|  |  |  |

本日、3月29日、嘉松神父様(カトリック中央協議会)をお迎えして、10時、そして、13時半から2度の共同回心式が行われました。

 

IMG_8457

 

四旬節中に私たちが心がけるべきことは -祈り、節制、ほどこし-ですと、嘉松神父様は熱心に説かれました。「節制」とは断食を意味します、「施し」とは、人を幸せにするー人の幸せを願うことです、と話されました。

 

IMG_8459

 

講話の後、5人の神父様が赦しの秘跡を授けてくださいました。
(赦しの秘跡については下記参照)

 

ゆるしの秘跡とは…

ゆるしの秘跡は、司祭のもとで、自分の犯した罪を告白し、罪のゆるしを願うことにより、神からの罪のゆるしが与えられるというしるしです。
この秘跡は、回心、悔い改め、和解、いやしの秘跡とも呼ばれています。
ゆるしの秘跡に必要な行為は、
- 痛悔(犯した罪を悔やむこと)
- 司祭への罪の告白
- 償いをはたす決意、およびその実行
です。

ゆるしの秘跡には、個別のゆるしの式と共同回心式があります。
前者は、ゆるしの秘跡を求める個人と神との出会いを重視します。それにくらべて、共同回心式は、ゆるしの秘跡の教会的な面をあらわしています。この式は、共同体の祈りの中で行われます。

共同回心式は、個人の罪だけでなく、教会共同体の連帯性について考え、共同体の上に神のゆるしを求めるので す。また、ゆるしを神に求めるだけでなく、兄弟姉妹にもゆるしを求めることを意識させてくれるもので、通常、主の降誕祭や主の復活という大きな祭日に向け ての準備として、待降節や四旬節の間に行われます。

引用元:女子パウロ会 Laudate | キリスト教マメ知識 「ゆるしの秘跡」

 

赦しの秘蹟は個別にも受けられますので、四旬節の間に授かられてはどうでしょうか…




 |  |  |  |

10003901_10152048351342151_1473579383_n

 

This is during the “Way of the Cross” at Matsudo church on 23 March 2014 just before the Tagalog mass.




 |  |  |  |

本日四旬節第2主日の10時半からのミサは、子どもの奉仕するミサでした。

教会学校で学んだ1年間の集大成を信徒の方に見ていただくべく、教会学校の子どもたちがミサの奉仕を行います。

 

ミサが始まる前、先唱を担当するサブリーダー(ミサの前に行われた卒業式で新たに任命されました!)からいくつか会衆のみなさんにマナーのアナウンスメントがありました。そして、四旬節第2主日の解説なども行われました。

 

IMG_8348

 

難しい旧約聖書を朗読しなければならない第1朗読をよどみなく朗読することが出来ました。

侍者も「神に感謝」を大きな声で言えましたね。

 

IMG_8352

 

卒業生による第2朗読…素晴らしい朗読でした。

侍者もお辞儀をする場所を間違えずに出来ましたね!

 

IMG_8354

 

奉納は、初聖体をすませる前の子どもたちが務めました。

実は、初聖体の勉強もあって練習時間が他の子どもたちより少し短ったのですが…しっかり出来ましたね。

 

IMG_8360

 

ミサに来てくださった皆さんも笑顔で見守ってくださいました。

 

IMG_8362

 

聖体拝領後、教会学校を卒業する6年生の卒業証書授与式が行われました。

教会学校の校長先生であるフィリップ神父様から卒業証書を頂きました。

 

IMG_8367

 

ミサを与ったすべての方々から、たくさんの祝福を頂きました。

 

IMG_8370

 

今日の共同祈願は、子どもたちがシスターと一緒に一生懸命考えて行いました。

最後の方は、集中を切らして、少し騒がしくなってしまう時もあるのですが、今日は最後まで自分たちの役割を果たすことができ、素晴らしい奉仕が行えたと思います。

 

IMG_8376

 

ミサ後、みんなで卒業生を囲んで集合写真…。

役割を無事終えて、ホッとしたのでしょう。笑顔がはじけすぎです…

 

__ 1

 

今日で2013年度の教会学校は修了です。

 

来年度は4月13日・枝の主日から始まります。

新入生も迎えて、みんなで来年度も楽しく明るく、よく学び、祈り、遊びましょう!

 

 

第1朗読 創世記 12章1~4a節
第2朗読 テモテへの手紙二 1章8b~10節
福音朗読 マタイによる福音書 17章1~9節



 |  |  |  |

本日、四旬節第1主日、10時半からのミサのなかで、復活の聖なる徹夜祭に受洗される5名の方の洗礼志願式が行われました。

 

フィリップ神父様が、代父・代母の方々に「志願者に洗礼の準備ができていると思いますか?」と尋ねられ、代父・代母の方々は「はい。そう思います」と答えられました。

続いて、志願者の方に「みなさんは本当に洗礼を望みますか?」と尋ねられ、志願者の方々は「はい、望みます」と答えました。

 

DSC01006

 

そして、フィリップ神父様が、聖香油で洗礼志願者の方々1人ひとりの額に十字架のしるしをされました。

 

DSC01010

 

最後に会衆も一緒に使徒信条を唱えました。

 

DSC01013

 

お知らせの時に入門講座で講師をしてくださっているシスターから洗礼志願者の方の紹介がありました。ミサに集まったみなさんから祝福されました。

 

DSC01020

 

これから、復活の聖なる徹夜祭までの間、様々なことを考え、受洗される準備を整えられると思います。

カトリック教会に転籍される2人、そして、復活祭で洗礼を受ける4人の子どもとともに、皆様のお祈りをお願い致します。

 

 

第1朗読 創世記 2章7~9節、3章1~7節
第2朗読 ローマの信徒への手紙 5章12~19節
福音朗読 マタイによる福音書 4章1~11節



 |  |  |  |

四旬節中の毎週金曜日、カトリック松戸教会では、十字架の道行を行っています。

 

 

「十字架の道行」の祈りは、イエスの受難の各場面を黙想し、回心しキリストの愛にならうための祈りです。各留にとどまり、しばらく黙想し、順次回っていきます。聖堂内にイエス・キリストの裁判から十字架の死に至るご受難の歩みを描いたレリーフが並べて掛けてあります。14場面あり、これは ” 留(りゅう)”と呼ばれています。

 

今日は、初金のミサが9時45分から行われ、その後、十字架の道行が行われました。

 

DSC00973

 

1つ1つの留(りゅう)で、祈りを捧げ、イエス様のご受難を思い、黙想しました。

 

DSC01001

 

フィリップ神父様が祈りへと導かれ、信徒が1留ずつ先唱を行いました。

そして、あらゆる困難、試練があろうともただただ父である神様の御心に適う行いをするイエス様に倣う者になろうと、祈りに心を合わせます。

 

DSC01002

 

最後に15留となる祭壇に向かい、主の復活を黙想し、主の祈りを唱えました。

 

DSC01003

 

みなさまも四旬節の期間に十字架の道行きに参加されてみてはいかがでしょうか。