|  |  |  |

今日から教会学校3学期が始まります!
まずは御聖堂で始業式を行いました。

「教会学校・はじめの祈り」で始めます。

 

最初に校長先生のフィリップ神父様からお話をいただきました!

「新しい年が始まりましたね。
今まで勉強も遊びもしてきました。
信仰教育には土台が必要です。いまはそのための大切なチャンスです。
学校の部活が忙しくてこれない人もいるから、来れるいまはチャンスです。
一生懸命勉強して下さい。お祈りも覚えて下さい!
お祈りは、キリスト教信者としてのアイデンティティだからです。
「主の祈り」、「アヴェ・マリアの祈り」、「詠唱」、そして「ロザリオの祈り」…覚えて下さいね。

私たちキリスト者は、いつでも困ったときお祈りできます。
人間として限りがあり弱さもあります。
だから祈りましょう!

そして、御ミサもあります。
イエス様の体をいただいて、それだけではなく
神様の力、恵、命をもらいます。

みんなロザリオ持ってますか?
キリスト教信者はみんな持っている。
持っていましょう。

お祈りなど、教会学校で教わってください!
勉強したいことはリーダーに言ってください!
私たちは朝起きて神様に感謝します。生きていることを神様に感謝します。
そういうお祈りの生活を送って欲しいです。」

 

神父様ありがとうございました。
いま神父様からお話があったように、日曜日にミサに来るだけじゃダメで、
お家に帰ってからも、お祈りの生活をして、普段の日も毎日キリスト者でいましょう。

教会学校からクリスマスカードを送った方からお返事が来ていたので何通か紹介しました。
お返事をくださったみなさま、聖劇・ミサに来てくださった皆さま、本当にありがとうございました!

 

ここで、幼稚園へ移動しました。

さっき神父様のお話なんて言ってましたか?
お祈りはキリスト者のアイデンティティだと仰っていましたね。
アイデンティティってちょっと難しい言葉ですが、
つまり、「カトリック信者だったら当然お祈り言えるよね」っていうことです。

じゃあ…使徒信条!言えますか?
ミサでも毎回唱えますね。
本当は何もなくての言えるはずだけど、
穴あきのプリントを用意しました。
ところどころ空欄になっているところを書いてみましょう!

「使徒信条」のプリントを配布しました。

そして、ヒントもこの箱の中にあります!

くじのように一枚紙を引いてください。
そこには空欄に入る言葉が書いてあります!
自分がわからなかったところのくじを引けたらラッキーですね!
そして…ハズレの紙も入っています。
ハズレはそこに書いてある課題をやってもらいます!
それからもう一回引いてもらいます。

では、スタート!
くじを引いてもらいます!

最初の子は…早速ハズレでした。
「新年の目標を大きな声で言って!」という課題でした。

「病気にならない!」と言ってくれました。

 

どんどんくじを引いていきます。

そしてまたハズレ!
「お正月何してた??」という質問に大きな声で答えるという課題でした。

「テレビ見てた」とのことです。

どんどん引いていきます!

次のハズレは「丁寧に新年の挨拶をして!」という課題でした。

「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」と挨拶してくれました。

次々に引いていきます。
そろそろ完成した人もいるんじゃないでしょうか?

次のハズレはなんと「侍者やって」という課題でした!
今日の10:30からのミサの侍者お願いします!!

 

できた人〜?

16番「〜〜〜の交わり」の部分がわからないと言う人が…
わからないところひけるかな!?

さてタイムアップ!

その後、少しの時間で「イエス様がいちばん」を歌いました。

最後に、先ほどの使徒信条のプリントの空欄が全部埋まったという子に
「使徒信条」を唱えてもらいました。

できましたね!!

将来、堅信の時には、使徒信条を全部書くというテストをすると思います。
厳しいから、できるまで帰れないです!
今はまだ難しいと思いますが、今のうちから覚えて書けるように勉強しておきましょう。
また、テストのためではなく、キリスト者として大事なことだから覚えて欲しいと思います。

「アヴェ・マリアの祈り」をみんなで唱えて終わりました。

また来週元気に集まってね!




 |  |  |  |

十クリスマスおめでとうございます!

