|  |  |  |

010cf565b593c4a828788706052a36715b85954b96

今月からいよいよ中高生の活動が始まります。
毎月第1週、9時15分からみんな集まって、教会学校では学べなかったこと、教会学校よりもう少し難易度をあげたカテキズムを学んでいきましょう。
もちろん、勉強だけではなくて、色々な活動を通して、教会にみんなが来て、楽しいと思って思えるようなことをどんどんしていければいいなぁと思っています。

と…呼びかけを行ったのですが……来てくれたのは、2人。でも、正直…「誰も来ないかも!」と思っていましたので、ホッとしました。

 

 

では…主の祈りを唱えて、スタートします。
今日の内容は、1番初めの勉強会ということで、みんなに最初に知っておいてほしい事を勉強しました。

 


 

 

今月のテーマ

● 神様につけて頂いたしるし ●

それは「洗礼を受けた者は、みんな『主の霊印』を受けている事」です。
みんなは自分の意思で洗礼を受けたわけではないですよね。お父さんやお母さん、お祖父さんやお祖母さんが「洗礼を受ける事」を決めて、受洗しました。
その時、「決して消えることがない神様だけが見える『しるし』」を受けました。

なぜ、お父さんやお母さん、お祖父さんやお祖母さんは、みんなに洗礼を受けさせたのでしょうか?
きっとそれは「洗礼を受けてキリスト者になって良かった!」と心から思っているからだと思います。そうじゃないと、自分の愛する子どもに「決して消えることのない『しるし』」を頂くことはないですよね。そうやって、2000年間、私たちキリスト者は信仰を守り続けてきたのですよね。

では、どうして…私たちは『霊印』を受けるのでしょう?聖書のなかに、その答えが記されています。
たとえば…ヨハネの黙示録7:2-4なんてそういう箇所ですよね。(ところで、みなさんは、聖書を家でひくことがありますか?)聖書にある通り、この「しるし」のある者は、やがて、死を迎えた時、天の国へと導かれ、永遠の命を授かります。なぜこのような「しるし」を神様は私たちに与えてくださるのでしょう。

それは、アダムとエヴァの話にさかのぼります。
アダムとエヴァは、蛇の誘惑を受け、神の信頼を裏切り、人は神に疑いを抱きます。(創世記3章4-5節)
聖パウロは、この事についてこう語っています。「このようなわけで、一人の人によって罪が世に入り、罪によって死が入り込んだように、死は全ての人に及んだのです。すべての人が罪を犯したからです(ローマ5:12)」
この事を、原罪と言います。原罪により、私たちは、人生の充足を、神様から与えられることを望まないようになってしまったのです。
しかし、本当の喜びは、常に神様とともにあります。
例えば、外国のスポーツ選手たちが、活躍した時や勝負をする場面、試合が始まる前に十字のしるしをしたり、天を指さし賛美するシーンをよく見ますよね。
彼らは「神様とともにあることをとても意識します。自分が100%の力を発揮できた(る)のは、「神とともにあるから」と考えます。「喜び」を神様と共有しようとしているのですね。
フランスの作家、レオン・ブロワという人がこういう言葉を残しています。
「もっとも悪しきことは、罪を犯す事ではなく、自分の出来たはずの善を行わないことだ。それは怠惰の罪で愛のなさ以外の何物でもないのに、その事で自分を責める者はいない。」
また、聖アウグスチヌスは、こう言っています。
「神よ、あなたから離れることは転ぶこと。あなたに向かう事は立ち上がる事。あなたのなかにとどまる事は、確かな支えをえる事です」

