|  |  |  |

いよいよこの日がやってきました。

主のご降誕、クリスマスです。

教会学校の子どもたちが、子どもの奉仕するミサの前に「聖劇」を行いました。
2学期のほとんどをこの聖劇の練習に費やして、練習を通して、「ご降誕」というものがどういうものであるかを学んできました。

 

午後5時半……
いよいよ開演です。

 


 

場面1

神様が、私たちを幸せにするための御計画をたてられ、大天使聖ガブリエルにマリア様とヨゼフさまにそれを伝えるように命じられます。

場面2

大天使聖ガブリエルがマリア様にイエス様のご受胎をお伝えになります。(受胎告知)

場面3

マリア様が身籠っていることを知り、正しい人であったヨセフ様は結婚するか悩んでいました(律法では、結婚する前に身籠ってしまったマリア様は死刑になってしまいます!ヨセフ様も当然罪に問われます)
大天使聖ガブリエルは、これは神の御計画なので、ヨセフ様にマリア様と結婚しなさいとお話されます。ヨセフ様は、そのお話を受け入れ、マリア様を妻に、そして、産まれてくるイエス様の父になろうと決意します。

場面4

ナザレからベツレヘムへ身重なマリア様とヨセフ様は、戸籍登録のために旅にでます。しかし、ベツレヘムの宿はどこもいっぱい。
身重なマリア様を外で寝かせるわけにもいきません。
しかし、これも神様の御計画のうちでした。神の子イエスが「ふかふかのベッド」ではなく、「藁がひかれた飼葉桶」という低いところから産まれるということは、神様が「貧しい人・弱い人」のためにイエス様を送ってくださったことの証です!

場面5

大天使聖ガブリエルと天使達が、当時の社会で低い者とされていた羊飼いたちに現れ、イエス様の御降誕を伝えます。
そして、喜びに満ちた羊飼いたちがヨセフ様とマリア様の所にお祝いに行きます。
また、遠い東の国からユダヤ人の王を求め、旅をしてきた3人の博士たちも、ベツレヘムの星に導かれ、イエス様を発見し、お祝いします。

場面6

天使達が喜びの歌をうたい、神の子イエス・キリストの御降誕をみんなで祝います。

 


 

本当にみんな頑張りましたね。
家でもたくさん練習してきてくれたのだと思います。

たくさんの方々が、子どもたちの聖劇を観に来てくださり、たくさんのお褒めの言葉を頂きました。
本当にありがとうございました。




 |  |  |  |

聖書100週間とは、「一生に一度は聖書を全部読みましょう」とおっしゃられたマルセル・ルドールズ神父様(パリ外国宣教会)によって、1974年にカトリック上野教会で始められた約3年をかけて聖書(旧約・新約)を全て通読するプログラムです。

 

松戸教会では、2013年10月よりスタートし、聖書通読を終え、本日、その修了ミサが午後1時半から行われました。

 

 

ことばの典礼…

 

第1朗読 創世記 3章9~15、20節
第2朗読 エフェソの信徒への手紙 1章3~6、11~12節
福音朗読 ルカによる福音書 1章26~38節

 

 

共同祈願では、指導係として奉仕してくださった方、また、途中で事情があり断念された方々、聖書100週間に参加されながら、その期間中に帰天された方への祈りが唱えられました。

 

 

そして、聖体拝領後、フィリップ神父様から全員に1人ずつ修了証書が贈られました。

 

 

ミサ閉祭後、全員で記念撮影!

