|  |  |  |

本日・年間第28主日、聖ミカエル祭バザーが行われました。
台風の影響で、2013年ぶり(聖ミカエル祭バザー - 小さな愛が大きな喜びに –)の雨となってしまいました。

 

 

信徒たちは、午前7時30頃には、集まり始め最後の準備を行いました。

 

 

 

今年のバザーのテーマは、「いつでもどこでもだれにでも “愛”」です。
午前10時、フィリップ神父様のお導きで、お祈りを唱えられます。

 

そして、いよいよ開門となります!!開門と同時に多くの方が、入場!
雨の中、本当に多くの方々にお越しいただきました!!

 

 

 

今回は、飲食店・各販売店29店舗が出店しました。
それでは、少しずつご紹介します。

 

 

まず、入口から…みみずの会がプラントを販売しています。
みみずの会のレポートが掲載されています。

 

 

 

そして、その横には…八百屋さん。
隔月(偶数月)第3週に来てくださる福島やさい畑(NPO法人 福島やさい畑~復興プロジェクトのブログ)です。
今日も新鮮な野菜やフルーツ、特産品をお持ちいただきました!

 

 

今年も焼き鳥は大人気。

 

 

こちらはMCCIC。今年も大人気でしたね。
MCCICのレポートが掲載されています!

 

 

人気のチヂミ!今年も完売です!

 

 

コーヒークッキーコーナーでは、愛徳カルメル修道会のシスターたち手作りのクッキーを販売しています。

 

 

焼きそば!
今年は、いつもより購入しやすくなっていたみたいですね。。。

 

 

教会学校の子ども達によるジュール販売。

雨の中、売れ行きが心配されましたが…なんとか完売…みんな頑張りましたね。
教会学校のレポートが掲載されています。

 

 

その奥には綿菓子!やっぱり、子どもに大人気でした!

 

 

その奥には…おでん。雨という事もあり、暖かい食事に人が集まりました。

 

もちろん、今年も11時15分、12時30分と2回の餅つきが行われました。来てくれた子ども達がお餅を搗きます。

 


つきあがったお餅はすぐ販売!

 

もちろん、中もたくさんの販売店があります。

こちらは、小集会室。
五島うどんは、リピーターの方々が今年もたくさん購入してくださいました。
赤飯やいなりずし、乾物などの販売も行われています。

 

 

 

 

地下ホールでは、おしるこや豚汁で食事が出来ます。
雨という事もあり、中でお食事をとる方が多かったですね。

 

 

そして、聖ミカエル幼稚園の1階です。
4つの教室、エントランスホールに色々な販売店が並びます。
まず、エントランスホールは、修道院クッキーとステンドグラスの販売がされました。

 

こちらは、フリーマーケット、東条湖の家、スピリチュアルケア東京、福島復興手芸の4つの店舗が並びます。

 

こちらは、手芸・コスモスの会、女子パウロ会の販売店が並びます。

 

こちらは、雑貨の販売店。
掘り出し物は見つかったでしょうか?

 

幼稚園1階には、お茶席も。

 

幼稚園2階は、普段、教会学校のリーダーを務めているリーダー達や青年、中高生が中心となり、ゲームコーナーが開かれています。
教会学校のレポートが掲載されています。

 

 

今日の10時半のミサは、前主任司祭の宮下神父様(中央協議会)が司式してくださいました。

 

ミサの中では、小川神父様の追悼の祈りが行われました。

 

 

 

 

 

本当に雨の中多くの方々に来場していただきありがとうございました。
来年も、来場してくださる皆様に喜んでいただけるようなバザーを催しますので、今年、来られなかった方々は、是非いらしてみてください。

 

なお、バザーの収益は以下の団体に寄付されます。




 |  |  |  |

国際ミサ後、祝賀パーティが行われました。

 

司牧評議会委員長より、開会の挨拶があり、パーティが始まります!

 

まず始めに、受堅者にチェノットゥ大司教様からお祝いの言葉を頂きました。

ご受堅、本当におめでとうございます!

 

 

そして、乾杯!!

 

 

 

教会学校の子どもたちから、「お祈りのボード」が贈られました。

 

ボードには、大天使聖ミカエルのへの祈りを英語で書いたものと、教会学校の子ども達みんなの写真が貼ってあります。

 

チェノットゥ大司教様と記念撮影!

 

 

信徒の方々とも…

 

フィリップ神父様、李助祭と共に…

 

こうして、約1時間にわたって、パーティを楽しみました。
松戸教会の暖かく伸び伸びした雰囲気をより感じられるパーティとなりました。




 |  |  |  |

The Matsudo- MCCIC went for a one day bus tour to Mikazuki Ryugujo hotel on September 18th, 2017.

 

According to the weather forecast it was supposed to be a rainy and stormy day but it turned out to be a clear, bright, sunny day just right for a trip like this.
The group assembled at the church from 7:30am and left at 8:00am. Fr. Philip Ilio Bonifacio, SSC said an opening prayer, followed by a rosary.

Each one was given a hamburger and bottled water. Coffee was also served in the bus. Members started to sing and dance while on the bus. Even just going to the place was real fun already.

 

We stepped at the hotel before 10:00am , got our locker keys, yukata slip, lunch coupon, changed our clothes and begun to plunge in the pool at the ocean park. There were many people but not so crowded. It is a nice place.

