|  |  |  |

11258632_450622331778559_454386389_n

ミサの後、4月25日にネパールで起きた大地震の被災者救援募金を、教会学校の子供たちが募ってくれました。
「募金お願いします!」と大きな声で呼びかけ、募金をしてくださった方には「ありがとうございます」とお礼の言葉を伝えます。サブリーダーたちは、集まったお金の計算も手伝ってくれました。

 

子供たちが一生懸命呼びかけたかいもあり、たくさんの方々が募金をしてくれました!ご協力いただき、ありがとうございました。




 |  |  |  |

今日は先週に引き続き、リーダーたちが作った「イエス様のご受難・死・ご復活」のDVDを観ました。

前回は前編を観てもらいましたが、今日は後編です。前編の後半も少し観て、先週の内容を思い出してから後編を観ました。

 

後編ではイエス様のご復活のできごとから、聖霊降臨のできごとまでが描かれています。

 

IMG_0375

 

11291342_450622335111892_660489446_n

 

見終わったあとリーダーから「どうでしたか」と尋ねられると、「疲れたー」との声が…。きっとそれだけ集中して観てくれていたんですね!

みんなは、ご復活されたイエス様が、弟子たちと過ごしたときのできごとが印象的だったようでした。

 

そして、みんなが気になったところや、重要な場面について、リーダーからお話しがありました。

 

IMG_0378

 

「印象に残った場面があったら、お家でお母さんやお父さんとお話ししてみてください」

 

最後に「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて終わりました。

 

IMG_0379

 

 

ところで、今日のDVDはヨハネ福音書のこのことばでしめくくられていました。
「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された」(ヨハネによる福音書 3章16節)
このDVDを観たことで、神様の愛をいっぱい感じ取ってくれていたら嬉しいです。

来週も元気に集まってくださいね!!




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を毎月第2週に行っています。
今月も新鮮でおいしい野菜やフルーツをもってきてくださいました。天候も心配されましたが…晴れ渡たり、即売会日和となりましたね。

 

 

11200919_689055157889778_8825254018458859795_o

 

 

 

 

● 今月のおすすめ品

11265501_689054964556464_7053755035665059096_o

いちご(とちおとめ)
とちおとめの果皮の色は鮮赤で果形は女峰の特徴を受け継いで比較的整った円錘形をしています。果実の大きさは大,果肉色は淡紅,果心の色は紅赤,果実の光沢は良,果実の溝はかなり少ないです。「第53回福島県農業受賞」を頂いたいちごです。第53回福島県農業受賞したイチゴです。
店頭には、美味しく食べられる保存方法なども掲示してありました。
「洗わず蔕をつけたまま、(冷蔵庫の)野菜室へ。5~7日保存できます。冷凍する時は、蔕を取り、水洗い後、丁寧に水を切ってから、冷凍庫へ」

 

 

 

11187442_689055024556458_7219837732669593499_o

葉玉ねぎ
葉玉ねぎというのはそういう品種がある訳ではなく、玉の部分が膨らみかけたくらいで早い時期に葉付きのまま収穫したものの総称です。収穫せずにそのまま栽培を続けるとちゃんとした玉ねぎに育ちます。
葉玉ねぎの最大の特徴は、玉ねぎと青ネギの両方の美味しさを楽しめることです。肉質は新玉ねぎよりも更にみずみずしくて柔らかい食感で、甘く辛味は穏やかな傾向にあります。葉の部分は完全に成長した新玉ねぎについているものよりも細くて柔らかく、九条ネギと似ていますが少し肉厚な感じです。ネギ特有の香りはあまり強くなく食べやすいです。
千葉ですと、春先が旬となりますが、福島では、ちょうどいまくらいが旬となります。

 

 

 

来月も、第2週6月14日(日)8時ごろから即売会を行っています。

教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 




 |  |  |  |

今日は、みんなでDVDの鑑賞です。
とは言っても…市販されているDVDでは、ありません。
実は、このDVDは、ヨゼフ会の方から「教会学校の子どもたちに」と頂いた冊子をリーダー達で動画にしたものです。イエス様のエルサレム入城から聖霊降臨までを4つの福音書から時系列に沿ってまとめてあるお話なので、復活節のこの時期に是非みんなに観てもらって、理解を深めて貰えたらなぁと思います。

 

今日は、その前編を観てもらいます。

 

11187447_689055237889770_4844853325220164429_o

 

「ダビドの子」がバックグラウンドミュージックで鳴り響くなか、(動画のナレーションは、リーダーたちで行っているので)聞き覚えのある声が聞こえてきて、始めの方はワァワァなりましたが…徐々に話しに引き込まれていきました。

バックグラウンドミュージックは、全て典礼のなかで歌われている聖歌ですから、みんなも聞き覚えがあると思いますし、お話も毎年のように聞く、みんなが知っているお話です。でも、こうやって動画で見ると改めてイエス様の苦しみ、そして、イエス様の愛を感じ取れたのではないでしょうか?

前編の終わりに…イエス様は十字架で亡くなり、新しいお墓に葬られます。
でも、「もちろん、この話には続きがあります

来週は、後編をみんなに観てもらいます。
みんな元気に集まってくださいね!




 |  |  |  |

今日は船津神学生が、みんなにイエス様のことをわかりやすく伝えるため、すてきな絵本を読み聞かせてくださいました。

でも…ゴールデンウィークだからなのか…人数が少ない……。最初は2人だけでリーダーも戸惑ってしまいましたが、少しずつ集まってくれて最終的には6人になりました。よかったです…。

まずは「教会学校・はじめの祈り」を唱えてスタートです。

 

IMG_0206

 

 

船津神学生の選んできてくださった絵本のタイトルは…「おおきな木」。大きなりんごの木と、ある男の子のお話です。
「このおはなしには、イエスさまは出てきません。でも、イエスさまととっても似ているところがあります。今日はこの本を読んで、みんなにイエスさまについて考えてもらおうと思います」

 

船津神学生のやさしく暖かみのある朗読に、みんな引き込まれていました。
 

IMG_0220
IMG_0212
IMG_0214

 

「おおきな木は、男の子に自分の持っている実や枝、幹などのすべてをあげてしまいますが、その度に「木はうれしかった」と本には書いてありましたね。このおおきな木は、私たちのために十字架につけられたイエスさまと、とてもよく似ています。おおきな木が「うれしかった」のは、男の子が大好きだから…。イエスさまもみんなのことが大好きだから、私たちにいろんなものを…ご自分のぜんぶをくださったんです。」

みんなこの絵本と神学生のおはなしから、イエスさまがみんなを大好きだということがとってもよくわかったのではないかと思います!

 

そして神学生から、今日の福音の「ぶどうの木」についてもおはなしがありました。
「ぶどうの木はイエスさまで、枝はみんなです。木を切ってしまったら枝はどうなっちゃうかな?…そうです、育たなくなってしまいますね。みんなもイエスさまにつながっていることで成長していけるんですよ。」

 

「おおきな木」のお話と「ぶどうの木」のお話からイエスさまの大きな愛を学んだところで、みんなで「かみさまのあいは」を歌いました。オルガンの演奏が得意な船津神学生の伴奏にあわせて歌いました!
 

IMG_0216

 

最後に「主の祈り」を唱えて終わりました。

 

船津神学生のお話、とても勉強になりました。みんな、イエスさまの愛をいつも感じて成長していきましょうね。
来週は…、待ちに待ったリーダー自作のDVDを見る予定です!お楽しみに!