みんなは、そのような意識をもって、生活していますか?普段からお祈りをしていますか?
「十字架のしるし」をしていますか?
朝起きた時、食事をとる時、寝る前にお祈りしていますか?
「十字架」は、「磔刑という当時もっとも残酷な方法での処刑方法で、何の罪もないイエス様を殺してしまった」という私たちの罪の象徴であると同時に、ご自分の愛すべき子を差し出された父なる神、そして、自らを差し出されたイエス様の私たちへの愛の象徴でもあります。
そして、「十字架のしるし」は、その父なる神様、イエス様、聖霊、聖霊の棲み処である私たち信者のつながりの中に自分がいるという事を表す「しるし」です。

私たちは、原罪、そして、神様から離れてしまった「罪」などあらゆる罪から「洗礼」によって解放されました。(だから、汚れのない白衣を着るんだよね)

それは、本当に神様の愛、イエス様の愛、そして、お父さんやお母さん、お祖父さんやお祖母さんの愛を受けている事なのだよね。その印(しるし)として、神様から決して消えないしるしを受けるのだよね。
これから、少しずつ勉強していきますが、「神様から受けた決して消えないしるし」が自分にはある事、そして、それは、神様・イエス様・ご両親たちの愛の印(しるし)だという事を覚えておいてください。

最後に、神様に感謝して、アヴェ・マリアのお祈りをして、終わりにしましょう。

 


 

さて…今回の勉強会は、「堅信のための勉強会」も兼ねていました。(中高生の勉強会+堅信の勉強会)
堅信を希望する中高生の皆さんは、しっかり今回の内容を確認して、次回(3月20日)の勉強会に来てくださいね。

堅信の勉強会のカリキュラムは、以下のページに掲載されています。

 

中高生の勉強会は、来月は、4月3日・9時15分から行います。
こちらは、受堅済みのみなさんも来てくださいね。(次回の勉強会も堅信のための勉強会と合わせて行われます)

 

ちなみに、来週3月13日は、教会学校の卒業式が行われます。
みんな、後輩たちの卒業式のため、そして、子どもの奉仕するミサのお手伝いに来てください!待ってます!




 |  |  |  |

来週はいよいよ教会学校の卒業式です。
10:30のミサは「子どもの奉仕するミサ」になり、ミサの中で卒業式が行われます。
というわけで…今日は「子どもの奉仕するミサ」の練習を行いました!

幼稚園2階のホールに集合して「教会学校・はじめの祈り」を唱えてスタートです。

IMG_3444

まず、みんなの役割をリーダーが発表します。
そして、共同祈願、先唱、朗読、侍者、奉納…それぞれの役割に分かれて練習開始です。
今日はリーダーが少なかったので…順番にリーダーからそれぞれの動きを教わりました。
朗読の2人はカテキスタの方から丁寧に指導を受けました。

最後に全員でミサの流れに沿って練習してみました。
まずは、入堂のときの侍者の動きの練習です。自分が左右どちらの側にいくか、よく考えないといけませんね。
先唱者も歌の案内をしっかり伝えます。

IMG_3445

 

次に朗読のときの動きの確認です。太鼓を朗読台に見立てて練習しました。

IMG_3446
IMG_3447
IMG_3448

朗読は卒業生2人の出番です!それにしても、難しい言葉が多いですね。すらすら読めるようにしっかり練習してきてくださいね。

 

そして、共同祈願の練習です。

IMG_3450
IMG_3449

朗読台に上がってやるようになってからは、けっこう難しくなりました…。スムーズに行くように頑張りましょう!!
写真はありませんが…ちゃんと奉納の練習もしました。奉納まで練習したところで、タイムアップです。

最後に来週のミサで歌う歌の中から1つ練習して、「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて終わりました。

IMG_3452

今日は御聖堂が使えずホールでの練習だったし、リーダーが少なくそれぞれを丁寧に練習できなかったし、全体での通しも最後までできなかったので…
イメージがあまりつかめなかったかもしれませんね…。
また来週、しっかり確認して、本番にのぞみましょう!!

