|  |  |  |

本日、「主の晩餐の夕べのミサ」が行われました。

聖木曜日の夕刻に行われるこのミサでは、キリストが聖体を制定し、自らの記念としてこれを行うように命じた「最後の晩餐」を直接記念します。聖木曜日の夕刻にささげられるこのミサの直前で四旬節が終わり、「過越の聖なる3日間」が始まります。イエス様の「受難・死・復活」を一年のうちで最も荘厳に記念する「過越の聖なる3日間」は、典礼暦年全体の頂点に位置づけられています。

 

久々に栄光の讃歌を歌い、フィリップ神父様が集会祈願を唱えました。

 

IMG_8530

 

 

第1朗読・第2朗読の後、松永助祭による福音朗読が行われ、フィリップ神父様によるお説教がありました。

 

DSC01225

 

DSC01231

 

フィリップ神父様は、「最後の晩餐は、悲劇ではなく、悲劇の完成である。悲劇を受け入れることで神様との関係が強くなる。」とおっしゃり、最後に「自分が何者かであるかを知るために代償を払うことには意味がある」と説かれました。

 

 

 

第1朗読 出エジプト記 12章1~8節,11-14節
第2朗読 コリントの教会への手紙 11章23~26節
受難の朗読 ヨハネによる福音書 13章1~15節

 

 

 

 

お説教の後、今日、朗読された福音書のなかでもあったように、イエス・キリストが最後の晩餐の夜、自ら弟子たちの足を洗うことにより、ご自分が「仕えられるためではなく、仕えるために来た」ことをお示しになったことを記念し、洗足式が行われました。

12人の信徒(使徒、ヤコブ<別名イスラエル>の子たちの数)が代表して、フィリップ神父様に足を洗っていただきました。

 

IMG_8548

 

 

IMG_8550

 

 

その後、聖体拝領が行われました。

同じ1つのパンを分け合うことを通して、キリストとの一致を深く味わいます。こうして、ミサが一致の秘跡であり、キリスト者の生活の中心であることが明らかにされます。

 

IMG_8582

 

 

 

聖体拝領後、祭壇上のご聖体に献香し、司祭・侍者が祭壇上の全てのものを取り除き、裸の状態にします。そして、ご聖体を別の場所に移動します。キリストの受難と死がはじまったことのしるしです。

 

IMG_8588

 

IMG_8589

 

そして、ご聖体を仮祭壇に移し、献香してから聖体を仮の聖櫃におさめます。

 

IMG_8592

 

DSC01236

 

最後に信徒たちは、左右に分かれ、詩編55と詩編27を唱和して祈ります。

 

IMG_8594

 

その後、その場で閉祭の歌を歌い、閉祭となりました。

その後も仮祭壇の前でお祈りされている信徒の方が大勢いました。

 

明日は、主の受難の祭儀です。

 

DSC01241

 




 |  |  |  |

四旬節最後の主日である今日は受難の主日(枝の主日)でした。今日から聖週間が始まります。

松戸教会では、8時、そして、10時半からミサが行われました。

 

 

DSC01111

 

 

10時半からのミサでは、春の暖かい日差しの中、信徒が、下の広場でお待ちし、枝の式を行いました。

交唱を歌い、神父様をお迎えしました。

 

DSC01118

 

そして、枝(棕櫚の葉)をもった信徒を祝福をして頂きます。

 

DSC01122

 

DSC01125

 

松永助祭による入城の福音朗読。

 

DSC01128

 

 

福音朗読 マタイによる福音書 21章1~11節

 

 

 

福音朗読後、枝の行列を行いました。

ダビテの子を歌いながら、下の広場からスローブを登り、入堂します。

 

DSC01132

 

DSC01134

 

 

ご受難の朗読は、神父様(イエス様)と朗読者2人(第1朗読者;語り手、第2朗読者:その他の登場人物)と会衆全員(群衆)で行います。

 

DSC01143

 

 

そして、松永助祭が松戸教会に赴任されて、初めての主日のミサでの説教を頂きました。

 

DSC01161

 

 

ミサの終わりに、フィリップ神父様より大阪教区から赴任された松永助祭のご紹介があり、ご挨拶を頂きました。

 

DSC01209

 

 

いよいよ聖週間が始まりました。

聖週間の祭儀に出来るだけ参加し、キリストの過越しの神秘に感謝しましょう。

 

