|  |  |  |

今日もみんな元気に集まりました!
「教会学校・はじめの祈り」でスタート!

今日はリーダーから、「夢」についてお話です。

突然ですが、みんなは自分の夢について考えたことがありますか??
野球選手になりたいとかサッカー選手になりたいとか、今話題のYouTuberになりたい等などありますね。
将来神父様やシスター・ブラザーになりたいとかいう人もいるかな??いいですね〜!

あるいは具体的な職業じゃなくてもいいです。
どんなことをしたいか、というのも夢ですね。
世界の平和のために働きたいとか、誰か困っている人を助けたいとか、
みんなが笑顔になれるように笑わせられる人になりたいとかありますね。
せっかくなので何人かに聞いてみましょうか。みんなの夢はなんでしょうか?

「貧しい国とかで働いて、テレビで取り上げられたい!」とか
「細かい物を作りたい!」とか
「動物に関わることをしたい!」とか
いろんな夢がありました。
みんな素敵な夢ですね!!

さて、じゃあその夢を叶えるためにはどんなことをしますか?
例えば、サッカー選手だったら…
必死に練習して、大会で認められるようになって、プロのチームのユースに入って、トップチームに昇格する。
あるいは、高校や大学の部活で結果を残して、プロのチームと契約する。
そんな方法があります。

例えばYouTuberだったら…
とにかく面白い動画を撮って人気が出るまで動画を撮り続ける…とか。

コックさんやケーキ屋さんだったら、料理やお菓子作りを勉強する学校に通って、
必要な資格を取るとか。

だけど、一生懸命やっても夢を叶えられない場合があります。
スポーツ選手だったら、自分が一番得意なポジションで、
自分と同じ年、あるいは自分よりも年下なのに、
自分よりずっと上手な子がいたりします。
面白い動画を撮っても、全然見向きもされないこともあります。

そうすると、夢を叶える人と諦める人がいますね。
その違いは何でしょうか?
努力や勉強が足りないから?リーダーはそうは思いません。
スポーツだったら、一般的に体が大きい方が有利だったりするね。
でも、それは生まれつき大きい子もいればそうでない子もいます。
勉強にしても、得意な子、不得意な子がいます。
自分に合った先生に出会うことで、勉強が一気に得意になる子もいます。
努力や勉強だけではどうにもならないことがどうしてもあるのです。
夢が叶わないとそれはとても悲しいことです。
ですが、夢を見ることで私たちは頑張ることもできます。

今日はその夢についてお話をしたいので、一つの絵本を用意しました。
「3本の木」というお話です。この話を知っている子も知らない子も、良いお話なのでよく聞いてください。

さて、読み終わりました。どうでしたか?
ちょっと今のお話を振り返ってみましょう。

3本の木はそれぞれ夢を持っていましたね。
第一の木はきれいな宝石を入れる宝箱になること。
第二の木は王様を乗せるような大きい船になること。
第三の木は、神様を思わせる大きく高い木になること。

でも、どの木もそれぞれが考えていた夢は叶いませんでした。
宝石箱になりたい木は、箱にはなるんだけど、馬や羊が食事をする箱にされてしまいました。
大きな船になりたい木は、船にはなるんだけど、大きい海には出られない小さな漁船にされてしまいました。
神様を思わせるほど大きく高くなりたい木は、切り倒されて、ただの木材になってしまいました。

みんな夢が叶わず、がっかりして、次第に自分たちの夢を忘れてしまいました。

しかし、三本の木の前に誰かが現れました。

第一の木には赤ちゃんが、第二の木には旅人が、第三の木には多くの人に悪口を言われ、敵意を持たれている人が現れました。
それぞれの木に出会った人は、いったい誰なんでしょうか?もうみんなはわかっているよね。

第一の木が出会ったのは、救い主として地上に来られたばかりのイエス様でした。
それはまさにクリスマスの出来事でした。
救い主として来られたイエス様は第一の木で作られた飼い葉おけに寝かされた時、
第一の木は、自分の夢が叶ったことを知りました。
「救い主」という金でも宝石でもない、本当の宝物を第一の木は入れたのでした。