 

 

ミサ後、懇親会が行われました。
最初に、3年にわたり、指導係として奉仕してくださった方に感謝の気持ちを込めお礼と花束を贈りました。本当にありがとうございました。

 

そして、聖書を通読し終えた感想を、参加者で分かち合いました。

 

創世記からヨハネの黙示録まで、聖書すべてを朗読され、きっと大きな恵みを頂けたと思います。
3年間、本当にお疲れさまでした。




 |  |  |  |

今日は、無原罪の聖マリアの祭日です。

フランス、ルルドで聖ベルナルデッタにご出現になったマリアは、ご自分を「無原罪の御宿り」と言われました。マリアは神様の特別な恵みによって、その存在の最初からあらゆる罪から守られていたのです。
今日は、イエスの母となるように選ばれたおとめマリアが、救いの恵みを予め受け、聖アンナの胎内に宿った時から、全能の神からの唯一無比の恩恵の賜物と特典によって、原罪の汚れから完全に守らていたことを記念した祭日です。

 

 

 

入堂と共に祭壇、そして、無原罪のマリア像に献香します。そして、待降節に入り歌わなかった栄光の讃歌を歌い、集会祈願を唱えます。

 

 

福音朗読の際にも聖書に献香し、朗読が行われました。

 

 

 

第1朗読 創世記 3章9~15、20節
第2朗読 エフェソの信徒への手紙 1章3~6、11~12節
福音朗読 ルカによる福音書 1章26~38節

 

 

 

そして、説教。

説教要旨

今日は、無原罪の聖マリアの祭日です。
教皇ピオ9世は、無原罪の宿りを1854年12月8日、これを正式に信仰箇条(キリスト者が信じるべき教え)として宣言しました。
しかし、これ以前も救い主イエス・キリストの来臨におけるマリア様の重要な役割は広く認められ、受け入られていました。
神様は、人類を愛していおられます。アダムとエヴァを通して、罪がこの世に入った時、神様は、人類を救うために御ひとり子をこの世に遣わす決心をなさいました。この御計画は、ナザレというガリラヤの小さな町の1人の乙女の努力を得て、成就しました。
神様は、この乙女が、聖霊の力によって神様の子を宿す準備として、乙女が母親の胎の中で受胎した時から全ての罪をおかさないように、なされました。マリアが、大天使聖ガブリエルのお告げを聞いた時、彼女は、神の御旨に対して、無条件にすべてを受け入れました。
「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」

今日、私たちもイエス様によって再びこの世界に救いが訪れる事を願い、私たちの生活の中で神様のみ旨に心を開くことが出来るように祈りましょう。
そして、マリア様がなさったように主が私たちのためになさった偉大な事を祝いましょう。
神様は、マリア様が母の胎内で受胎された時から、無原罪である事、御子の母として仕えることを定められたように、神様は、私たちも、洗礼を受けた時から罪から解放し、ご自身を愛するようになさいました。ですから、新しい歌を主に向かって歌いましょう。

今日のミサのなかで、罪から解放されるように招かれていることの偉大さを思い起こし、私たちの母、聖母マリアの取り次ぎを願い、祈りましょう。
父と子と聖霊のみ名によって。

 

 

奉納の際の献香。

 

 

そして、聖変化…

 

 

平日にも関わらず、今日の祭日を多くの方々がともに祝いました。




 |  |  |  |

本日、10時から、そして、13時半からの2回、共同回心式が行われ、多くの信徒が参加しました。

 

まず、大山悟神父様(日本カトリック神学院)から、講話を頂きました。
大山神父様は、始めに主の祈りへと導かられ、祈りと共に共同回心式が始まりました。

dsc01473

 

 

 

 

dsc01475

 

講話要旨

待降節に入りました。
明日は、待降節第2主日です。待降節第2主日の典礼の中心点は、「悔い改め」です。
第1主日は、「終わりの日が来ること。それを注意深く待ち続ける事」ということでした。(カトリック教会では)待降節と共に新年を迎えますから、「終わりが来て、新しくなる」ということでした。

