|  |  |  |

今日は、主の公現の祭日です。

教会学校の子どもたちには、大事な役目があります。
ミサ入堂とともに内陣の馬小屋に三博士を安置する大事な役目です。

 

始業式の後、その役目を務める、1年生と2年生の3人の子どもたちには、練習するために、聖堂に残ってもらいました。

まずは、3人に東方の博士の格好をしてもらいます。

 

そして、入堂の行列から練習します。
1年生は、まだ侍者も未体験……。
ミサ前に入堂での所作、そして、内陣での所作、三博士を安置する場所など、丁寧にリーダーから教わり、練習しました。

 

まず、十字架に神父様と一緒に礼をし、内陣が上がり、膝をついて、丁寧に三博士を安置していきます。

 
遠い東方から馬小屋でお生まれになったイエス様を「メシア」と信じ、礼拝した博士たちの来訪をしっかり再現できるように、本番でも頑張りましょうね!




 |  |  |  |

あけましておめでとうございます。
今年も松戸教会、教会学校をよろしくお願い致します。

 

さて、今日から3学期の始まりです!
聖堂に集合し始業式を行いました。

まずは「教会学校・はじめの祈り」をします。

 

そして、校長先生のフィリップ神父様にお話を頂きました。

今日は、主の公現の日です。
3人の博士がイエス様にプレゼントをしました。
黄金と、乳香と、没薬を贈りましたが、この3つは王としてのしるしです。

教会の1年は、12月の「待降節」から始まります。
最後は「王であるキリスト」の祝日です。

教会のスケジュールのサイクルでは、今年はAの年です。

信仰のため、みんな一緒に、たのしく勉強しましょう!

 

次に、下原助祭からお話を頂きました。

あけましておめでとうございます。
皆は年末年始どう過ごしましたか?
僕は地元の神父様といっしょに親戚のお家に行ったりしました。
みんなにとって楽しい一年になりますように!

下原助祭は、松戸教会にいられるのは今月いっぱいです。
そして、3月19日に神父様になります!!
神父様からも、下原助祭のためにお祈りしてください!とお話がありました。

3学期は、行事が卒業式だけです。
だから勉強する時間がたっぷりあります!がっつり勉強しましょうね!!

 

 

 

始業式を終えて、教室を移動しました。
今日、神父様がお話ししてくれた教会のスケジュール(典礼歴)について、勉強します。

プリントが配られました。
円グラフみたいなのが書かれていますね。
これは一年を表しています。
この一年を表す円グラフに、その期間の神父様の服の色を塗ってもらいます。

さて、教会のカレンダーの最初はいつからでしょうか?
さっき神父様もお話しして下さいましたよね??それに前にも教えたよね?
1月1日からじゃないよ!
正解は、「待降節」からです!
降待節はクリスマスの4つ前の日曜日からです。
イエス様のご降誕のための心の準備をする季節です。

待降節の神父様の服の色は何色かわかりますか?
正解は…紫です!

待降節の次は、なんでしょうか?
「降誕節」といいます。
待降節と降誕節の境目が「主の降誕」…つまり、クリスマスですね。
降誕節の中で重要な日は1月1日の「神の母聖マリア」の日です。
そして、降誕節の最後の日が、今日、「主の公現」です。
さっき神父様がお話ししてくれたように、三博士がイエス様に贈り物をした日です。
イエス様が生まれたということが、外国から来た三博士にも知られて、おおやけになった日です。

降誕節の神父様の服の色は…白です!

さて降誕節が終わると…「年間」という時期になります。
「年間」は神父様の服の色は緑色です。

そして次は…「四旬節」です。
毎年時期がずれますが、2月か3月ごろに四旬節にはいります。
今年は3月1日の灰の水曜日からですね。

四旬節ってどういう意味でしょうか?
四旬節の四は4という意味…旬は10という意味があります。
つまり、40という意味です。
イースターの46日前の水曜日から四旬節です。

イースターってなんですか?
「卵!」と答えてくれましたが違います!
イースター島のことでもないよ!
イースターは復活祭のことです。
イエス様が亡くなって3日目に復活なさったのをお祝いする日です。

40という数字は意味があって、苦難を意味しています。
例えばモーセ…エジプトからイスラエルの民を連れてカナンの地を目指し、40年荒野をさまよいました。

四旬節最後の日曜日は、「受難の主日」です。
枝の行列をする日ですね。
枝の行列は、イエス様がエルサレムに入るのを、人々が「王様!」と迎える様子を再現しています。
でもこの日の福音朗読では、みんながイエス様を「十字架につけろ!」と叫ぶところが読まれます。

四旬節はイエス様の苦しみを思い、復活の心の準備をする時期です。

四旬節の神父様の服の色は、待降節と同じく紫色です。
紫色の時期は、準備をする季節なんですね。

四旬節の次は、「復活節」です。
復活節は、ご復活を祝う季節で、神父様の服は白です。
復活節は、イエス様のご復活を通して、神様のいつくしみ、神様の愛を感じる期間です。
この復活節の最後の主日が、「聖霊降臨」の祝日です。
弟子たちがイエス様から特別な聖霊をもらって、宣教を始める日=教会の誕生日です!
皆が中学生になったら、この日に堅信を受け、特別な聖霊をもらって、一人前の信徒になります!