第二の木が出会ったのは、旅の途中のイエス様でした。
イエス様は弟子たちを連れて福音宣教をしていました。
その途中、第二の木の船に乗って湖を渡っていたら、嵐がきましたね。
イエス様が立ち上がり、「しずまれ。」と言ったら、どうなった?嵐は止みましたね!
その時、第二の木は自分の夢が叶ったことを知りました。
人間の王様は嵐を収めることはできません。天地を治める「本当の王様」を第二の木は乗せていたのでした。

第三の木が出会ったのは、すべての人の罪の為に十字架にかけられるイエス様でした。
イエス様は十字架上で亡くなり、3日後に復活しました。
第三の木は、自分の夢が叶ったことを知りました。
第三の木で作られた十字架によって、私たちを愛してくださる神様を知ることができたからでした。
みんな、第三の木を見たら、神様のことを考えます…。

この三本の木のように、みんなの夢が叶って欲しいとリーダーは思っています。
そのためには勉強や練習だけでなく、お祈りをしてほしいと思っています。

日本ではよくお寺や神社に行ってお賽銭を投げて手を合わせて…って人がいますね。
みんなの場合は、例えばこんな経験がないでしょうか?
聖堂に入って、イエス様に向って「何か自分にとって良いことがありますように。」と思うこと。
それは、「願う」ことであって「祈る」ことではないと思います。
「お願い」と「お祈り」は違うとリーダーは思います。

三本の木がそれぞれ持っていた夢は、まさに三本の夢の「願い」でした。
それは自分たちがどうなりたいか、という自分達だけの思いだからです。
「祈り」は自分だけの思いでなく、神様の思いが実現するようにと思うことです。
主の祈りの「み国が来ますように。み心が天に行われるとおり、地にも行われますように。」とは、
まさに神様の思いが実現しますようにと祈っているのです。

また、ある神父様は、「祈り」をこんな風に表現しました。
湖のほとりに一艘の船があって、ロープで岸につながれています。
ある人が乗って、ロープを引っ張ります。
乗っている人からは、岸が自分に引き寄せられているように見えるでしょう。
でも本当は、岸が近づいてくるのではなく、自分が乗っている船が岸に近づいているんですね。
岸が神様、船に乗っている人が私達だと思ってください。
祈りによって私達が神様に近づいていくんですね。

じぶんだけの願いが、お祈りすることで、神様の思いと混ざり合います。
そこから私たちの本当の夢が見つかって、叶うんだと思います。

私たちは弱いので、罪を犯して神様から離れて行ってしまいます。
来週、みんなはゆるしの秘跡をしますね。
教会学校の宿題をしっかりして、神様に近づいてください!
そして、神様と一緒に本当の夢に向かって歩んでください!

では、最後に歌の練習をします。「主は水辺に立った」を歌いましょう。

そして、「アヴェ・マリアの祈り」と栄唱を唱えて教会学校を終わりました。

来週は許しの秘跡!しっかり準備をしてきてくださいね。
また元気に集まりましょう!




 |  |  |  |

2月23日(土)13時半から第71回東葛飾宣教協力体協議会が松戸教会で開かれました。各教会から委員が集まり、総勢21名での会議となりました。
協議体の様子です。
各教会からの活動報告が行われ、東葛飾宣教協力体としての企画である「平和を願うミサ」、「一日学びの集い」、「東北ボランティア」、「クリスマス・チャリティ・コンサート」について話し合われました。
決定事項
  • 次の「一日学びの集い」は11月9日(土)に豊四季教会で行なわれる。
  • 「平和を願うミサ」は8月17日(土)に亀有教会で行われる。
  • 「クリスマス・チャリティ・コンサート」は12月7日(土)に開催予定。
  • 次回協議会は6月8日(土)に豊四季教会で開かれる。



 |  |  |  |

今日も元気に子供たちが集まりました!

「教会学校・はじめの祈り」でスタート!

みなさん「赦しの秘跡」ってわかりますか?
初聖体を受けた子は、初聖体前にやったはずです!
日本の教会の決まりに
「一年に一回は赦しの秘跡をうける!!」
というのがあります。

待降節と四旬節の季節に受けるのが良いと言われていて、
みんなには、ちょっと早いけど、3月第1週に受けてもらいます。
今日はそのための準備を教えます!

3枚のプリントを配布しました。

まず、1枚目のプリントを見てください。
赦しの秘跡を受ける前の準備の作業を始める前に
絶対的なこととして…
神さまはみんなが大好きで幸せになって欲しいと思っています。
このことは忘れずにね。

しあわせのための大事な2つのルールがあります。
これは今までの教会学校でも何度か伝えてきたし、
「教会学校のしおり」にも書いてあります。
2つのルールをプリントに書いてみてください!

