|  |  |  |

いよいよこの日がやってきました。

主のご降誕、クリスマスです。

昨年に引き続き、教会学校の子どもたちが、子どもの奉仕するミサの前に「聖劇」を行いました。
2学期のほとんどをこの聖劇の練習に費やして、練習を通して、「ご降誕」というものがどういうものであるかを学んできました。

 

午後5時半……
いよいよ開演です。

 


 

場面1

神様が、私たちを幸せにするための御計画をたてられ、大天使聖ガブリエルにマリア様とヨゼフさまにそれを伝えるように命じられます。

場面2

大天使聖ガブリエルがマリア様にイエス様のご受胎をお伝えになります。(受胎告知)

場面3

マリア様が身籠っていることを知り、正しい人であったヨセフ様は結婚するか悩んでいました(律法では、結婚する前に身籠ってしまったマリア様は死刑になってしまいます!ヨセフ様も当然罪に問われます)
大天使聖ガブリエルは、これは神の御計画なので、ヨセフ様にマリア様と結婚しなさいとお話されます。ヨセフ様は、そのお話を受け入れ、マリア様を妻に、そして、産まれてくるイエス様の父になろうと決意します。

場面4

ナザレからベツレヘムへ身重なマリア様とヨセフ様は、戸籍登録のために旅にでます。しかし、ベツレヘムの宿はどこもいっぱい。
身重なマリア様を外で寝かせるわけにもいきません。
しかし、これも神様の御計画のうちでした。神の子イエスが「ふかふかのベッド」ではなく、「藁がひかれた飼葉桶」という低いところから産まれるということは、神様が「貧しい人・弱い人」のためにイエス様を送ってくださったことの証です!

場面5

大天使聖ガブリエルと天使達が、当時の社会で低い者とされていた羊飼いたちに現れ、イエス様の御降誕を伝えます。
そして、喜びに満ちた羊飼いたちがヨセフ様とマリア様の所にお祝いに行きます。
また、遠い東の国からユダヤ人の王を求め、旅をしてきた3人の博士たちも、ベツレヘムの星に導かれ、イエス様を発見し、お祝いします。

場面6

天使達が喜びの歌をうたい、神の子イエス・キリストの御降誕をみんなで祝います。

 


 

本当にみんな頑張りましたね。
家でもたくさん練習してきてくれたのだと思います。

たくさんの方々が、子どもたちの聖劇を観に来てくださり、たくさんのお褒めの言葉を頂きました。
本当にありがとうございました。




 |  |  |  |

聖劇のゲネプロを終え、次に子供の奉仕するミサの練習を行います。
大変だけど、良いミサにできるように頑張りましょう!

まずは最初から通して練習します。自分の役割の位置に移動してください。

侍者はまずは入堂…
列を崩さないように気をつけながら…
でも変な歩き方にはならないように頑張ってください!

解説や先唱(司会)の人は、読めない漢字にふりがなをふっている様子です。
しっかり準備して、皆さんにわかりやすく伝えられるようにしましょうね。

役割がない人や自分の出番がまだな人もミサの流れにそって動きを練習します。
教会学校席は、イエス様に一番近い席ですから、しっかりとした姿勢で居られるようにしましょう。

クリスマスミサでは、赤ちゃんのイエス様の人形をお迎えする時間がありますので、
侍者はその時移動するのを忘れずに!

さて…ミサが進み…朗読者の誘導です。

そして…今回のミサは答唱詩編の詩編部分を中高生会のメンバーが担当します!
錬成会でも詩編を歌ってくれましたね。
今回のミサは大勢の人が参加するのできっと緊張すると思いますが頑張りましょう。

本日のミサのオルガニストの方も練習に参加してくださいました。
本当にありがとうございました!

そして第二朗読の誘導です。

赤ちゃんのイエス様がいらっしゃるので、位置を気をつけてください。

そして福音朗読…
通常のミサではない献香がありますので、気をつけましょう。

共同祈願はスムーズにできるように、座っている時の並び順もしっかり決めます。
そして十字架に礼をする動きもしっかりやりましょう。

そして奉納…
侍者の中から2人、奉納する子供達を迎えにいきます。

奉納を受け取った後の動きも練習しました。

そして、献金カゴの奉納です。

侍者は神父様が手を洗う水と手を拭く布を準備します。
神父様をお待たせしないようにちょうど良いタイミングで出来るようにしましょう。

そして聖体拝領!

そして退堂です。

ミサの流れにそっての練習は終わりです。
その後それぞれのチームで練習しました。

答唱詩編の歌の練習です!

先唱・解説の練習の様子です。

こちらは奉納チーム!

共同祈願は並ぶ位置などの打ち合わせもしました。

どのチームも一通り練習を終えました。

本当にお疲れ様!
でもこれからが本番です。
幼稚園に移動して準備しましょう…!
まずは聖劇ですので、衣装を着てください!

本番を前に、ガブリエル役の子の先唱で「アヴェ・マリアの祈り」を唱え、
成功を祈りました。

いよいよ聖劇が始まります!




 |  |  |  |

クリスマスパーティーのあと、
教会学校の子供たちは御聖堂に集合です!
今日17:30から行われる聖劇の最終リハーサルと、子供の奉仕するミサの練習を行います。
まずは聖劇の練習から!
一度通して立ち位置を確認するくらいの時間しかありませんから、
しっかり集中して、一度で立ち位置を覚えてくださいね!