 

24日の18時と20時半のミサの後にはお茶とお菓子が、25日10時半のミサの後には軽食が準備され、集まった皆さんがともにクリスマスをお祝いしました。

パーティーの当番に当たった常盤平地区、白井・鎌ヶ谷・船橋地区の皆さん、おつかれさまでした。




 |  |  |  |

本日、10時半からは、クリスマスミサ(日中のミサ)が行われました。

昨日の夜半のミサ(子どもの奉仕するミサ国際ミサ)とは、また違う穏やかな雰囲気のなか、ミサが始まります。

 

 

主の降誕のミサに与るため、昨晩に続き多くの方々が集まります。

 

司祭は入堂すると、馬小屋と真舟、幼子のイエス様、祭壇に献香しました。その後、馬小屋に灌水し、ミサが開祭されます。

 

松戸教会のクリスマスミサでは、日本語で歌われる「憐れみの讃歌」は、「kyrie(キリエ) 」、「栄光の賛歌」は、「Gloria(グロリア)」と、ラテン語で聖歌が歌われます。「Gloria(グロリア)」が歌われている際には、カンペネラが鳴り響き、主のご降誕を祝います。
復活徹夜祭や復活祭、そして、この主の降誕(クリスマス)などの特別な祭日の時のみ、栄光の讃歌の際にカンパネラを鳴らし、祝います。)

 

 

ことばの典礼が、始まります。

 

そして、福音朗読。

 

 

第1朗読 イザヤ書 52章7~10節
第2朗読 ヘブライ人への手紙 1章1~6節
福音朗読 ヨハネによる福音書 1章1~18節

 

 

 

フィリップ神父様は、お説教の中で、キリストのご降誕の意味を深く感じ、神への賛美と感謝をささげられるように祈りへと導かれました。

 

奉納行列が終わり、清めの前に、真舟、馬小屋、祭壇に献香しました。

 

 

昨晩に引き続き、今日も、Kyrie(キリエ あわれみの賛歌)、Gloria(グロリア 栄光の賛歌)、Sanctus(サンクトゥス 感謝の賛歌)、Agnus Dei(アニュスデイ 平和の賛歌)が歌われました。

 

平日の午前中にもかかわらず、今日もたくさんの方々が、ミサに与りました。
昨日から3回すべてのクリスマスミサに与った方もいらっしゃりましたね。

 

 

聖体拝領後、今日も、昨日に引き続き、クリスマスミサを与ってくれた子どもたちに教会とMCCICからからプレゼントがありました。

 

 

 

閉祭後、フィリップ神父様が抱かれた幼子イエス様にミサに参加した人たちが集まり、その体に触れたり、キスしたり、ご降誕の喜びを分かち合いました。

 

暖かい日差しの中、日中のミサも、たくさんの方々が参加くださり、主の御降誕の喜びを分かち合っていました。
主の御降誕、おめでとうございます!




 |  |  |  |

いよいよこの日がやってきました。

主のご降誕、クリスマスです。

昨年に引き続き、教会学校の子どもたちが、子どもの奉仕するミサの前に「聖劇」を行いました。
2学期のほとんどをこの聖劇の練習に費やして、練習を通して、「ご降誕」というものがどういうものであるかを学んできました。

 

午後5時半……
いよいよ開演です。

 


 

場面1

神様が、私たちを幸せにするための御計画をたてられ、大天使聖ガブリエルにマリア様とヨゼフさまにそれを伝えるように命じられます。

場面2

大天使聖ガブリエルがマリア様にイエス様のご受胎をお伝えになります。(受胎告知)

場面3

マリア様が身籠っていることを知り、正しい人であったヨセフ様は結婚するか悩んでいました(律法では、結婚する前に身籠ってしまったマリア様は死刑になってしまいます!ヨセフ様も当然罪に問われます)
大天使聖ガブリエルは、これは神の御計画なので、ヨセフ様にマリア様と結婚しなさいとお話されます。ヨセフ様は、そのお話を受け入れ、マリア様を妻に、そして、産まれてくるイエス様の父になろうと決意します。

