|  |  |  |

本日 「聖母の被昇天」の祭日、松戸教会では、午前10時半からミサが行われました。
ミサのなかでは、今年1年帰天された松戸教会の信徒19人の方への祈りが行われました。

 

「聖母の被昇天」とは…

マリアが霊魂も肉体もともに天に上げられたという教義で、1950年11月1日に、教皇ピオ十二世(在位1939~1958)が全世界に向かって、処女聖マリアの被昇天の教義を荘厳に公布しました。

聖母の被昇天 (【カトリック中央協議会】より)

 

IMG_7111

 

 

 

ミサの始まる30分前からはロザリオの祈りを行いました。

 

 

そして、午前10時ミサが開祭されます。
入堂とともに祭壇、無原罪のマリア像に献香されました。

 

そして、ことばの典礼となります。

第1朗読

 

第2朗読

 

福音朗読

 

 

第1朗読 ヨハネの黙示録 11章19a、12章1~6、10ab節
第2朗読 コリントの信徒への手紙一 15章20~27a節
福音朗読 ルカによる福音書 1章39~56節

 

 

 

そして、お説教。

説教要旨

今日は、聖母の被昇天の祭日です。
私たちはこの日、マリア様を特別に褒め称えます。聖母マリアは、この世を去る時、どのような経験をされたか私にはわかりませんが、伝統によりますと、聖母マリアは、肉体と魂を伴って天国に上げられました。聖母マリアの被昇天は、1950年に正式に教義として宣言されました。教会は、何世紀にもわたり、聖母マリアの被昇天の神秘について、調査してきました。徐々にその神秘のより深い意味を理解するようになりました。

福音書のなかで、エリザベトはマリア様を讃える時、神様のマリア様への深い憐れみに焦点をあてます。
今日の祝日を祝う時、私達も神様がマリア様に偉大なことをされたことを喜びます。神様は決してマリア様に強制したわけではありません。神様は、マリア様をその人生のなかで、よりご自分に近づけるように招きました。そして、マリア様は、受胎告知やイエス様の受難の時も「はい」と神様に答えました。マリア様のように神様が与えてくださる恵みに協力する時、マリア様自身がそうであったように、私たちのなかにも「光り輝く栄光」を見ることが出来ます。私たちの体もいつの日か栄光に包まれて天に上げられるのです。私たちは永遠の栄光のなかでイエス様とマリア様と結ばれるのです。神様はマリア様と同様に私たちを強制されません。いつも私たちの意志が、神様の意志と結ばれるよう私たちを招かれます。マリア様のように私たちも自由意志をもって、神様にお仕えしなければなりません。

毎日、私たちはどのような習慣において、マリア様のように「はい」と答えるように努力すれば、マリア様と同じ栄光に与る事に近づいていきます。もし、神様に従うことなく、いいえと答えた時も、その後悔い改めれば、私たちの「いいえ」は「はい。仰せのままに」になります。しかし、「いいえ」という返事を最期まで言い張れば、私たちは悪に近づき、神様から永遠に遠ざかってしまう事になります。ですから、私たちの選択次第ということになります。神様をかたどって造られた子として、私たちはこの世界に神様の栄光を映し出すように招かれています。

ちょうどマリア様は、ご胎内にイエス様を宿したように、私達もイエス様を宿してください。そうすれば、イエス様の存在は、私たちを通して、周りの人々に光り輝くことが出来ます。マリア様は、小さき者、そして、謙遜する者として彼女が歩んだ道を、私たちに示しています。そして、神様のみ旨に忠実に従った彼女の心に倣うように、私たちに呼びかけています。

