|  |  |  |

主のご復活おめでとうございます!

 

今日は復活祭!

教会学校はお休みです。みんなでイエス様のご復活をお祝いします!

 

IMG_8619

 

復活の主日のミサのなかで祝福して頂いた卵を今日のミサに来て下さった方に配るのは、教会学校の子供たちの大事な役目です。
もうちょっと元気に配れたらなぁ…

 

IMG_0418

 

10014925_642818562459356_3932762697503006132_o

 

ちゃんと皆さんに配れたでしょうか?

日本では、江戸時代、ある地方のキリシタンの方々が四旬節の時期に産まれた卵をとっておき(小斎のため、卵を控えていた…)、復活祭の時に茹でて食べ、ご復活をお祝いしたといいます。ヨーロッパの文化と思われがちですが、日本でももう数百年の歴史を紡いできた風習なのですね。

 

 

 

 




 |  |  |  |

聖週間において、侍者奉仕を行うメンバーが、当日、行われる2時間程度前に集まり、最後の確認を行いました。

受難の祭儀の前

受難の祭儀の前

 

フィリップ神父様から直接細かく指示を頂き、それぞれ自分の役割を確認し、本番に備えました。

 

復活の聖なる徹夜祭前

復活の聖なる徹夜祭前

 

 

ヨゼフ会のメンバーは、このように教会の行事に積極的に参加しています。

今日新しく受洗・転籍された方々も、是非ご参加ください。




 |  |  |  |

本日、2014年度入学式・1学期始業式が9時半からお御堂で行われました。

いよいよ新しい年度の始まりです。

 

最初に主の祈りをみんなで唱えました。

 

IMG_0341

 

教会学校の校長先生、フィリップ神父様からみんなに新年度の挨拶がありました。

 

IMG_0342

 

そして、フィリップ神父様から、昨日から赴任された大阪教区の松永助祭のご紹介があり、ご挨拶を頂きました。これから2月まで教会学校のご指導をしていただけるそうです!

シスターがいなくなって、不安になっていたリーダーたちもこれで一安心…。

 

IMG_0346

 

そして、今年度から教会学校に入学した8人の新しい仲間に1人1人自己紹介をしてもらいました。

みんな大きな声で名前と学年(と通っている学校のクラスまで…)を言ってくれました。

 

IMG_0347

 

この後、リーダー、サブリーダーたちからも一言ずつもらいました。

「今年は遅刻しないように頑張るからみんなもちゃんと来てね!」

 

IMG_0353

 

最後にアヴェ・マリアの祈りをみんなで唱え、入学式・1学期始業式を終えました。

いろんな体験を共有して、新しい仲間とも早く仲良くなって、今年度も、楽しく元気にイエス様のことについて、たくさん勉強しましょうね!




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を毎月第2週に行っています。

本日は、枝の行列を駐車場スペースで行うので、地下ホールの前で行いました。

 

IMG_0337

 

 

 

● 今月のおすすめ品

 

IMG_0334

 

IMG_0329

 

IMG_0333

 

IMG_0335

 

春になって、たくさんの野菜が出てきました。

ネギやホウレンソウは、冬の寒さを越えて甘みが増しているそうですし、冬ではあまり見られなかったフルーツトマトやアスパラガス、きゅうりといった野菜も出てきましたね。

わき芽かぶれ菜は、春限定だそうで、やわらかくおいしいそうです。

 

 

 

IMG_0331

 

とちおとめ

福島県農業省を受賞したいちごだそうです。

味見させて頂いたのですが、本当に甘くて美味しかったです。

 

 

 

IMG_0336

 

川俣シャモのジャーキー

福島の地鶏川俣シャモのムネ肉を特製タレに漬け込みじっくり熟成させた後、成型し桜のチップで燻しながら旨みを凝縮させていきます。
噛めば噛むほどシャモの旨みがあふれ出してきます。

 

 

 

来月も、第2週5月11日(日)8時ごろから即売会を行っています。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 




 |  |  |  |

今日は、午前10時から聖週間を迎えるための大掃除がありました。

多くの方に参加して頂き、ありがとうございます。

 

午後5時からは、聖週間のための侍者会を行いました。

 

IMG_0319

 

フィリップ神父様のご指導のもと、受難の主日(枝の主日)、聖木曜日、聖金曜日の典礼の式次第の確認をし、当日に備えます。

 

IMG_0326

 

明日の受難の主日(枝の主日)から始まる聖週間は、カトリック教会にとって最も大事な1週間となります。

特に過越の聖なる3日間(聖木曜日・聖金曜日・復活の主日)は、教会暦の頂点となります。ぜひ、多くの方にご参加いただきたいと思います。