|  |  |  |

11月17日(日)13時半からコンプリ神父様の聖骸布に関する講演会が松戸教会聖堂で行われました。うららかな日差しの中、100余名の参加者を得て、神父様のお話に聞き入りました。
ちょうど直前にBS-TBSで聖骸布に関する番組の放送があり、事前に広報して多くの方がご覧になっていたこともあって、皆さん、聖骸布についてある程度理解したうえで、講演会に臨んでいただいたようでした。
もちろん、コンプリ神父様のお話は放送の内容を上回るもので、実物大の聖骸布のレプリカを指し示しながら迫真迫るご説明をいただき、聖骸布とスダリオ(イエス様の頭を包んでいたとされる布)の神秘性に心を打たれました。

 
「聖骸布の神秘性」についていくつかポイントをあげます。
  • 聖骸布はイエス様(と思われる人)の全身を覆っていたと考えられているもので、幅4.5m、高さ1m強の杉綾織の亜麻布である。
  • 聖骸布には人の前面と背面の姿が、ネガ状に映っているように見える。聖骸布の写真を撮り、フィルムに焼き付けると、人の顔が浮かび上がる。人の姿がこのように映っている仕組みは、現在の科学では解明されていない。
  • 聖骸布には血の跡が残っている。茨の冠の跡、鞭うたれた跡、十字架を背負った跡、槍に突かれた跡、折られていない足の跡など、聖書にあるイエス様の姿を思わせる。少なくともローマ時代に十字架刑にあった人のもののようである。
  • 杉綾織の亜麻布は、当時として大変高価なものであり、十字架刑になった人を覆うようなものではない。また、この布には死海近辺でしか生えない植物の花粉がついており、少なくとも一定期間、イスラエルにあったと考えられる。
  • 炭素14法による年代測定が行われて14世紀のものであるとされたが、何世代にもわたって人が触ってきて、また火災にもあった布から年代を測定するのは無理がある。測定データは長いこと非公開であったが、裁判所の命令で出されたデータを再鑑定したところ、やはりばらつきが多く信ぴょう性に欠けるものであった。
  • スダリオはイエス様の頭を包んでいたものとされる布であるが、血の跡が聖骸布のそれと酷似する。
そのほか、聖骸布をたたむとちょうどイエス様(と思われる人)のお顔が前面に来て、その形が中世の絵画に繰り返し表れる、イエス様の顔が浮かび上がった布の絵とそっくりになるということを実物大の布で実演してくれたのも印象的でした。
 
 
講演会後は地下ホールでコンプリ神父様との懇談会となりました。コンプリ神父様ご自身のことについて、聖骸布のことについて、尽きることなく話が続きました。
 
 
 
本当に、素晴らしい講演会となりました。
コンプリ神父様、ありがとうございました。
 



 |  |  |  |

国際ミサ後、祝賀パーティが行われました。

 

冒頭、伊藤神父様より、挨拶がありました。

 

そして、レミ・オード神父様(聖ペテロ・パウロ労働宣教会)のご発生で乾杯!

 

伊藤神父様とレミ・オード神父様!

集まったMCCICのメンバー!

こうして、約1時間にわたって、パーティを楽しみました。
松戸教会の暖かく伸び伸びした雰囲気をより感じられるパーティとなりました。




 |  |  |  |

本日、船橋市民文化ホールにて「第51回千葉県教会音楽祭(北ブロック)」が行われました。

千葉県教会音楽祭は、カトリック・プロテスタントの垣根を越え、千葉県内の教会聖歌隊及び教会音楽関係者が集い、お互いの交わりを深め研さんを積み教会音楽の向上に寄与するために、毎年開催されています。参加教会の移動距離・時間等々の理由から15年くらい前から、北ブロック・南ブロックに分かれて開催されるようになりました。カトリック松戸教会は北ブロックに所属しています。
5年に一度は南北合同で行われます。

今年も、参加教会のうち、カトリック教会は松戸教会のみでした。

音楽祭は正午から始まり、第一部は礼拝、第二部は音楽の捧げもの(12時35分より)、第三部は懇親会(15時15分より)という構成になっています。

 

第二部での「音楽のささげもの」として各教会が2~3曲ずつ持ち時間の範囲内で歌いました。

カトリック松戸教会は、今年は、様々なを歌いました。

  • アニュス・デイ (グレゴリオ聖歌)
  • 典礼聖歌455「平和の賛歌」(やまとのささげうた) (作曲 高田三郎)(混声四部)
  • 平和の祈り(作曲 高田三郎)(混声四部)

 

 

第2部の最後には、来場者・参加教会の方々全員でヘンデル作曲のメサイアの中から「ハレルヤ・コーラス」を歌いました。

エキュメニカルの観点から見ても非常に重要な催しですし、来年も多くの方々に観に来て頂きたいと思います。




 |  |  |  |

初ミサのパーティ後、青年達で集まり、宮原神父様の叙階のお祝いと初ミサのお礼の感謝の会を開きました。

 

宮原神父様のお導きで、食前のお祈り!をして、乾杯!!

 

近況を報告し合ったり、青年から教会の事を相談をしたり、いろいろ盛り上がりました。

 

先に帰る(教区報のある記事で載っていた)青年に、神父様からの「訓示」!

 

所用があり、遅れてきた青年達も近況を神父様に伝えます。(こちらは、某アイドルグループの握手会に行った際に、握手したメンバーを全員報告しています…)

 

宮原神父様のお導きで食後の祈りをして、散会となりました!

 

 

お別れする前に、祝福を受けます!

 

ロザリオの祝福もしていただきました。

 

 

残ったメンバーは、青年恒例のラーメン締め!

 

 

その後も、夜遅くまでお付き合い頂き、青年とお酒を酌み交わしました。
本当にありがとうございました。

青年達が長崎に行った際には、是非訪問させていただきます!
これからも、松戸教会の青年たちのためにお祈りをお願いいたします!




 |  |  |  |

本日・年間第22主日の10時半のミサ後、宮原神父様初ミサの祝賀会が行われました。

 

 

まず、司牧評議会委員長から開会の挨拶があり、伊藤神父様から初ミサにお越しいただいた宮原神父様に感謝の言葉がありました。

 

 

宮原神父様から改めてご挨拶していただきました。

 

 

そして、司牧評議会委員長からも挨拶があり、乾杯!!

 

 

祝賀会の間、宮原神父様のもとには、お食事をする暇がないほど、信徒たちが集まります。
お祝いを述べたり、お話されたり、祝福をお願いする方々、そして、記念撮影をお願いする方々が行列になってしまいました。

 

宮原神父様にお世話になった中高生や教会学校の子どもたちも集まりました。

 

 

宮原神父様には、教会学校など、様々なご奉仕を頂くなど、本当に大変お世話になりました。
これからの活躍をお祈りしています。

上京した際には、是非、松戸教会にお立ち寄り下さい!お待ちしています!