しかし、これは容易なことではありません。
私たちは、自尊心が高く、猜疑心や恐怖に襲われるからです。私たちは、いつもマリア様のように謙遜な方になりたいと思っているわけではありません。むしろ人の目にとまり、認められ、強い者、必要な人物と思われ、人生を自分の力で制御したいと望んでいます。今日わたし達は素直で謙遜、そして、隠れた者として、神の婢として生きたマリア様の栄光を祝います。神様は、その御業によってマリア様の心をご自身のみ旨で満たされました。
マリア様はこの地上で生活した時、彼女の従姉妹の家に行きました。そして、そこでありとあらゆる祝福を受けました。今日、神ご自身の家である天国にマリア様がお入りになったことを記念して、祝います。私たちは、想像力を働かせれば、天国のすべての天使や聖人たちが今でも主の母を讃えるのを耳にする事が出来ます。この地上で生活した時、マリア様は、小さき者としていきました。そして、天国は、彼女にとって、その報いであり、遺産相続なのです。それは、彼女がご自分の胎内に迎いいれた神様のみ言葉に対する深く誠実な信仰の実りとも言えます。もし、本当に私たちがキリストの体の一部であるならば、この地上でマリア様のような信仰と全く同じような信仰を持ち生活する事が出来るはずです。マリア様の被昇天について黙想する時、被昇天の出来事は、私たちがこの世で生活を終える時にも起こるのです。そして、もし、神様のみ旨に対するマリア様の信仰を信じ、マリア様と同じように生きることが出来れば、天国の生活は私たちのものとなるのです。

今日のミサのなかでマリア様の模範を黙想する時、私達もマリア様のように素直にすべてを委ねて行くことが出来る恵みを願い、祈りましょう。また、このミサのなかで、この1年で亡くなられた兄弟姉妹に神様が永遠の命を与えてくださるように願い祈りましょう。

父と子と聖霊のみ名によって。

 

 

 

 

奉納行列後、清めの際には、再び、無原罪の聖母像、祭壇への献香が行われました。

 

 

そして、聖変化

奉献文の祭には、フィリップ神父様が、1人ひとり、今年1年帰天された松戸教会の信徒19人の方の名前が読み上げられ、亡くなった方々への祈りを捧げました。

 

 

 

多くの方々がミサに与り、ご聖体を拝領しました。

 

 

 

司祭が退堂される前に、サルべ・レジーナを歌い、祈りをマリア様に捧げます。

 

 

8月15日は、聖フランシスコ・ザビエルが日本に初めて上陸した日であり、日本の終戦の日でもあります。
マリア様の被昇天にそのような出来事が起こる意味を思いを巡らせることが出来たらと思います。




 |  |  |  |

1983年5月に完成した豊四季霊園松戸教会共同墓地が、今年、増設される事となりました。
増設工事が無事終了し、本日午後、フィリップ神父様によって祝別されました。

 

フィリップ神父様、愛徳カルメル会のシスター、司牧評議会委員長、施設管理委員、墓地管理委員のみなさんで記念撮影。

 

この増設された箇所も含め、毎年、11月3日に(午前10時からの流山墓地に墓参後)午前11時から墓前ミサ(一昨年昨年度)が行われます。




 |  |  |  |

カテドラルからお借りした6月1日から5日までファティマの聖母像に引き続き、7月7日(金)午後から7月10日(月)午前10時頃まで、再びファティマの聖母像が安置されていました。

 

今回のファティマの聖母像は、ファティマの聖母ご出現100周年を記念し作られた6体のうちの1つです。
教皇フランシスコが祝別され、6大陸に1体ずつ送られました。

 

 

 

 

 

 

この日から多くの方々が巡礼にいらっしゃいました。

 

 

 

7月7日に行われた初金のミサにも多くの方々が与りました。

 

 

退堂前に、心を合わせ、サルヴェ・レジーナを歌いました。

 

 

 

 

ミサ後、祈りがあり、祝別されたスカプラリオを頂きました。

 

上がファティマの聖母像がお持ちになっているスカプラリオで、下が頂いたスカプラリオです。

 

 

 

スカプラリオを頂いた後、ロザリオを1環捧げました。1連ごとに「ファティマの牧童の祈り」を唱え、世界の平和を祈りました。

ファティマの牧童の祈り

主イエス・キリスト、私たちの罪を許して下さい。
私たちを滅びから救い、すべての人々、ことにおん憐れみを最も必要としている人々を
天国に導いて下さい。アーメン。

 

 

 

 

7月7日・金曜日には、聖ミカエル幼稚園の子どもたちも先生と一緒に来て、マリア様のために、みんなで主の祈りとアヴェマリアの祈りを唱え、お祈りをしました。
子どもたちが大好きなマリア様もきっと喜んでいらっしゃると思います!