答えは、
1 心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい
2 隣人を自分のように愛しなさい

イエス様の時代は、613個もルールがありました。
みんなには「教会学校の掟(ルール)」があるね。しおりに書いてあります。
その中から、大事だと思うこと書いてみましょう!

さて、2枚目のプリントを見てください。
大きな丸の中に、

神 様

イエス様

と書いてありますね。
▲は、イエス様が向いている方向です。
イエス様はいつも神様を見つめています。

この丸の中に入るには、イエス様が教えてくれた「ルール」を守ること!
自分はどこにいるでしょうか?
丸の中にいる?
丸の中でも、イエス様のそばにいる?神様のそばにいる?
それともちょっと丸からはみ出しているかな?
完全に出てしまっているかな?

自分がいると思うところにしるしを書いてみてください!

さて、かけたかな?
なんで、自分はそこにいると思いましたか?
なんでそこに自分を書いたのでしょうか?

イエス様よりも神様に近く書いた人もいるかもしれませんね。
本当にそう思いましたか?もしかしたら偉くなりたいと思っちゃったのかもしれませんね。
ほんとうに神様が大好き!という理由の人もいるかもしれませんね。

丸の外に書いた人もいるかもしれません。
ルールを守れてないと思ったのかな。
例えば、毎日お友達と喧嘩しちゃうとか、
お祈り覚えてないとか。
そう思って丸から出て書いた人もいるかもね。

そんな時、また神さまの方向き直したい、と思う気持ちが大事です。
どうして神様のほう向け無くなっちゃったのかな?
どのルールを破ってしまったからそこにいるのかな?

それを赦しの秘跡のとき神父様にお話ししましょう。
考えて、プリントに書いてみましょう。

なかなか思いつかない人は、
自分は何がイエスさまと違うかな?と考えて、
イエス様からズレちゃってるところをお話しするのも良いでしょう。

赦しの秘跡はごめんなさいではありません。
怒られに行くのではありません。
「ごめんなさい」は、いまの考える作業で終わって、
赦しの秘跡のときは「神さまのところに戻ります!」と言いに行くのです!

今この時間に書けなかった人は宿題です!3月3日までに考えてきてくださいね。
書けた人も、もう少し掘り下げて考えてみてください。
例えば「友達と喧嘩した」とかだったら、
どうして喧嘩してしまったのか、
なぜそういう気持ちになってしまったのか、
という風にどんどん深く考えてみてください。

今日はこれでおしまいです!
最後に「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて終わりました。

また来週も元気に集まりましょう!!




 |  |  |  |

今日も元気に子供たちが集まりました!
「教会学校・はじめの祈り」でスタートです。

今日は2グループに分かれて侍者会を行いました!
侍者スキルアップコースと、侍者リーダー・赤ライン合同コースです。
コースのメンバーをリーダーが発表しました!

侍者スキルアップコースはまずチングルムの結び方の練習をしました。
これから白服になる子達にもきちんと教えられるように練習しましょう。

次に幼稚園に移動してカンパネラの練習をしました。

タイミングや何回ならすのかなどを確認しながらやりました。
一人でもきちんと鳴らせられるように頑張りましょう。

こちらの侍者リーダー(と侍者リーダーを目指す人たち)と、赤ライン侍者服の人たちの合同コースでは、
侍者リーダーが実際に赤ラインの子たちに指示を出しながら、
ミサの最初から最後までを通して練習しました。

一緒に座るとき、侍者リーダーが合図を送って揃って座ります。

朗読者の誘導に行く人も、事前に決めておく必要がありますね。
それをするのも侍者リーダーです。

福音朗読の時は、お説教に入る前、
「お座りください」と神父さま(もしくは助祭)がおっしゃったタイミングで一歩下がって礼をしますが、
赤ラインの子に「一歩下がって礼」と指示を出すのも侍者リーダーです。

奉納者を迎えに行くメンバーも決めます。
赤ラインのメンバーがあまり慣れていない子しかいなかったら、
侍者リーダーや白服のメンバーを一緒に行かせるなど、気を利かせなければいけませんね。

