|  |  |  |

国際ミサ後、祝賀パーティが行われました。

 

冒頭、フィリップ神父様より、挨拶があり、菊地大司教様への感謝の言葉がありました。

 

次に、菊地大司教様からご挨拶を戴きました。

 

そして、司牧評議会委員長の乾杯の挨拶があり、乾杯!!

 

大司教様のところへたくさんの方々がお話したいと押し寄せます!

 

ヨゼフ会の有志メンバーによる余興も盛り上がりました!

 

様々なメンバーたちと一緒に写真を撮ってくださいました。

こうして、約1時間にわたって、パーティを楽しみました。
松戸教会の暖かく伸び伸びした雰囲気をより感じられるパーティとなりました。




 |  |  |  |

今年も、9月8日(土)、9日(日)に、ヨゼフ会錬成会が行われました。
今回も松戸・亀有教会合同での開催となり、松戸教会よりフィリップ神父様及びヨゼフ会有志17名、亀有教会からは山浦神父様及びヨゼフ会有志4名の計23名の参加がありました。

今年は、友部教会イエズス・マリアの聖心会本部修道院)にて行われました。


以下 両日の様子を綴ります。

 

 

初日、まず、午前7時に集合し、企画担当者から説明を受け、行程の確認を行います。

 

そして、松戸教会聖堂にて、しっかり旅の安全を祈ります。

 

 

 

さほど長い渋滞にもあわず、予定より早く常磐道の那珂ICをおり、亀有教会の参加メンバーと合流しました。
そして、今回の観光地…日本3名瀑の1つ!「袋田の滝」に到着!


小雨のなか、展望台まで歩き、大岩壁を流れる名瀑をタップリ、満喫致しました。(水量豊富。好評戴きました。)

 

散策後、滝近くの食堂に入り、茨城の名物、蒟蒻とけんちん蕎麦・・・美味しく戴きました。

 

食後の一コマ。(食事処新滝にて)

 

 

 

途中、ところどころで強いにわか雨にあいながら、友部教会へと向かいます。
今回、お世話になる「友部教会」に14時半に無事到着。

早速懇親会の用意をおこないます。。

 

今回も凄腕を奮って下さる。松戸教会のレジェンドシェフの方々。

 

神父様も、祝福?を込めて・・・

 

友部教会の主任司祭ビッファー神父様は、御年90歳越えていらっしゃますが、誰よりもお元気です。

 

さて、皆様お待ちかねの懇親会始まりです。

亀有教会より初参加の方による乾杯の発声で乾杯!!

 

先ずは、しっかり錬成。

前半は、広島の資料を基に被爆者の経験談も交え、戦争について語り合います。

 

後半は、前回好評のスライドを用いた、古き良き思い出を語ります。

 

松戸教会主任司祭の熱き思いをフィリップ神父様にお話頂きました。

 

亀有教会から山浦神父様にも貴重なお話を戴きました。

その後も、いくつかのグループに分かれ、神父様のご参加頂き、深夜まで、懇談が続きました。

 

 

2日目、友部教会の信徒の方々とともに、友部教会主任のビッファー神父様、亀有教会の山浦神父様、松戸教会のフィリップ神父様3名の司祭による共同司式のミサ主日のミサに与りました。

 

ビッファー神父様のお説教は、ユーモアにあふれる素晴らしいお話でした。

 

イエス様と一つに・・・

 

ミサ後、友部教会の皆さんからプレゼントを頂きました。本当にお世話になりました。ありがとうございます。

 

3司祭で記念撮影。

 

 

 

午前11時頃、友部教会に別れを告げ、笠間稲荷前の笹目惣兵衛商店(日本酒酒造元)を訪ね、やさと温泉ゆりの里にて、ひとっ風呂戴きました。

 

全国?関東?有数の規模「笠間稲荷」にて。

 

 

 

 

今回も、亀有教会の方々とも更に交流を深めることが出来、心も体もリフレッシュすることが出来ました。恵みの多い錬成会になったと思います。
また、お世話になった友部教会の方々には、感謝の言葉もありません。本当に素晴らしい時間を過ごさせて頂きありがとうございました。

企画、運営を担って下さった皆様といつも導いて下さる神様に感謝!