 

 

 

 

 

7月9日、年間第14主日の10時半からのミサでは、教会学校の子ども達が中心となり、聖母行列を行いました。
教会学校のリーダーたちが、マリア像を担ぎ、地下ホールからスロープを通り、聖堂へと移動します。

 

地下ホールで、祭壇奉仕を務める子ども達、教会学校リーダーで、まず、マリア様にお祈りしました。

 

そして、いよいよ行列が始まります。

 

教会入り口の聖母子像から、教会学校の子供たちが「あめのきさき」を歌いながら、使い続きます。

 

 

祭壇前につくと、聖母像に冠、ロザリオ、スカプラリオを戻します。

 

 

そして、献香・灌水しました。

 

 

 

奉納の際には、信徒が1人1輪ずつ持ってきた花を奉納しました。

 

 

 

 

共同祈願でも「世界平和」を願い、心を合わせて、マリア様の取り次ぎを願い、祈りを捧げました。

イエスとマリアの二つのみ心に捧げる祈り

めでたし、心から慕う イエスとマリアのみ心よ。
私たちはお二人を敬い、愛し、あがめます。
お二人に私たちのすべてをとこしえにお捧げいたします。私たちを受け入れ、完全に支配してください。イエスよ、私たちがマリアのみ心をもって、あなたを愛することができますように、マリアよ、イエスのみ心をもってあなたを愛することができますように、私たちを清め、照らし、聖化してください。

マリアのうちに、マリアによって生きるイエスのみ心よ。
イエスのうちに、イエスのために生きるマリアのみ心よ、私たちの罪のために槍で貫かれ、カルバリオの丘でおん母を私たちに与えてくださったイエスのみ心よ、私たちの贖いのために神である聖なるわが子の苦しみを分かち合い、その悲しみにみ胸を貫かれるマリアのみ心よ、この二つのみ心の聖なる一致よ。

父と子と聖霊である神が たたえらますように。この2つのみ心を一つに結ばせたもう 聖霊のおん働きがたたえられますように。
この二つのみ心を一つにむすばせたもう聖霊のおん働きがたたえられますように。この二つのみ心からなる聖なる一致に倣うことによって全ての心が一つになって生きていくことが出来ますように、私たちの心とあらゆる人々の心をイエスが一つに結んでくださいますように。

私たちの心のなかで、家や家族のなかで、またあなたの教会のなかで、すべての信徒の生活の中であなたをまだ知らない人々の心のなかで、世界の全ての民のなかで、悲しみに寄り添う汚れなきマリアのみ心よ、勝利してください。まことに聖なるイエスのみ心よ、み力を示してください。
「まことに聖なるイエスのみ心と悲しみに寄り添う穢れなきマリアのみ心が、とこしえに祝福されますように!」
この大きな叫びが一つとなり、この世界の端から端まで響くように、人類すべての心に二つのみ心の至高の勝利と支配を打ち立ててください。

親愛なる聖ヨセフ。
あなたが常に私の父であり、守護者であり、救いの道への導く方でありますように、私はあなたを敬い、私自身をゆだね、お捧げいたします。
心のさらなる清さと、内なる命に燃える熱い愛を私に得させてください。あなたを手本として、イエスの聖なるみ心とマリアの汚れなき、み心の一致のうちに、三位一体の神のさらなる栄光のために、私が全ての行いを果たすことが出来ますように。
祝福された聖ヨセフよ、聖なるあなたの死における平和と喜びに与ることが出来ますように、私のためにお祈りください。

アーメン。

 

 

 

退堂前には、マリア様にサルヴェ・レジーナを歌い、捧げました。

 

 

 

 

ミサ後には、祈りがあり、祝別されたスカプラリオを頂きました。

 

 

 

 

午後1時から行われた英語ミサ後、MCCICが平和のためにロザリオを捧げました。

 

 

短い間でしたが、ファティマの聖母像を通して、神様のいつくしみに触れることが出来たのではないでしょうか…

多くの方々が、ミサ、そして、お祈りにいらして下さいました。
共同体として多くの恵みを頂くことが出来ました。
本当にありがとうございました。




 |  |  |  |

本日、年間第13主日のミサは、2016年4月から2017年1月まで松戸教会で司牧実習され、3月19日(日)に司祭叙階された長崎教区の下原和希神父様を浦上教会からお迎えして、初ミサが捧げられました。

