|  |  |  |

今日は、四旬節最後の主日である受難の主日(枝の主日)でした。
松戸教会では、午前8時、そして、午前10時半からミサが行われました。

 

受難の主日(枝の主日)は、信者がそれぞれに枝を持ち、行列をして受難の道に入ったことを思い出す典礼です。受難の主日(枝の主日)は、(ユダヤ人の)過越祭に合わせ、主イエスがエルサレムに入ったことをを記念して行われます。
その際、多くの群集が、子ロバにまたがって入城するイエス様を群集が衣服や枝を持ち、歓呼を持って迎えます。(しかし、その数日後、その群衆は、イエス様を「十字架につけろ!」と叫びます。)

今日から、典礼暦の頂点である聖週間が始まります。

 

 

教会入口で、用意された枝を受け取り、聖堂へと向かいます。

 

D30_6471

 

 

 

午前10時半からのミサでは、ミサの前に、まず、「枝の式」が行われます。

信者は、外の駐車場で、フィリップ神父様を待ちます。

 

D30_6487

 

 

そして、交唱を歌い、神父様をお迎えしました。

 

IMG_0565

 

D30_6500a

 

そして、フィリップ神父様が枝(棕櫚の葉)を祝福をします。

 

D30_6507
IMG_0573
D30_6512
D30_6517

 

 

そして、入城の福音朗読。

 

D30_6518

 

 

福音朗読 マルコによる福音書 11章1~10節

 

 

 

 

福音朗読後、枝の行列を行いました。

「ダビテの子」を歌いながら、下の広場からスローブを登り、入堂します。

 

D30_6532

 

行列が、聖堂に入ると、今度は「聖なる町に」を歌います。

 

IMG_0579

 

D30_6556

 

 

 

ご受難の朗読(福音朗読)は、神父様(イエス様)と朗読者2人(第1朗読者;語り手、第2朗読者:その他の登場人物)と会衆全員(群衆)で行います。

 

D30_6567

 

 

 

そして、お説教……。

フィリップ神父様は、「ご受難を思い起こし、もう1度主イエス様に立ち返ること、十字架の奇跡に立ち返ること」を説かれました。

 

D30_6571

 

 

 

第1朗読 イザヤの預言 50章4-7節
第2朗読 使徒パウロのフィリピの教会への手紙 2章6~11節
福音朗読 マルコによる主イエス・キリストの受難 15章1~39節

 

 

 

 

今日のミサは、本当に大勢の方が来てくださり、お御堂に入れないほどでした…。

 

D30_6570

 

 

 

いよいよ聖週間が始まりました。

聖週間の祭儀に出来るだけ参加し、キリストの過越しの神秘に感謝しましょう。

 




 |  |  |  |

松戸教会では、聖体礼拝の会が、毎月第4木曜日午前10時から行われています。
聖体賛美式とは、「パンのかたち」の聖体を顕示して、礼拝し、祝福を受ける儀式です。

 

「聖体の顕示と賛美式は、聖体に現存されるキリストをたたえ、聖体礼拝 によって最高度に実現したキリストとの一致を味わい深めるものであるから、霊と真実のうちに神にささげるべき礼拝にとって大きな助けとなる。」

「ミサ以外のときの聖体拝領と聖体礼拝」より

 

 

 

本日(3月)の聖体礼拝の会は、まずミサが行われました。

入堂の際、今月命日を迎えられた故人のご遺影にフィリップ神父様が灌水されました。また、共同祈願でも故人の冥福を祈りました。

(共同祈願では他にも今月祝日(や記念日)がある聖人から霊名を頂いた方々の為に祈ったり、テロや戦争で苦しむ方々の為に祈りました)

 

 

DSC00480

 

 

福音朗読後、しばらく黙想します。(週日のミサでは、お説教の時間は黙想となります)

 

DSC00484

 

 

第1朗読 創世記 17章3~9節
福音朗読 ヨハネによる福音書 3章51~59節

 

 

 

DSC00485

 

 

 

ミサ閉祭後、フィリップ神父様が退堂された後、聖体賛美式が行われます。
まず、フィリップ神父様が入堂され、ご聖櫃の鍵を開け、ご聖体をオステンソリウム(聖体顕示台)に入れます。

