|  |  |  |

2日目6:00起床です。

おはようございます。眠いですね・・・

お御堂で朝の祈りをします。

お祈りのあとは、朝食作りです。

昨日買い出ししていたフランスパンに、生ハムとチーズをのせていますね。

みんなで準備して、食前の祈りをしていただきましょう。

相変わらず、例年通り?食べるときはシーンと静まります。

さあ、今日はこれから小学生もやってきて賑やかになりますよ。

あれ、高校生女子、もうおつかれですか?まだ朝ですよ。

そんな中、中学生男子、総監督の指示で錬成会の厳しさを表現すべく?小学生を迎えています。

錬成会は、体力勝負です。

え、こんなことまでするの?小学生が不安げです。

続々と集合してきました。今日から新たに中学生1人、小学生5人、青年2人が加わりました。

08:00 お御堂で開会式を行いました。

 

続いてホールでオリエンテーリングです。みんなお話をしっかり聞いているようですね。

まず、ABC3つのチームに分かれます。
それぞれのチーム付きの青年をみつけて問題をもらいます。
でも逃げるので、捕まえなければなりません。本気で逃げて、本気で捕まえます。
そしてその問題の答えをチームのメンバーと協力しながら、みつけてください。
正解するまで次の問題には進めませんよ。

その際、十字架マンにヒントを聞くことがせきますが、十字架マンは正解を知らないから、もしかしたら間違った答えに導いてしまうかもしれないので、よーく考えてくださいね。答えを探し出すために幼稚園やお御堂にも行きます。

 

正解したら、スタンプが貰えます。

そうしてより多くのスタンプを取れるようチャレンジします。
この順位で、お昼ご飯のピザ造りの時にチームに入る青年が決まりますよ。
4つすべてゲットできたチームは残念ながらありませんでした。
上級生はしっかり下級生のフォローできましか?コミュニケーションも深まりましたね。
 
 
続いては質問タイム。
小学生と未堅信の中学生が質問を考え、堅信を受けた中高生らがその質問に答えます。
そして青年たちがその回答が正しいかどうか判断します。どんな難問が出てくるでしょうか。

「神様は何歳ですか?」「マリア様はどんな人ですか?」問いに
「神様が何歳なのかは、わかりません」「恵あふれる方です」と答えていました。
 
問題は難しかったですか?
さあ、お次はお楽しみのピザ作りです。

粉や塩を量ります。出来上がりを左右するので正確さが問われます。

 

こねて形を整えます。

ピザソースも手作りします。

生地の上にソースを塗って、チーズを乗せていよいよ焼いていきます!

 
 
だんだんとピザが焼きあがる頃、神学生登場です。
昨年度まで松戸教会の教会学校でお世話になっていた青年です。お久しぶりです

早速焼き加減のチェックです。うーん裏が気になるみたいですね。

さあ、出来上がりました!
形も、大きさも、焼き加減も違う、オリジナルピザです。
見た目はなかなかいいですよ。
 

神父様もお呼びして、お祈りをしてみんなでいただきましょう。

お味はどうですか?

ちょっと裏がこげてましたか?しょっぱい?生地が固い?自分で作ったからおいしい!

色んな声が聞こえてきます。お腹いっぱいになりましたか?
 
午後からは、個人活動です。
それぞれ分かれての活動になります。
ひとりのキリスト者として、松戸教会の一員として、いろんなことにチャレンジしてもらいます。
 
 
【ツアー企画】
教会の方々向けの旅行の企画を立てて、そのパンフレットを作成します。
海外?国内?何泊?
青年にアドバイスをもらいながら、インターネットの情報も参考に使いつつ、プランを考えていきます。
 
【レポート ~すべての被造物とともに~】
神様が作られた世界が神様のみ旨と違う方向に向いていることに目を向けましょう。
世界で起きている問題を取り上げ、現状と解決策をレポートします。
それぞれ、環境問題と動物問題に焦点をあてて考えていきます。
 
【Tシャツ製作】
2種類のTシャツを全員分作ります。
青年が考えたステキなデザインです。
 
【お花係】
教会のお花係の方にご協力いただき、教わりながら活けてもらいます。
明日のミサで実際に使います。マリア様の雰囲気にピッタリなアレンジが上手に出来ましたね。
 
【松戸教会紹介VTR作成】
松戸教会の紹介VTRを作ります。
教会を知らない人にも、来たことがない人にも松戸教会の良さを伝えられるような作品に仕上げてください。
 

 
【オルガン】
オルガン奉仕係の方に教えていただき、ミサで実際に弾いてもらいます。
課題曲は「ひとつになろう」「あめのきさき」です。
 
【マリア様についての模擬授業の準備】
3日目の朝、ミサ練習の後にみんなの前で「マリア様についての授業」をするための準備をしてもらいます。
教会学校のみんながマリア様への理解を深め、8月15日の被昇天のミサ奉仕が出来るように考えましょう。
 
