|  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

本来ならば、先月行われる予定でしたが、都合が合わず、今月お越しいただきました。
来ていただいたのは、久々に長年担当して下さった方、久々にお会いする事もあり、会話が弾んでいました。

今月は、少し早い秋の訪れを感じさせる農産物、フルーツが並びました!

 

 

● 今月のおすすめ品

五百川

2003年、福島県中通り地域の農家、鈴木清和さんが、コシヒカリの突然変異種として発見して、8年間の育種を経て2010年より品種登録されました。命名は当地を流れる河川、五百川からとられました。福島県中通り地域を中心に作付けが行われています。育成のスピードも速く、8月頃には刈り入れができるため、台風などの被害を受けずにすみます。
味は、コシヒカリの味を継いでいて、背丈が低いため、倒れづらく、ハズレが少ないことも特徴です。
この時期に新米を出荷できるのも大きな特徴です!

 

今年最後の桃になります。
伊達白桃は、福島県の菅野正光氏が「白鳳」の偶発実生を育成した極晩生の白桃種です。
果重は330~380g位の大果で、果肉はやや硬くやや粗ですが、多汁で甘味多く酸味少なく、追熟すると、とろけるような食感になります。

 

ぶどう(高尾)

高尾』は1956年(昭和31年)に東京都農業試験場(東京都立川市、現農林総合研究センター)の芦川孝三郎氏が育成、選抜した巨峰の実生改良種です。果粒は紫黒色の長楕円形で、巨峰よりやや小さく、果肉は締まっています。甘みは強く、酸味は適度、わずかに香りがあり、食味は濃厚。種なしのぶどうです。品質は優れているものの、栽培管理が非常に難しいため、ほとんど普及しませんでした。
種無しなので食べやすですね。

 

 

 

次回も、12月の第3週12月16日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
また、10月の聖ミカエルバザーでも、NPO法人「福島やさい畑」の商品が並びます
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

先日9月6日に発生した「北海道胆振東部地震」の被災者のための募金を、
教会学校の子どもたちが呼びかけました。

元気いっぱい大きな声で呼びかけることが出来ました!
たくさんの方にご協力いただきました。
ありがとうございました!




 |  |  |  |

今日も子どもたちが元気に集まりました。
久しぶりのメンバーもいましたね。

最初に「教会学校・はじめの祈り」を唱えてスタートしました。

 

 

まずはいつものように歌の練習をします。
ここのところ毎週練習している「アーメンハレルヤ」です。
いよいよ来週、菊地大司教さまをお迎えして国際ミサが行われます。
そのときの「聖ミカエル行列」でみんなが歌う歌です。

 

今日は体を動かしながら歌ってみました。
行列の時も歩きながら歌うので…動きながら歌う練習です!

今日はあまり声が出ていない印象でした。動きながら歌うことがちょっと難しかったのかも…。
みんな本番はもう少し声が出ると良いですね。

 

 

授業に入る前に、今日からマリア会から松戸教会に研修に来られたタンさんにご挨拶いただきました!

なんと、マジックを披露してくれました!!

こんど皆にも教えてくれると言ってくださいました。
これから、どうぞよろしくお願い致します!

 

 

さて、今日は先週の宿題についてお話しします。

先週、ザアカイという徴税人のお話しをしました。
ザアカイがイエス様にであったことで「お金を多く取っていたら4倍にして返す。財産の半分を皆に配る。」と宣言したお話でしたね。

そこで出した宿題は…
・なんでイエス様は嫌われ者のザアカイの家に泊まると言ったのでしょうか?
・イエス様が言った「救いが訪れた」とはどういうことでしょうか?
この問題を考えてくるという宿題でした。

 

みんな考えてきてくれたでしょうか?

リーダーから答えをお話ししました。

まずなんでイエス様はザアカイの家に泊まらなきゃいけないと言ったのか…?

イエス様はどういう人のために地上におりてきてくれたのでしょうか。
「貧しい人」とか「寂しい人」と皆が答えてくれました。
正解ですね!
ザアカイはお金持ちだったけど、嫌われ者だったからひとりぼっちで、心が貧しくて寂しい人だったと思います。
だからザアカイの家に泊まるとイエス様は言ってくれたのです。

次に「救いが訪れた」とはどういうことか…?

