|  |  |  |

松戸教会では、毎年、11月3日に(午前10時からの流山墓地に墓参後)流山にある豊四季霊園松戸教会共同墓地で、午前11時から墓前ミサが行われます。

 

 

ミサには、秋晴れの空のもと、80人ほどの人が参列されました。

 

 

 

同時に、最近帰天された信徒の納骨と合祀も行われました

 

今年は、豊四季霊園松戸教会墓地の増設も行いました。

 

今年もたくさんの方々が、墓参に訪れ、永遠の命のうちに生きている方々を想いながら、祈願を捧げました。




 |  |  |  |

本日、11月2日は、死者の日とされ、亡くなったすべてのキリスト者を記念します。

わたしたちは生者と死者を問わず万人との連帯関係にあり、その連帯関係は聖徒の交わりを土台としています。「聖徒の交わり」とは、「聖なるものの分かち合い」と「聖なる人々の交わり」という意味を持ち、聖徒たちの交わりが、まさに教会なのです。すべての罪はこの交わりを損なうものです。
教会はキリスト教の初期の時代から、死者の記念を深い敬愛の心をもって尊び、死者のための祈願をもささげてきました。死者のためのわたしたちの祈りは、死者を助けるだけでなく、死者がわたしたちのために執り成すのを有効にすることができるのです。

引用 死者の日 カトリック中央協議会

 

 

松戸教会では、午前10時半から、ミサが行われました。

 

ことばの典礼…

 

 

第1朗読 ローマの信徒への手紙 8章31b~35、37~39節
福音朗読 ヨハネによる福音書 6章37~40節

 

 

そして、お説教。
お説教のなかでフィリップ神父様は、信仰を持つ私たちですら、永遠の命という希望を持てない時がある。しかし、聖パウロは『希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。(使徒パウロのローマの教会への手紙5章5節)』と仰っている。
今日のミサの中で、私たちが、亡くなった方々と、ともに天の国に祈りましょう。」と仰られました。

 

 

 

 

 

記念唱のなかで、多くの亡くなられた方々へ、心を合わせて祈りを捧げました。

平日にもかかわらず、多くの方々が集い、ミサに与りました。

 

 

 

 

11月は死者の月です。

死者の記念を深い敬愛の心をもって尊び、死者のための祈願をもささげましょう。




 |  |  |  |

10月はロザリオの月です。

松戸教会では、ミサ開始前(土曜ミサの前には、午後6時40分から、日曜8時のミサは7時40分から、10時半ミサは10時)からロザリオの祈りを唱えました。

 

ロザリオとは?

キリストの救いのわざに協力した第一人者・聖母マリアへの崇敬は、初代教会からすでに始まっていました。マリアは人間でありながらも、神の特別な恵みを受けて救い主・キリストの母となるために選ばれたこの女性の姿は、神に対する心からの従順を示すものとして、またキリスト信者の生き方の模範として、さらには父なる神に取り次いでくれる助け主として特別に崇められてきました。

マリアに対する祈りの中でも、幾世紀にもわたって大切にされてきた信心として、ロザリオがあります。この祈りを歴代の教皇はたびたび言及し賛えています。ピオ11世教皇は「われわれが神の御母に向かって唱えるいろいろな、そして有益な祈りのうちで、聖なるロザリオは特別な、きわめて主要な地位を占めていることを知らない信者はない」(回勅『イングラヴェシェンティブス・マーリス』)といっています。また2002年10月16日に教皇ヨハネ・パウロ二世は、使徒的書簡「おとめマリアのロザリオ」を発表されました。「喜び、苦しみ、栄えの神秘(玄義)」に「光の神秘」を加え、この祈りを通してより豊かにイエスの生涯の神秘に触れることができるようになりました。

カトリック中央協議会「聖母月とロザリオとは?」より引用

 

 

ロザリオの祈りの唱え方

 




 |  |  |  |

本日、年間第30主日の午前10時半ミサの中で、イグナシオ・マルチネス神父様(グアダルペ宣教会・中央協議会社会福音化推進部部長)の銀祝(司祭叙階25周年)を祝うミサ、パーティが行われました。

イグナシオ神父様は、2001年から2002年まで助任司祭として、松戸教会の助任司祭として務めてくださいました。

 

 

 

第1朗読 出エジプト記 22章20~26節
第2朗読 テサロニケの信徒への手紙一 1章5c~10節
福音朗読 マタイによる福音書 22章34~40節

 

 

 

 

 

 

聖体拝領後、信徒の代表が、お祝いを贈りました。

そして、ご挨拶を頂きました。

 

 

 

ミサ後、イグナシオ神父様の叙階25周年を祝うパーティが行われました。
パーティにもたくさんの方々が集まり、イグナシオ神父様の叙階25周年、銀祝を祝いました。

 

まず、信徒の代表の挨拶があり、フィリップ神父様からもご挨拶を頂きました。

 

そして、乾杯!!