 

ヨゼフ会では、随時会員を募集しています。松戸教会信徒の成年男子は、全員有資格者となりますので、ぜひ多くの方に入会して頂き、共に松戸教会を盛り上げていけたらと思っています。

 




 |  |  |  |

本日、午後2時から中高生の夏の修練会が行われました。

昨年から始まった中高生の夏の集まりを今年はもう少しグレードアップして、夏の修練会として、中高生担当のリーダーを中心に企画されました。

 

今回の一番の目的は、中高生が自分たちに与えられた賜物を活かし、全体に奉仕するためのトレーニングです。
あらかじめ、参加者の中高生に得意なこと、好きな事を聞き、担当のリーダーがまとめ、3つのグループに分けました

  1. 料理(夕食作り)
  2. 侍者

 

 

こちらは、料理チーム。

午前11時には集合して、2人で決めたメニューに基づき、レシピを考え、必要な材料のリストを作ります。

 

リストに挙げたものを買って来て、早速料理開始!

 

お母さんたちも手伝ってくださいました。

 

緊張の瞬間!!

海羊さん(@kaiyoh_michael)がシェアした投稿

 

 

作ってくれた物は……(それぞれ、参加者と保護者、リーダーの分、神父様の分…合わせて15名分!)

  • お米
  • たまごスープ
  • 羽付き餃子(2種類)
  • マーボー春雨
  • 麻婆豆腐
  • チキンフライ
  • パンナコッタ

 

15人の料理を大変でしたね!本当に、ありがとうございました!

 

 

こちらは、絵チーム。

担当のリーダーと一緒に、まず下書きを描き、アクリル板にガラス絵の具で上描きしていきます。

1枚は、松戸教会の大天使聖ミカエルをモチーフにしたもの。1枚は、主の平和をモチーフにしたもの。1枚は、エリヤが火の馬が曳く火の戦車で天に召されるシーンを描いたものです。

 

残念ながら、時間内に完成させることは出来ませんでした。
是非、教会に来て、最後まで完成させてくださいね!

完成したら、聖堂に展示します!
みなさん、是非、見に来てください!

 

 

 

こちらは、侍者チーム。

この2人の中学生は、すでに、主日のミサで、侍者リーダーとして奉仕しています。
侍者リーダーは、自分の事だけではなく、侍者全員に指示を出し、司祭がスムーズにミサ、祭儀をたてられるように奉仕しなけくてはいけません。
小さい子達の所作等にも目を配り、内陣の中に入る者として相応しい姿勢でミサに与るように指導しなくてはいけません。
堅信を受けるための勉強や、中高生の勉強を通して、そういう事は普段から勉強していますね。

そのためには、自分自身が、しっかりとミサの流れを把握し、次に何をするべきか、何を支持すべきかを分かっていないといけません。
今、行われていることがどのような意味があるのか、分かっていなければいけません。

 

そこで、今日は、復活の主日(日中)のミサの侍者をしている事を想定して、練習を行いました。
教会学校で行っている侍者会では、子ども達も一緒なのであまり高度な事は練習できませんが、今日は中学生以上だけですから、より高度に、普段の勉強を活かした練習となります。

担当のリーダー2人と、入堂から順に今「どのような意味」があり、「どのような事をしているのか」考えながら、1つ1つ丁寧に所作を確認していきます。
また、今は、リーダーのみが行っている香炉(トゥリブルム)や香舟(ナビクラ)の扱い方も練習します。

まずは、入堂から…。

もちろん、ここで歩くペースや所作など、子ども達にもしっかり指導しなくてはいけません。
礼には2種類あり、十字架に対してする深い礼と浅い礼とありますよね。
侍者は、所作の美しさも求められます。
体をしっかり正面に向け、美しい礼を出来るようにしなくてはいけません。
子どもたちはどうしても司祭の方を向いてしまう子がいますから、香部屋にいる時点で、その子達にもそれを伝えないといけませんね。

復活祭などの祭日、祝日では、司祭が香を捧げます。
司祭が香炉(トゥリブルム)を振る際には、司祭から向かって右側に香舟(ナビクラ)を持った侍者がたち、素早くふたを開け、スプーンを司祭側に、右手で持ちやすいように向けます。
香炉(トゥリブルム)も素早く開け、司祭が香を入れやすいような高さまで上げなくてはいけません。

 

そして、回心、憐れみの賛歌と続きます。
栄光の賛歌の際には、カンパネラを鳴らし続けなければなりません。
オルガニストの伴奏に合わせて、リズムよりカンパネラを鳴らす、練習をしました。

「カンパネラが鳴っている時間は、聖なる時間。聖なる空間になる」
リーダーからそう教えられましたね。そういう美しい音が出るように、頑張りましょう。

 

 

奉納の際は、侍者リーダーが最も働かないといけない場面ですね。
まず、奉納行列に行くメンバーを2人選び、行ってもらいます。その他の自分以外のメンバーは、司祭と一緒に内陣で奉納行列を待ちます。それも分かっていない子がいますから、的確に指示しなければなりませんね。
そして、自分はカリスを祭壇まで届けます。この時、祭壇ギリギリまで行き、助祭や神父様に前に出てこられることがないようにしなければいけません。