 

 

 

We then had our lunch at around 12 noon and then soaked our bodies in the hot/cold springs. We even tried the silver and gold tubs. It’s indeed relaxing.
Everybody was ready to go to Kisarazu Premium Outlet at 3pm. Some bought something for them and some just had a snack or coffee there. 

 

We also dropped by the aqualine and took some photos before going back to Matsudo Church.

 

 

There were 18 adults and 7 children who joined the mini bus tour.
It was quite an unwinding, refreshing and fruitful day for the MCCIC.




 |  |  |  |

今年も、9月9日(土)、10日(日)に、ヨゼフ会錬成会が行われました。
昨年に続き、松戸教会・亀有教会の合同で行われ、亀有教会からは松田神父様、そして、2名の方々の参加があり、総勢20名で練成会を行いました。

 

 

午前7時に集合し、企画担当者から説明を受け、行程の確認を行います。

 

出発前に、聖堂にて、9月2日に帰天された第6代主任司祭小川拓郎神父様のために祈りを捧げました。

 

そして、荷物を積み込み、5台の車に分乗して松戸教会を出発しました。

 

さほど長い渋滞にもあわず、予定より早く関越道の花園ICを下り、昼食会場に到着。昼食は握り寿司とざるそばのセット。

 

 

午後は、秩父市の武甲酒造を見学、工場を見学後、試飲。楽しみにしていた人も多く、ドライバー以外は美酒を堪能しました。

 

 

 

 

15時前に目的地であるおくちちぶ両神キャンプ場に到着しました。

 

 

 

食材の買い出しチームが着いた後、全員で手分けして夕食準備をします。

 

 

バーベキュー料理ができ、松田神父様の食前の祈りで、懇親会がスタート。

 

 

幹事の新企画で、プロジェクターを使っての参加者紹介、過去の錬成会写真の投影があり、大変盛り上がりました。そして、深夜まで、幾つかのグループに分かれ、懇談が続きました。

 

 

 

 

2日目、まずは朝食づくり。

 

松田神父様のお導きで、食前の祈りを唱え、朝食を頂きます。

 

 

 

そして、8時前にキャンプ場を出発。秩父市中心部にあるカトリック秩父教会を訪問しました。

 

 

ここは巡回教会で主日のミサは午後ですが、許可を得て、松田神父様の司式により御ミサを行わせていただきました。

 

ことばの典礼…

 

共同祈願を唱え、心を1つにして祈りを捧げます。

 

 

 

 

ミサ後、信徒の方々が茶菓でもてなしてくださいました。そして、秩父教会前で、記念撮影!

 

 

 

 

この後、満願の湯に移動し、汗を流し、それぞれで昼食を食べました。

 

 

13時前に出発。道の駅花園に寄り、買い物をし、帰路につきました。16時前に無事、松戸教会に帰着。

 

 

 

2日間とも天候に恵まれ、幹事団の尽力により計画どおり進行し、無事に錬成会を終えることができました。
亀有教会の松田神父様やヨゼフ会の方々との交流がさらに深まり、実り多い錬成会になりました。

 

 

ヨゼフ会では、随時会員を募集しています。松戸教会信徒の成年男子は、全員有資格者となりますので、ぜひ多くの方に入会して頂き、共に松戸教会を盛り上げていけたらと思っています。

 

 

 




 |  |  |  |

本日、船橋市民文化ホールにて「第49回千葉県教会音楽祭(北ブロック)」が行われました。

千葉県教会音楽祭は、カトリック・プロテスタントの垣根を越え、千葉県内の教会聖歌隊及び教会音楽関係者が集い、お互いの交わりを深め研さんを積み教会音楽の向上に寄与するために、毎年開催されています。参加教会の移動距離・時間等々の理由から15年くらい前から、北ブロック・南ブロックに分かれて開催されるようになりました。カトリック松戸教会は北ブロックに所属しています。
5年に一度は南北合同で行われます。今年の幹事教会は、新津田沼教会(日本キリスト教団)でした。

 

今年は、12の教派の教会が参加し、参加教会のうち、カトリック教会は松戸教会のみでした。

 

 

音楽祭は正午から始まり、第一部は礼拝、第二部は音楽の捧げもの(12時30分より)、第三部は懇親会(15時より)という構成になっています。

午前中から集まり、楽屋と舞台でのリハーサルを行いました。

 

 

第二部では「音楽のささげもの」として各教会が2~3曲ずつ持ち時間の範囲内で歌いました。

カトリック松戸教会は、3曲全部復活祭の曲を歌いました。

 

  • 復活の続唱 (グレゴリオ聖歌)(ユニゾン)
  • 復活の続唱 (作曲 高田三郎)(混声四部)
  • 勝利と力は神のもの(作曲 高田三郎)(混声四部)

 

第2部の最後には、来場者・参加教会の方々全員でヘンデル作曲のメサイアの中から「ハレルヤ・コーラス」を歌いました。

 

 

第三部の懇親会では、代表者として指揮者が今回歌った楽曲についての解説等を交えながら挨拶させて頂きました。

 

 

エキュメニカルの観点から見ても非常に重要な催しですし、来年も多くの方々に観に来て頂きたいと思います。
来年は「50回記念」となり、南北合同で行われます。是非ともご参加ください。