|  |  |  |

本日、東葛飾宣教協力体(豊四季亀有・松戸)の平和を願うミサが、亀有教会にて、豊四季教会の立花神父様、亀有教会の松田神父様、そして、松戸教会の伊藤神父様の共同司式で行われ、松戸教会からも多くの信徒が参加しました。

このミサは、終戦の日を迎えるこの時期に、平和を願い、共に祈りを捧げ、3つの教会の信徒の『交わり』を通して、お互いの理解と協力を深めるために捧げられます。

 

 

午前10時半、ミサが開祭されました。

集会祈願

正義と平和の源である神よ、あなたは争いを憎み、思い上がるものを打ち砕かれます。世界を悪の力から守り、苦しみと涙を私たちから取り除いてください。すべての人が、あなたの子どもとして平和のうちに生きることが出来ますように。
聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、私たちの主 イエス・キリストによって。アーメン

 

ことばの典礼が集まります。

第1朗読

 

そして、福音朗読

 

 

第1朗読 エフィソの信徒への手紙 2章14~22節
福音朗読 マタイによる福音書 11章25~30節

 

 

お説教は、豊四季教会の立花神父様によって行われました。

お説教の中で、聖ヨハネ・パウロ2世やコルカタの聖テレジア(マザー・テレサ)の言葉を引用され、平和の大切さ、そして、私たちがキリスト者として行うべきことを説かれました。

 

共同祈願は、3教会のメンバーがそれぞれ1つずつ唱えました。

松戸教会の共同祈願

今、世界では自国第一主義が台頭し、わたしたちの先輩が決して戦争を起こさない理想の世界を目指していたことを忘れかけています。
父なる神がお造りになったこの美しい世界に感謝し、みことばの光に照らされたわたしたちが、次代を担う人々とともに、主に与えられた平和を実現するために働くことができますように。

 

 

 

 

感謝の典礼が行われます。

 

 

そして、平和を願う祈りが唱えられます。
「主イエス・キリスト、あなたは使徒に仰せになりました。『わたしは平和をあなたがたに残し、わたしの平和をあなたがたに与える。』わたしたちの罪ではなく教会の信仰を顧み、おことばの通り教会に平和と一致をお与えください。」

集まった3つの小教区の信徒が交わりを深め、平和の挨拶をかわします。

 

 

その後、ご聖体を拝領します。土曜日の午前中にもかかわらず、多くの方が参加し、共に平和を願いました。

 

 

 

ミサ後、コンベンツアル聖フランシスコ修道会のブラザーが作られたオリジナル曲を2曲披露してくださいました。

 

そして、亀有教会のフランシスコ館で懇親会が行われました。

 

「正義と平和」について考える良い機会になったと思います。

この期に、もう1度、世界中で笑顔が生まれるように、「平和」が広がるように…キリスト者として行動できるように願い、祈りましょう。




 |  |  |  |

本日、年間第19主日のミサは、東葛飾宣教協力体の司祭交流のため、豊四季教会の立花  昌和神父がいらっしゃり、司式してくださいました。

(伊藤神父様は亀有教会へ、亀有教会の松田神父様は豊四季教会にて司式されました)

司祭交流では、3度目のお越しとなりました。 お隣ということで、様々な場面でお世話になるとおもいますが、どうぞよろしくお願いいたします。
また、是非、松戸教会にお越しください。




 |  |  |  |

本日、6月23日は、人類に対する神からの恵み、愛の結晶である「聖体の秘跡」について公に感謝する「キリストの聖体」の祝日です。
そして、松戸教会では、5人の子供たちが初聖体のお恵みに与りました。

 

そのため、10時半からのミサはいつもの日曜日とは異なり、子どもの奉仕するミサとなりました。

 

初聖体とは…

幼児洗礼の子どもが初めて聖体拝領をすることです。聖体とは七つの秘跡のひとつで、主イエス・キリストご自身が、パンとぶどう酒の形のもとに現存され、私たちと共にいて救いを完成してくださるのです。

 

みんな待ちに待った初聖体!
ミサの前に、自分で自分の分のホスチアを1枚、奉納するチボリウムに移動します。

ワクワクですね!

