父がいらっしゃり、司式してくださいました。

(フィリップ神父様は豊四季教会へ、豊四季教会の立花神父様は亀有教会にて司式されました)

 

司祭交流では、3度目のお越しとなりました。
お隣ということで、様々な場面でお世話になっています。どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。
また、是非、松戸教会にお越しください。




 |  |  |  |

10月4日(木)は、アシジの聖フランシスコの記念日です。

(4日が木曜日なため)本日、カトリック松戸教会では、あらゆる人々を愛し、動物・自然を愛して生命の尊さと平和を説いたアシジの聖フランシスコに倣い、午前10時から動物たち(ペット)の祝福が行われました。

 

あいにくの雨のため、今回はあまり集まりませんでしたが……それでも家族同様の関係!みなさん、1年の1度の祝福を受ける機会を楽しみにして来てくださいました!

 

参加者全員で祈り、フィリップ神父様から祝福を受けました!

太陽の賛歌

神よ、造られたすべてのものによって、私はあなたを賛美します。

私たちの兄弟、太陽によってあなたを賛美します。
太陽は光をもって私たちを照らし、その輝きはあなたの姿を現します。

私たちの姉妹、月と星によってあなたを賛美します。
月と星はあなたのけだかさを受けています。

私たちの兄弟、風によってあなたを賛美します。
風はいのちのあるものを支えます。

私たちの姉妹、水によってあなたを賛美します。
水は私たちを清め、力づけます。

私たちの兄弟、火によってあなたを賛美します。
火はわたしたちを暖め、よろこばせます。

私たちの姉妹、母なる大地によってあなたを賛美します。
大地は草や木を育て、みのらせます。

神よ、あなたの愛のためにゆるしあい、病と苦しみを耐え忍ぶものによって、私はあなたを賛美します。
終わりまで安らかに耐え抜くものは、あなたから永遠の冠を受けます。

私たちの姉妹、体の死によってあなたを賛美します。
この世に生を受けたものは、この姉妹から逃れることはできません。
大罪のうちに死ぬひとは不幸なものです。

神よ、あなたの尊いみ旨を果たして死ぬ人は幸いなものです。
第二の死は、かれを損なうことはありません。

神よ、造られたすべてのものによって、私は深くへりくだってあなたを賛美し、感謝します。

 

 

最後にみんなで記念撮影!

 

来年まで元気で過ごして、また、教会に飼い主さんと一緒に来てくださいね!
お待ちしています!