 

 

乾杯後、参加していた信徒たちが…次々と神父様のもとへ…
みなさん、久しぶりの再会に感謝されたり、近況を話されたり…神父様もなかなかお食事をとる時間がとれないくらいでした。

 

イグナオシオ神父様フィリップ神父様と李助祭との記念撮影!

 

助任司祭として務めて頂き、改めて、感謝申し上げます。
また、昨年から行われているヨゼフ会の勉強会(第1回第2回)でも講話をして下さっています。

 

銀祝、本当におめでとうございます!これからもどうぞよろしくお願い致します。




 |  |  |  |

年間第29主日、今日のミサのなかで教会学校に通う2人の子どもたちが洗礼、そして、初聖体の秘跡に与ります。
今日の日のために、普段の教会学校のなか、そして、夏休み中に行った洗礼講座、2度の初聖体のための講座を受けました。

 

 

 

お説教後、いよいよ洗礼式となります。
1人1人、フィリップ神父様から呼び出され、祭壇の前に立ちます。

 

そして、十字のしるしをフィリップ神父様、ご父兄、代父から受けます。

 

諸聖人の取次ぎを願い、連願が会衆によって唱えられます。

 

 

洗礼に使う聖水を祝福します。

 

そして、2人の洗礼志願者たちにフィリップ神父様と李助祭が、「悪霊の拒否」を問い、悪を捨てる覚悟を表します。次に、洗礼志願者たちは、同じくフィリップ神父様と李助祭の3つの問いに答え、「三位一体の神への信仰」を宣言します。

 

 

そして、いよいよ、1人ひとり、祝福された聖水を3度注がれ、「父と子と聖霊の御名」により『洗礼』が授けられます

 

 

そして、聖香油が受洗者の子ども達の額に塗られ、聖霊を受けます。

 

続いて、キリストに結ばれた新しい人になったことを表す「しるし」として、代父は受洗者の子どもたちに白衣を着せ、フィリップ神父様が「あなたがたは、新しい人となり、キリストを着るものとなりました」と宣言します。

 

 

代父は、李助祭から、復活ろうそくから火を点けた蝋燭を渡され、受洗者へ手渡します。そして、フィリップ神父様は「光の子として歩みなさい(エフェソの信徒への手紙5章8節)」と、仰れます。

 

蝋燭が受け渡されると、受洗者の子ども達に「洗礼名」が与えれます。
聖人から頂いた洗礼名は、子ども達の新たな誕生と使命を表すものです。

 

洗礼名を与えられた子どもたちに、フィリップ神父様からお祝いの言葉が贈られます。

 

会衆の皆さんからも、祝福の大きな拍手が贈られました!

 

 

 

共同祈願の際には、受洗者の子どもも唱えます。
洗礼の喜び、これから初聖体に与る喜び、キリスト者として生きる決意、そして、ご父兄、教会学校のリーダーや仲間達、見守ってくださっている教会共同体への感謝が込められていました。

 

 

 

受洗後、初めての奉仕は、奉納です。
事前に教会学校のリーダーから指導を受けた通り、しっかり行う事が出来ましたね。

 

 

 

平和の挨拶の際には、フィリップ神父様と李助祭が祭壇から降りてこられて、平和の挨拶を受洗者の子どもたちと行いました!

 

 

 

そして、いよいよ初聖体
はじめてのご聖体は、どのようなものだったのでしょうか?

 

 

 

聖体拝領後、教会からお祝いが贈られます!

 

 

そして、会衆の皆さんに一言ずつ!
(洗礼や初聖体よりも緊張していましたね…)

 

 

ミサ後、記念撮影!!

 

 

ご家族の方々が、受洗した2人よりも喜ばれていたのが、印象的でした。
もちろん、教会の皆さん、教会学校の仲間たちも喜びにあふれています!

この後、教会学校で2人の受洗・初聖体を祝うパーティが行われました。

 

洗礼は、ゴールではなく、スタートラインです。
どうか今日受洗、そして、初聖体を受けた子どもたちには、今日の思いを忘れないようにこれから教会学校で仲間たちと過ごしてください!

受洗、そして、初聖体、本当におめでとうございます!