|  |  |  |

本日・キリストの聖体の祭日の10時半からのミサは、子供の奉仕するミサです。

そして、いよいよ、この子供の奉仕するミサのなかで9人の子供たちが、初聖体を受けます。

(松戸教会の教会学校では、1学期はキリストの聖体の祭日、夏休みの錬成会、2学期はクリスマス、3学期は教会学校の卒業式が行われる主日のミサ…の年に4回、子供の奉仕するミサがおこなわれます)

 

 

ミサが始まる前、先唱の2人はもう1度自分の担当する箇所をチェックしています。

先唱者はとても緊張しますよね。それでも、なんとか無事に出来たのではないでしょうか…いつも先唱をされているヨゼフ会の方々からも褒めて頂きました。

 

DSC01407

 

そして、いよいよミサが始まります。

 

IMG_9503

 

第1朗読。

初めての朗読で緊張していましたが…無事にクリアしました。(本人も出来に満足していたようです)

侍者もしっかり「神に感謝」と言えましたね。

 

DSC01402

 

第2朗読。

素晴らしい朗読だったと思います。

侍者も何の問題もありませんでしたね。

 

DSC01406

 

福音朗読。

普段はない献香があってからの福音朗読だったので、侍者は動きが心配だったのですが…担当のリーダーとよく練習したかいがあり、ちゃんと出来ましたね。

 

IMG_9516

 

 

 

共同祈願は、初聖体を受ける子どもたちが自分たちで考えて行ってくれました。

 

DSC01414

 

教会学校のこどもたちも自分たちで共同祈願を考え、行いました。

 

DSC01411

 

 

 

奉納は、今日は初聖体を受ける子どもたちが行いました。

侍者は、初めて奉納する子供たちをしっかり誘導できましたね。

 

IMG_9525

 

献金箱は、中学生が祭壇に奉納してくれました。

 

IMG_9531

 

今回は、今まであまりやっていない役割をしてもらいました。

初めて経験する役割をあり、みんな緊張していたと思いますが、十分な練習時間もとれないなか、しっかり奉仕できたと思います。

 

DSC01436

 

そして、初聖体を受けた子供たち、本当におめでとうございます。

来週からは、教会学校に戻って、みんなと楽しく一緒に勉強しましょうね!




 |  |  |  |

本日、聖霊降臨の祭日に東京大司教区の合同堅信式ミサが、東京カテドラル聖マリア大聖堂で14:30から行われ、東京大司教区の各教会から多くの方々が集まりました。

松戸教会からも6名の方々が参加され、堅信の秘跡を受けました。

 

 

 

__ 1

 

 

 

カテドラルでのミサを初めて与る堅信志願者の方もいらっしゃり、ミサが始まると、さすがに緊張されたようです。

 

__5

 

福音朗読後、岡田大司教様から説教がありました。

慈しみ深い主なる神よ、あなたに真心をもって祈るわたしたちに、言葉と行いの一致のうちに信仰を証ししてゆく力を与え、あなたを求めるすべての人に信仰の光を与えてください。またいま信頼をもって祈るわたしの願いを聞き入れてください。

引用「教区合同堅信式説教―聖霊の恵みを生きる」

 

大司教様のお話は心に残られたのではないでしょうか…

 

 

 

 

 

大司教様のお説教 に続いて堅信の儀に移り、悪霊の拒否と洗礼の約束の更新を宣言し、堅信志願者は按手を受け、1人ずつ聖香油を幸田司教様の前に出て額に塗油していただき、秘跡を授けられました。

 

__9

 

__7

 

代父母の方々が堅信志願者の肩に手を置きます。

 

__10

 

奥にいらっしゃるのは、岡田大司教様です。

 

_6_

 

 

 

ミサ後、東京司教区の受堅者の方々と記念撮影…本当に多くの方々が受堅されたのですね。

松戸教会の受堅者は、手前の下段にいらっしゃいますね……

 

__13

 

 

その後、松戸教会の受堅者と代父母の方々、同行してくださった愛徳カルメル修道会のシスター清水、松永助祭と記念撮影。

 

__16

 

 

ミサ後には、岡田大司教様ともお話しできました…

 

__17

 

 

受堅者の方々からは、「本当にうれしかった!」というお話を伺いました。聖霊の特別な恵みを感じられたことでしょう。

本当にご堅信おめでとうございます!