そして次に「年間」の時期になります。
年間のなけでは、「キリストの聖体」の祝日もあります。
みんなこの日に初聖体を受けたと思います。

そして、松戸教会のひとにとって大切な日もあります。
9月29日は何の日でしょうか??
大天使聖ミカエルをお祝いする日です!!
松戸教会は聖ミカエルの名前を頂いています。皆は松戸教会の信徒として、聖ミカエルの祝日を覚えておこうね!

まとめると…
「待降節」…紫
「降誕節」…白
「年間」…緑
「四旬節」…紫
「復活節」…白
「年間」…緑

みんな円グラフの色綺麗に塗れましたか?

 

 

さて、そろそろタイムアップです。
最後に「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて終わりました。

今日勉強した教会の1年の流れを覚えておいてね!
来週も元気に集まってください!




 |  |  |  |

本日、午後1時から2017年ヨゼフ会総会が、行われました。

 

2016年の活動報告、2017年の役員などが発表されました。また、2017年に向けて昨年の反省点をあげ、それに対しても討議されました。

 

 

その間、集まってくれた青年たちや教会学校の子どもたちがイルミネーションの撤去を行ってくれていました。

 

総会後、ヨゼフ会も撤去作業に入りました。

 

また、電球の交換なども併せて行いました。

 

 

撤去作業後、新年会が行われました。

2017年も様々な企画実行し、教会行事に積極的に参加していきます。

松戸教会所属の成人男性信徒は、みなさん、ヨゼフ会に入会出来ますので、是非、多くの方に入会して頂き、ご一緒に今年も様々な活動を行えたらと考えています。
たくさんの方々の入会・ご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

新年あけましておめでとうございます。

 

今年もお雑煮を作り、午後11時に行われる「神の母聖マリア」の祭日のミサに与った方々に振る舞います。
2016年最後のヨゼフ会の活動です。

午後10時前には集合し、準備を始めました。

 

ちょうど0時を過ぎ、新年を迎えた頃、ミサが終わりました。
ミサに与った方々に地下ホールに降りて来て頂き、暖かいお雑煮を食べていただきました。

 

皆様が新年のあいさつを交わされていました。
ヨゼフ会にとっては、新年最初の仕事は、「次々とお雑煮を皆様に配ること」、そして、「食べ終わったお椀やお箸を洗うこと」となりました…。

本当に寒い中、多くの方がミサに与っていらっしゃいました。せっかく、集まってくださった方々が、少しでも暖をとって頂けましたのなら、幸いです。

本年もどうぞよろしくお願い致します。




 |  |  |  |

クリスマスパーティーの後、最後の聖劇練習、リハーサルを行いました!

パーティーが終わって…急いで着替えます!

結構着替えに時間がかかってしまいましたね。
急いで聖堂に移動して練習スタートです!

 

 

舞台に立っていない人は教会学校の席で待機です。

 

さて、最初から通しで練習します。

立ち位置や身体・顔の向きを気をつけながら練習します。

 

マリア様とヨセフ様が宿を探すシーンは中央通路を使います。

このシーンでは、卒業生にも協力してもらいました!

そして羊飼いと三博士のシーン…

台詞を言うときは、お客さんに声が聞こえるように、すこし正面に顔を向けて言うように指導がありました。
ちょっと難しいですけど、みんな頑張ってくれましたね!

 

幼稚園で練習したときとはだいぶ違ったかもしれませんね。
しっかり立ち位置を覚えましょうね!

 

聖堂で練習したのはこれが最初で最後でした。
だけど上手にできていたと思います!
みんなが教会学校の時間で練習したことがちゃんとできていたから、祭壇での立ち位置の確認に集中できました。
きっと、みんなお家でいっぱい練習して来てくれたんだと思います。
本番もこの調子で頑張りましょう!!!

 

 

一度場所を変えて、聖劇とミサの前にお祈りをしました。

聖劇も子どもの奉仕するミサも無事に成功しますように!!
もうすぐ本番です…!