 

 

 

 

冒頭、下原神父様から司牧実習、そして、松戸教会の信徒の祈りに対してのお礼の言葉を頂きました。

 

 

 

お説教のなかで、助任司祭として務めている浦上教会で行っている活動を、ユーモアも交えて、お話してくださいました。
助祭時代から「分かりやすく、身近なところに降りて来てくださる」と評判だったお説教も健在でしたね。

 

 

 

私達、松戸教会の信徒の前で初めての聖変化。

 

そして、聖体拝領。

 

 

 

聖体拝領後、司牧評議会委員長より、松戸教会を代表してお祝いが贈られました。

 

改めて下原新司祭よりご挨拶を頂きました。

 

フィリップ神父様から下原新司祭へ「松戸教会への継続した祈り」をお願いがあり、改めて、初ミサに来て頂いたお礼がありました。

 

叙階後、早速、初ミサのお約束を果たして頂き、本当にありがとうございました。
土曜日・日曜日に行われた全ての主日のミサを司式して頂き、多くの方々が初ミサの恵みを味わえたことに、信徒一同、心から感謝しています。
10時半からのミサ後、祝賀会が行われました。




 |  |  |  |

本日、6月18日は、人類に対する神からの恵み、愛の結晶である「聖体の秘跡」について公に感謝する「キリストの聖体」の祝日です。
そして、松戸教会では、9人の子供たちが初聖体のお恵みに与りました。

 

そのため、10時半からのミサはいつもの日曜日とは異なり、子どもの奉仕するミサとなりました。

 

初聖体とは…

幼児洗礼の子どもが初めて聖体拝領をすることです。聖体とは七つの秘跡のひとつで、主イエス・キリストご自身が、パンとぶどう酒の形のもとに現存され、私たちと共にいて救いを完成してくださるのです。

 

 

 

ご家族の方々も参列され、多くの会衆が集う中、初聖体を与る9人の子供たちが入堂してきました。

 

 

 

そして、ミサが始まります。

 

 

共同祈願・奉納は、初聖体を受ける子どもたちによって行われました。

 

 

 

 

そして、交わりの儀が始まる前、いよいよ「初聖体を受ける式」が行われます。

李助祭から名前を呼ばれた8人の子供たちが祭壇の前に並びます。

 

復活ろうそくからを受け、ろうそくをフィリップ神父様からご父兄から受け、ご父兄から子どもたちに手渡されます。

 

 

 

 

フィリップ神父様は初聖体を受ける子どもたちにいくつか尋ねられました。

  • パンのかたちのうちにいらっしゃるイエス様のからだをいただくことはイエス様とひとつになることです。わかっていますね?
  • イエス様とひとつになるために、日曜日のミサに来なくてはならないですね。一生懸命来れますか?
  • 教会は、神様とひとつになる人たちと、本当の兄弟・姉妹のように仲よくなり、一緒に神様の子どもとして大きくなるところです。 みなさんは、教会学校や錬成会、教会のお手伝いなどの活動に参加しながら、同じ神様を信じる教会のお友達が、たくさんできるように努力しますか?
  • 神様からよい子といわれるような生活をしますか。たとえば、自分だけよければ他の人はどうなってもいいと思ったり、いじわるしたり、うそを言ったり、わがままを言って人を困らせることは、これからはしないように、がんばりますか?

 

子どもたちは、すべての問いに元気よく「はい」と答えました。

 

式の最後に、会衆全員で「主の祈り」を唱えました。

 

 

平和の挨拶の際には、フィリップ神父様が一人ひとりに按手してくださいました。

 

 

 

そして、いよいよ初聖体です。

 

初めてのご聖体…どうでしたか?
ご聖体を頂いたみんなと同じように松戸教会も大きな喜びに包まれています!

 

 

 

ご聖体拝領後、記念品が教会から贈られました。

 

そして、数か月間、初聖体のために勉強会でご指導してくださった先生から会衆の皆さんに1人1人子ども達の紹介がありました。

 

初聖体の約束を守って、「神様から喜ばれるような生活」をしてくださいね!
初聖体、本当におめでとうございます。