場面4

ナザレからベツレヘムへ身重なマリア様とヨセフ様は、戸籍登録のために旅にでます。しかし、ベツレヘムの宿はどこもいっぱい。
身重なマリア様を外で寝かせるわけにもいきません。
しかし、これも神様の御計画のうちでした。神の子イエスが「ふかふかのベッド」ではなく、「藁がひかれた飼葉桶」という低いところから産まれるということは、神様が「貧しい人・弱い人」のためにイエス様を送ってくださったことの証です!

場面5

大天使聖ガブリエルと天使達が、当時の社会で低い者とされていた羊飼いたちに現れ、イエス様の御降誕を伝えます。
そして、喜びに満ちた羊飼いたちがヨセフ様とマリア様の所にお祝いに行きます。
また、遠い東の国からユダヤ人の王を求め、旅をしてきた3人の博士たちも、ベツレヘムの星に導かれ、イエス様を発見し、お祝いします。

場面6

天使達が喜びの歌をうたい、神の子イエス・キリストの御降誕をみんなで祝います。

 


 

本当にみんな頑張りましたね。
家でもたくさん練習してきてくれたのだと思います。

たくさんの方々が、子どもたちの聖劇を観に来てくださり、たくさんのお褒めの言葉を頂きました。
本当にありがとうございました。




 |  |  |  |

聖劇のゲネプロを終え、次に子供の奉仕するミサの練習を行います。
大変だけど、良いミサにできるように頑張りましょう!

まずは最初から通して練習します。自分の役割の位置に移動してください。

侍者はまずは入堂…
列を崩さないように気をつけながら…
でも変な歩き方にはならないように頑張ってください!

解説や先唱(司会)の人は、読めない漢字にふりがなをふっている様子です。
しっかり準備して、皆さんにわかりやすく伝えられるようにしましょうね。

役割がない人や自分の出番がまだな人もミサの流れにそって動きを練習します。
教会学校席は、イエス様に一番近い席ですから、しっかりとした姿勢で居られるようにしましょう。

クリスマスミサでは、赤ちゃんのイエス様の人形をお迎えする時間がありますので、
侍者はその時移動するのを忘れずに!

さて…ミサが進み…朗読者の誘導です。

そして…今回のミサは答唱詩編の詩編部分を中高生会のメンバーが担当します!
錬成会でも詩編を歌ってくれましたね。
今回のミサは大勢の人が参加するのできっと緊張すると思いますが頑張りましょう。

本日のミサのオルガニストの方も練習に参加してくださいました。
本当にありがとうございました!

そして第二朗読の誘導です。

赤ちゃんのイエス様がいらっしゃるので、位置を気をつけてください。

そして福音朗読…
通常のミサではない献香がありますので、気をつけましょう。

共同祈願はスムーズにできるように、座っている時の並び順もしっかり決めます。
そして十字架に礼をする動きもしっかりやりましょう。

そして奉納…
侍者の中から2人、奉納する子供達を迎えにいきます。

奉納を受け取った後の動きも練習しました。

そして、献金カゴの奉納です。

侍者は神父様が手を洗う水と手を拭く布を準備します。
神父様をお待たせしないようにちょうど良いタイミングで出来るようにしましょう。

そして聖体拝領!

そして退堂です。

ミサの流れにそっての練習は終わりです。
その後それぞれのチームで練習しました。

答唱詩編の歌の練習です!

先唱・解説の練習の様子です。

こちらは奉納チーム!

共同祈願は並ぶ位置などの打ち合わせもしました。

どのチームも一通り練習を終えました。

本当にお疲れ様!
でもこれからが本番です。
幼稚園に移動して準備しましょう…!
まずは聖劇ですので、衣装を着てください!

本番を前に、ガブリエル役の子の先唱で「アヴェ・マリアの祈り」を唱え、
成功を祈りました。

いよいよ聖劇が始まります!