来週はいよいよ、今年度最後の教会学校ですね。
みんな元気いっぱい集まってくださいね!!




 |  |  |  |

本日、東京都板橋区の常盤台バプテスト教会で、NCC世界祈祷日礼拝が行われました。

 

今年はキューバからメッセージ送られてきて「子どもをうけいれなさい、そして私をも」という聖書にあるキリストの言葉を全体テーマとして祈りました。

 

シーケンス 01.Still003
シーケンス 01.Still004

 

魯孝錬(ノヒョリヤン)先生(東京北教会牧師)の説教

シーケンス 01.Still001

 

引き続き、キューバの事情に詳しいカトリック松戸教会の信徒が信仰者としての立場から「キューバの国情について」というテーマでスライドショーをまじえて話がありました。

シーケンス 01.Still001
シーケンス 01.Still002

 

世界祈祷日の運動は1887年、米国の女性たちが、移住者や抑圧されている人々を覚えて始められました。その後、現在では、世界祈祷日国際委員会(WDP)が中心となり、世界中で毎年3月第1金曜日を世界祈祷日として守られています。日本では、1932年から第2次世界大戦中を除き毎年開かれています。




 |  |  |  |

本日、ミカエル会の特別企画として先週、行った徒歩巡礼で行けなかった(残りの指定巡礼教会の)八王子教会、そして、西千葉教会を巡礼しました。残り2つの指定巡礼教会に行き、巡礼証明書を頂きます。

 

 

今回は歩いての移動は…もちろん、無理です。車を使って八王子教会を目指します。

DSC00622

 

 

八王子教会に到着。

DSC00638

 

聖堂に入ろうと、ドアの前に立つと聖堂からは聖歌が響いてきます。
もしかして…ミサをあげていらっしゃるのかな?と思い、 怖々、ドアを開けると…聖歌隊の方々が練習していました。
まず、巡礼を証明するスタンプを押します。

DSC00630
DSC00625

 

そして、素晴らしい歌声のなか、お祈りさせていただきました。

DSC00633

 

お祈りが終わった後は、しばらく見学させていただきました。
2階からの聖堂…とても良い雰囲気の教会ですよね。

DSC00635

 

聖堂裏には、ルルドがありました。

DSC00634

 

 

今日、八王子教会に巡礼に行くと伝えた時に松戸教会の方に「良い美術館がある」と伺い、八王子では、少し寄り道しました。

0129da346fa3ec7a519cbdff35cb0440f56911ebf5

 

ちょうど漫画家のますむらひろしさんの個展が開かれていて、代表作であるアタゴオルと北斎のコラボレーションされた作品が展示してありました。

0154d7654a41ea12e2eac81647dde511d2b5f141b0

 

 

 

そして、西千葉教会へと移動します。

12800251_555202487987209_5500621235683558838_n

 

まず、教会入口で、スタンプを押しました。これで、指定巡礼教会の全てのスタンプを押すことが出来ました!

DSC00639

 

そして、聖堂でお祈りを捧げます。今回の巡礼への感謝など、本当に様々な想いを捧げ、神のいつくしみを求めます。

DSC00652
DSC00641

 

 

祈りを終え、証明書をどうしようか悩んでいたところに、ちょうど西千葉教会の主任司祭・小林敬三神父様が帰ってこられ、「巡礼しに来たこと」、そして、「全ての指定巡礼教会を全て巡礼してきたこと」をお話すると、巡礼証明書を頂けるということで、準備するあいだ、ホールで待たせていただきました。

DSC00642

 

そして……小林神父様から、1人ひとり証明書を授与されます!

DSC00644
DSC00645
DSC00647

 

最後に記念に小林神父様と記念撮影!

