|  |  |  |

開始時間の午前9時半…集まったのは…たった2人…
リーダーも1人とサブリーダー1名だけ…
「今日しようと思っていたことが出来ない…」そんな感じで今日は始まりました。

 

というわけで、急遽内容を変え、聖書かるたをすることにしました。
9時半を過ぎたくらいから、徐々に集まり始め、かるたをするにはちょうどいい人数になりました。

 

李助祭に読んでもらいます。
聖書かるたなので、内容は聖書の内容ですね。お話を知っていれば、助祭が最後まで読まなくても絵を見ただけで分かるかも!

さぁ、みんながんばりましょう!

 

1つ1つ助祭に説明してもらいます。
みんな、聞いてる?次、取るためにカルタを覚えようと必死ですね。。。

遅れてきた子も参加!
遅れてきた子のために、ここで1回カルタをシャッフル!

 

きた!と思って、飛びつきましたが……お手付き。
助祭の説明を聞いてないとこうなります。1回お休みです。

ちゃんと助祭の話を聞いてる子がやっぱり強いですね。

 

 

モーセの出エジプトの話(過越の話)とか、とか、ヨナのくじらの話とか、ヨブの話とか、イエス様が子どもが大好きな話とか……分かりやすく、たくさんしてくださいました。

 

さぁ…これで最後の1枚。
一番多い子は2人、3枚ゲットしていました!2枚の子も2人…1枚も1人…
でも…リーダーから「最後の1枚とった子は、10枚分!」というお約束的なルールが突然発表され………
最後の1枚をとって、大逆転勝利!おめでとう!
助祭と2人で勝利の記念撮影!

 

次やる時のために、助祭が話してくれた聖書の話を覚えておこうね!
話を覚えておけば、絵を見ただけでわかるからね!

 

 

最後に、アヴェ・マリアのお祈りをみんなでして、終わりました。

 

李助祭と過ごせるのも、後3回…みんな遅刻しないように!
また、来週も元気に集まってね!!




 |  |  |  |

1月14日9:15より2018年マリア会総会が開催され、2017年の活動報告、会計報告の後、2018年の役員紹介がありました。
また、黙想会・勉強会実施方法の一部変更などについて話し合いがもたれました。

 

 

フィリップ神父様は東葛飾宣教協力体の司祭交流でお留守でしたので、メーセージをいただきました。
全文掲載いたします。

 


 

おはようございます。今年もよろしくお願いします。今朝は他での約束があり、総会に出席でないことをお詫びします。
でも、これだけは伝えたいです。新役人の皆さん、おめでとうございます。今日、神様はあなた方に呼びかけ、教会のために働いてくれることを承認しました。前年度の役員の皆さんには、神の民である教会のために奉仕した働きを神様は決して忘れず、いつか時が来たら、思い出してくれることでしょう。

今年一年間、神様はマリア会の皆さんを信頼して期待しています。
神様はあなたがたを選び、実行力のある女性になるように計画されました。
家庭で、社会で、そして教会の中で神の証人になるために、力をくださいました。
皆さんが世界を変えていくのです。アダムとイヴと同じように、皆さんの選択がこれからの将来と後に続く人たちの将来にかかっています。
今日、わたしは、ここにいる皆さん一人ひとりが独創的に、率先して新しいことに取り組み、自分をささげ、安易な考えから離れて、神の言葉に従って、自分の考えと性格・習慣を新にするようにと求めます。
もう、家族や友達、仕事を言い訳にして、神の民である教会に対する責任を無視することはできません。
皆さんには、なすべき務めがあるのです。
聖ミカエルの祝日やクリスマス、新年、そして復活祭の時に皆が一つになって喜びを表せる大きな祝い事をしっかりと続けていくときです。
三位一体の神とその民、つまり隣人たちと親密なつながりを保っていく時です。
結婚している人もしていない人も、神の民である教会がこの世の使命を成し遂げるのを手伝うために、皆さんが決断し、実行する果たす時です。
聖霊があなたを助け、良い指導者として、共にいてくださるから、神の教会と世界のために神様のご計画を達成することができるでしょう。そうして人々を引きつけて主に向かわせるのです。
皆さんは、神様から授かった選択をする力があります。真実であるイエス様はわたしたちに考えや生き方を自由に選び、支配して、神のことばに反することには仕切りを下ろさせるようにしてくださいました。
自分自身を信じることは大切です。
正しいか、間違っているのかに気づくことが、決断と行動力、または反発するかを決めるのです。
あなたの選択がよくない方向に行ったり、同世代、次世代へ恵みにつながったりします。
なぜなら、今日の行動が反発に対して完全に責任があるからです。
神様は皆さんの生き方や神の教会に責任感を持つよう望んでいます。賢く選択するように望んでいます。
成功してより豊かな生活を楽しむことを望んでします。
征服者というよりむしろ勝利で輝く女性になるようにと望んでいます。
神様は成功という高い場所にあなたを置きたいのです。

