|  |  |  |

本日、年間第15主日の10時半のミサ後、今年洗礼・堅信を受けられた6名とその代父母、さらに、愛徳カルメル修道会のシスターたち、洗礼や堅信のための勉強会を担当したカテキスタをお招きし、「受洗・受堅を祝う会」が行われました。

 

冒頭、会の進行を務めるヨゼフ会副会長より、挨拶がありました。

 

そして、まず、フィリップ神父様により、ご挨拶を頂きました。
「洗礼や堅信は、スタート地点であり、キリスト者の道は始まったばかり」というお話がありました。

 

そして、フィリップ神父様が食前の祈りへと導かれました。

 

そして、ヨゼフ会副会長が乾杯の音頭をとり、乾杯!!

 

 

 

しばらく、参加者で食事を楽しみます。
代父母の方々や共に入門講座を過ごした方々と会話が弾んでいました。

 

 

 

受堅者・受洗者のみなさんに、司牧評議会委員長より挨拶がありました。
挨拶の中で、共同体に早く馴染んで貰えるように、教会の活動等、様々な説明が、委員長より行われました。

 

そして、ヨゼフ会会長・マリア会会長、青年の代表から、それぞれ挨拶があり、会の紹介と活動報告が行われました。
男性信徒はヨゼフ会、女性信徒はマリア会、そして、青年は青年の活動にそれぞれ入会・参加して頂き、教会での活動を活発に行って頂けたらと思います。

 

 

次に、受洗者・受堅者の方々から自己紹介が行われました。
自己紹介のために配られたカードに応えるかたちで、それぞれ挨拶して頂きました。

 

 

そして、金曜日と日曜日の入門講座、堅信講座を担当して下さったカテキスタ3人の方々からそれぞれご挨拶を頂きました。
カテキスタの皆さんも本当に喜ばれていましたね。
お話のなかであったように、何か信仰生活で困った事があれば、代父母さんやカテキスタの方々に相談していただければ幸いです。みんなで一緒に成長出来ればよいですね。

 

 

今回も、心得のある信徒の方々が点ててくださったお茶やお茶菓子をお出してくださいました。

 

実は今回も、昨年受堅・受洗した方々達は、この会に裏方として参加してくださっていました。

 

教会学校の子も今回はお手伝いしてくれました。

 

 

 

そして、代父母を代表して3名の方からお祝いの言葉頂きました。

 

 

今回スタッフとして裏方の仕事をしてくれた、『昨年度の受洗者・受堅者の方々』の紹介があり、お2人からお祝いの言葉と1年間信者として生活しての感想をお話して頂きました。

 

 

 

最後に、なんと今日誕生日を迎えられたお2人にサプライズでバースデーケーキをマリア会の方々が用意してくださいました!
しかも、代母と代子で同じ誕生日だったそうです!

お誕生日おめでとうございます!

 

 

終わりに、シスターが終わりの祈りへと導いてくださり、「いつも喜んでいなさい」を歌い、散会となりました。

 

 

 

最後にフィリップ神父様、愛徳カルメル修道会のシスターたち、受洗・受堅者の方々とその代父母、カテキスタの方々で記念撮影!

 

お手伝いしてくださったマリア会の方々や昨年の受洗・受堅者の方々も一緒に!

 

受洗者・受堅者と代父母がより関係を強くし、早く教会共同体に馴染んで頂けたらと思います。
教会共同体も皆さんとの関りがより強いものになるように、積極的に関わっていけたらと思います。




 |  |  |  |

本日・洗礼者ヨハネの誕生の祭日の10時半のミサ後、李神父様初ミサの祝賀会が行われました。

 

 

 

 

最初にフィリップ神父様から、初ミサにお越しいただいた李神父様への感謝、そして、叙階のお祝いの言葉がありました。

 

李神父様から改めてご挨拶を頂きました。

 

 

李神父様の初ミサと助祭の時の奉仕への感謝を表すため、多くの信徒がこのお祝いに参加しました。

 

 

そして、ヨゼフ会会長の音頭で乾杯!

 

 

 

祝賀会の間、李神父様のもとには、お食事をする暇がないほど、信徒たちが集まります。
お祝いを述べたり、お話されたり、祝福をお願いする方々、そして、記念撮影をお願いする方々が行列になってしまいました。

 

この祝賀会の準備や給仕を行ったマリア会のパーティ係の皆さんと柏・我孫子・茨城ブロックの皆さんも記念撮影!