 

みんな初聖体のお勉強の時に習った、2匹の魚と5つのパンの話(マタイ14:13-21)を、覚えていますか?
イエス様と弟子たちが用意した2匹の魚と5つのパンしかなかったけれど、そこに集まった5000人の男たち(ということは、女性や子供をいれれば10000人近くいたかもしれません)は、満たされ、さらに12の籠にいっぱいのパンが余ったというお話です。
実は、その時、集まった人たちは、自分でそれぞれお弁当を持ってきていて、イエス様がご自分たちの持っている全てを捧げてくださったのを見て、それぞれが自分の分を出し、全体と分かち合うことで、そこに集まったすべての人が満たされたのではないかと言われています。
みんなも、それぞれが、ホスチアを捧げることで、松戸共同体すべての人たちと、イエス様を自分の中に向かい入れ、心を満たすことが出来ます。

 

 

 

いよいよ、ご家族の方々も参列され、多くの会衆が集う中、初聖体を与る5人の子供たちが入堂し、ミサが開祭されます。

 

 

そして、ミサが始まります。

 

 

共同祈願は、初聖体を受ける子どもたちによって行われました。

 

 

 

そして、交わりの儀が始まる前、いよいよ「初聖体を受ける式」が行われます。

先唱から名前を呼ばれた5人の子供たちが祭壇の前に並び、会衆の皆さんに礼をします。

 

そして、1人ひとり、復活ろうそくから自分のろうそくにを頂き、キリストの光を受け取ります!

 

そして、伊藤神父様は初聖体を受ける子どもたちにいくつか尋ねられました。

 

  • パンのかたちのうちにいらっしゃるイエス様のからだをいただくことはイエス様とひとつになることです。わかっていますね?
  • イエス様とひとつになるために、日曜日のミサに来なくてはならないですね。一生懸命来れますか?
  • 教会は、神様とひとつになる人たちと、本当の兄弟・姉妹のように仲よくなり、一緒に神様の子どもとして大きくなるところです。 みなさんは、教会学校や錬成会、教会のお手伝いなどの活動に参加しながら、同じ神様を信じる教会のお友達が、たくさんできるように努力しますか?
  • 神様からよい子といわれるような生活をしますか。たとえば、自分だけよければ他の人はどうなってもいいと思ったり、いじわるしたり、うそを言ったり、わがままを言って人を困らせることは、これからはしないように、がんばりますか?

 

子どもたちは、すべての問いに元気よく「はい」と答えました。

 

式の最後に、会衆の皆さんと一緒に「主の祈り」を唱えました。

 

 

 

平和の挨拶の際には、伊藤神父様が祭壇からおりて来て、一人ひとりと握手して、挨拶を交わしました。

 

 

そして、いよいよ初聖体です。

みんな、今目の前にいらっしゃるイエス様に、心から「主よあなたは神の子キリスト、永遠のいのちの糧、あなたをおいてだれのところへ行きましょう」と、言えましたか?

 

初めてのご聖体…どうでしたか?
ご聖体を頂いたみんなと同じように松戸教会も大きな喜びに包まれています!

 

 

ご聖体拝領後、数か月間にわたり、指導してくださった初聖体担当のカテキスタより教会の皆さんに子どもたちが紹介されました。

 

そして、伊藤神父様から、記念品が教会から贈られました。

 

 

 

 

ミサ後、記念撮影!
まずは、初聖体を受けた5人と伊藤神父様で!

 

ご家族、指導して下さったカテキスタも加わって!

 

初聖体の約束を守って、「神様から喜ばれるような生活」をしてくださいね!
初聖体、本当におめでとうございます。




 |  |  |  |

本日・キリストの聖体の祭日の10時半からのミサは、子どもの奉仕するミサです。
(松戸教会では、1学期はキリストの聖体の祭日、夏休みの錬成会、2学期はクリスマス、3学期は教会学校の卒業式が行われる主日のミサ…の年に4回、子どもの奉仕するミサがおこなわれます)

 

2019年度、最初の子どもの奉仕するミサです。
初聖体を受ける子どもたちをお祝いする気持ちを込めて、また、私たちも、私たちに神様からの恵み、愛の結晶である「聖体の秘跡」について、初聖体の時を思い出して、感謝の気持ちを込めて、ミサの奉仕が出来るように頑張りましょう!