「もし、助祭や神父様が待っていたり、祭壇を越えて前に出て来られたら、侍者リーダーとして失敗したと思うべき」と、リーダーから注意を受けます。
これは、奉納行列後の、水と葡萄酒の準備の際や清めの際も同様です。小さな子達がしっかり行えるように的確に指示しなければなりませんね。
「チボリウムは誰がどうするのか」「水と葡萄酒はどうするのか」
司祭の意向や、その場の状況(侍者の人数等、諸々ありますね)に合わせて、侍者リーダーが臨機応変に対応しないといけません。そのためには、何をするのが正解なのか、今行われていることにどのような意味があるのか…もう1度思い出してみましょう。

 

ここで、2人には新しいことを練習してもらいましょう。

司祭が内陣で清めの献香をした後、司祭や会衆にも清めの香を振ります。
香炉の扱いは難しいですね。
利き手に関わらず、香炉は右手で持ちます。(教会のことは、全てそうかもしれませんね)
そして、2回振って1回下ろす。を1セットとして、それを3回行います。
会衆へは、中央、右、左と順に1セットずつ振っていきます。

 

感謝の賛歌が終わったら、侍者リーダーは、カンパネラを鳴らす準備をしていましたね。
香炉が用意されている場合は、感謝の賛歌の途中で、香炉に香を入れ、奉献文が唱えられ始める前に祭壇の前に香炉をもってひざまずいておいてください。そして、ご聖体、御血の顕示の際に、香炉を振ります。

最初にも言いましたが、侍者には所作の美しさも求められます。
ただ振ればいいというわけではありません。
「振って出る煙が天に昇り神様に届く」事をイメージして行いましょう。神様に、ミサに集まった方々の気もちを煙にのせてしっかりと捧げられるような美しい所作を目指しましょう。

この場合、あらかじめ、カンパネラを鳴らす侍者を指定しておかないといけませんね。カンパネラを鳴らすタイミングなどをその子に伝えて、任せられるようにしておきましょう。

 

カンパネラを鳴らすタイミングも、司祭によって変わりますね。
また、どの奉献文を唱えるかによっても変わります。しっかり、司祭の動きなどを見て、しっかりとカンパネラを鳴らせるようにしましょう。
目の見えない方にとっては、カンパネラの音だけが「聖変化やご聖体や御血の顕示が今されている」と分かるものなのですから。

平和の賛歌の際には、ご聖櫃への礼を侍者全員でする。
聖体拝領時には、足の不自由な方などがいた場合は、それを司祭や助祭、聖体奉仕者の方々に伝え、自分達が並ぶより早く拝領して頂くようにしなければなりません。

また、礼や起立・着席は、全員がそろって行った方が綺麗に見えます。
侍者リーダーが合図を出し、しっかりと揃えて行えるようにしましょう。
その時、合図は小さな子でも分かりやすく出来るものがいいですね。かといって、「せーの」とかミサ中に言えるわけありませんから、あらかじめしっかりと決めておく必要があります。所作のなかに組み込まれると分かりやすいかもしれませんね。そういう意味でも、しっかりとミサの流れを把握しておく必要がありますね。

 

 

約2時間みっちり侍者の練習をした後、錬成会のためにリーダーと一緒に買い物に行き、その後、みんなで少し遊びました。

海羊さん(@kaiyoh_michael)がシェアした投稿

 

水風船キャッチやメントスコーラなどで男子チームはたのしく遊んでいる中…女子チームは、黙々と作業を続けます。

そして、午後7時頃、ご飯がましたので、男子も配膳を手伝います。

 

 

そして、食前の祈りを唱え、料理チームが作ってくれたご飯を頂きます!

 

おいしかったですね!

 

ところが…量が…

お気づきの方もあったと思いますが、フィリップ神父様にもご参加頂くつもりで料理を作ってくれていたのですが、急なご用事で参加出来ないことに…
しかも、大食いでおなじみのリーダーが「おなかを減らしてきた」と言っていたので、料理係の女の子たちが(かなり)多めに作ってくれていました。

なんと餃子だけで200個もあり....
男子チームは、途中から、楽しい食事から戦いになっていきました。(一人は、早々に脱落しましたが...)

 

最後にみんなで片付け!