 

 

中高生や教会学校の子どもたちとも!

 

 

李神父様には、教会学校など、様々なご奉仕を頂くなど大変お世話になりました。
これからの活躍をお祈りしています。

上京した際には、是非、松戸教会にお立ち寄り下さい!お待ちしています!




 |  |  |  |

10:30の「キリストの聖体の祭日」のミサで15人のこどもたちが初聖体を受けました。

 

ミサの後、お祝いのパーティーが幼稚園のホールで行われました。

最初に宮原助祭の導きで食前の祈りを唱えました。

飲み物をコップに注いで、みんなでかんぱい!

しばらく食事をしながら交流を深めました。

初聖体を受けた皆に、名前と今日初聖体を受けた感想をお話ししてもらいました。

たのしかった!イエス様に近づけた!うれしかった!とみんなお話ししてくれました。

そして初聖体を受けた子どもたちから、
神父さま、助祭、そして初聖体クラスで教えてくれた先生、リーダーたちにお花のプレゼントが渡されました。

そして、みなさまから一言ずつご挨拶頂きました。

こどもたちやご家族へのお祝いのお言葉、ご聖体をいただくということの意味について、初聖体クラスでの活気あるこどもたちのようす、これからのことなど、みなさんそれぞれの思いを語ってくださいました。

 

 

 

教会学校の皆からも、初聖体を終えている先輩として初聖体を受けた皆にむけて一言お話ししてもらいました。

 

リーダーからみんなに「○年生の人!?」と質問です。

元気よく手を挙げてくれました。
同学年だと仲良くなりやすいかな?
同い年の子を見かけたらどんどん声をかけて仲良くなろうね。

最後に皆で主の祈りを唱えてパーティーを終わりました!
初聖体をうけたみんな、本当におめでとうございます!
これからは教会学校に来てくれると嬉しいです!!




 |  |  |  |

三位一体の祝日のミサの後、 12 時より柏・我孫子・茨城地区集会を行い、約 30 人の方が参加されました。

 

今回は新しい試みを取り入れ、くじ引きで小グループを作り、分かち合いなども行われました。

 

また、宮原助祭より長崎の信仰について話して頂き、困難から立ち上がり、固く結ばれた信仰の歴史や現状を聞くことができました。

 

 

小グループでは教会へ来るようになったきっかけや信仰生活について分かち合いを行いました。日本はキリスト教徒が人口の 1 %未満と少なく、家族の中で一人信仰する人もいて、教会で話をする場を持つことの重要性を実感しました。

 

今回初めての試みでしたが、小グループでの分かち合いはアットホームな雰囲気で緊張せず会話を楽しめたと思います。
フィリップ神父様や宮原助祭も分かち合いに参加してくださり充実した地区集会となりました。

 

このように松戸教会では、小教区内を8地区に分け、代表者2名が司牧評議会に出席し、地区の声を司牧評議会に届けます。また、司牧評議会の決定を各地区の信徒に伝えています。

そのため、定期的に地区集会を開いたり、親睦会を行っています。




 |  |  |  |

ミサ後、場所を移し、地下ホールで「長寿感謝の集い・懇親会」が行われました。

 

まず、今年、司会を務める司牧評議会委員長とマリア会会長から挨拶がありました。

 

フィリップ神父様から、ご長寿の皆さんにお祝いと感謝の言葉が贈られました。

 

そして、乾杯のご挨拶を頂き、乾杯!!

 

 

8つの席に自由に座って頂き、食事をしながら、様々なお話で盛り上がられていました。

 

マリア会の方々や青年、中高生や教会学校の子どもたちががお茶出ししてくださいました。

 

 

聖ミカエル幼稚園の先生や保護者の方々、園児のみんなや卒園生、そして、マイケルクワイヤーのメンバーたちの歌の披露もありました!みなさんに笑顔が溢れました。

 

 
今回から新たに「長寿感謝の集い」に出席されることになった方々からご挨拶を頂きました。みなさんまだまだお若いので、これからも「教会の若手」たちに色々ご指導を頂けたらと思います!

本当に多くの方々にミサ、そして、懇親会にご出席して頂きました。
1年間、お元気に過ごしていただき、来年もまた来て頂ければと思います。
来年もお待ちしています!