|  |  |  |

今日の午後5時半から、主の受難の祭儀で祭壇奉仕を行うメンバーが、フィリップ神父様、そして、典礼委員会の方々と打ち合わせを行いました。

 

フィリップ神父様から直接細かく指示を頂き、祭儀が滞りなく進められるよう、様々な確認を行いました。

01c2ff8b72234158cee621eb4315ea03dfa13433e7

 

普段行われるミサとは違いますので、(聖金曜日にミサは行われません)より綿密な打ち合わせが必要になります。

01d60cf00128337ac34da6fb90baba0b94d0648779
01e21e4a5fa5eed218120e1756d764c526a3e823ef

 

ヨゼフ会のメンバーは、このように教会の行事に積極的に参加しています。
今日新しく受洗・転籍された方々も、是非ご参加ください。




 |  |  |  |

今日の午後5時半から、主の晩餐の夕べのミサで侍者侍者奉仕を行うメンバーが、フィリップ神父様、そして、典礼委員会の方々と打ち合わせを行いました。

 

フィリップ神父様から直接細かく指示を頂き、洗足式など、それぞれ自分の役割を確認し、本番に備えました。

014f2a6f1f8c4778a6c1a7e2a90b732ec65768551e

 

そして、仮祭壇へご聖体を移す時に関しても、しっかり確認しました。

015dadebb18eb0adb3a6dc24bcc95968ff12808e85
0100eabb406bde99611de74c535e86df9830addf27

 

ヨゼフ会のメンバーは、このように教会の行事に積極的に参加しています。
今日新しく受洗・転籍された方々も、是非ご参加ください。




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を毎月第2週に行っています。
先週、お休みでしたので、第3週の本日行われました。今日は、受難の主日ということも多くの方々が教会にいらっしゃいました。

 

01aec0aa9798c89662b9a46befd55fd5647ee33d89

 

 

 

● 今月のおすすめ品

016965e62365095008fc80c068dd0e1f95e82ddce7

いちご(とちおとめ)

とちおとめは糖度が高めでほどよい酸味を持ちます。また、果汁が豊富で果実がしっかりしているので比較的日持ちがよいのも魅力です。
今の時期のいちごは、成長が遅い分、甘さが凝縮されているそうです。

 

 

01882e3c2e410211472c8dda72d989b0a99b319f9f
01bfb9f0f7002f48f1f9941282f5812a454d1265df

有機野菜

にらや葉玉ねぎなど、春野菜が登場してきました。
伝統野菜「しのぶ冬菜」や少し紫がかった「あやめ雪(かぶ)」など珍しい野菜が人気でした。
新鮮な旬の野菜を楽しめるのも即売会ならではですね!

 

 

01b4a44e4839dd4d6a3d839941514bee79e3636d19

フルーツトマト(期間限定)

普通のトマトよりも糖度が高いトマトをフルーツトマトといいます。(品種名ではありません)
フルーツのように甘いです。

 

 

0151c6f914f2d2c4b3cc0f6e901a548734b62b8daf

揚げ饅頭

松戸教会でも大人気商品が、福島県二本松花月堂花屋の『あだたら山の揚げまんじゅう』です。
箱買いされる方も多く、あっという間に売り切れてしまいます。

 

 

 

 

来月は、第2週4月10日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

 

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

017c41e436722393f6e5266ef46255c0d45873db79

今日は、前回に続き、第2回目の堅信のための勉強会です。
堅信の勉強会のカリキュラムは、以下のページに掲載されています。

 

今日は、受堅希望者のみの勉強会です。(月1回、第1日曜日は受堅者も含めた中高生の勉強会と合同になります。)出席者は3名。1人が風邪でお休みでした。

さて…今日の内容は、「堅信」についてです。
これから「なぜ自分たちが勉強するのか」ということを知っておくことはとても大事なことです。

今回も、主の祈りを唱えてスタートです。

 


 

 

今週のテーマ

● 堅信って何? ●

前回は、「神様がつけてくださったしるし」について勉強しました。
神様が、私たち罪人にもう1度神様のもとに戻れるように「しるし」をつけてくれるのだというお話です。
神様がいかに私たちを愛しているのか、そして、その神様の愛をみんなに授けようとしてくれたお父さんやお母さん、お祖父さんやお祖母さんたちの愛を感じてもらえたらと思います。