本番はたくさんの人がきますし、照明もつきますので、いつもの練習とは違う雰囲気になりますね。
それでもしっかりできるように、この最後の練習の時間、集中しましょう。

最初から通して練習していきます。

少し複雑なシーンに来ました。
聖歌隊が「ろばの歌」1番を歌い終わったら、ヨセフ役はセリフを言って、動き出してください。

羊飼い役は、ホールで練習したときから位置の変更がありました!
お客さんにちゃんと見える位置、カメラにちゃんと映る位置を覚えてください!

聖歌隊は、自分たちの出番がどのタイミングか覚えておいてね。
本番ではリーダーは忙しくて教えてあげられないかもしれません。

羊飼い、東方三博士が馬小屋にやってくるシーンは、特に立ち位置を気をつけましょう。

最後の歌、「あめのみつかいの」は全員で歌います!

この時の立ち位置を、カメラに全員の顔が映るように調整しました。
難しいけれど、自分がどの位置に立っていたか、よく覚えておいてください!

さて、聖劇の練習はこれでおしまいです。
後は本番のみ!
みんな自分の場所は大丈夫ですか?
祭壇は幼稚園のホールの舞台より少し狭いですが、
しっかり頑張りましょうね。

次は子供の奉仕するミサの練習に移ります…!




 |  |  |  |

今日も元気に子供たちが集まりました。
今日は二学期最後の日なので、まずは御聖堂で終業式を行います。

「教会学校・はじめの祈り」を唱え…

校長先生である、フィリップ神父さまからお話をいただきました。

今の教会の季節なんですか??
待降節?
あたりです!

今日は待降節第四主日です。
明日からクリスマスの季節になります。
待降節はイエス様を待つ心の準備をする期間ですね。
復活祭の前も準備の期間があり、「四旬節」と言いますね。

待降節は、希望の時間、心の準備の時間です。
クリスマスには赤ちゃんのイエス様のお人形をおいて礼拝しますね。

クリスマスはパーティーなどもあって楽しいですが、
明日ここで5:30から聖劇、6:00からミサをしますね。
明日は頑張ってくださいね!!

次にリーダーからもお話がありました。

待降節のあとは降誕節です。
主の公現の祭日がありますね。
教会学校のメンバーの中から3人が、
祭壇の馬小屋に三博士人形をおきます。
三博士の格好してやります。
選ばれた人は、がんばってください。

さて、明日は大事な日です!!
クリスマスです!
イエス様が生まれた日?
もっと正しい言い方がありますがわかりますか?

明日は…日本語で言うと「主の降誕」ですね。
もう答えを言ってしまいました!イエス様が「御降誕」する日です!
クリスマスにはいろんな人が教会に来ます。
イエス様のこと全く知らない人も来ます。
そういう人たちにちゃんとイエスさまのことを伝えられるように頑張ってください!

そして、明日の「子供の奉仕するミサ」の役割を発表しました。
みんな自分の役割を頑張ってください!
役割がない人も、ちゃんとしっかりした態度でミサに預かれるよう頑張ってくださいね。

さて、次は着衣式を行いたいと思いますが…
2学期の頑張りで初心者マークの赤ライン侍者から白服侍者に昇進した人は…いませんでした。
赤ラインの服の人は、ほんとうだったら侍者はできません。
でも練習しないとできるようにならないから
侍者リーダーやリーダーと一緒ならという条件でやらせてもらっています。
そういう意識を持って、なんで自分は赤ライン服なのかな?と考えてね。

「主の祈り」で終業式を終わりました。

さあ、幼稚園のホールに移動し、聖劇の練習です!
いよいよ明日が本番なので集中して頑張りましょう。

聖歌隊はまず発声練習をして、少し歌ってみました。

そして演劇チームと聖歌隊の合同で通し稽古をしました。

今日いなかった人の役は、中高生が代役として協力してくれました。

 

最後まで通すことができました。

本番は御聖堂で行いますから、ホールとは全然違います。
舞台の広さや、会場の様子も違います。
お客さんもいっぱいになります!
明日のゲネプロは、本番と同じ場所で練習できる最初で最後の機会になります。
今日の立ち位置はまたちょっと変わるかもしれないから、そう思っておいてくださいね。
そして、今日注意されたことは忘れないように、新しい立ち位置などを覚える余裕を持ってきてください。

最後に「アヴェ・マリアの祈り」「詠唱」(頭を下げましょう)で終わりました。

明日は頑張ろうね!!!




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

季節が流れるのが早すぎますね。もう冬物…。

 

 

● 今月のおすすめ品

洋ナシ(ル・レクチエ)

気品漂うエレガントなシルエットから、「西洋梨の貴婦人」とも呼ばれています。ルレクチェは西洋梨の中でも栽培が難しく、現在はフランスでも栽培されておりません。
ラ・フランスとル・レクチエは同じ洋梨ですが、実際に食べ比べてみると、かなりの違いがあることに気づきます。ルレクチエの豊かな芳香とまろやかな食感は、ラフランスを凌ぐと言われています。果皮に斑点(さび)多く、独特の甘い香りと酸味の少ない濃厚な甘みが特徴です。

 

りんご(ふじ 蜜入り)

福島県のリンゴ産地は他のリンゴ主産県と比較して温暖な地域に位置しています。そのため、秋の成熟期でも落葉が少なく、光合成を十分に行うので、養分を果実に送り込むことができます。蜜が入ることでさわやかさに甘みが加わり、バランスのとれた美味しさです。

 

葉物

福島の厳しい寒さの中育った葉物たちは、野菜本来の味が強いです。

 

花月堂花屋さんの揚げ饅頭

大人気の「あだたら山の揚げまんじゅう」が久々の登場!実は、季節ものです。暑い時期は販売していませんので、今のうちにご購入下さい!

 

 

次回も、2月の第3週2月17日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。