|  |  |  |

本日、聖霊降臨の祭日の10時半からのミサは、長寿になられた方をお招きし、「長寿感謝の集い」として、行われました。
普段、体調が優れず、ミサに参加できない方々にも教会からお迎えにあがり、ミサにも参加して頂きました。

長寿に感謝し、主を賛美して76名のご長寿の方々がミサに与られました。

 

聖堂入口では担当の方々が、お迎えします。

 

 

本当に多くの方がいらしてくださいました!
そして、聖霊降臨の祭日のミサを、共にに祝います。

 

 

 

ことばの典礼の朗読では、ご長寿の方々が第1朗読・答唱・第2朗読を務めてくださいました。

 

 

第1朗読 使徒言行録 2章1~11節
第2朗読 ガラテヤの信徒への手紙 5章16~25節
福音朗読 ヨハネによる福音書 15章26~27、16章12~15節

 

 

そして、お説教。

お説教の中で宮原助祭は、「共同体としての働きに聖霊の働きが不可欠である事、そして、ご長寿を迎えられた方々への感謝をもってこれからも共同体を発展させていくこと」についてお話されました。

 

 

 

共同祈願は、ご長寿の方々によって行われました。

 

 

奉納も、ご長寿の方々が行ってくださいました。

 

 

そして、聖変化.

 

聖体拝領も足が不自由な方々にには、フィリップ神父様や助祭がまわり、ご聖体を運びます。

 

様々な理由でミサに与れず久々にご聖体を与ったという方々の喜びに溢れていました。

 

 

ミサ閉祭後、希望者の方々が「病者の塗油」の秘跡を受けられました。

 

 

最後に記念撮影!

ミサ後には、懇親会が地下ホールで行われました。

お元気に過ごしていただき、来年もまた来て頂ければと思います。
来年もお待ちしています!




 |  |  |  |

堅信の前の最後の準備を終え、松戸教会の信者の方々に、東京教区合同堅信式の前に、ミサのなかで、堅信に与る中高生から一言ずつ挨拶をおこないました。

 

 

挨拶の前には、中高生担当のリーダーから「名前と聖霊の7つの賜物のなかで一番強く頂きたいものを言って、これからの抱負を言いましょう」と無茶ぶりがあり、みんな苦笑い…必死で春季集中講座で学んだことを思い出します。

 

1人目は、「なかなか正しい事が分かっても、それをを行う事が出来ないので頂きたい」ということで、「勇気」と答えました。
堅信を受けた後は、きっと力強く聖霊に導かれるままに、み旨にそった行動をしてくれると思います!

 

2人目は、勉強が出来るように「知識」と答えました。
勉強だけではなく、知識は、物事や自然や美術品の造られたものの美しさを通し、神様とのつながりを感じれるようになりますね。
堅信を受けた後は、事の本質を見抜き、本当に大事なもの、そして、ものの美しさを感じれる心をもって、豊かな生活が送れるようになると思います!

 

3人目も学校や教会でも、分かっていても、みんなにそれを伝えることがなかなか出来ないから「勇気」が欲しいと答えました。
さっきのおみくじでひいたのも勇気でしたね。
勇気は、自分に与えられた賜物を活かし、みんなに仕えることが出来るようになれる賜物でもあります。
きっと、堅信を受けたのちは、いちばん低い者になって、教会学校の後輩たちや周りの人々に仕える人になってくれると思います

 

 

今日、教会に集まってくださったご長寿の方々も、本当に嬉しそうにこの挨拶を聴いてくださっていました。
これからも、中高生のためにお祈りをお願い致します。

 

本当に多くの方々のお祈りや支えがあって支えられて、ここまで来たことを忘れないでくださいね。
今度はみんなが、それを後輩たちに伝える番になります。

これからの堅信式まで、もう1度心を整えて、聖霊を受ける準備をしましょう!




 |  |  |  |

本日、主の昇天のミサは、母の日ということで、全ての「お母さん」と「女性」たちに祝福が贈られました。

聖体拝領後、10時半のミサでは、司式してくださった宮下神父様が「お母さん」たちのために祈られ、フィリップ神父様が、灌水し、祝福してくだいました。

 

もちろん、8時からのミサでも…

 

共同体として、すべての「女性」や「お母さん」に、感謝し、祈りを捧げました。

普段、言葉や態度でなかなか感謝を表わせない「子供たち」も、帰宅後、感謝の言葉をかけられたのではないでしょうか。

 

 




 |  |  |  |

カトリック教会では、5月は聖母月とされています。
5月は、新緑の美しい季節は、色とりどりの花々が咲き乱れる時期です。古くからこの美しい5月は、聖母にこそふさわしい月とされ、また、主の復活の喜びと希望に満ちた月です。

 

松戸教会では、主日のミサ前30分前よりロザリオを1環、捧げています。
5月は、少し早めにきて、ご一緒にロザリオを捧げましょう。

 

5月27日、三位一体の主日のミサ(10時半)には、ミサ15分前から、教会学校の子どもたちを中心に、教会入口の聖母子像前で、ロザリオを1連唱え、行列を行います。
是非、お越しください。




 |  |  |  |

本日、復活の主日(日中)のミサのなかで、聖体奉仕者の任命式が行われ、13人の聖体奉仕者の任期の更新が行われました。

聖体奉仕者は主任司祭の推薦により菊池大司教様より任命されるものです。

 

司牧評議会委員長が、菊池大司教様からの任命証を読み上げます。

 

そして、一人ひとり、フィリップ神父様から任命証が手渡されました。

 

 
任期は、来年の復活祭(2019年4月21日)までとなります。

 

 
病者、高齢者にとって病床でいただく聖体は、人々の病を担ってくださる主イエス・キリスト様に出会い、その癒しの力に触れ、主の苦しみと復活のいのちに結 ばれる大切な秘跡です。また、たとえミサに行けなくとも、父なる神様と主イエス、そして教会共同体としっかり結ばれていることの大切なしるしにもなりま す。

 

 

使徒言行録第6章1-6節

そのころ、弟子たちが増し加わるにつれて、ギリシャ語を使うユダヤ人 が、ヘブル語を使うユダヤ人に対して不満を漏らしていた。というのは、彼らのやもめが、日ごとの分配でおろそかにされていたからである。そこで十二使徒は、大勢の弟子たちを呼んで言った。「わたしたちが神の言を差し置いて、食卓に仕えるのはふさわしくありません。そこで兄弟たちよ、あなたがたの間から、 良い証しのある、その霊と知恵に満ちた人を7人選びなさい。その人たちを、この仕事に任じましょう。ただしわたしたちは、祈りと言の務めをひたすら続ける ことにしましょう」その言は、すべての人を喜ばせた。そこで、彼らは信仰と聖霊に満ちた人ステパノ、ピリポ、プロコロ、ニカノル、テモン、パルメナ、アンテオケの改宗者ニコラオを選び、その人たちを使徒たちの前に立たせた。使徒たちは祈って、彼らの上に手を置いた。