待降節と四旬節は、どちらも「悔い改め」をテーマとしていますが、その意味合いが違います。
四旬節は、「イエス・キリストの受難・死」を通して「永遠の命」を与るというものでした。
待降節は、古いもの、古い価値観を捨てる「新しい命」「物事を新しい視点で見る」というのが1つのテーマです。
イエス様を迎えるために、新しい気持ちとなるということは、つまり、「幼子イエスを抱きかかえる」霊性、これが待降節の霊性です。それは、「お父さんやお母さんが、子どもに対する愛情を取り戻す」事です。何故なら、それが全ての愛情の原点だからです。
イエス様は小さいな者、か弱き者として、この世に来られました。
私達が、少しでも手を離せば、死んでしまう存在です。一生懸命関わり、暖かさを伝えければならない。
人間が本来持っている愛の姿に戻りましょう。

では、古い自分、古い価値観とはどういうことでしょうか。
それは、「自分を中心にし、自分が物事の正否を決め、自分の価値観で生きている」ことです。
人間が生きる力の源になるのは、「欲望」でしょう。「欲望」がなければ、生きる活力を失ってしまうでしょう。例えば、食べ物を得る、お金を得る、住むところを得る、着る服を得る…。我々人間は、そうして安定を望みます。そうして、我々は所有することが出来、生きていくことが出来ます。しかし、そのなかで、欲望は競争を生み、優劣が出来、優劣は差別を生み、差別は戦いを生んでしまいます。やがて、お互いを否定しあい、殺し合いが始まります。私達は、通常、そのように生きているわけです。

人間は、生まれた瞬間から、そのような世界に投げ込まれてしまいますから、気付かないうちに「幼子イエスを抱きかかえるような愛を持った」私達の本来の姿から歪められてしまいます。
そして、それは、他の人に影響を与え、他の人も、お互いにお互いを本来の姿から歪めさせてしまいます。
本来の姿とは、「神は御自分にかたどって人を創造された。(創世記1章27節)」のですから、神の御姿にあります。神とは、「存在を肯定する存在」です。神さまは、まさに、存在を与える力です。
だから、私達は、本来は「自分・相手を肯定する存在」なのです。神様がそうされるように、お互いを愛する力を私たちは持っているのです。
しかし、しばしば私たちはそれを忘れてしまっています。

待降節は、それを思い出す機会を私たちに与えてくれます。
待降節のなかで、主日ごとに馬小屋が完成していきます。そして、クリスマスには、神の子が赤子として生まれます。その御姿を見る事で、私たちは、今までの姿を捨て、今までの価値観とは全く逆のモノを思い起こすことが出来ます。強い意志をもって、自己中心的な自分を捨て変えることが出来ます。そして、今までとは全く逆の価値観のなかに戻ることが出来ます。根本的に自分を変えることが出来ます。
それを行うのがゆるしの秘跡です。

 

dsc01476

 

今から皆さんは、ゆるしの秘跡に与りますが、大切なことがあります。
みなさんは、告解し、罪を告白しますが、告解をしてスッキリするだけで、何も変わらない事があるかもしれません。
忘れないでほしい事は、「神のいつくしみを感じる」ということです。「神の存在を感じる」という事です。

神様へのアプローチの仕方として、「命の三原理」というものを皆様に覚えて頂ければと思います。
それは、「生きている。生かされる。つながる」です。
私たちは、常に生かされています。自分の力だけでは生きていけません。常に、生かされ、まわりの人に活かされ、そして、繋がっています。その力の源に神がいます。
日常生活の中で、常に「生きている。生かされる。つながる」という事を意識して、神様から引き離しているモノを取り除き、本来の姿に戻りましょう。
良心の究明をし、具体的にその要因を見つけ、「神の恵み」を感じて、ゆるしの秘跡を受けてください。
そうすれば、必ず生かしてくださいます。必ず力をくださいます。
「生かされている」という事をもう1度見つめ直し、ゆるしの秘跡に与りましょう。

 

dsc01477

 

 

講話の後、大山神父様、渡邊神父様(豊四季教会)、フィリップ神父様が赦しの秘跡を授けてくださいました。
(赦しの秘跡については下記参照)

 

