|  |  |  |

Today, the Tagalog mass was celebrated at 2:00 pm, two hours earlier than the usual at 3:00 pm every 4th Sunday of the month.
The celebrant of the said mass was our very own Parish Priest, Fr. Philip Ilio Bonifacio, SSC. It was a delight to see that the church was filled with people up to the lobby. There were familiar faces and new faces. December is indeed the best time of the year where old friends meet.

In Holy mass, Santa Claus presented it to children who participated in holy mass.Children were pleased with an appearance of Santa very much.

 

The mass was finished at around 3:15pm and the Christmas party started around 3:30 pm.
It kicked off with a welcome address given by Fr. Philip who is also the spiritual adviser of the MCCIC after which blessing of the food followed.
There were a lot of Filipino favorite dishes which were served and enjoyed by the many like kaldereta, bihon, menudo, bopis, dinuguan, Bicol express, fired chicken, baked spaghetti, biko, Christmas cake, and many other to mention.

 

Children and adults had a fun time during the games.

 

It was indeed a rewarding and a successful event. To God be the glory. The party ended at around 5:00 pm.

 

After party,MCCIC Staff member appreciated each other.




 |  |  |  |

本日、午後2時から、カトリック豊四季教会で東北支援クリスマスチャリティーコンサートが開催され、200人近くの方にご来場頂き、暖かい雰囲気の中、バラエティーに富んだ7組の演奏が行われました。

 

この企画は、東葛飾宣教協力体が行っている3教会合の東北支援ボランティア活動がきっかけとなり、参加した若い人たちが、もっと何か違う形の支援が出来ないか考え、亀有教会の聖フランシスコ幼稚園のお母さん方が中心となって毎年行っていたチャリティーコンサートが、諸般の事情で継続が難しくなって来たことを受けて、3教会の有志で慈善演奏会をしてみようと企画され、今年が5回目の開催となります。

 

 

 

今年のテーマは、Prayer (祈りです。

コンサートの始めに、開催場所であるカトリック豊四季教会の主任司祭、立花神父様からご挨拶がありました。

 

そして、福島の現状、寄付先である「NPO法人福島やさい畑」さんのレポート、活動の紹介がありました。

 

 

全出演者のパフォーマンスは、以下からご覧いただけます。是非ご覧ください。
 

 

 

 
今回のチャリティコンサートにも、松戸教会の信徒が、3組演者として参加しました。

フォークローバー

曲目

  • J.S.Bach / G.F.Gounod / Ave Maria (歌& ダンス)
  • テゼの歌 Laudate Dominum
  • 愛のあかし

 

 

ジャズ研バンド

曲目

  • Jingle Bell Rock
  • Let it Snow
  • Thanks for Christmas

 

 

ゴスペルフラ&リトルアドベントストーリー

曲目

  • 聖劇「三博士 スピンオフ物語」
  • ゴスペルフラ「天よ 露をしたたらせ」

 

今回、出演した松戸教会のグループ!本当にお疲れさまでした。素晴らしかったです!

 

ゴスペルフラの3人は、最後の最後まで踊りをチェックしていました。。。

 

 

今回のコンサートでも、松戸教会の信徒は、出演だけではなく、裏方としても活動していました。
聖堂入り口前で担当を松戸教会の信徒が務めていました。

 

松戸教会のコスモスの会がクリスマスグッズの販売を行っていました。

 

そして、今回の実行委員会のみなさん!本当にお疲れさまでした。

 

 

豊四季教会の信徒の方々、亀有教会の信徒の方々、その他、多くの方々が、来場して下さりました。心から感謝申し上げます。
松戸教会の信徒のなかには、「行かれないけれどチケットは買う」という方もいらっしゃり、本当にたくさんのご協力を頂きました。
その中から必要経費を除き全額「NPO法人福島やさい畑」に寄付させて頂きます。
福島の方々に心を寄せ続けるためにも、この活動が今後も続いていけますよう、これからもご支援を宜しくお願い致します。




 |  |  |  |

本日、日本カトリック神学院東京キャンバスでザビエル祭が行われました。
今年のテーマは「勇気を出しなさい(ヨハネ16:33)」です。

 

松戸教会からも多くの信徒の方がいらっしゃっていました。
今年も、ヨゼフ会が出店した他、信徒有志でチヂミの販売を行いました。また、教会学校の子供たちもリーダーや保護者の引率のもと、ザビエル祭を訪問しました。

 

 

 

 

出店するメンバーは、午前9時頃には到着し、準備に入ります。

 

 

ミサの準備をされる宮原助祭を発見!