 

DSC00487
DSC00489

 

 

 

そして、ご聖体に献香し、会衆とともに沈黙での祈りを捧げられます。

 

DSC00490
DSC00494

 

 

 

祈りの後、フィリップ神父様は退堂され、会衆は、5分ほど黙想し、その後、祈りを唱え、更にロザリオを1環を唱え、最後に司祭のための祈りを捧げました。

 

DSC00504
DSC00505
DSC00500

 

 

 

そして、フィリップ神父様が再度入堂され、ご聖体に献香され、賛美の祈りを捧げられました。

 

DSC00512
DSC00518

 

 

そして、ご聖体による祝福が行われます。

 

DSC00514
DSC00515
DSC00519

 

 

そして、終わりの歌として「サルヴェ・レジーナ」を歌いました。

 

DSC00520

 

 

 

式後、地下ホールにて、昼食を参加者でとります。

まず、祈りを唱え、会の代表者から挨拶がありました。

 

DSC00523
DSC00526

 

そして、参加者で歓談し、食事を楽しみました。

 

DSC00531

 

 

毎月行われていますので、是非、多くの方にご参加して頂きたいと思います。
ミサとは、また違った形で、ご聖体にお会いすることが出来ると思います。多くの方のご参加をお待ちしています。

(来月は4月30日(木)午前10時から行われます)




 |  |  |  |

The 5th Sunday of Lent ,We pray the Station of Cross from 1:30 PM on Today.

 

本日、四旬節第5主日、MCCICは、「十字架の道行」を行い、イエス様のご受難を黙想しました。

 

 

IMG_2685
IMG_2690
IMG_2692
IMG_2695
IMG_2698
  1. Jesus is condemned to death
  2. Jesus carries his cross
  3. Jesus falls the first time
  4. Jesus meets his mother
  5. Simon of Cyrene helps Jesus carry the cross
  6. Veronica wipes the face of Jesus
  7. Jesus falls the second time
  8. Jesus meets the women of Jerusalem
  9. Jesus falls the third time
  10. Jesus is stripped of his garments
  11. Crucifixion: Jesus is nailed to the cross
  12. Jesus dies on the cross
  13. Jesus is taken down from the cross (Deposition or Lamentation)
  14. Jesus is laid in the tomb.



 |  |  |  |

本日、四旬節第4主日の10時半からのミサは、子どもの奉仕するミサでした。

教会学校で学んだ1年間の集大成を信徒の方に見ていただくべく、教会学校の子どもたちがミサの奉仕を行います。
普段は、大人の方々がされている奉仕を教会学校の子どもたちやリーダーがするのです。(松戸教会では、1学期は子どもたちの初聖体が行われるキリストの聖体のミサ。2学期はクリスマス。3学期は教会学校の卒業式・修了式後の3月に「子どもの奉仕するミサ」を行います)

 

 

本日はヨゼフ会主催の「高山右近に関する講演会」が行われるため、日本カトリック司教協議会の列聖推進委員会を務めていらっしゃる平林冬樹神父様(イエズス会・麹町教会協力司祭)の主司式で、行われました。

 

IMG_2805

 

 

先唱の2人は、様々なアクシデントがあった中、しっかりとミサの司会を務めることが出来ました。

 

IMG_2839

 

 

 

第1朗読、第2朗読では、さすが卒業生(6年生)、しっかり朗読することが出来ました。お説教の時に平林神父様にも大変褒めて頂きました。「第2朗読の女の子なんて、アナウンサーになれるのではと思うくらいでした」と仰られていましたね。2人とも本当に素晴らしかったと思います。

 

IMG_2807
IMG_2809

 

 

福音朗読の時の侍者の動きも完ぺきでした。侍者は、普段から奉仕をしているだけあってそれぞれしっかり出来ましたね。

 

IMG_2812

 

朗読の時には、平林神父様は、祭壇を降りられ、1人ひとりの会衆に話しかけられるようにお説教をされました。
ユーモアも交えてお話してくださり、聖堂に笑いが溢れ、子どもの奉仕するミサと知らずにいらっしゃったと仰られていましたが、子どもたちも役割を少し忘れ、お話に聞き入っていました。

 

IMG_2813

 

第1朗読 歴代誌下 36章14~16, 19~23節
第2朗読 エフェソの信徒への手紙 2章4~10節
福音朗読 ヨハネによる福音書 3章14~21節

 

 

共同祈願の時も1人ひとり大きな声で行うことが出来ました。
会衆の方々からも、はっきり聞こえて、とても良かったと褒めて頂きました。
(写真が撮れませんでした。ごめんなさい!)