皆さんは生まれて、神の教会に仕えるために、2018年というこの年に召命を受けました。
皆さんは世代をつなぐ重要な存在です。そして、影響を及ぼすこの世の中で、正しいこと正義を行う道具として神様はあなたを使いたいのです。
皆さんの持っている人の心は神から来て、心の内面をすべて探し求める主の照らす明かりです。
だからこそ、神様があなたと共にいて下さるようにと祈りの時を作ることを、わたしはあなたに求めます。
神様がいるところには、あふれる喜びがあります。さらに、聖書やその日の福音を読みなさい。
心を開いて理解することと神の言葉に従って行動する勇気をと力をお願いしなさい。
そうすれば、万物を支配する神様の教えに添いながら、バランスのとれた常識ある人になるでしょう。
皆さんの魂と心の中の高いところに神様を置きなさい。
あなたの望むことが父なる神様に喜んでいただけますように、キリストの体である教会の貴重な力強い部分となりますように。皆さんに幸運あれ。ベストを尽くしてください。

 


 

 

 

出来るときに少しずつ。今年も皆さまのご協力よろしくお願い致します。




 |  |  |  |

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

 

本日、午後1時から2018年ヨゼフ会総会が、行われました。

約1時間にわたり、2017年の活動報告、2018年の役員などが発表されました。また、2018年に向けて昨年の反省点をあげ、それに対しても討議されました。

 

総会後、クリスマスの飾りつけの撤去作業に入りました。

聖堂外壁の十字架

 

聖母子像横の馬小屋

 

ヒマラヤ杉

これで、今年度の飾りつけも見納めです。
是非、来年のクリスマスには、松戸教会にお越しください。

 

 

撤去作業後、新年会が行われました。

2018年も様々な企画実行し、教会行事に積極的に参加していきます。

松戸教会所属の成人男性信徒は、みなさん、ヨゼフ会に入会出来ますので、是非、多くの方に入会して頂き、ご一緒に今年も様々な活動を行えたらと考えています。
たくさんの方々の入会・ご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

青年有志たちで作っている同人誌「野ばら」の第11号が発刊されました。

「野ばら」は、2016年5月に創刊され、以来、1か月おき(奇数月)に発刊しています。
「野ばら」というタイトルは、この同人誌の発起人がつけたもので、マリア様をイメージしたものだそうです。

 

この同人誌の中で、青年達は、カトリック文学に挑戦しています。自分の信仰を内省し、祈りのように、書き上げています。

 

各号には、それぞれテーマを設け、執筆しています。

  • 1月発刊号 四旬節
  • 3月発刊号 ご復活
  • 5月発刊号 聖母マリア
  • 7月発刊号 夏休み 被昇天
  • 9月発刊号 善悪、天使
  • 11月発刊号 ご降誕、待降節

 

第11号は、「冬・新年・降誕節・四旬節」をテーマに、詩や散文が収録されています。

また、表紙は、各号の巻頭作品をモチーフに描かれています。
今号の巻頭作品は、「サッキヤルヴェン・ポルッカ」(小説)です。

 

 

PDF版も無料で配布しています。バックナンバーも取り揃えています。(リンク先よりダウンロードが出来ます)

毎号、巻頭作品は、前号の読者の方々から感想を頂いたなかで、一番評価が高かった同人の作品が掲載されます。
野ばらの巻末には、連絡用メールアドレスなどを載せていますので、感想等を、御寄せ頂けたら幸いです。

教会受付前に置いてあります。
ご興味のある方は、ご自由にお持ちください!!




 |  |  |  |

今日は、主の公現の祭日です。

教会学校の子どもたちには、大事な役目があります。
ミサ入堂とともに内陣の馬小屋に三博士を安置する大事な役目です。

 

 

始業式の後、その役目を務める、1年生3人のは、担当のリーダーに呼ばれて地下ホールへ!
まずは、3人に東方の博士の格好をしてもらいます。勉強会を終えた中高生にも手伝ってもらって、急いで、衣装に着替えます!

担当のリーダーから「センスで!」と言われた中高生たちが完成させた3博士たち!

 

 

そして、急いで御聖堂へ!

そして、入堂の行列から練習します。
1年生は、まだ侍者も未体験……。
ミサ前に入堂での所作、そして、内陣での所作、三博士を安置する場所など、丁寧にカテキスタの方とリーダーから教わり、練習しました。

 

 

今日の司式は、岡田大司教様…
リーダーの緊張が、うつっちゃったのか…緊張しています…
奉仕は、ほとんど初めてだもんね…

遠い東方から馬小屋でお生まれになったイエス様を「メシア」と信じ、礼拝した博士たちの来訪をしっかり再現できるように、本番でも頑張りましょうね!