|  |  |  |

本日、ヨゼフ会主催で、シリーズ第3回目の勉強会が行われました。

 

講義風景です。

前回と同じくグアダルペ宣教会のイグナシオ神父様(中央協議会)にお越しいただき、15時から18時まで3時間にわたって、「現代教会におけるキリストのからだである教会共同体の役割について」という題でお話しいただきました。今回は12名の方にご参加いただき、密度の濃い時間を過ごすことができました。

 

以下簡単に内容をまとめます。

まず、全体の前置きがありました。

  • 教会共同体は神、人間、世界と関わります。また、神、人間、世界はお互いに関わり合います。
  • 教会には組織的な要素と霊的な要素と救いの手段としての要素があります。これらはそれぞれ王、祭司、預言者のキリスト三職務に通じます。
  • 教会の歩みは一直線に進んできたわけではありません。らせん的に上がったり下がったりしながらも、キリストの愛によって神の国に向かって歩み続けています。

 

教会の組織的な要素としては次のような内容でした。

  • 教会共同体の民は天国を目指してこの世を一時的に通過する寄留者です。イスラエルの民がそうであったように、です。今の悩みは一時的なものです。いずれ、みんな父のふところに帰るからです。
  • 教会共同体は、さまざまな国や民族の文化に「受肉」します。「受肉」は神がキリストとして人間になったことですが、文化に「受肉」するということは、キリストがその文化に入っていくことを言います。
  • 教会共同体のメンバーは同じキリストの弟子であり、みんな平等です。ただし、それぞれの役割や責任は異なります。共同体のメンバーはキリストとともにあって、王であり、祭司であり、預言者です。

 

教会の救いの手段(秘跡)については次のような内容でした。

  • 秘跡はキリスト者の信仰の原点です。すべては父なる神の愛から始まります。父なる神の愛がキリストの受肉となり、イエス・キリストを唯一の仲介者として聖霊の導きによって教会での秘跡が行われます。
  • 秘跡により父なる神が一人一人の現実に近づくことができます。
  • カトリック教会では人生と関連した7つの秘跡があります。
  1.  誕生(洗礼)
  2.  成長して大人として生きる(堅信)
  3.  神と一致して生きるための糧(聖体)
  4.  自分のすべてを世界のために神様にささげる(叙階)
  5.  永遠の愛を生きる(結婚)
  6.  ゆるされる喜び(ゆるし)
  7.  病気と直面するとき(病者の塗油)

 

教会の霊的な要素については次のような説明がありました。

  • 教会共同体は祈りを捧げます。典礼により神の永遠の流れと人間の時間と空間が一つになります。
  • ミサ聖祭では二つの食卓で二つのパンをいただきます。(みことば(聖書)とご聖体)

だいぶ難しい内容ではありましたが、わかりやすく説明していただき、なるほどと思える勉強会でした。今回は人数が少なめだったこともあり、フランクな雰囲気で勉強会を進めることができたと思います。

次の勉強会はシリーズ最終回として、引き続きイグナシオ神父様に教えていただきます。教皇フランシスコの言葉から共同体について考えていく内容となります。6月16日(土)に15時から18時まで3時間かけて勉強いたします。皆さんのご参加をお待ちいたします。

 




 |  |  |  |

本日、NCC世界祈祷日準備会が、日本聖公会 松戸聖パウロ教会で行われました。
3月2日の本番に向け、入念な打ち合わせが行われました。

 

世界祈祷日とは

1877年にアメリカの女性たちが移住者や抑圧されている人たちを覚えて始まりました。
その後、2度の世界大戦を経験し、和解と平和を求める祈りへと教派を超えて広がり、世界的な運動に発展しました。
現在では世界祈祷日国際委員会(WDP)が中心となり、世界中で毎年3月第1金曜日に、テーマにそって祈り合い、世界的なネットワークを持つ女性たちと祈りと行動を続けています。
日本では1932年から第二次世界大戦中を除き毎年開催させています。
1949年より、日本キリスト教協議会(NCC)女性委員会がWDPより送られてくる原案をもとに、日本語式文を作成し配布しています。
世界祈祷日の献金は、WDPを通して式文作成国や国内外の女性たちの働きのために献げられます。

 

今年の担当国スリナムからのメッセージに基づいて祈ります。
すべて神の作られたものはとてもよい




 |  |  |  |

本日、第2ミサ後、信徒総会が行われました。
信徒総会は、司牧評議会経済問題評議会、財務委員会、施設管理委員会から信徒への報告がされ、共同体としての合意を確認する場です。

 

信徒総会は、所属信徒全員の参加が望まれます。
今年も多くの方々が参加し、祈りとともに信徒総会が開会しました。

 

まず、フィリップ神父様よりご挨拶がありました。
ご挨拶中で、昨年の司牧委員や各委員会メンバー、そして、信徒の方の奉仕に対する感謝と、今年の司牧委員、各委員会メンバー、信徒の方の更なる奉仕のお願いがありました。

 

そして、フィリップ神父様より今年度の司牧評議会委員の紹介が行われました。

 

引き続き、司牧評議会委員長より各委員会委員の紹介がありました。

 

 

2017年度の活動報告が、司牧評議会委員長より行われました。

引き続き、財務委員長より2017年の決算報告がありました。

 

そして、2018年度の活動予定が、司牧評議会委員長より行われました。

 

引き続き、財務委員長より2018年の予算報告がありました。

 

 

最後に、質疑応答がありました。
それぞれの質問者に担当者から回答がありました。

 
松戸教会がより良い教会となっていくためにには、信徒の方々1人ひとりの力が必要です。是非、教会の活動に参加してくださるよう、ご協力よろしくお願い致します。




 |  |  |  |

今日も元気に子どもたちが集まりました!
今日は侍者会を行います。
御聖堂に集合して「教会学校・はじめの祈り」をしてスタートです。

今日は二つのグループに分かれて侍者会をしました。
初心者チームと上級者チームです。

初心者チームは、入祭・閉祭の練習から!

