|  |  |  |

本日、午後2時から聖ピオ神父の記念ミサが行われました。

ペトロ神父様が共同司式してくださり、英語ミサで行われました。

 

祭壇には、聖ピオのお写真と像が並び、幼子のイエス様を抱いた聖ピオの像などが並びます。

 

IMG_0596

 

 

 

ペトロ神父様、フィリップ神父様の入堂で始まりました。

 

IMG_0598

 

 

ペトロ神父様は、お説教のなかで、聖ピオについて次の5つを大事なこととしてあげられました。

  • ご聖体にたいする信心、そして、崇敬。
  • 毎日、ロザリオの祈りを行う。そして、マリア様
  • ゆるしの秘跡に度々あずかること。
  • 煉獄の霊魂への祈り
  • 教皇様、司祭たちへの祈り

 

IMG_0600

 

ミサ後、フィリップ神父様とペトロ神父様から癒しの油と祈りを授かり、奉仕者のところで聖ピオの聖遺物に触らせていただきました。

お祈りを捧げる方も多かったです。

 

10373078_781870058498831_3370267384125909201_o

 

「癒しのミサ」と題された今回のミサ、参加された方々が心の癒しを受け、穏やかな表情になられているのが印象的でした。




 |  |  |  |

本日、復活の主日(日中)のミサが8時から、そして、10時半からの2回のミサが行われました。

特に、10時半からのミサは、国際ミサとして行われ、お御堂に入りきれないほどの信徒が訪れ、エントラスもいっぱいになっていました。

 

IMG_8785

 

 

IMG_8792

 

 

国際ミサということで、第1朗読は日本語で行われ、第2朗読は英語で行われました。

第1朗読は、侍者は「神に感謝」と答え、第2朗読は「thanks be to God」と会衆が答えました。

 

IMG_8796

 

IMG_8797

 

 

 

福音朗読の前には、復活の続唱が歌われ、アレルヤ唱へと続きます。そして、松永助祭が日本語、フィリップ神父様が英語で福音朗読をされました。

その後、フィリップ神父様が英語で説教され、松永助祭がそれを和訳し、会衆へと伝えました。

 

今日は喜びの日です。
新たに5人の子供たちが洗礼を受け、昨日の復活の聖なる徹夜祭の5人の受洗者と2人の転籍者を合わせて、松戸教会に12人の新しい家族が生まれました。
今日は喜びの日です。
今日のミサには、国籍・肌の色・民族・言葉・あらゆる環境、思想などを乗り越え、様々な人たちがこんなに大勢集まりました。

 

 

IMG_8801

 

 

 

 

そして、洗礼式。

日中のミサでは、新たに乳幼児を含む5人の子供たちがが洗礼を受けました。

 

IMG_8850

 

 

 

共同祈願は、それぞれの国・民族の言葉で唱えられました。

 

IMG_8861

 

IMG_8862

 

IMG_8864

 

IMG_8866

 

IMG_8868

 

IMG_8870

 

IMG_8871

 

 

 

奉納の際には、ホスチア、水と葡萄酒に続き、外国人の方がフルーツなどを奉納しました。

普段の日本語のミサではない光景です。国際ミサならではですね。

 

IMG_8874

 

IMG_8877

 

 

(聖体拝領の際に歌われる)拝領の歌はMCCICの聖歌奉仕グループの方々が歌いました。(国際ミサでは、おなじみの風景ですね)

 

IMG_8881

 

 

 

 

最後に、フィリップ神父様が復活の卵を祝福されました。

家に持ち帰り、改めて家族とご復活の喜びを分かち合えて頂けたらと思います。

 

IMG_8890

 

 

松戸教会では、昨日行われた復活の聖なる徹夜祭のなかで受洗された5名の方々とプロテスタント教会からの移籍の方2人、そして、今日受洗した5人の子供たちと計12人が新たな家族として迎えることが出来ました。

 

 

第1朗読 使徒言行録 10章34a、37~43節
第2朗読 使徒パウロのコリントの教会への手紙一 5章6b~8節
福音朗読 ヨハネによる福音書 20章1節~9節

 

 

主のご復活おめでとうございます!!!




 |  |  |  |

本日、「復活の聖なる徹夜祭」が行われました。

今日、1年のうちでも最も盛大にキリストの過越を記念します。1年の典礼の中で最も盛大で、中心的な祭儀が今日行われる復活の聖なる徹夜祭です。

 

復活の聖なる徹夜祭では、洗礼式が行われます。
これは、初代教会からの伝統です。洗礼は、受難と死を通して復活したキリストの復活に与り、一人ひとりが古い自分に死んで新しい自分に生まれ変わる「過越」です。したがって、復活の聖なる徹夜祭がそれにもっともふさわしいとされてきました。

松戸教会でも、本日、5人の方が受洗されます。また、2人の方がプロテスタントから転籍されます。典礼が始まる前には、シスターと予行練習を行い、洗礼式に備えます。

 

IMG_8626

 