さて…そのしるしはどうやって私たちにつけられるのでしょうか?
それは、「秘跡」というものをうけることで得られます。
秘跡」は、7つあり、それらは大きく分けて3つに分けられます。(全部与る場合でも6つですが…)
1つの1つのしっかりとした説明は、また今度別の機会にしますが、簡単に説明します。

  1. 入信の秘跡

    洗礼
    キリスト者となります
    初聖体
    キリストと同じものとなります
    堅信
    与えられたしるしを強めてくださいます

  2. 交わりや使命を与えられる秘跡

    結婚
    一生のパートナーを与えてくださいます
    叙階
    一生の役割、そして、司祭としての権能を与えてくださいます

  3. 癒しを与えてくださる秘跡

    ゆるしの秘跡
    神様から離れてしまった罪(前回参照)を赦してくださり、もう1度キリスト者として生きる力を与えてくださいます
    病者の塗油
    昔は、終油の塗油と言われていて、臨終の間際に与えられるものでしたが、現在は、病気や怪我、手術などと向き合う力を与えてくださいます。

秘跡を与ることによって、「私たちが見る事の出来ない神様の愛、存在を感じる事が出来る」ようになります。秘跡は、神様・キリストとの出会いそのものであり、キリストご自身が秘跡そのものなのです。

 

さて、今日は、この7つの秘跡のなかでも堅信についてしっかり覚えて帰りましょう。
堅信は、先程話したとおり、洗礼で得たしるしを強められるために与ります。なぜ、このようなしるしをうけることになったのか。
今日は、聖書をひいてみましょう。普段、聖書を引きますか?それでは、使徒言行録8章14-16節までを開いて読んでみてください。使徒言行録はどこにあるかわかる?

はい。ありがとうございます。
このお話には2つの意味があります。
1つは、「言葉による洗礼」を与っただけでは、少し力が足りない。もう1つは、使徒ペトロ、使徒ヨハネは、聖霊降臨によって、イエス様と同じ力を得て、私たちに「聖霊を注ぐ力」を得られたということです。
これによって、「堅信」という秘跡が生まれ、その永遠に刻まれる堅信という「しるし」は使徒たち、現在は、使徒の権能を受け継いだ司教様たちによって行われるものとなりました。だから、5月15日の堅信式は、カテドラルまで行くわけですね。(聖霊については、今度しっかり勉強します)

そして、聖霊の力によって、洗礼で受けた恵みを生涯を通して実践し、キリストの証し人として振る舞えるようになります。
もちろん、この事も聖書に書いてあります。
では、今度は旧約をひらいみましょうか。イザヤ書61章1節を開いて読んでみてください。イザヤ書は、さてどこにあるでしょう・・・・イザヤ書は多いから、適当に開くと意外とイザヤ書かも…
詩編より前かなぁ後ろかなぁ。バビロン捕囚の前かなぁ後ろかなぁ…。

はい。ありがとうございました。
「主なる神の霊」、つまり、聖霊を注がれるのは、「貧しい人々に良い知らせを伝える」ためです。「良い知らせ」、つまり、「福音」とはなんですか?福音とは、「神の子イエスによって神の国が始まったこと」ですよね。ミサの閉祭の時に神父様がなんとおっしゃるか覚えてますか?
行きましょう。主の平和のうちに」と仰います。
どこにいくのでしょうか?そう、福音宣教に行くんですよね。つまり、その力を堅信のしるしを受けることによって、与えられたわけです。
今まで、洗礼・初聖体、そして、堅信に至るまでは、みんなはある意味、教会やお父さん・お母さんの意思で教会に来て、教会学校に来て、ミサに与って…という生活を送っていましたね。
たとえば、「主の祈りが唱えられない」「使徒信条が唱えられない」「教会が嫌い!」とか、これは、みんなの責任じゃなくて、教会共同体やお父さん・お母さんの責任です。
みんなが洗礼を受ける時に、「信仰を育て、1人前の信者とする」ということを、お父さんやお母さん、そして、教会共同体は神様に誓いました。でも、堅信を受けた後は、もう「自分の責任」になります。もう1人前の信者となるわけです。ある意味、成人式みたいなものだよね。
ちょっと心配になってきちゃいましたか?
でも大丈夫。それだけの力をみんなは5月15日の聖霊降臨によって与るわけです。(だから、今も勉強しているのだよね…)
堅信によって、洗礼によって私たちの心に出来た「聖霊の神殿」にたくさんの聖霊を注ぎ込んでくれます。そういうとイメージしやすいかなぁ。
聖霊は、鳩の絵でよく表されます。こう白く輝いた鳩がブワァーと注がれる感じ。
では、最後にマルコ1章2節から13節まで読んでみましょう。マルコ…福音書だよ。4つの福音書の何番目でしょう?