個人活動のあとは、ミサの練習にミサ準備です。
それぞれ神父様や青年達に付いて確認しながら教えてもらいます。
共同祈願も考えます。

その頃、ミサでみんなお揃いで来てもらうために、青年も必死に仕上げてくれています。
目が本気です。まるで職人のようです。
さあ、着替えてミサに与りましょう。
 
 
17:00~ ミサ

オルガン

先唱

朗読

お説教

侍者の子もみんなと一緒に座って、聞きました。

侍者

共同祈願

奉納

ミサ後は夕飯です。
教会学校の保護者の方々が、カレーとデザートを作ってくださいました。

中辛鶏肉 中辛牛肉 甘口牛肉の3種類のバリエーションという親切さ!

ひとりではちょっと不安、という食前の祈り担当の小学生に中学生が付き添います。
美味しかったですね。
汗だくになって食べてる小学生、おかわりしてましたね。

デザートの白玉入りのフルーツポンチも最高でした。
食後の祈りは、一人でチャレンジしました。

みんなでスピーディーに片付けます。ご飯が終わったら、銭湯にいきます。銭湯でばったり同級生に会った小学生もいましたね。久々の銭湯って子もいたのではないでしょうか。今日は青リンゴの湯ですよ。
教会に戻った後は・・・お楽しみの肝試し。

2人1組で、教会の中を・・・。暗闇でピアノが鳴ったり・・・ここでは書けないようなことが・・・

そろそろ帰ってくる頃のペアがなかなか帰って来なかったり、待ってる間に不安が増します。
無事みんな帰ってきましたね。
では今日一日に感謝してお御堂で晩の祈りをしましょう。

 
部屋に帰ってそろそろ寝ましょう。明日のミサのオルガン練習をしてる高校生もいますね。

おやすみなさい。いい夢みてね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

 

 

 

 

 
 
 



 |  |  |  |

8月13日から8月15日まで松戸教会にて教会学校錬成会が行われました。

1日目は中高生のみ、2日目から小学生も参加しました。

さて今年のテーマは

-FIAT-(み旨のままに) 

With Faith Nothing is Impossible(信仰があれば不可能はない)

です。

青年達を中心に昨年から企画・準備を進めて下さり、開催されました。

それぞれが神様から与えられている賜物を活かして、共に祈り、共に成長しましょう!

6時45分、堅信を受けた中高生4人と青年2人が集合し、お御堂で開会式を行いました。
その後、電車で清水公園に向かいました。
とにかく朝から到着するまですでに暑くてアスレチックどころではない状況の中、公園はひんやりと涼しく迎えてくれたように感じられます。
さあいよいよチャレンジコース、水上コースと進んでいきます。まず円陣を組んで気合いを入れます。
この笑顔がこの後どうなるのか…
水上コースでは落ちたくない一心で細心の注意を払いますが、全員が全員ことごとく落ちました。
中学生男子、まるでワニのように水から出てきます。青年の一人は全身ずぶ濡れになりました。

お疲れ様でした。体力も気力も失いへとへとになりシャワーを浴びてランチタイム。

先程までキャキャー言っていたのに、すっかり口数が減りました。
かき氷が体の熱を冷ましてくれます。
帰りの電車では…こうなりますよね。明日はきっと筋肉痛(・_・;)
松戸駅に着くとなんてことでしょう。まだ水上コースが続いているのでしょうか。雨が!
どうやら、雨男がメンバーの中にいて、毎年こうして雨を引き寄せているようです。
教会に到着し、午後から参加する中学生1人、青年2人と合流しました。
ひと休みして夕方のミサの前に勉強、ミサ準備をしました。

 
 
 
青年の手作りの本日の聖書と典礼

17:00~ミサ

先唱

朗読

祭壇奉仕

共同祈願

奉納

ミサ後に夕飯の買い出しにみんなで向かいました。
やっぱりお買い物は女子先導ですね。
今晩は、大根おろし付きハンバーグとハッシュドポテト。
明日の朝食の分も考えつつカゴに入れていきます。
さあ、教会に戻って調理開始です。

 玉ねぎをみじん切りに。

 力のいる大根おろし。

 こねこねして、成形。
まるでステーキハウスのシェフのような手さばき。
 総監督がそっと見守ります。
神父様と一緒にお祈りしていただきましょう。
 
食後の片付け。明日はこの鉄板でピザを焼きます。
その後予定より遅れて、みんなで銭湯へ。

今日はよもぎのお湯だそうですよ。
 
 
教会へ戻り、晩の祈りをして就寝です。1日目お疲れ様でした。
 
 



 |  |  |  |

伊藤淳神父様の講話会を開催しました。

予想以上の聴講者でした。

「我が転落人生、さらに悔いなし」のタイトルでこれまでの人生、神学生時代のこと、出会った司祭たちのことなどお話してくださいました。




 |  |  |  |

ワックスがけの終了後、暑気払いが行われました。
鉄板焼き用のお肉や焼きそばを台所で用意し、鉄板で焼いていきます!