 |  |  |  |

本日、午後2時から聖ピオ神父の記念ミサが行われました。

ペトロ神父様が共同司式してくださり、英語ミサで行われました。

 

祭壇には、聖ピオのお写真と像が並び、幼子のイエス様を抱いた聖ピオの像などが並びます。

 

IMG_0596

 

 

 

ペトロ神父様、フィリップ神父様の入堂で始まりました。

 

IMG_0598

 

 

ペトロ神父様は、お説教のなかで、聖ピオについて次の5つを大事なこととしてあげられました。

  • ご聖体にたいする信心、そして、崇敬。
  • 毎日、ロザリオの祈りを行う。そして、マリア様
  • ゆるしの秘跡に度々あずかること。
  • 煉獄の霊魂への祈り
  • 教皇様、司祭たちへの祈り

 

IMG_0600

 

ミサ後、フィリップ神父様とペトロ神父様から癒しの油と祈りを授かり、奉仕者のところで聖ピオの聖遺物に触らせていただきました。

お祈りを捧げる方も多かったです。

 

10373078_781870058498831_3370267384125909201_o

 

「癒しのミサ」と題された今回のミサ、参加された方々が心の癒しを受け、穏やかな表情になられているのが印象的でした。




 |  |  |  |

本日、復活の主日(日中)のミサが8時から、そして、10時半からの2回のミサが行われました。

特に、10時半からのミサは、国際ミサとして行われ、お御堂に入りきれないほどの信徒が訪れ、エントラスもいっぱいになっていました。

 

IMG_8785

 

 

IMG_8792

 

 

国際ミサということで、第1朗読は日本語で行われ、第2朗読は英語で行われました。

第1朗読は、侍者は「神に感謝」と答え、第2朗読は「thanks be to God」と会衆が答えました。

 

IMG_8796

 

IMG_8797

 

 

 

福音朗読の前には、復活の続唱が歌われ、アレルヤ唱へと続きます。そして、松永助祭が日本語、フィリップ神父様が英語で福音朗読をされました。

その後、フィリップ神父様が英語で説教され、松永助祭がそれを和訳し、会衆へと伝えました。

 

今日は喜びの日です。
新たに5人の子供たちが洗礼を受け、昨日の復活の聖なる徹夜祭の5人の受洗者と2人の転籍者を合わせて、松戸教会に12人の新しい家族が生まれました。
今日は喜びの日です。
今日のミサには、国籍・肌の色・民族・言葉・あらゆる環境、思想などを乗り越え、様々な人たちがこんなに大勢集まりました。

 

 

IMG_8801

 

 

 

 

そして、洗礼式。

日中のミサでは、新たに乳幼児を含む5人の子供たちがが洗礼を受けました。

 

IMG_8850

 

 

 

共同祈願は、それぞれの国・民族の言葉で唱えられました。

 

IMG_8861

 

IMG_8862

 

IMG_8864

 

IMG_8866

 

IMG_8868

 

IMG_8870

 

IMG_8871

 

 

 

奉納の際には、ホスチア、水と葡萄酒に続き、外国人の方がフルーツなどを奉納しました。

普段の日本語のミサではない光景です。国際ミサならではですね。

 

IMG_8874

 

IMG_8877

 

 

(聖体拝領の際に歌われる)拝領の歌はMCCICの聖歌奉仕グループの方々が歌いました。(国際ミサでは、おなじみの風景ですね)

 

IMG_8881

 

 

 

 

最後に、フィリップ神父様が復活の卵を祝福されました。

家に持ち帰り、改めて家族とご復活の喜びを分かち合えて頂けたらと思います。

 

IMG_8890

 

 

松戸教会では、昨日行われた復活の聖なる徹夜祭のなかで受洗された5名の方々とプロテスタント教会からの移籍の方2人、そして、今日受洗した5人の子供たちと計12人が新たな家族として迎えることが出来ました。

 

 

第1朗読 使徒言行録 10章34a、37~43節
第2朗読 使徒パウロのコリントの教会への手紙一 5章6b~8節
福音朗読 ヨハネによる福音書 20章1節~9節

 

 

主のご復活おめでとうございます!!!