はい。ありがとうございました。
聖霊がブワーと注ぎ込まれる感じがイメージしやすいと思います。そして、その時、神様がこう仰るよね。「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者
これはイエス様の「洗礼」のお話だけど、みんなも堅信によって「神様の愛する子、神様の心に適う者」になるのです。

今日は、枝の主日で、色々準備がありますから、ここで終わりにしますが、今日から始まる聖週間、特に過越の聖なる3日間はイエス様の「受難・死・復活」に与る、とても大事な3日間です。
「復活祭だけ行けばいいや!」じゃなくて、出来るだけ3日全てのミサに与るようにしてくださいね。

それでは、最後にアヴェ・マリアのお祈りを唱えて終わりにしましょう。

 

 

 


 

さて、次回の勉強会は、4月3日・9時15分から「堅信のための勉強会」も兼ね、中高生の集まり(勉強会)として、行います。
筆記用具とノートをもって、集まってください。

堅信を希望する中高生の皆さんは、しっかり今回の内容を確認して、勉強会に来てくださいね。
堅信の勉強会のカリキュラムは、以下のページに掲載されています。




 |  |  |  |

本日、四旬節の大掃除が行われました。
松戸教会では、毎年、聖週間前に大掃除を行い、主のご復活の準備を整えています。

0123b42e3d5e00bdd6ed0b4d4f4f8baf2bdc1cce51

 
午前10時に地下ホールに集合し、前もって定められた分担を確認し、ヨゼフ会、各地区それぞれ担当の場所に分かれ、毎週各地区ごとに行う掃除では行えないような箇所も丹念に行います。

 

 

お御堂はヨゼフ会の方々がイスを移動し、モップをかけ、ワックスをかけました。

01ce9d81ab77995373381363ec8939feef6bdfeafd
01029786f439819681830a75139c67133f06115743
0159f4f875ae599d2f03a896eb42632c7b53a69020
017cca590ccac8cfd2f1c867eea0aa93798207b253

 

 

祭壇は、典礼委員の方を中心に行い、いつも以上に丁寧に磨きました。

01edcaa1c537e368089e310c578ef87c7a3c7b1dce

 

 

聖堂入口のドアやエントランスホールも綺麗にします。

0180743bbaed06740acfe4f252781e358aa958c8e7

 

事務室等もカーテンを外し、綺麗にします。

01b3e817f73be100e6ff9b92b5d9ea025281931efc

 

 

地下ホールや台所も机やイス、ソファーを移動し、モップ掛けし、綺麗に磨きます。

01d5c38c552d722ad1978725785f3fa49efd55f49a
011873dccfd65f5ed648b70c6a4f7de7b811bacb08
0141bfe847cb75056f140ffa4a6e996fa2fc3c6d89
01a7981ad3c167416fac2c895936140862f93a8ea0

 

 

幼稚園では、青年と典礼委員の方々が、聖器具を磨きます。
磨く前の聖器具です。

01b27423ca7e954ddc23230d3f5b70d717a93e7da7
01a5496d32d6c97319ee1a3b5299c07315301147a4
0135b954a134b01f3a03a2927c26e27bca3006adfd

 

磨いた後の聖器物はどれも輝いています。侍者をしている青年たちも自分たちで磨くことによって、より侍者奉仕への思いも強くなったと思います。

01e486b71aba054bc456e2341f73a741ed3317e021

 

 

雨の中多くの所属信徒が大掃除に参加し、聖週間の準備を行いました。

明日からは、「聖週間」が始まります。この1週間は、典礼暦の頂点です。
信者は、「過越」を共にし、イエス様のご復活を迎えます。