|  |  |  |

本日 「聖母の被昇天」の祭日、松戸教会では、亀有教会の藤澤 幾義神父様司式で午前10時半からミサが行われました。
ミサのなかでは、今年1年帰天された松戸教会の信徒14人の方への祈りが行われました。

 

「聖母の被昇天」とは…

マリアが霊魂も肉体もともに天に上げられたという教義で、1950年11月1日に、教皇ピオ十二世(在位1939~1958)が全世界に向かって、処女聖マリアの被昇天の教義を荘厳に公布しました。

聖母の被昇天 (【カトリック中央協議会】より)

 

IMG_7111
IMG_7110

 

 

ミサの始まる30分前からはロザリオの祈りを行いました。

IMG_7116

 

 

 

そして、午前10時ミサが開祭されます。
入堂とともに無原罪のマリア像に献香されました。

DSC01399

 

開祭の儀では、今年に帰天された14名の方々の名前が読み上げられ、このミサのなかでの祈りへと導かれました。

DSC01404

 

 

第1朗読、第2朗読後、福音書が朗読されます。

DSC01411
DSC01413

 

 

第1朗読 ヨハネの黙示録 11章19a、12章1~6、10ab節
第2朗読 コリントの信徒への手紙一 15章20~27a節
福音朗読 ルカによる福音書 1章39~56節

 

 

そして、藤澤神父様のお説教…。

DSC01414
20160815105414(2)

説教のなかで、藤澤神父様は、終戦の日ということもあり、聖ヨハネ・パウロ2世の「戦争は人間のしわざです。戦争は人間の生命の破壊です。戦争は死です。(教皇ヨハネ・パウロ2世 広島『平和アピール』)」という言葉を引用され、また、永井隆博士についてもお話され、平和の尊さを訴えられました。
そして、お告げの際に「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」と、仰れたマリア様のように深い信仰を持ち、神に応えていく姿を、私たちも倣うことができるように祈りを捧げながら、ミサの祈りへと導かれました。

 

 

 

続いて、感謝の典礼に入ります。
奉納の際にも祭壇に献香しました。

DSC01416

 

そして、聖変化…。

DSC01418
DSC01419

 

多くの方々がミサに与り、ご聖体を拝領しました。

DSC01425
20160815113011(1)

 

 

8月15日は、聖フランシスコ・ザビエルが日本に初めて上陸した日であり、日本の終戦の日でもあります。
マリア様の被昇天にそのような出来事が起こる意味を思いを巡らせることが出来たらと思います。




 |  |  |  |

フィリップ神父様が、サバティカル中のため、火曜日から木曜日の早朝に行われていた週日のミサは、その間、行われないことになりました。

 

そのため、「聖体奉仕者」によって、毎週水曜日午前6時40分から「集会祭儀」が行われています。
集会祭儀は、「ミサ」ではありませんが、聖体奉仕者によって「祈りを指導し、ことばの祭儀を司式し、聖体を配る」正式な祭儀です。

 

聖体奉仕者の入堂とともに、入祭の歌を歌い、集会祭儀が始まります。

DSC01393

 

挨拶が済んだ後、聖体奉仕者が回心へと導き、その後、集会祈願が唱えられ、集会祭儀が開祭します。(栄光の賛歌は歌いません)
この際、聖体奉仕者は、会衆と平等な立場である者として振る舞う」ことになっているので司祭が座る祭壇ではなく、いつも通り、聖体奉仕者の席に着きます。

DSC01394

 

ことばの典礼は、その日の朗読箇所が朗読されます。
朗読後、答唱詩編を歌い、アレルヤ唱を歌って、福音を迎えます。

DSC01395

 

福音朗読後、しばらく黙想の時間がとられ、その後、聖体奉仕者が、司祭が直近に行われたミサで聖変化されたご聖体をご聖櫃から祭壇へと移動し、祭壇の準備を行います。

DSC01396

 

そして、主の祈りを唱え、平和のあいさつを交わし、ご聖体を頂きます。

DSC01397

 

聖体拝領後、拝領唱が唱えられ、その後、「賛美と感謝のうちに」という聖体奉仕者の言葉とともに、集会祭儀が閉祭します。

 

 

このように、松戸教会では、主任司祭が不在の中でも、み言葉を味わい、ご聖体を頂くことが出来ます。
午前7時過ぎには終わりますので、通勤・通学の前に、いつもより少しだけ早起きして、ぜひご参加ください。

その他、主任司祭不在中の変更等に関しましては、こちらをご覧ください。




 |  |  |  |

本日、5月29日は、人類に対する神からの恵み、愛の結晶である「聖体の秘跡」について公に感謝する「キリストの聖体」の祝日です。
そして、松戸教会では、8人の子供たちが初聖体のお恵みに与りました。