 |  |  |  |

本日、「復活の聖なる徹夜祭」が行われました。

今日、1年のうちでも最も盛大にキリストの過越を記念します。1年の典礼の中で最も盛大で、中心的な祭儀が今日行われる復活の聖なる徹夜祭です。

 

復活の聖なる徹夜祭では、洗礼式が行われます。
これは、初代教会からの伝統です。洗礼は、受難と死を通して復活したキリストの復活に与り、一人ひとりが古い自分に死んで新しい自分に生まれ変わる「過越」です。したがって、復活の聖なる徹夜祭がそれにもっともふさわしいとされてきました。

松戸教会でも、本日、5人の方が受洗されます。また、2人の方がプロテスタントから転籍されます。典礼が始まる前には、シスターと予行練習を行い、洗礼式に備えます。

 

IMG_8626

 

 

 

去年まで、2年連続で雨だったのですが(曇り空ではありましたが)今年は雨に濡れることなく、多くの信徒が集いました。

 

そして、午後7時から、復活の聖なる徹夜祭が始まりました。

光の祭儀は、ルルドから始まります。

 

DSC01286

 

フィリップ神父様が復活ろうそくを祝福され、火を祝福します。そして、その火で復活ろうそくに火を灯します。

 

IMG_8636

 

そして、「キリストの光」を歌いながら、松永助祭を先頭に入堂します。参列者も一人ひとり、復活されたキリストを象徴する灯された蝋燭を手に持ちます。

 

DSC01296

 

IMG_8646

 

そして、松永助祭が「神の使いよ天に集い、声高らかに喜び歌え」と歌いだし、復活讃歌が始まります。そうして、キリストの勝利を讃えます。

 

DSC01299

 

 

 

復活賛歌を歌い終わると、今度は1年の教会の暦の中でも最も豊かな「ことばの典礼」が始まります。(朗読箇所は下記参照)福音書を朗読する前には四旬節に入って歌わなくなっていた「アレルヤ唱」を久々に歌いました。

 

DSC01311

 

フィリップ神父様は…

光の消えた暗闇の聖堂に入り、復活の蝋燭に照られて中に入る。その蝋燭から光を受け取り、自分の蝋燭に光を受け取り、私たちは闇を隅に追いやった。そして、復活は、死をも隅に追いやった。今日すべては新しくされ、自由になった。宇宙の隅々まで光を送り、過去現在未来に渡って照らし続ける。

喜ばない人がいるだろうか…
今夜、イエス・キリストは、死者のうちから復活された。何を恐れることがあろうか!

と、説教のなかで仰りました。

 

DSC01315

 

 

第1朗読 創世記 1章1節・26節~31a節
第2朗読 出エジプト記 14章15節~第15章1a節
第3朗読 エゼキエルの預言 36章16~17a・18~28節
第4朗読 使徒パウロのローマの信徒への手紙 6章3~11節
福音朗読 マタイによる福音書 28章1~10節

 

 

 

そして、洗礼の儀です。

この1年間、シスターから様々なことを学び、ようやく、洗礼を受ける決心をされ、今日を迎えます。

 

まず、転籍される2名の方が、信仰宣言をし、カトリックへの転籍をされました。

 

DSC01328

 

そして、5人の洗礼志願者がフィリップ神父様に促され、前に並びました。

まず、諸聖人の取次ぎを願い、連願が会衆によって歌われます。

 

復活のろうそくで水を祝福し、洗礼志願者の方は悪霊の拒否、そして、信仰宣言をします。

 

IMG_8680

 

油を受け、代父、代母の方から白衣を受け、復活の蝋燭から灯された蝋燭を受け取ります。

そして、神父様からそれぞれの洗礼名を与えられました。

 

IMG_8731

 

会衆には、神父様から祝福を頂き、自分の洗礼の時を思い起こします。

 

DSC01336

 

 

最後に感謝の典礼が行われます。

奉納は、先程、受洗された方々と転籍された方々が行います。

 

IMG_8745

 

DSC01342

 

そして、聖体拝領は、今日、受洗された5人の方々、転籍された2人の方が最初に受けます。

初めてのご聖体は、どのようなものだったでしょうか…

 

IMG_8756

 

そして、受洗者・転籍された方々の笑顔と信徒一同の喜びのうちに復活徹夜祭のミサを終えました。

 

 

主のご復活おめでとうございます!!