|  |  |  |

本日、10時から、そして、13時半からの2回、共同回心式が行われ、多くの信徒が参加しました。

 

まず、山浦義春神父様(亀有教会主任司祭)から、講話を頂きました。

013fd4af96e5893b8c881f7f192e44ff4a9be3bf9b

 

今回の講和は、今年度の待降節から変更になったミサ典礼の変更箇所について、講話を頂きました。

 

● 山浦神父様 講話要旨

日本のミサ典礼は、第2バチカン公会議後、徐々に変更されていきましたが、まだ、最終的な変更には至っていません。今回の変更もその過程です。今回のミサ典礼の変更は、大きく3つのことが変更となりました。

 

  1. 磔刑のイエス様・ご聖櫃への崇敬

    ミサの中で「イエス様のご受難」について思いを巡らす事、そして、それを象徴する「磔刑のイエス様に頭(こうべ)を下げる」こと、また、ご聖櫃にも司式司祭は入祭・閉祭の際に礼をすること。

    DSC00242
    DSC00244
    DSC00238
    DSC00239

     

  2. 福音朗読の際、十字架をきること

    福音朗読の際に、福音を、自分の思い、言葉、行いに刻み込み自分を通して神の言葉が実現されるように、思い=頭(額)、言葉=口、行い=胸で十字を切り、イエスに仕えたいと願う私たちの心の姿勢を示す「しるし」をする。

    DSC00240

    DSC00229

     

  3. ミサの前後の沈黙、朗読後・説教後の沈黙

    ミサの前後、そして、朗読後、説教後に沈黙の時間を作り、ミサに参加すること、そして、御言葉の意味を噛みしめる。

    DSC00249
    DSC00245
    DSC00246

 

 

今回、最も大事な事としてお話されていたのは、「ミサへの参加の意識」でした。
私たちがただ教会に来て、ミサに与るというだけではなく、イエス様に思いをはせ、ミサに参加することで、神様と新たに関係を持つことが出来る。
毎週、毎日のミサのなかで、神様との関係を刷新し、新たに福音宣教に派遣されることの大事さを改めて感じたお話でした。

そして、お話の最後にアヴェマリアの祈りへと導かれました。

DSC00236

 

 

講話を頂いた後、山浦神父様、渡辺神父様(豊四季教会)、そして、フィリップ神父様が赦しの秘跡を授けてくださいました。
(赦しの秘跡については下記参照)

 

ゆるしの秘跡とは…

ゆるしの秘跡は、司祭のもとで、自分の犯した罪を告白し、罪のゆるしを願うことにより、神からの罪のゆるしが与えられるというしるしです。
この秘跡は、回心、悔い改め、和解、いやしの秘跡とも呼ばれています。
ゆるしの秘跡に必要な行為は、
- 痛悔(犯した罪を悔やむこと)
- 司祭への罪の告白
- 償いをはたす決意、およびその実行
です。

ゆるしの秘跡には、個別のゆるしの式と共同回心式があります。
前者は、ゆるしの秘跡を求める個人と神との出会いを重視します。それにくらべて、共同回心式は、ゆるしの秘跡の教会的な面をあらわしています。この式は、共同体の祈りの中で行われます。

共同回心式は、個人の罪だけでなく、教会共同体の連帯性について考え、共同体の上に神のゆるしを求めるので す。また、ゆるしを神に求めるだけでなく、兄弟姉妹にもゆるしを求めることを意識させてくれるもので、通常、主の降誕祭や主の復活という大きな祭日に向け ての準備として、待降節や四旬節の間に行われます。

引用元:女子パウロ会 Laudate | キリスト教マメ知識 「ゆるしの秘跡」

 

 

赦しの秘蹟は個別にも受けられますので、待降節の間に授かられてはどうでしょうか…




 |  |  |  |

今日は、無原罪の聖マリアの祭日です。

01a8ddee7fd5578c823c0ebdf1178547348886dfc9

 

フランス、ルルドで聖ベルナルデッタにご出現になったマリアは、ご自分を「無原罪の御宿り」と言われました。マリアは神様の特別な恵みによって、その存在の最初からあらゆる罪から守られていたのです。
今日は、イエスの母となるように選ばれたマリアが、救いの恵みを予め受け、聖アンナの胎内に宿った時から原罪から守られていたことを記念した祭日です。

 

 

 

 

ミサの始まる30分前からロザリオの祈りを一環唱えました。

012b0242994e9dd7f76ffb879c3f9a51c5072076a4

 

 

 

入堂と共に祭壇、そして、無原罪のマリア像に献香します。

DSC00214

待降節に入り歌わなかった栄光の讃歌を歌い、集会祈願を唱えます。

DSC00219

 

 

また、福音朗読の前に聖書にも献香をされました。

DSC00215

 

第1朗読 創世記 3章9~15、20節
第2朗読 エフェソの信徒への手紙 1章3~6、11~12節
福音朗読 ルカによる福音書 1章26~38節

 