 

そのため、10時半からのミサはいつもの日曜日とは異なり、子どもの奉仕するミサとなりました。

 

初聖体とは…

幼児洗礼の子どもが初めて聖体拝領をすることです。聖体とは七つの秘跡のひとつで、主イエス・キリストご自身が、パンとぶどう酒の形のもとに現存され、私たちと共にいて救いを完成してくださるのです。

 

 

ご家族の方々も参列され、多くの会衆が集う中、初聖体を与る8人の子供たちが入堂してきました。

D30_8164

D30_8174

 

 

そして、ミサが始まります。

D30_8179

 

 

奉納は、初聖体を受ける子どもたちによって行われました。

D30_8233

 

 

 

そして、交わりの儀が始まる前、いよいよ「初聖体を受ける式」が行われます。

下原助祭から名前を呼ばれた8人の子供たちが祭壇の前に並びます。

D30_8246

 

そして、復活のろうそくから火を受けた蝋燭を、ご父兄から受けます。

D30_8249
D30_8254

 

フィリップ神父様は初聖体を受ける子どもたちにいくつか尋ねられました。

D30_8270

 

  • パンのかたちのうちにいらっしゃるイエス様のからだをいただくことはイエス様とひとつになることです。わかっていますね?
  • イエス様とひとつになるために、日曜日のミサに来なくてはならないですね。一生懸命来れますか?
  • 教会は、神様とひとつになる人たちと、本当の兄弟・姉妹のように仲よくなり、一緒に神様の子どもとして大きくなるところです。 みなさんは、教会学校や錬成会、教会のお手伝いなどの活動に参加しながら、同じ神様を信じる教会のお友達が、たくさんできるように努力しますか?
  • 神様からよい子といわれるような生活をしますか。たとえば、自分だけよければ他の人はどうなってもいいと思ったり、いじわるしたり、うそを言ったり、わがままを言って人を困らせることは、これからはしないように、がんばりますか?

 

こどもたちは、すべての問いに「はい」と答えました。

 

01da8f59cfce57211c0dd8dc0ec2d8592b3ee68427

 

 

 

式の最後に、会衆全員で「主の祈り」を唱えました。

018caebb47b9d900a4f49013d489d0cfd832774872

 

 

 

そして、いよいよ初聖体です。

D30_8279
D30_8282

 

ご家族や会衆に見守られながらフィリップ神父様から初聖体を授かりました。

015393f340f718cc16db8b1020ad496f16bcf40320
D30_8287

 

 

 

ご聖体拝領後、記念品が教会から贈られました。

D30_8291

 

そして、数か月間、初聖体のために勉強会でご指導してくださった先生から会衆の皆さんに1人1人子ども達の紹介がありました。

D30_8296
D30_8308

ミサに与った会衆たちから祝福されました。

 

 

 

もちろん、ミサ後には、記念撮影が行われます。
まずは、フィリップ神父様、下原助祭、そして、これまで指導して下さった先生と一緒に。

D30_8316

 

そして、ご家族もご一緒に。

D30_8319

 

 

初聖体の約束を守って、「神様から喜ばれるような生活」をしてくださいね!
初聖体、本当におめでとうございます。




 |  |  |  |

本日・キリストの聖体の祭日の10時半からのミサは、子どもの奉仕するミサです。
(松戸教会では、1学期はキリストの聖体の祭日、夏休みの錬成会、2学期はクリスマス、3学期は教会学校の卒業式が行われる主日のミサ…の年に4回、子どもの奉仕するミサがおこなわれます)

 

そして、いよいよ、この子どもの奉仕するミサのなかで8人の子供たちが、初聖体を受けます。

D30_8184

 

 

先唱の2人は、とても素晴らしかったです。
中学生が、始めて先唱にチャレンジした4年生をフォローしつつ、しっかりと自分の仕事も行ってくれました。

D30_8192

 

 

 

第1朗読、第2朗読ともに6年生が行いました。
大きな声ではっきりと御言葉を伝えることが出来ましたね。

D30_8190
D30_8200

 

福音朗読では、侍者の所作をしっかりすることが出来ました。

D30_8206

 

 

第1朗読 創世記 14章18~20節
第2朗読 コリントの信徒への手紙一 11章23~26節
福音朗読 ルカによる福音書 9章11b~17節

 

 

 

共同祈願は、教会学校の子ども達、そして、初聖体を受ける子ども達が行いました。
1番最初は、内容が一番難しかったのですが、所作も含めてしっかり行うことが出来ました。さすがですね。