祭壇に向かうタイミングも気をつけましょう。
神父様が祭壇の前の方に出てきてからです。

神父様からご聖体や水とぶどう酒を受け取る人も、動きを覚えてくださいね。
聖体奉仕者や助祭がいらっしゃった場合も考えてください。

侍者リーダーはここからもとても重要で、
神父様をお待たせしないように、テキパキ指示を出したりしなくてはいけないです。

聖体拝領の時も、前の方の席やオルガン側の席に、
足の悪い方や車椅子の方がいないか気をつけて見ていてください。
その方達が侍者より先に聖体拝領を受けるからです。

そして退堂…列を気をつけましょう。

侍者リーダーコースの子たちは、
まだリーダーからの指示がないとうまく赤ラインの子に教えてあげられませんでした。
子供達だけで侍者ができるようになることが目標です!!
どのタイミングで指示を出さないと間に合わないのか、など、
今日リーダーに教わったことをよく覚えて!

赤ラインの子たちも、よくミサの流れを覚えましょうね。

最後は幼稚園のホールに集合して、少し歌の練習をしました。

そして最後に主の祈りと栄唱を唱えて終わりました。

今日の侍者会でやったこと、忘れないようにしてね!
どんどん侍者やってみましょうね。

また来週元気に集まりましょう!!




 |  |  |  |

今日も元気にみんな集まりました!
今日はリーダーによる授業です。
いつも通り「教会学校・はじめの祈り」でスタート!
(覚えていない人はしおりをちゃんと持ってきてください!)

まずは歌の練習をしました!

そして授業を始めます。

この1年を通して、教会学校では「イエス様と出会う」というテーマをもって授業をしています。
今日のミサの福音朗読は、イエス様と出会ったある人たちの話です。

福音書にはいろいろな人たちが登場しますね。
イエス様を信じる人たち、イエス様に助けを求める人たち、イエス様と共に働く人たち…
それだけではありませんでした。
イエス様と言い争う人たち、イエス様を殺す計画を立てる人たち、そして、イエス様を受け入れない人たち。
今日の福音朗読から、私たちがイエス様を受け入れるためにはどうしたら良いか、考えていきましょう。

ルカによる福音の4章14〜30節をリーダーが読みました。

少し読んだ内容をおさらいするために、質問プリントを用意しました。
福音が書いてあるプリントと、質問が書いてあるプリントを配布しました。

まず、1から3までの答えを書いてみましょう。

1. ナザレに来る前の町では、イエス様はみんなからどう思われていたでしょうか?

イエス様はシナゴーグというユダヤ教の会堂で教えていました。
キリスト教でいう教会のようなところでしょう。
神の子なんだけど、人間の子、特にユダヤ人として地上に来られ、
マリア様とヨセフ様に育てられて、
大人になるまでユダヤ人の中で生活していました。

イエス様はユダヤ教のラビと呼ばれる教師として、福音宣教を始めました。
イエス様は福音、つまり「よろこびの知らせ」について教えられたので、教えを聞いた人たちは喜びました。

また、病気の人、悪霊に取りつかれた人たちを癒しました。
ユダヤ人の中で嫌われている罪びととされている人や徴税人たちを招いて食事をしました。

福音によって喜びを知った人も、病気や悪霊から癒された人も、
ユダヤ人の中で嫌われていた罪びとや徴税人も
イエス様のことを「先生!」と慕ったでしょう。
さっき読んだところにも「皆から尊敬を受けられた」と書いてありましたね。

2. ナザレとはどんなところですか?
さあ、みんなこの質問にはすらすら回答できるはずなんだけど・・・。
わからない子はクリスマスの聖劇を思い出してください。

まず、ナザレには誰が住んでいたでしょうか?
イエス様のお母さんになったマリア様がナザレに住んでいましたね。
ヨセフ様もいました。
イエス様がお生まれになったのはベツレヘムだけど、
それはその時ユダヤ地方を支配していたローマ帝国の皇帝の
「どこにどのぐらいの人が住んでるからわからんから、自分の町に行って登録してね」
って言う命令に従ってベツレヘムに行ってただけだから、住んではいませんでした。

このナザレの町でイエス様は、マリア様とヨセフ様のいう事をしっかり聞いて育ちました。
またイエス様が大きくなってからも、福音宣教を始めるまで、この町で「大工」として働いていました。
さっき読んだところには「イエスはお育ちになったナザレに来て・・・」と書いてありますね。
育ったり、仕事をしていたという事は、マリア様やヨセフ様以外にもいろんな人がイエス様を知っていたでしょう。
福音書にはほとんど書かれていないイエス様の私生活について知っている人が多くいたと思います。