DSC00648

 

 

巡礼手帳には、「スタンプラリー」ではないと書かれています。
青年達にとっても様々な教会を巡礼し、この証明書だけでは表せない、多くの恵みを頂いた巡礼になったと思います。

DSC00651

 

先日の徒歩巡礼を含め、本当に言葉で言い表せない様々な事がありました。
その教会の雰囲気、聖堂の雰囲気はそれぞれ似て異なるものでした。聖霊の、そして、その共同体によって作られた、それぞれの「空気」を感じることが出来ました。
神様の免償を受け、そのなかに神のいつくしみを感じることが出来たと思います。

 

皆様も是非、いつくしみの特別聖年中に教区指定の巡礼教会に巡礼してみてはいかがでしょうか。




 |  |  |  |

今日はテレビがある教室に皆に集まってもらいました。
先日NHKで「長崎の教会」についてが放送されましたが、それを録画したものを見てもらおうと思っていたのです!

まずは「教会学校・はじめの祈り」でスタート。

IMG_3142

 

次に歌の練習をしました。今日の歌は「かみさまといつもいっしょ」です。

IMG_3145

今日はたっぷり時間を使って練習できました。この歌は7番までありますが、全部練習しました!
3月13日は卒業式…そして、子どもの奉仕するミサが行われます。そのときも皆に歌ってもらいますから、頑張って大きな声を出してくださいね。

 

 

 

そしてリーダーからお話。
「先週の「ゆるしの秘跡」どうだった?すっきりしたって感じがしたでしょ?そのすっきりが、神様の愛なんだよ。毎年受けてくださいね。
みんな、今は教会の季節で何て言う季節か覚えてる??四旬節ですね。四旬節の「旬」は「10」っていう意味で、つまり「40」ってこと。なぜ「40」なのかというと、イエス様が悪魔と戦った日数が40日というのが由来になっています。
「40」っていうのは大事な数字です。例えば、出エジプト…モーセ率いるイスラエルの民がエジプトからカナンへたどり着くのに40年かかったりとか。
四旬節はイエス様の復活を待つ準備期間だけど、反省の期間でもあります。この期間の神父様の祭服の色の紫も、反省の意味があります。」

 

 

 

「で、今日は皆に「長崎の教会」のDVDを見てもらおうと思ってたんだけど…DVDが上手く焼けていなくて見れないので…今日はサブリーダーに絵本を読んでもらうことにしました!」

というわけで急遽サブリーダーが「ノアのはこぶね」の絵本を読んでくれることになりました。
教室がちょっと寒かったので…日が入ってきていて暖かいホールに移動します!

IMG_3146

神様は人間が喧嘩ばかりしているので、洪水を起こしてぜんぶ滅ぼしてしまおうと思いました。でも、ノアは正しい人だったので、神様はノアを助けようとお考えになります。神様はノアに、方舟を作って全ての動物のめすとおすをその船に入れるように命じました。

IMG_3147

ノアとその家族、動物たちは船にのりました。そして雨が降ってきて洪水が起こり…

IMG_3148

方舟は流されて…洪水がひいてきたころ山の頂上のところにひっかかりました…

12596255_555209947986463_483150293_n

 

 

みんな、聞いたことがある話だったでしょうか?このお話でも洪水が起こった期間は40日間でしたね。40って本当に大事な数字なんですね。

IMG_3150

「ここの絵、何か変だと思わない?」とリーダーから質問。いろんな種類の動物たちが2匹ずつ、そして人間も一緒に方舟に乗っている絵ですが…
「人間が食べられてない」とひとりが言ってくれましたが…良いところに気がつきました!
「ライオンとかチーターとかいるよね?でもゾウとかキリンとかの草食動物も一緒にいるでしょ?でも肉食動物は草食動物を食べようとしたりしてないよね。みんな仲良くしています。神様はそういうことができる動物をノアの元に集めてくれたんだよ。皆の祖先もノアの方舟に乗ってた人で、喧嘩とかしない人だったってことだよ。だから、みんなも喧嘩しないようにしようと思えばできるんだよ」

 

 

最後に「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて終わりました。

IMG_3151

 

 

来週は「子どもの奉仕するミサ」の練習をします。
来週も元気に集まってくださいね!!

12596255_555209947986463_483150293_n