 

 

そして、懇親会のスタートです。
最初に、会長から挨拶があり、乾杯!!

 

乾杯後、伊藤神父様からもご挨拶をいただきました!(ワックスがけのお手伝いもしてくださいました!ありがとうございます)

 

そして、食事やお酒を楽しみます。暑い中作業をした後のビールは最高ですね!

懇親を深める中、お知らせが行われます。
まずは、10月第3週におこなわれる聖ミカエル祭バザーについて、バザー委員会より説明がありました。

 

ヨゼフ会勉強会担当からも、企画されている勉強会、後援会の説明が行われました。

 

最後に、9月7、8日に行われる予定の錬成会についての説明が行われました!

錬成会の方にも是非ご参加ください。多くの方々のご参加をお待ちしています!

 

最後に、会長から閉会の挨拶がありました!また、来年も頑張りましょう!

 

今回は、暑い中、多くの方々に集まって頂き、ありがとうございました。

松戸教会所属の成人男性信徒は、みなさん、ヨゼフ会に入会出来ますので、是非、多くの方に入会して頂き、ご一緒に今後も様々な活動を行いたいと考えています。たくさんの方々の入会・ご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

本日、年間第16主日の10時半のミサ後、今年洗礼・堅信を受けられた8名とその代父母、さらに、愛徳カルメル修道会のシスターたち、洗礼や堅信のための勉強会を担当したカテキスタをお招きし、「受洗・受堅を祝う会」が行われました。

 

まず、最初に愛徳カルメル修道会のシスターの導きで、食前の祈りへと導かれ、「典礼聖歌322 あのといつくしみのあるところ」を歌い、食前の祈りとされました。

 

そして、入門講座のカテキスタから挨拶があり、乾杯!

 

 

しばらく、参加者で食事を楽しみます。 代父母の方々や共に入門講座を過ごした方々と会話が弾んでいました。

 

 

 

受堅者・受洗者のみなさんに、司牧評議会委員長より挨拶がありました。
挨拶の中で、共同体に早く馴染んで貰えるように、教会の活動等、様々な説明が、委員長より行われました。

 

そして、ヨゼフ会会長・マリア会会長それぞれ挨拶があり、会の紹介と活動報告が行われました。
男性信徒はヨゼフ会、女性信徒はマリア会、それぞれ入会・参加して頂き、教会での活動を活発に行って頂けたらと思います。

 

そして、様々な活動グループから、グループの紹介が行われました。
ぜひ、みなさん、グループに参加していただき、教会に早く溶け込んでいただければと思います!

 

そして、前主任司祭で、受洗者の皆さんに洗礼を授けたフィリップ神父様(市川教会主任)からお祝いの言葉をいただきました。
「受洗・受堅は、信仰生活のスタートです!これからも、一生懸命様々な学びを行い、信仰を強めていってください」との言葉がありましたね。
みなさん、いろいろな勉強会があります!ぜひ、ご参加ください。

 

また、昨年の入門講座を担当されたカテキスタ、今年の堅信講座を担当したカテキスタからもそれぞれお祝いの言葉をいただきました。
堅信講座を担当したカテキスタからは、「奉仕や紹介などの紹介がありましたが、喜びがなくては奉仕はする必要がないと思います。神様から頂いた恵みをまず充分に受け取ってください。充分、受け取った後、もしそこに喜びを感じて、自ずと何かをしたくなった時、奉仕や活動の事を思い出してもらったら幸いです。だから、まず喜んでください」との言葉がありました。

 

 

 

次に、受洗者・受堅者の方々から自己紹介が行われました。 自己紹介のために配られたカードに応えるかたちで、それぞれ挨拶して頂きました。

 

そして、代父母を代表して3名の方からお祝いの言葉頂きました。

 

 

余興などもあり、楽しく会を過ごしました。

 

最後に、伊藤神父様から挨拶とお祝いの言葉がありました。
早く教会になじめるように、ぜひいろいろな活動に参加してくださいとの言葉がありましたね。

 

そして、愛徳カルメル会のシスターの導きで、「いつも喜んでいなさい」を歌い、終わりの祈りを唱え、散会となりました。

 

閉会後、フィリップ神父様、愛徳カルメル修道会のシスターたち、受洗・受堅者の方々とその代父母、カテキスタの方々で記念撮影!

受洗者・受堅者と代父母がより関係を強くし、早く教会共同体に馴染んで頂けたらと思います。
教会共同体も皆さんとの関りがより強いものになるように、積極的に関わっていけたらと思います。