 

開祭前、先唱を務める子どもたちが、マナー喚起、ミサの解説などが 行います。会衆の皆さんにミサの(心もふくめた)準備をして頂く大事な役割です。

 

 

そして、いよいよ、この子どもの奉仕するミサが開祭されます。ミサのなかで5人の子供たちが、初聖体に与ります。

 

 

ことばの典礼が始まります。

第1朗読は、先日の合同堅信式で堅信を受け、初聖体を済ませた、高校生が初めて朗読に挑戦しました。
初めての奉仕はどうでしたか?

 

答唱詩篇の応唱は中学生が歌います。
昨年の主の降誕のミサで初めてチャレンジしました。今回もチャンレンジします。
前回は、緊張して、失敗した部分もありました。今回は、その分、気を引き締めて、家でも練習してきてくれました。今回のミサで一番皆さんからほめていただきました。
頑張りましたね。

 

第2朗読は、6年生。
朗読は、ミサの奉仕の中でも最も難しいかもしれませんね。神様の言葉を、聖霊の賜物を受け、使徒たちが残した私たち弟子たちへの言葉をみんなに知らせなければなりません。
朗読する私たちも聖霊の力が必要ですね。もう少し力強くみんなに知らせてくれればよかったですね。

 

伊藤神父様が主任司祭になられて、少し侍者の動きが変わりました。
一番変わったのが、アレルヤ唱・福音朗読の動きです。リーダーがいなくても、中高生や子どもたちだけでも動けるように、頑張りましょう。

 

 

第1朗読 創世記 14章18~20節
第2朗読 コリントの信徒への手紙一 11章23~26節
福音朗読 ルカによる福音書 9章11b~17節

 

 

そして、伊藤神父様によるお説教…
ご自分の叙階式の時、司祭叙階の恵みを受け、初めて、司祭として「聖体拝領」の際のエピソードをお話してくださいました。
初聖体を受ける子どもたちにも分かりやすく、ご聖体というものがどのようなものか、私たちにとってイエス様がどのような存在か…お話してくださいました。

 

 

 

共同祈願は、初聖体を受ける子ども達と初聖体を受ける子どもの保護者の代表が行いました。
初めて行う子もいましたが、みんなしっかりと行うことが出来ましたね。

神様、私は、今日、ご聖体を頂くのがとても楽しみにしていました。ありがとうの気持ちで頂きます。私は、神様が大好きです。ずっと心の中にいてください。
神様、いつも見守ってくださってありがとうございます。今日、イエス様が私の所に来てくださるので、これからは、いつも一緒にいられます。これからもずっと見守っていてください。
神様、僕の罪を赦してくださり、ありがとうございます。今日、これから、神様が僕の体に入ってきてくださるのがとても楽しみです。僕の心が神様の心と1つになって、まわりの人に優しくなれますように。
私は今日、ご聖体を頂きます。とてもうれしいです。私は罪を赦していただいたので、今、私の心はきれいになりました。これからも、きれいな心でいられますよう、お守りください。
神様、わたしはイエス様の体をとおして心をいただけることがとてもうれしいです。私が間違ったことをしたら教えてください。私が神様のようなやさしさや思いやりをもつことができますよう、お導きください。

最後に、保護者の代表が、意向を唱えました。

 

 

 

そして、感謝の祭儀が行われます。 

奉納を行った子どもと中学生は、さすがベテランですね。侍者もしっかりと出来るので、所作もばっちりでした。
奉納行列を迎える侍者もリーダーが2人ついたこともあり、しっかりと行えましたね。

 

そして、聖変化!