 

 

去年まで、2年連続で雨だったのですが(曇り空ではありましたが)今年は雨に濡れることなく、多くの信徒が集いました。

 

そして、午後7時から、復活の聖なる徹夜祭が始まりました。

光の祭儀は、ルルドから始まります。

 

DSC01286

 

フィリップ神父様が復活ろうそくを祝福され、火を祝福します。そして、その火で復活ろうそくに火を灯します。

 

IMG_8636

 

そして、「キリストの光」を歌いながら、松永助祭を先頭に入堂します。参列者も一人ひとり、復活されたキリストを象徴する灯された蝋燭を手に持ちます。

 

DSC01296

 

IMG_8646

 

そして、松永助祭が「神の使いよ天に集い、声高らかに喜び歌え」と歌いだし、復活讃歌が始まります。そうして、キリストの勝利を讃えます。

 

DSC01299

 

 

 

復活賛歌を歌い終わると、今度は1年の教会の暦の中でも最も豊かな「ことばの典礼」が始まります。(朗読箇所は下記参照)福音書を朗読する前には四旬節に入って歌わなくなっていた「アレルヤ唱」を久々に歌いました。

 

DSC01311

 

フィリップ神父様は…

光の消えた暗闇の聖堂に入り、復活の蝋燭に照られて中に入る。その蝋燭から光を受け取り、自分の蝋燭に光を受け取り、私たちは闇を隅に追いやった。そして、復活は、死をも隅に追いやった。今日すべては新しくされ、自由になった。宇宙の隅々まで光を送り、過去現在未来に渡って照らし続ける。

喜ばない人がいるだろうか…
今夜、イエス・キリストは、死者のうちから復活された。何を恐れることがあろうか!

と、説教のなかで仰りました。

 

DSC01315

 

 

第1朗読 創世記 1章1節・26節~31a節
第2朗読 出エジプト記 14章15節~第15章1a節
第3朗読 エゼキエルの預言 36章16~17a・18~28節
第4朗読 使徒パウロのローマの信徒への手紙 6章3~11節
福音朗読 マタイによる福音書 28章1~10節

 

 

 

そして、洗礼の儀です。

この1年間、シスターから様々なことを学び、ようやく、洗礼を受ける決心をされ、今日を迎えます。

 

まず、転籍される2名の方が、信仰宣言をし、カトリックへの転籍をされました。

 

DSC01328

 

そして、5人の洗礼志願者がフィリップ神父様に促され、前に並びました。

まず、諸聖人の取次ぎを願い、連願が会衆によって歌われます。

 

復活のろうそくで水を祝福し、洗礼志願者の方は悪霊の拒否、そして、信仰宣言をします。

 

IMG_8680

 

油を受け、代父、代母の方から白衣を受け、復活の蝋燭から灯された蝋燭を受け取ります。

そして、神父様からそれぞれの洗礼名を与えられました。

 

IMG_8731

 

会衆には、神父様から祝福を頂き、自分の洗礼の時を思い起こします。

 

DSC01336

 

 

最後に感謝の典礼が行われます。

奉納は、先程、受洗された方々と転籍された方々が行います。

 

IMG_8745

 

DSC01342

 

そして、聖体拝領は、今日、受洗された5人の方々、転籍された2人の方が最初に受けます。

初めてのご聖体は、どのようなものだったでしょうか…

 

IMG_8756

 

そして、受洗者・転籍された方々の笑顔と信徒一同の喜びのうちに復活徹夜祭のミサを終えました。

 

 

主のご復活おめでとうございます!!




 |  |  |  |

本日は、主の受難の祭儀が行われました。

聖金曜日は、「ミサ」を捧げず、イエスの死を思い、主の受難の祭儀は「言葉の典礼」「十字架の崇敬」「交わりの儀」の3つの部分で構成で行われます。

 

祭壇は、昨晩の「主の晩餐の夕べのミサ」の時に裸にしたまま、十字架も蝋燭も置かず、祭壇にも布をかけません。

 

DSC01241

 

 

 

今日の祭儀は、コロンバン会のロランド・ケルソ神父様が司式してくださりました。
ケルソ神父は、長らく横浜教区の菊名教会で主任司祭を務められていたそうですが、このたびアメリカの司教区に異動されるそうです。

 

祭儀は、入際の歌は歌わず沈黙のうちに始まります。

司祭は入堂し、祭壇の前で跪かれ、しばらく沈黙のうちに祈られます。

 

IMG_8599

 

ゲッセマネの園でイスカリオテのユダに裏切られ捕まり、アンナス、大祭司カイアファ、そして、ポンティオ・ピラトのもとに連れていかれ、群衆に「死刑にしろ」と要求される審判の場面…そして、ゴルゴダの丘まで十字架を担ぎ、磔られ、息絶えられる受難の場面まで…まさにイエス様の受難、そして、死の箇所が朗読されます。

 

DSC01257

 