ザアカイが救われたのはなぜでしょう?どうしてザアカイは変われたのでしょうか?
ザアカイはお金を多く取って自分のものにしている人だったけど、財産を配るようになりましたね。
そしたら、みんなザアカイをきっと好きになったでしょう。
きっとザアカイはその時だけじゃなくて、ずっとそれを続けたでしょう。
そうしたらみんなと友達になれるね。
ザアカイはイエス様によってみんなと友達になれるようになりました。
これが救いが訪れたってことですね。

なんでザアカイが変われたか…?
例えば、お部屋が汚い人がいます。
神父さまがお家にくることになりました。
そしたらきっと掃除するよね?
ザアカイも同じで、イエス様が来るってことになって、いい人に変わろうとしました。

イエス様との出会いが、ザアカイにとって、真逆の人生を歩むきっかけになったのです。

 

ここでクイズです。キリスト教じゃなくて仏教のお話だけど、キリスト教と通じるところがあるお話をします。
地獄と天国があります。
どちらの人も長ーーーいスプーンでごはんを食べます。
地獄の人は長いスプーンで上手く食べられなくていつもお腹がすいています。
天国の人は長いスプーンでも食べられるのでいつもお腹いっぱいです。
使っているスプーンは同じなのに…なんででしょう??

しばらくみんなで考えてみましたが、正解がなかなか出なかったので…
このお話を知っている子が正解を発表してくれました!
天国の人は、お互いに食べさせてあげているから食べられるけど、
地獄の人は自分のことしか考えないで自分で食べようとしているから食べられないのでした!
お互い思いやって、隣人のことを考えて、愛し合っているのが天国です。
「隣人を愛しなさい」とイエス様も言っていますね。

みんな友達や兄弟・家族と喧嘩してしまうことがあると思います。
なんで喧嘩になっちゃうのでしょうか。
例えばダンスが下手な人がいて、その人に「ダンス下手だね」と言ったら?
言われた人は怒ったり悲しくなったりして、喧嘩になっちゃうと思います。
じゃあ「こうしたら上手くなるよ」って言ってあげたら?
きっと嬉しくなるし「ありがとう」って思うよね。
でも、言っていることはどちらも「ダンスが下手だ」ということで同じことだよね。
言い換えたりお互いを思いやることで仲良くできるということです。

ここで、みんなにお手紙を書いてもらいたいと思います。
神様はみんなのことをよく知っています。
その神様にお手紙を書きましょう。
2人組になって、相手を褒めて「こんなひとを創った神様はすごいです!」と書きましょう。
でも、お友達の悪いところ・欠点を褒めてください!
例えば、嘘ばっかりついている友達…
これを良いように言い換えて、
「お話を作るのが上手」と褒めて書きましょう!

書けた人は相手にその手紙を渡しました。
書けなかった人は宿題です。お家でよく考えてみてください!

 

 

今日はここまで!
最後に「主の祈り」を唱えて終わりました。

 

そして、今日のミサでは、先日初聖体を受けた子が始めて侍者を行いました!これからもたくさん侍者をして、より良い奉仕が出来るように頑張りましょう!

 

 

来週は「聖ミカエル行列」を行う日!
ずっと練習して来た「アーメンハレルヤ」の本番の日です。
元気に集まってね!!




 |  |  |  |

青年有志たちで作っている同人誌「野ばら」の第15号が発刊されました。

「野ばら」は、2016年5月に創刊され、以来、1か月おき(奇数月)に発刊しています。
「野ばら」というタイトルは、この同人誌の発起人がつけたもので、マリア様をイメージしたものだそうです。

この同人誌の中で、青年達は、カトリック文学に挑戦しています。自分の信仰を内省し、祈りのように、書き上げています。

各号には、それぞれテーマを設け、執筆しています。
第15号は、「晩夏・初秋・善悪・天使・聖マリアの誕生・ロザリオの聖母」をテーマに、詩や散文が収録されています。

 

PDF版も無料で配布しています。バックナンバーも取り揃えています。(リンク先よりダウンロードが出来ます)

 

 

毎号、巻頭作品は、前号の読者の方々から感想を頂いたなかで、一番評価が高かった同人の作品が掲載されます。
野ばらの巻末には、連絡用メールアドレスなどを載せていますので、感想等を、御寄せ頂けたら幸いです




 |  |  |  |

September 9, 2018 included flower offering to Mama Mary by children in honor of Mama Mary’s birthday on September 8th.

 

Also Fr Cyril Veliath gave a blessing to all the September birthday celebrators.