主イエスはすすんで受難に向かう前に、パンを取り、感謝をささげ、割って弟子に与えて仰せになりました。 「皆、これを取って食べなさい。これはあなたがたのために渡されるわたしのからだである。……」

第2奉献文より

 

 

そして、栄唱の後(交わりの儀が始まる前)、初聖体を受けるための式が行われました。 聖体拝領の案内は、いつもと少し違うかたちになります。 先唱は、普段のミサとは少し違いましたが、最後までしっかりと先唱を務めることが出来ました。本当に頑張りましたね。

 

今年度、最初のこどもの奉仕をするミサということもあり、新たな挑戦、そして、より高いレベルでの奉仕をお願いしました。
先唱、侍者、朗読、奉納と、みんなそれぞれ頑張りました。 みんな緊張していたと思いますが、十分な練習時間もとれないなか、しっかり奉仕できたと思います。
自分たちの後輩の「初聖体」のお祝いがしっかり出来たのではないでしょうか。

そして、初聖体を受けた子供たち、本当におめでとうございます。 来週からは、教会学校に戻って、みんなと楽しく一緒に勉強しましょうね!




 |  |  |  |

本日、聖霊降臨の祭日に東京大司教区の合同堅信式ミサが、東京カテドラル聖マリア大聖堂で午後2時半から、菊地功大司教様司式で行われ、東京大司教区の22の小教区から168名の方が集まりました。
松戸教会からも10名の方々とその代父母、ご家族が参加されました。

 

初めてカテドラルに来た方々もいらして、少し緊張気味です。
この数か月間、様々な事を学び、今日、堅信の秘跡を授かります。

 

 

そして、いよいよ合同堅信式が始まります。

 

 

 

そして、ことばの典礼が行われました。

 

第1朗読 使徒言行録 2章1~11節
第2朗読 ローマの信徒への手紙 8章8~17節
福音朗読 ヨハネによる福音書 14章15~16、23b~26節

 

 

そして、菊地大司教様のお説教が行われます。

菊地大司教様の説教より

堅信の秘跡を受ける信仰者は、大人の信徒としての道を歩み始めます。大人の信仰には、与えられた賜物に応えていく責任が伴います。その責任とは、主イエス御自身が弟子たちを通じて私たちに与えられている、福音宣教の命令です。大人の信徒の責任は、派遣されて出た社会の現実の中で、人々が理解できる言葉で福音を語ることであります。いや、言葉以上に、わたしたちの生きる姿勢で、福音を目に見えるものとしているかであります。

わたしたちは、自分の生きる姿を通じて、福音をあかしいたします。それがわたしたちの福音宣教です。わたしたちはイエスのいつくしみを表すような生き方をしているでしょうか。いのちを大切にするような生き方をしているでしょうか。いのちを生きる希望に満たされているでしょうか。

わたしたちは、ほかの方々との関わりの中で、福音をあかしいたします。それがわたしたちの福音宣教です。忘れ去られる人のいないように、手を差し伸べようとしているでしょうか。人間関係の中で、希望を生み出しているでしょうか。

「聖霊降臨の主日、合同堅信式(東京カテドラル)」より引用

 

 

 

お説教後、いよいよ堅信の儀が行われます。

まず、堅信志願者が、菊地大司教様の問いに答え、悪霊の拒否と洗礼の約束を思い起こし信仰を宣言します。

 

洗礼の更新の後、菊地大司教様と司祭団から按手を受けます。

 

そして、1人ずつ聖香油を菊地大司教様、そして、堅信の秘跡を授ける権能を与えられた関口教会の主任司祭の天本昭好神父様と韓人教会の主任司祭の李 昌俊神父様の前に出て額に塗油していただき、秘跡を授けられました。

 

 

 

共同祈願は、参加した全ての代父母や受堅者がそれぞれ意向を唱え、祈りを捧げます。

 

 

そして、ミサに参加した誰もが喜びと聖霊を感じる中、聖体拝領が行われました。

 

 

 

そして、派遣の祝福を受け、閉祭となりました。

 

 

 

閉祭後、雨が降り始めたこともあり、恒例になっているルルドでの撮影をあきらめ、菊地大司教様に今年もお願いして、ご一緒に記念撮影!

受堅者、ならびにご家族の皆さま、ご堅信おめでとうございます!!