説教の中で、ケルソ神父様は、「死とは、新しい生命の誕生を現している。今日の祭儀のなかでそれを確認してほしい」と説かれました。

 

DSC01264

 

説教の後、盛式共同祈願が行われ、「教会」「教皇様」「教会に仕える全ての人」「洗礼志願者」「キリストを信じる全ての人々」「キリストを信じない人々」「神を信じない人々」「困難に直面する人々」のためにそれぞれ祈りました。

普段の共同祈願とは違い、助祭が先唱され、神父様が祈り、会衆はアーメンと続きます。

 

DSC01267

 

 

 

 

「ことばの典礼」が終わると、司祭、侍者はいったん退堂され、「十字架の礼拝」が始まり、聖堂を去った司祭と侍者が、紫の布に覆われた十字架を捧げて聖堂 に入ってきます。途中、三度、「見よ、キリストの十字架、世の救い、ともにあがめたたえよう」と歌われ、おおわれた布を徐々にはずしていきます。

 

IMG_8606

 

DSC01272

 

顕示が終わると、十字架が祭壇の前を置き、司祭・奉仕者・会衆の順に行列して十字架の前に進み、深い礼をして崇敬を表します。その間、「十字架賛歌」などを歌います。

 

DSC01275

 

 

十字架の礼拝を終えると、司祭、侍者はまた一度退堂し、「交わりの儀」が始まります。ご聖体が入堂し、祭壇に置かれます。主日のミサとは違い、司祭が主の祈りに招くと、主の祈りの副文と応唱を唱えた後、すぐに拝領前の信仰告白を唱え、拝領が始まります。

そして、聖体拝領後、今一度、聖体安置室に助祭が移します。

 

 

DSC01277

 

最後に司祭が集まった会衆のために祈願を唱え、沈黙のうちに退場し、典礼は終わります。

 

 

第1朗読 イザヤ書 52章13節~53章12節
第2朗読 ヘブライ人への手紙 4章14~16節、5章7~9節
受難の朗読 ヨハネによる福音書 18章1節~19章42節

 

 

 

そして……祭壇は再び裸の状態にされます。

 

DSC01282

 

 

いよいよ明日は復活の聖なる徹夜祭です。




 |  |  |  |

本日、「主の晩餐の夕べのミサ」が行われました。

聖木曜日の夕刻に行われるこのミサでは、キリストが聖体を制定し、自らの記念としてこれを行うように命じた「最後の晩餐」を直接記念します。聖木曜日の夕刻にささげられるこのミサの直前で四旬節が終わり、「過越の聖なる3日間」が始まります。イエス様の「受難・死・復活」を一年のうちで最も荘厳に記念する「過越の聖なる3日間」は、典礼暦年全体の頂点に位置づけられています。

 

久々に栄光の讃歌を歌い、フィリップ神父様が集会祈願を唱えました。

 

IMG_8530

 

 

第1朗読・第2朗読の後、松永助祭による福音朗読が行われ、フィリップ神父様によるお説教がありました。

 

DSC01225

 

DSC01231

 

フィリップ神父様は、「最後の晩餐は、悲劇ではなく、悲劇の完成である。悲劇を受け入れることで神様との関係が強くなる。」とおっしゃり、最後に「自分が何者かであるかを知るために代償を払うことには意味がある」と説かれました。

 

 

 

第1朗読 出エジプト記 12章1~8節,11-14節
第2朗読 コリントの教会への手紙 11章23~26節
受難の朗読 ヨハネによる福音書 13章1~15節

 

 

 

 

お説教の後、今日、朗読された福音書のなかでもあったように、イエス・キリストが最後の晩餐の夜、自ら弟子たちの足を洗うことにより、ご自分が「仕えられるためではなく、仕えるために来た」ことをお示しになったことを記念し、洗足式が行われました。

12人の信徒(使徒、ヤコブ<別名イスラエル>の子たちの数)が代表して、フィリップ神父様に足を洗っていただきました。

 

IMG_8548

 

 

IMG_8550

 

 

その後、聖体拝領が行われました。

同じ1つのパンを分け合うことを通して、キリストとの一致を深く味わいます。こうして、ミサが一致の秘跡であり、キリスト者の生活の中心であることが明らかにされます。

 

IMG_8582

 

 

 

聖体拝領後、祭壇上のご聖体に献香し、司祭・侍者が祭壇上の全てのものを取り除き、裸の状態にします。そして、ご聖体を別の場所に移動します。キリストの受難と死がはじまったことのしるしです。

 

IMG_8588

 

IMG_8589

 

そして、ご聖体を仮祭壇に移し、献香してから聖体を仮の聖櫃におさめます。

 

IMG_8592

 

DSC01236

 

最後に信徒たちは、左右に分かれ、詩編55と詩編27を唱和して祈ります。

 

IMG_8594

 

その後、その場で閉祭の歌を歌い、閉祭となりました。

その後も仮祭壇の前でお祈りされている信徒の方が大勢いました。

 

明日は、主の受難の祭儀です。

 

DSC01241