 

 

説教の際には、本日から始まる「いつくしみの特別聖年」について書かれた岡田大司教様の書簡をお読みになられ、「いつくしみの特別聖年」への信徒の取り組みを求められました。

DSC00225
DSC00226

岡田大司教様の書簡

 

 

 

奉納の際の献香。

DSC00217

そして、聖変化…

DSC00220
DSC00222

平日にも関わらず、今日の祭日を多くの方々がともに祝いました。

DSC00224

 

 

 

 

017e0c164ed681e4c4fec315544fe2f0b7a320dbb2



 |  |  |  |

クリスマスの4週前の日曜日から待降節が始まります。
今年は本日・11月29日から待降節が始まり、カトリック教会の新しい1年が始まります。

待降節とは…

待降節は二重の特質をもつ。それはまず、神の子の第一の来臨を追憶する降誕の祭典のための準備期間であり、また同時に、そ の追憶を通して、終末におけるキリストの第二の来臨の待望へと心を向ける期間でもある。この二つの理由から、待降節は愛と喜びに包まれた待望の時であるこ とが明らかになってくる。

カトリック中央協議会 典礼解説「待降節」より

 

今日から、ローマ・ミサ典礼書の総則に基づく変更箇所に基づき、いくつかミサのなかで変更箇所がありました。そのため、聖体奉仕者、先唱、祭壇奉仕者は、神父様より約1時間の講習を事前に受け、今日からの典礼に備えました。(ミサに与る信徒の)具体的な変更箇所は、聖水盤横にプリントを置いていますので、各自ご確認ください。

 

12308823_922772677808133_1018863363611050470_n

 

 

待降節は、第1主日・第2主日・第3主日・第4主日とあり、徐々にイエス・キリストの降誕を待ち望む気持ちを高めていきます。

集会祈願を行う前にフィリップ神父様が、アドベントクランツの祝福をしました。

12274321_922772701141464_8346798360168298717_n
12239878_922772754474792_7381003939166575513_n

 

 

アドベントクランツは、主日を重ねるごとに1本ずつ火を灯り、私たちの心にキリストを待ち望むことを呼びかける助けとなっています。(クリスマス・ミサでは、中央に蝋燭に置かれ、火が灯します)
松戸教会公式twitterアカウントでは、主日ごとに火が灯っている蝋燭が増えていく様子を写真におさめ、投稿していきます。

 

 

今日は第1主日ですので、祝福後、1本目のろうそくに火を灯します。

12299124_922772817808119_8907579588994672689_n
01555e9a3ea3c22c7644661a509e8f00631529d140

 

 

 

祭壇には、馬小屋も設置されました。

待降節の主日を重ねるごとに様々なサントン人形が足されていきます。完成は、三博士が置かれる主の公言(1月3日)ですね。

01d6b5dcab238ff03d531c601ded4fe9266ed6411a
01c105068cba8d125346e1b9bd091f729850baaf4e

 

 

 

ヨゼフ会のみなさんを中心に今年も飾りつけを行ってくださいました。

 

聖母子像横の馬小屋の中身は、典礼委員の方々が整えてくださいました。

01a79c6e92415d0823048a976415541bab89b51e5c

 

 

 

松戸教会では、こうして、イエス様のご降誕への気持ちを少しずつ高めていきます。

01bbaca315186ee37b4ff3ef2271b6a81ab6820af2
01c25d11b9e41d85bbfad7c7e23cce26d6950d55d0

 

 

クリスマスを教会で過ごそうと考えてらっしゃる方がいましたら、待降節の日曜日に教会に是非いらっしゃってください。(もちろん、未信者の方も大歓迎です)ともにクリスマスを迎える準備を致しましょう。




 |  |  |  |

本日、年間第33主日の10時半からのミサのなかで「七五三の祝福」が行われました。

 

フィリップ神父様が、七五三を迎える子どもたちを前にお祈りを唱えられました。

IMG_5673

 

 

お祈りの後、こどもたちを祝福されました。

IMG_5679
IMG_5683

 

 

そして、教会から記念品とおメダイがプレゼントされました。

IMG_5687
IMG_5696
IMG_5694

 
ミサ後、フィリップ神父様、そして、ご家族一緒に記念撮影。

IMG_5700

 
そして、侍者を務めてくれたいた子どもも七五三のお祝いをもちろんします。

IMG_5710

 

 

 

今日はいつもよりちょっとおめかしして、ミサに与りました。

七五三を迎えた7人の子どもたちの健やかなご成長を心よりお祈り申し上げます。




 |  |  |  |

本日、11月3日、流山にある豊四季霊園松戸教会共同墓地にて午前11時から墓前ミサが行われました。

 

IMG_0003

 

好天に恵まれ、80人ほどの方々が参列され、永遠のいのちのうちに生きている方々を想いながら、祈願を捧げました。