 

会の最後には、今年堅信を受けた2人の高校生に教会からお祝いが贈られました。
参加した中高生やリーダー、保護者の方からもお祝いの拍手が贈られました。

 

堅信を受けたことによって、初聖体のときのように、ご聖体を頂けるような何か具体的な変化をもしかしたら感じることはないかもしれません。
でも、大司教様を通して、注がれた聖霊、そして、神様の愛は確実に堅信を受けた者を強めてくださっています。
堅信のための講座や中高生の勉強会で学んだことを通して、堅信を受けたキリスト者としての行動が出来るように頑張りましょう。

そして、もう1つ。忘れないでほしい事は…「みんなには沢山の仲間がいる」ということです。
キリストによって結ばれた決して切れる事のないつながりによって、私たちが結ばれている事を決して忘れないでください。

 

 

初めての中高生の修練会、どうでしたか?
みんなにそれぞれ与えられた賜物を活かし、全体のために働いてもらいました。
「こんなことが、全体のためになるの?」と、思うかもしれませんが...

自分の得意なこと、自分の好きなことをみんなのために惜しみなくいかすことが、どれだけ全体のためになるか?私たちのためになるか?
みんなが神様から与えられた賜物を存分に発揮し、みんなのために奉仕することがどれだけ自分を自由にするか?

教会は、それを具現化した場所です。
是非、これからも、与えられた賜物を活かし、みんなで頑張っていきましょう!

 

 


 

次回の勉強会は、9月の第1週です。

筆記用具をもって集まってください!




 |  |  |  |

ワックスがけの終了後、暑気払いが行われました。
鉄板焼き用のお肉や焼きそばを台所で用意し、鉄板で焼いていきます!

 

 

そして、懇親会のスタートです。
最初に、会長から挨拶がありました。

 

食前の祈り後、乾杯!!

 

暑い中、ワックスがけに参加したメンバーがお互いの健闘を讃え、また、懇親を深めます。

 

 

途中には、9月8、9日に行われる予定の錬成会についての説明が行われました!

錬成会の方にも是非ご参加ください。多くの方々のご参加をお待ちしています!

 

そして、余興も!

 

最後に、10月第3週におこなわれる聖ミカエル祭バザーについて、バザー委員会より説明がありました。

 

今回は、暑い中、多くの方々に集まって頂き、ありがとうございました。

松戸教会所属の成人男性信徒は、みなさん、ヨゼフ会に入会出来ますので、是非、多くの方に入会して頂き、ご一緒に今後も様々な活動を行いたいと考えています。たくさんの方々の入会・ご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

On July 29, 2018, The Michikoto United celebrates their 13th year Filipino Community Day at Toyoshiki Church, as the host for this year.

The event was graced by Archbishop Tarcisio Isao Kikuchi, SVD, the archbishop for the Tokyo Archdiocese being the celebrant of the Holy Eucharist with Fr. Masakazu Tachibana, the Parish Priest of Toyoshiki church and Fr. Philip Ilio Bonifacio, SSC of Matsudo Church, also the Founder and spiritual adviser of the group.

There were around 250 people who came to witness the event.

 

 

The celebration started with a quick photo opportunity with the Archbishop Kikuchi and the presence of Minister Robespierre Bolivar, the Consul General of the Philippine Embassy by communities.

 

 

 

A very solemn Holy Eucharist started at 2pm.
The prayers of the faithful were said in 8 different dialects of the Philippines.

 

 

 

After the mass, part 1 of the program proper started with the Philippine National Anthem, invocation, a welcome address by Fr. Philip and inspiring opening remarks given by Min. Bolivar and Archbishop Kikuchi.

 

 

 

Different dance presentations were performed by each community. Two cultural dances- Itik-Itik (performed by Toyoshiki) and Subli (performed by Koiwa community) and 2 modern dances of the sixties performed by Ichikawa and Matsudo communities. The audience were amused especially with the “Oh Carol” dance by Matsudo community.

ICHIKAWA communities

 

KOIWA communities

 

TOYOSHIKI communities

 

MATSUDO communities

 

 

 

Modeling of Filipiniana and Barong contest also took place for children and adults simultaneously.

 

Women’s contest

 

Men’s contest

 

Children’s contest

 

 

 

Part two was done outside the church which comprises of other song performances, drawing of raffle tickets while enjoying the early dinner buffet.

 

 

 

The Pageant!

Little Mr. and Miss!! 

Mr. and Miss!!

 

It was another successful celebration of the Michikoto United. Congratulations to Toyoshiki Community as the host and also to the Michikoto United Core group.

 

MATSUDO Community

 

ICHIKAWA Community

 

KOIWA Community

 

TOYOSHIKI Community

 

MICHIKOTO United

 

This is also a charity event of the group and portions of the raffle proceeds will go to the CFC-Gawad Kalinga Cornerstone as our support to their educational program for less fortunate children and also to the Sta. Rita Church in support to their on-going church renovation.

We would like to thank all our sponsors, donors and volunteers who made this event a success.
May we all be guided and blessed always.