 

 

 

第1朗読 イザヤ書 50章4~7節
第2朗読 フィリピの信徒への手紙 2章6~11節
受難の朗読 マタイによる福音書 27章11~54節



 |  |  |  |

本日、四旬節第5主日のミサのなかで、聖体奉仕者の任命式が行われ、6人の聖体奉仕者に任命されました。

任命を受けた6人の方は、東京教区で作成されたテキストをもとに、この奉仕職の意味、目的、実践方法について学んできました。そして、本日、岡田大司教からの任命証をフィリップ神父様から頂き、聖体奉仕者に任命されました。

 

IMG_8517

 

本日より来年の復活祭(2015年4月5日)までが聖体奉仕者の任期となります。

 

IMG_8526

 

病者、高齢者にとって病床でいただく聖体は、人々の病を担ってくださる主イエス・キリスト様に出会い、その癒しの力に触れ、主の苦しみと復活のいのちに結 ばれる大切な秘跡です。また、たとえミサに行けなくとも、父なる神様と主イエス、そして教会共同体としっかり結ばれていることの大切なしるしにもなりま す。「聖体奉仕者」が任命されたこの機会を、ぜひご活用ください。

 

 

 

使徒言行録第6章1-6節

そのころ、弟子たちが増し加わるにつれて、ギリシャ語を使うユダヤ人 が、ヘブル語を使うユダヤ人に対して不満を漏らしていた。というのは、彼らのやもめが、日ごとの分配でおろそかにされていたからである。そこで十二使徒は、大勢の弟子たちを呼んで言った。「わたしたちが神の言を差し置いて、食卓に仕えるのはふさわしくありません。そこで兄弟たちよ、あなたがたの間から、 良い証しのある、その霊と知恵に満ちた人を7人選びなさい。その人たちを、この仕事に任じましょう。ただしわたしたちは、祈りと言の務めをひたすら続ける ことにしましょう」その言は、すべての人を喜ばせた。そこで、彼らは信仰と聖霊に満ちた人ステパノ、ピリポ、プロコロ、ニカノル、テモン、パルメナ、アンテオケの改宗者ニコラオを選び、その人たちを使徒たちの前に立たせた。使徒たちは祈って、彼らの上に手を置いた。




 |  |  |  |

本日、3月29日、嘉松神父様(カトリック中央協議会)をお迎えして、10時、そして、13時半から2度の共同回心式が行われました。

 

IMG_8457

 

四旬節中に私たちが心がけるべきことは -祈り、節制、ほどこし-ですと、嘉松神父様は熱心に説かれました。「節制」とは断食を意味します、「施し」とは、人を幸せにするー人の幸せを願うことです、と話されました。

 

IMG_8459

 

講話の後、5人の神父様が赦しの秘跡を授けてくださいました。
(赦しの秘跡については下記参照)

 

ゆるしの秘跡とは…

ゆるしの秘跡は、司祭のもとで、自分の犯した罪を告白し、罪のゆるしを願うことにより、神からの罪のゆるしが与えられるというしるしです。
この秘跡は、回心、悔い改め、和解、いやしの秘跡とも呼ばれています。
ゆるしの秘跡に必要な行為は、
- 痛悔(犯した罪を悔やむこと)
- 司祭への罪の告白
- 償いをはたす決意、およびその実行
です。

ゆるしの秘跡には、個別のゆるしの式と共同回心式があります。
前者は、ゆるしの秘跡を求める個人と神との出会いを重視します。それにくらべて、共同回心式は、ゆるしの秘跡の教会的な面をあらわしています。この式は、共同体の祈りの中で行われます。

共同回心式は、個人の罪だけでなく、教会共同体の連帯性について考え、共同体の上に神のゆるしを求めるので す。また、ゆるしを神に求めるだけでなく、兄弟姉妹にもゆるしを求めることを意識させてくれるもので、通常、主の降誕祭や主の復活という大きな祭日に向け ての準備として、待降節や四旬節の間に行われます。

引用元:女子パウロ会 Laudate | キリスト教マメ知識 「ゆるしの秘跡」

 

赦しの秘蹟は個別にも受けられますので、四旬節の間に授かられてはどうでしょうか…




 |  |  |  |

10003901_10152048351342151_1473579383_n

 

This is during the “Way of the Cross” at Matsudo church on 23 March 2014 just before the Tagalog mass.