子供のころ一緒に遊んだ人、イエス様が教えを受けた人、イエス様の面倒を見ていた人…
福音書には書いていないけれど、実際にはそのような人たちがいたのだと思います。

3. ナザレの人たちはなぜイエス様を受け入れなかったのでしょうか?
ナザレはイエス様がお育ちになった町ということがわかりましたね。
では、なぜその町でイエス様は受け入れられなかったのでしょうか?
会堂でイエス様が話されたことは、本当に「福音」、つまりそこにいる人たちには「良い知らせ」でした。
まずは今の旧約聖書のイザヤ書に書かれていることを朗読しました。
「主の霊がわたしの上におられる。・・・」というところですね。
そしてイエス様はその言葉が「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と仰っています。
神様が貧しい人に良い知らせを届けたいために、救い主を人々の為に送った。
そして、その良い知らせによって、本当の神様の愛を人々に告げるために救い主を送ったということでしょう。

それに対して、ナザレの人たちはその「恵み深い言葉」に驚くのだけれど、同時にこうも言いました。
「この人はヨセフの子ではないか。」

同じ出来事が違う福音書でも書かれています。
マルコによる福音を見るともっと具体的なことが書いてあります。

「この人は、このようなことをどこから得たのだろう。
この人が授かった知恵と、その手で行われるこのような奇跡はいったい何か。
この人は、大工ではないか。
マリアの息子で、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではないか。
姉妹たちは、ここで我々と一緒に住んでいるではないか。」

簡単に言ってしまえば、イエス様を救い主とは思えなかったのです。
それは、イエス様をただ「ヨセフの子」としてしか見ていないからです。
イエス様が話したことよりも、自分たちが知っているイエス様の方が、ナザレの人たちにとっては本当のことだったのです。

イエス様はそのナザレの人たちの心の中を知っていました。
「はっきり言っておく。預言者は、自分の故郷では歓迎されないものだ。・・・」と仰いました。

せっかく神様の言葉を預言者が伝えてに来ても、自分の故郷では「あの人が誰かの子だよね」と、
言葉よりも、誰の子で、どこで育ってどんな人だったか、という事が人々には大切ということ。
それはつまり、神様の言葉よりも、自分たちの知っている事の方が大切だということです。
ナザレの人たちはそう思っていることを、イエス様は知っていたのでした。

福音の内容はこんな感じです。
さて、最後の質問が残っています。
この話を聞いたみんなに考えてもらいたいことです。

4. イエス様を受け入れるために、わたしたちはどうしたらいいのでしょうか?
これはみなさん自身が考えて書いてみてください。
ミサの中では神様の言葉として聖書が読まれます。
大切なのは誰が読んでいるか、ではないですね。
話している内容は難しいかもしれないけれど、静かに耳を傾けることは大切です。

ミサ以外では、どうでしょうか。
みんなは前の授業でリーダーがお話しした「四人目の博士」の話を覚えていますか?
アルタバンという人の話です。
アルタバンは主の公現の時に三人の博士と一緒にイエス様に会いに行きたかったけれど、
途中で様々な傷ついた人や貧しくて困っている人達を助けているうちに、
とうとうイエス様に会うことはできませんでした。
しかし、アルタバンの死の直前、夢にイエス様が現れました。
「お前が出会った傷つい人、貧しい人は、すべて私だったのだ。だからお前は私に何度も会っているんだ。」
と言いましたね。

マタイによる福音ではこんな言葉もあります。
「はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。」
小さいものとは、まさに苦しんでいる人たちのことです。
みんなの友達の中で泣いている友達がいて、その子のために、何かをしてあげる、
それも泣いている友達の中にいるイエス様を受け入れることですね。

みんなの中にもイエス様がいます。
ミサの中で御聖体を頂いて、皆さんは少しずつイエス様に近づくのです。
教会で出会う人、お父さんお母さん、友達、リーダー達、
みんなの中にいるイエス様に気づいて受け入れるようにしましょう。

さあ、今日の話はここでおしまいです。
最後に、私たちがいつも近くにいるイエス様に気が付き、受け入れることができますように、
マリア様にお祈りをして終わりましょう。

また来週も元気に集まってくださいね!!