 

奉納もしっかりとすることが出来ました。
1年生もクリスマスに続き2回目の奉納、ベテランの2人にも負けないくらいしっかり出来ましたね。

 

IMG_2817

 

献金の奉納は、サブリーダーの中学生の2人がしてくれました。

 

IMG_2820

 

 

 

 

IMG_2821

 

 

そして、 聖体拝領後、卒業証書授与式が行われました。
朗読台でリーダーが1人ひとり卒業生の名前を読み上げます。

 

IMG_2822

 

そして、フィリップ神父様から1人ひとり卒業証書を頂きました。

 

IMG_2826
IMG_2827
IMG_2828
IMG_2829
IMG_2830
IMG_2831
IMG_2823
IMG_2824
IMG_2825

 

そして、会衆の皆さんから祝福の拍手を頂きました!

 

IMG_2833

 

 

 

最後の方は、集中を切らして、少し騒がしくなってしまう時もあるのですが、今日は最後まで自分たちの役割を果たすことができ、素晴らしい奉仕が行えたと思います。
ミサ後、本当に様々な方から「本当に素晴らしかった」とお褒めの言葉を頂きました。

卒業生たちも安心して卒業することが出来るかな…?

 

最後に、9人の卒業生、そして、ご家族の皆さん、本当におめでとうございます!




 |  |  |  |

本日、10時から、そして、13時半からの2回、共同回心式が行われ、多くの信徒が参加しました。

 

まず、寺西英夫神父様(教区本部協力司祭)から、講話を頂きました。

 

DSC00448

 

 

寺西神父様 13時半からの講話要旨

明日の日曜日(四旬節第4主日)は、「ヨハネによる福音書」から3章14節から21節が朗読されます。
その中で使徒ヨハネは、イエスさまに次のような発言が弟子の1人ニコデモへあったと記しています。これは、使徒ヨハネを中心とする教会への使徒ヨハネからのメッセージでもあります。

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。

ヨハネによる福音書3章16節

出来れば、死ぬまで覚えておいてほしい御言葉です。
イエスはどういう御方なのか、神様とはどういう御方なのかという事を1行でまとめたすごい言葉です。
神様は、ご自分と一体である「一人息子」を世の中に、世界に与えられる程、そして、その一人息子が十字架に磔にされ殺されてしまうこともご存知のうえで私たちに与えられた、そこまで、神様は、この世界を愛して下さった。愛しています。
この(ヨハネ)福音書が書かれたであろう時期から70年くらい前、弟子たちは、「あの人とは関係ない」と自分たちもイエス様の巻き添えになり、殺されることを恐れ、逃げてしまった。しかし、この時期の教会は、このような深い信仰に到達していました。

この御言葉は2000年後の現在にも通用する言葉です。
今も世界中でひどい事が行われています。争い事が生まれ、復讐がされ、関係ない人々が巻き添えになり、さらに新たな争いが生まれています。しかし、そのような醜い世界も大切に思い、その世界と共に苦しみ、そのような罪深い世界を救おうとしてくださる、それ程、神は、世を愛して下さる。そのような神が表現されています。

そして、聖木曜日「主の晩餐の夕べのミサ」の福音朗読の冒頭…

過越し際の前のことである。イエスは、この世から父のもとへ移る御自分の時が来たことを悟り、世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた。