ゆるしの秘跡とは…

ゆるしの秘跡は、司祭のもとで、自分の犯した罪を告白し、罪のゆるしを願うことにより、神からの罪のゆるしが与えられるというしるしです。
この秘跡は、回心、悔い改め、和解、いやしの秘跡とも呼ばれています。
ゆるしの秘跡に必要な行為は、
- 痛悔(犯した罪を悔やむこと)
- 司祭への罪の告白
- 償いをはたす決意、およびその実行
です。

ゆるしの秘跡には、個別のゆるしの式と共同回心式があります。
前者は、ゆるしの秘跡を求める個人と神との出会いを重視します。それにくらべて、共同回心式は、ゆるしの秘跡の教会的な面をあらわしています。この式は、共同体の祈りの中で行われます。

共同回心式は、個人の罪だけでなく、教会共同体の連帯性について考え、共同体の上に神のゆるしを求めるので す。また、ゆるしを神に求めるだけでなく、兄弟姉妹にもゆるしを求めることを意識させてくれるもので、通常、主の降誕祭や主の復活という大きな祭日に向け ての準備として、待降節や四旬節の間に行われます。

引用元:女子パウロ会 Laudate | キリスト教マメ知識 「ゆるしの秘跡」

 

 

赦しの秘蹟は個別にも受けられますので、待降節の間に授かられてはどうでしょうか…




 |  |  |  |

クリスマスの4週前の日曜日から待降節が始まります。
今年は本日・11月27日から待降節が始まり、カトリック教会の新しい1年が始まります。
毎年、待降節第1主日から朗読箇所(A年・マタイ福音書、B年・マルコ福音書、C年・ルカ福音書)が変わり、今年はA年(マタイ福音書)が朗読されます。

待降節とは…

待降節は二重の特質をもつ。それはまず、神の子の第一の来臨を追憶する降誕の祭典のための準備期間であり、また同時に、その追憶を通して、終末におけるキリストの第二の来臨の待望へと心を向ける期間でもある。この二つの理由から、待降節は愛と喜びに包まれた待望の時であることが明らかになってくる。

カトリック中央協議会 典礼解説「待降節」より

待降節の主日では、栄光の讃歌は歌われません。
4つの主日を通し、救い主イエス・キリストの来臨(ご降誕)、そして、再臨の準備を整え、その時を待ちます。
この2つの意味で、待降節は愛と喜びに包まれた待望の時です。

 

 

img_8545

 

 

待降節は、第1主日・第2主日・第3主日・第4主日とあり、徐々にイエス・キリストの降誕を待ち望む気持ちを高めていきます。
集会祈願を行う前にミサを司式して下さった山浦神父様(亀有教会主任)が、アドベントクランツの祝福をしました。

img_8547
img_8549

 

アドベントクランツは、主日を重ねるごとに1本ずつ火を灯り、私たちの心にキリストを待ち望むことを呼びかける助けとなっています。(クリスマス・ミサでは、中央に蝋燭に置かれ、火が灯します)
松戸教会公式twitterアカウントでは、主日ごとに火が灯っている蝋燭が増えていく様子を写真におさめ、投稿していきます。

 

 

今日は第1主日ですので、祝福後、1本目のろうそくに火を灯します。

img_8555
img_8556

 

 

祭壇には、馬小屋も設置されました。
待降節の主日を重ねるごとに様々なサントン人形が足されていきます。完成は、三博士が置かれる主の公現(1月8日)ですね。

img_8537

 

 

ヨゼフ会のみなさんを中心に今年も飾りつけを行ってくださいました。

 

そして、典礼委員の方々が、聖母子像横の馬小屋の中や聖堂エントランスのツリーやアドヴェントクランツの飾りつけや準備を行ってくださっています。

img_8534
img_8536
img_8522
img_8521

 

松戸教会では、こうして、イエス様のご降誕への気持ちを少しずつ高めていきます。

img_8543
img_8539
img_8542

 

クリスマスを教会で過ごそうと考えてらっしゃる方がいましたら、待降節の日曜日に教会に是非いらっしゃってください。(もちろん、未信者の方も大歓迎です)ともにクリスマスを迎える準備を致しましょう。