 

 

そして、開会ミサが、10時から那覇司教区であるウェイン・フランシス・バーント司教様司式で行われました。

 

入堂の際の船津神学生

 

入堂の際の宮原助祭。

 

そして、ウェイン・フランシス・バーント司教様と岡田名誉司教様

 

祭壇奉仕を務める船津神学生

 

聖体拝領を行う宮原助祭。

 

そして、退堂。。

 

ミサ閉祭後、神学院のお隣にある関町教会の主任司祭である稲川保明神父が、関町教会に納められている聖フランシスコ・ザビエルの聖遺物と幼きイエズスの聖テレジアの聖遺物をザビエル祭のために顕示してくださり、聖遺物の解説がありました。

 

 

 

ミサ閉祭とともに、販売ブースもスタート!
昼時ということもあり、やはり、食べ物のブースにみなさん並び、堪能されていました。
松戸教会のブース(焼き鳥・チヂミ)にも多くの方々がいらっしゃってくださいました。

 

 

 

船津神学生が、わざわざご挨拶に来てくださいました!

 

 

午後1時半ごろ、かたづけを終わらし、帰途につきました。
最後に宮原助祭、船津神学生と出店メンバー、青年、教会学校の子ども達で記念撮影。

 

今日は、、船津神学生にも再会することが出来、本当に恵み豊かな日になりました。
チヂミを販売された信徒の方々、焼き鳥を販売されたヨゼフ会の方々も本当にお疲れさまでした。

召命のために集められた神学生たちのために、これからもお祈りしていきたいと思います。




 |  |  |  |

本日・年間第29主日、昨夜降ったゲリラ豪雨からうってかわり、好天に恵まれた中、聖ミカエル祭バザーが行われました。

 

信徒たちは、午前7時30頃には、集まり始め最後の準備を行いました。

 

 

 

今年のバザーのテーマは、「いつでもどこでもだれにでも “愛”」です。
午前10時、フィリップ神父様のお導きで、お祈りを唱えられます。

 

 

そして、いよいよ開門となります!!開門と同時に多くの方が、入場!

今年も、本当に多くの方々にお越しいただきました!!

 

 

 

今回は、飲食店・各販売店27店舗が出店しました。
それでは、少しずつご紹介します。

まず、入口から…みみずの会がプラントを販売しています。
みみずの会のレポートが掲載されています。

 

今年も焼き鳥は大人気!

 

こちらはMCCIC。今年も大人気でしたね。
MCCICのレポートが掲載されています!

 

人気のチヂミ!今年も完売です!

 

コーヒークッキーコーナーでは、愛徳カルメル修道会のシスターたち手作りのクッキーを販売しています。

 

焼きそばは今年も大人気!

 

そして、ビールコーナー!

 

教会学校の子ども達によるジュール販売。 今年も見事完売!みんな頑張りましたね!教会学校のレポートが掲載されています

教会学校 in 聖ミカエル祭バザー2018

 

その奥には綿菓子!やっぱり、子どもに大人気でした!

 

その奥には…おでんとトン汁!

 

もちろん、今年も11時15分、12時30分と2回の餅つきが行われました。来てくれた子ども達がお餅を搗きます。

宮原助祭も!

 

ついたお餅はすぐ販売します!つきたてのお餅はおいしいですよね!

 

 

 

もちろん、中もたくさんの販売店があります。

こちらは、小集会室。
五島うどんは、リピーターの方々が今年もたくさん購入してくださいました。
赤飯やいなりずし、乾物などの販売も行われています。

 

地下ホールでは、余興として信徒グループのバンド演奏!

幼稚園の保護者や子供たちも!

 

 

幼稚園の1階です。

こちらは、東条湖の家、クッキー販売が並びます。

 

こちらは、手芸・コスモスの会、女子パウロ会の販売店が並びます。

 

こちらは、雑貨の販売店。
掘り出し物は見つかったでしょうか?

 

幼稚園1階には、お茶席も。

 

幼稚園2階は、普段、教会学校のリーダーを務めているリーダー達や青年、中高生が中心となり、ゲームコーナーが開かれています。
教会学校のレポートが掲載されています。

 

 

亀有教会の山浦神父様も来てくださいました!

 

午後2時、バザー委員長のバザーの終了の挨拶後、宮原助祭の一本締めでバザー終了。

 

 

 

今年も、本当に多くの方々に来場していただきありがとうございました。
来年も、来場してくださる皆様に喜んでいただけるようなバザーを催しますので、今年、来られなかった方々は、是非いらしてみてください。

 

なお、バザーの収益は以下の団体に寄付されます。




 |  |  |  |

国際ミサ後、祝賀パーティが行われました。

 

冒頭、フィリップ神父様より、挨拶があり、菊地大司教様への感謝の言葉がありました。

 

次に、菊地大司教様からご挨拶を戴きました。

 

そして、司牧評議会委員長の乾杯の挨拶があり、乾杯!!

 

大司教様のところへたくさんの方々がお話したいと押し寄せます!

 

ヨゼフ会の有志メンバーによる余興も盛り上がりました!

 

様々なメンバーたちと一緒に写真を撮ってくださいました。

こうして、約1時間にわたって、パーティを楽しみました。
松戸教会の暖かく伸び伸びした雰囲気をより感じられるパーティとなりました。