ヨハネによる福音書13章1節

このように記されています。
いよいよ自分が死ぬ時が来た、明日きっと殺される。それを前にして、イエス様は「世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた。」そして、夕食を共にした。そして、この夕食のなかでご存知のようにパンと葡萄酒をとり、「これを食べなさい。これを飲みなさい。」と仰られました。人々のために死ぬ私の体・血を全て食べ、そして、この事を世の終わりまで記念しなさい。と仰れます。それがつまりミサのことですね。
つまり、ミサは、世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれたイエスさまの体・血を頂く、ミサというのはそういう奇跡です。
もし、ミサがなければ、私たちの信仰は2000年もの間、続かなかったのではないでしょうか。
つまり、ミサは、神様、イエス様が、どれほど私たちを愛して下さっているかという記念なのです。

この最後の晩餐の時、イスカリオテのユダの裏切りについて、イエス様はすでにご存じです。ご存知のうえで、食事を共にし、様々な事を教えてくださいました。そして、最後にユダが裏切ることを伝え、そそくさとユダが出ていくと…

わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。

ヨハネによる福音書15章12節

と、仰います。
「これだけ」やってればいいと仰るのです。「わたしがあなたがたを愛したように」互いに愛し合えば良いと仰っているのです。全てを与え、裏切り者の弟子まで愛した、そのような愛で、互いに愛し合いなさい。と仰っています。しかし、イエス様のように愛すことは、難しいかもしれません。ですから、「わたしがあなたがたを愛したがゆえに」と訳してみると良いかもしれません。
その前には、「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。(ヨハネによる福音書15章9節)」とあります。私たちがなぜ人を愛せるのかと言えば、自分の記憶もないころから家族からたくさんの愛を受けてきたからでしょう。もし、家族の愛を受けていなければ多分誰も愛することは出来ないのではないでしょうか。その家族の愛の根本には、「神様の愛」があります。そのようにイエス様は仰っているのです。
裏切り者であろうが、どんなにひどいことをされた人であろうが、そういう人も含めて愛す。神様はそういう愛で私達を愛して下さっています。そのような愛で互いに愛し合うことを掟としました。
もし、裏切り者を愛さないならば、ひどいことをされた人を愛さないならば、それがどんどん憎しみが連鎖していってしまいます。イエスさまの教えはそういうことではありません。

ミサというのは、そのような「」の記念なのです。
そして、そのような「」で包まれるからこそ、私たちは素直に頭を下げ、赦しを乞うことが出来ます。赦しの秘跡とは、そのような秘跡です。私たちが、痛悔の念を頂き、歯を食いしばって赦しを乞うのではなく、愛に包まれ、その愛の中で赦しを乞うのです。

教会は、そのような愛で私たちを包んでくださるイエス様に変わり、イエス様の御言葉をお借りて、宣言し、赦しの秘跡を授けます。

今日は、最初に「神様の愛」がある。ということを、覚えて帰ってください。

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。

 

 

DSC00449

 

 

講話の後、3人の神父様が赦しの秘跡を授けてくださいました。
(赦しの秘跡については下記参照)

 

ゆるしの秘跡とは…

ゆるしの秘跡は、司祭のもとで、自分の犯した罪を告白し、罪のゆるしを願うことにより、神からの罪のゆるしが与えられるというしるしです。
この秘跡は、回心、悔い改め、和解、いやしの秘跡とも呼ばれています。
ゆるしの秘跡に必要な行為は、
- 痛悔(犯した罪を悔やむこと)
- 司祭への罪の告白
- 償いをはたす決意、およびその実行
です。

ゆるしの秘跡には、個別のゆるしの式と共同回心式があります。
前者は、ゆるしの秘跡を求める個人と神との出会いを重視します。それにくらべて、共同回心式は、ゆるしの秘跡の教会的な面をあらわしています。この式は、共同体の祈りの中で行われます。

共同回心式は、個人の罪だけでなく、教会共同体の連帯性について考え、共同体の上に神のゆるしを求めるので す。また、ゆるしを神に求めるだけでなく、兄弟姉妹にもゆるしを求めることを意識させてくれるもので、通常、主の降誕祭や主の復活という大きな祭日に向け ての準備として、待降節や四旬節の間に行われます。

引用元:女子パウロ会 Laudate | キリスト教マメ知識 「ゆるしの秘跡」

 

 

赦しの秘蹟は個別にも受けられますので、四旬節の間に授かられてはどうでしょうか…