|  |  |  |

寒くなってきましたが、子ども達は元気に教会学校に集まっています。
いつも通り「教会学校・はじめの祈り」を唱えてスタートします。

今日も引き続き、クリスマスに向けて聖劇の練習をします。
早速、劇をする子と聖歌隊の子に分かれました。

こちらは劇をする子達です。
最初はみんな台本を読みながら練習します。

今日はどの場面にどの役が出るかはリーダーは言いません。
自分がどの場面で舞台に出ればいいか、しっかり覚えましょう。

みんな自分の出番がある場面を覚えてきましたね。

次の練習は、自信のある子は台本を持たないで練習しましょう。

みんな少しずつ自分のセリフを覚えてきましたね。

セリフを覚えてきたら、今度は劇に必要な動きを覚えましょう。
誰が誰に語りかけているのか、どういう場面なのかを考えて、それに合わせた動きをしましょう。
この劇では、イエス様がご降誕される場面を演じられています。
いい機会ですので、イエス様がご降誕された場面を頭の中で思い描いてみましょう。

一方その頃・・・

こちらは聖歌隊です。
まずは歌う前に、体をリラックスさせて発声する練習をしましょう。

準備ができたら、最初に「マリアの賛歌」を練習します。
この歌は、劇の中でマリア様が大天使ガブリエルに受胎を告知する場面の後に歌われます。
マリア様が神様を賛える喜びの気持ちを持って歌いましょう。

続いて、「ろばの歌」を練習します。
ポクポクポクポク、ロバがマリア様を乗せてベツレヘムへ旅をする様子が歌われている軽快な歌ですね。

前回よりは声が出てきました。この調子で頑張りましょう。
本番はいっぱい人がいる中でもっと大きな場所で歌います。
なので緊張しないように大きく歌えるように頑張りましょう。

最後に「アヴェ・マリア」の祈りを唱えて今日の教会学校を終わりました。

来週も元気に集まって下さいね。




 |  |  |  |

On December 1, 2018, Saturday, The Matsudo MCCIC had their “Advent Recollection” as part of their preparation for the advent season.

We have been doing this for few years now with different priests or lay missionaries but this time, we had it with Sr. Flor Florece of Hija de Jesus congregation who is also a dear friend of our Parish Priest, Fr. Philip Ilio Bonifacio, SSC. It was our first time to have a recollection facilitated by a sister and it was a very touching and enriching one.

The recollection started with a song prayer- Waiting for you, lectures followed and a little sharing. Just before lunch, the participants were invited to the church to talk, speak or have a dialogue with the Lord with the guided instructions by Sr. Flor. Everybody was touched and had poured some tears during this time of the exposition of the Blessed Sacrament.
It was indeed a great way of having a solemn time with the Lord where we can reflect what’s going on with our life and raising our concerns, too.

 

 

break!
lunchtime!

 

 

 

Lectures and sharing continued after lunch.

 

 

 

The recollection was concluded with a celebration of the Holy Eucharist by Fr. Philip.

 

 

 

The recollection was attended by 20 people coming from Ichikawa, Toyoshiki and Narashino communities. Everybody went home spiritually energized and blessed.
We are so much grateful of having Sr. Flor and hoping to have more recollections or retreats with her next year.




 |  |  |  |

カトリック教会では、クリスマス(降誕祭)の4つ前の日曜日から、クリスマスを準備する期間に入り、この期間を「待降節(アドベント -Advent-)」と呼んでいます。

 

ヨゼフ会は毎年、待降節が始まる前にイルミネーションの飾りつけ、そして、馬小屋の設置を行っています。
今年も、王であるキリストの祭日のミサ後、飾りつけを行いました。

 

こちらは馬小屋グループです。聖母子像横に設置します。

 

 

こちらは、外壁の十字架の飾りつけグループです。

 

こちらはヒマラヤ杉の飾りつけグループです。

 

教会入り口のモミの木は、今年も青年たちが担当してくれました。

約2時間かけて…飾り付け終了。
日没を過ぎ…イルミネーションが点灯されました。
毎年、工夫を凝らし、少しずつ違うデザインにしています。

今日の夜から1月5日まで、イルミネーションが飾られています。(点灯時間は午後4時半から午前2時までとなっています)
お近くにお住まいの方は、是非見に来てください。お待ちしています。




 |  |  |  |

今日は「王であるキリスト」の祭日です。
教会学校の子供達を中心に、行列を行いました。

まず、聖母子像前で待機!

子供達は教会学校の時間に確認した並び順で並んで、
神父さまたちの到着を待ちました。

神父さまが来られました!

王であるキリストの絵が描かれている十字架に灌水、献香。

そして、「イエスさまがいちばん」を大きな声で歌いました。

いよいよ行列をスタートします。
「あめつちをつくり」を歌い、神父さまの後ろにつづきます。

何週にもわたって練習してきた二曲の歌を頑張って歌うことができましたね。
来週からはキリスト教のカレンダーでの新しい一年が始まります。
また来週元気に集まってね!!




 |  |  |  |

今日は「王であるキリスト」の祭日です!
祭日とは、大祭日(復活祭)のつぎくらいに大きなお祝いの日です。
王様であるイエスさまをお祝いします!

まず、いつも通り「教会学校・はじめの祈り」でスタートです。

今日の行列で歌う
「イエスさまがいちばん」「あめつちをつくり」
を練習しました。

まずは「イエスさまがいちばん」の練習です。

「イエスさまがいちばん」は聖母子像の前で歌います。
お外ではピアノやオルガンでの伴奏はありませんので、
途中からリーダーのピアノもなしで練習してみました。

その後、御聖堂まで行列で進みますが、
その時は「あめつちをつくり」を繰り返し歌い続けます。
行列をイメージして2列で並んで練習しました。

背の順で並んで、自分の位置を確認しました。
本番でもこの順番でさっと並べるようにしましょう。

先ほどの「イエスさまがいちばん」と同じく、
外では伴奏がないので、伴奏なしでも練習してみます。

さて、もうそろそろ移動しましょう!
ミサの準備をして、お外の聖母子像前に集合しましょう…!!