並び方や、歩くスピード、立つ位置など確認します。
祭壇の前に立ったらどうするんだっけ…?

礼をしますね。
誰に?
イエス様に?
では、イエス様はどこにいますか…??

十字架…と答えてくれた子もいましたが、ちがいますね。
御聖櫃の中に、イエス様がいらっしゃいます。
祭壇のところにある赤いランプは、御聖櫃の中にイエス様がいますよ、というしるしです。

次に福音朗読のときの動きを練習しました。
助祭が朗読台のところに立ったら後ろに並びます。
どういう順番で並ぶのかな…?背の順です!

そして福音朗読が終わったら…?
一歩下がって礼をしてから、席に戻ります。

侍者メンバーのなかで一番ベテランの人は、みんなを誘導できるようにならないといけませんよ!

 

次に朗読者の誘導の練習です。
朗読者の前を歩くときは、後ろについて来ている人の気配を感じて、歩く早さを調節してくださいね。
難しいけど、後ろを振り返るとおかしいから、背中で感じるようにしてくださいね。

祭壇の前で深く礼をし、祭壇に上がったら神父様に小さく礼をします。

そして朗読が終わったら「神に感謝!」と大きな声で言いましょう!

戻るときはさっきと逆で、神父様に小さく礼をして、祭壇から降り、深く礼をします。
もどったら朗読者の人と一緒にタイミングを合わせて座ってください。

 

最後に奉納の練習もしました!
李助祭が丁寧に教えてくださいましたね。

奉納する人を迎えにいく人と、祭壇の上で神父様から御聖体(ホスチア)の入った金色の器や、水とぶどう酒を受け取る人がいます。

神父様が礼をしたら合わせて礼をして…

ホスチアを受け取ったひとはどうする…?
そのまま持っていき神父様(助祭)に渡しにいきます。

水とぶどう酒を注いだり、神父様が手を洗う水と手をふく布を持つのも侍者のしごとです。

みんな覚えられそうですか?
いつかはリーダーが指示しなくても出来るように頑張りましょう!

最後に退堂をもう一度やって初心者チームの練習は終わりです!

 

 

 

上級者チームはカンパネラ(鈴)をならす練習をします!

鈴を使うタイミングは2回あります。
聖変化のときと、神父様が御血を飲まれるときです。

まずは聖変化のとき…
感謝の賛歌のおわりあたりで侍者は鈴を準備します。
その後神父様が「今聖霊によってこの供え物を尊いものにしてください」と言いながら手をかざします。
そのタイミングで鈴を鳴らします。

そして、神父様が「これはあなたがたのためにわたされるわたしのからだである」と言ってホスチア(御聖体)を高くかかげます。
ここで2回、ならします。

 

そして神父様がホスチアを置き、礼をします。
礼をするタイミングで1回ならします。

ぶどう酒(御血)を掲げ、礼をするときも、ホスチアの時と同じようにします。

次のタイミングは、聖体拝領の直前です。
神父様が御聖体をたべた後、ぶどう酒を飲まれるときに一回ならします。

ミサの流れをしっかり覚えて、自分でちょうどいいタイミングで鈴を準備できるようになりましょう!

そして、何回ならすかも覚えてください!

上級者チームは次に、侍者服の着方を練習しました!
香部屋に移動します。

「教会学校のおきて」にも書いてありますが、
香部屋では大きな声で話さない!香部屋入り口では話さない!
そして、侍者以外は香部屋のドアをあけてはいけません。
香部屋での「おきて」も改めて確認してくださいね!

さて、侍者服は二種類あって、ひとつは赤いラインの入ったもの、
もうひとつは無地のものです。

赤いラインは初心者マークです。
上級者のみんなは無地のものを自分で着られるようにしましょう。
無地の侍者服は、チングルムという腰の紐を自分で結ばないと着れません。
紐を結ぶ練習をしましょう!

最初はじぶんの着る服を選ぶところから!
少し丈が長めのものを選ぶと良いです。
紐で結ぶときに丈を調節できるからです!

みんな選べましたか?少し丈が短くて交換している子が何人かいましたね。

そして紐の結び方をリーダーが教えました!

上手にできたかな?

ここでタイムアップ!
最後に「主の祈り」を唱えて終わりました。

侍者は練習も大事だけど、実際にやってみるのが一番覚えられます。
初心者のみんなは初心者マークの侍者服を着ます。
だから、ちょっと間違えちゃっても、会衆の皆さんも「がんばってる」と思ってくれます。
だから、こわがらずに挑戦してね!
上級者のみんなもいっぱいやって、リーダーの指示がなくても上手にできるようになろうね!

来週は李助祭最後の授業です!!!
みんな元気に集まってね!




 |  |  |  |

李助祭は、いつも誠実に私たちに関わって下さり、素晴らしいお話をたくさんして下さいました。感謝です。
さらに素晴らしい司祭様になって、松戸に戻って来て下さることでしょう。
皆でお祈りしています。

本日、李助祭の送別パーティーで、マリア会はパーティーの準備をしました。
パーティー準備はマリア会の大切な仕事のひとつで、パーティー係を中心に当番地区が協力し、お料理、お菓子の準備、受け取り、会場セッティング、片付けまで行いました。

信徒のピアニストの方の演奏のプレゼントもあり、楽しいひとときでした。
皆様、お疲れ様でございました。