D30_8213

 

初めてのミサの奉仕を行った1年生2人、大きな声でしっかりと唱えてくれました。これからももっともっと頑張ろうね。

D30_8216

 

初聖体を受ける子ども達の共同祈願。事前に少しだけしか練習できませんでしたが、安心して見ている事が出来ました。

D30_8223
D30_8227

 

最後に6年生が、初聖体に与る子ども達のために唱えました。

D30_8229

 

 

 

奉納も、初聖体を受ける子ども達が行います。
侍者は、子ども達2人で奉納行列を迎えに行きます。事前の練習では、歩くペースについてリーダーから注意を受けていましたが、本番ではしっかりと務めることが出来ていました。

D30_8234

 

教会学校に来ていない子どもたちにとっては、初めてのミサの奉仕でしたが、しっかりと行うことが出来ました!
自分たちが頂くホスチアと葡萄酒・水を運びます。初聖体の恵みを頂く前の大事な奉仕ですね!

D30_8238
D30_8241

 

いつもなら、最後の方は集中力を切らしてしまうのですが、今回は、最後までしっかりと奉仕することが出来ました。

今年度、最初のこどもの奉仕をするミサということもあり、新たな挑戦、そして、より高いレベルでの奉仕をお願いしました。
みんな緊張していたと思いますが、十分な練習時間もとれないなか、しっかり奉仕できたと思います。
自分たちの後輩の「初聖体」のお祝いがしっかり出来たのではないでしょうか。

 

そして、初聖体を受けた子供たち、本当におめでとうございます。
来週からは、教会学校に戻って、みんなと楽しく一緒に勉強しましょうね!




 |  |  |  |

本日、聖霊降臨の祭日に東京大司教区の合同堅信式ミサが、東京カテドラル聖マリア大聖堂で午後2時半から、岡田武夫大司教様司式で行われ、東京大司教区の各教会から多くの方々が集まりました。

松戸教会からも20名の方々とその代父母、ご家族が参加されました。

 

初めてカテドラルに来た方々もいらして、少し緊張気味です。
この数か月間、様々な事を学び、今日、堅信の秘跡を授かります。

DSC01184
DSC01183
DSC01187

 

 

 

 

そして、いよいよ合同堅信式が始まります。

DSC01193
DSC01195
DSC01197

 

 

まず、ことばの典礼が行われました。

DSC01200

 

第1朗読 使徒言行録 2章1~11節
第2朗読 ローマの信徒への手紙 8章8~17節
福音朗読 ヨハネによる福音書 14章15~16、23b~26節

 

 

そして、岡田大司教様のお説教が行われます。

DSC01202

お説教の中で、受堅される皆さんに向けたメッセージを仰られました。

堅信の秘跡を受ける皆さんを、主であるイエスは必要としている、大切に思っている。そして自信がないかもしれない、どう言って良いのかわからないと思っておられるかもしれませんが、「わたしは世の終わりまで、あなたがたと共にいる」と言ってくださったので、その言葉に信頼し、福音宣教者、イエス・キリストの弟子を作るという仕事を、それぞれ自分の場所で行なっていただきたいとお願いいたします。

(引用)岡田大司教様のお説教

 

 

 

 

お説教後、いよいよ堅信の儀が行われます。

DSC01210

 

 

悪霊の拒否と洗礼の約束の更新を宣言し、堅信志願者は按手を受け、1人ずつ聖香油を岡田大司教様の前に出て額に塗油していただき、秘跡を授けられました。

20160515154503(3)
20160515154503(2)
20160515154503(4)
20160515154503(5)

 

 

共同祈願は、参加した全ての代父母や受堅者がそれぞれ唱え、祈りを捧げます。

そして、ミサに参加した誰もが喜びと聖霊を感じる中、聖体拝領が行われました。

DSC01221
DSC01223

 

 

 

 

ミサの最後に、全ての受堅者が内陣前に出て、岡田大司教様から祝福を頂きました。

DSC01228
DSC01226

 

そして、司祭団とともに受堅者は、退堂し、記念撮影が行われました。

DSC01230

 

 

 

 

ミサ後、受堅者、ご家族、代父母、下原助祭と、ルルドの前で記念撮影!

01247ec973832a600548e4ac34aa0dc1d47730cd73

 

次に受堅者のみで…!

012bd2cfce8329ae6511b7a63b2038705794ac0fbe

 

最後に受堅者と代父母とで!

20160515165849(1)

 

 

受堅者、ならびにご家族の皆さま、ご堅信おめでとうございます!!