|  |  |  |

本日、聖霊降臨の主日を祝いました。

五旬祭(過越祭から50日後。ユダヤ教では、シナイ山で十戒をモーセが受けた事、そして、春の収穫を感謝する農業祭としての意味がある。日常の仕事が禁じられる安息日であり、トーラ(モーセ五書)の学習、ルツ記の朗読などが行われる。食事には肉を使わず乳製品を食べる)に、キリストが約束された弁護者である聖霊が私たちに降り、私たちの福音宣教が始まったことを記念して祝います。

今日、この日、キリスト者の福音宣教が始まり、教会が誕生しました。

 

聖霊降臨とは?

聖霊が内面に働きかけ、すべての人の救いのための業を行い、教会を発展させるために、聖霊は弟子たちとともに永遠にとどまるために、弟子たちのうえに下ったのです。
これを聖霊の降臨といいます。

聖霊降臨の日に教会は多くの人の前に公に現わされ、説教によって諸国民への福音の宣布が始められた。
そして、普遍的信仰において結ばれる諸国民の一致が、新約の教会を通して予告された。この教会は、すべての国語を語り、愛をもってすべての国語を理解し、受け入れ、こうしてバベルの離散を征服する」。
このことから聖霊降臨が教会活動の始まりだといわれ、特別に祝われます。

引用:聖霊降臨とは?

 

開祭の際には、教会の創立記念日ともいえる今日のミサの意向ともいえる祈願が唱えられます。
私たちは、この聖霊降臨の出来事を毎年記念することにより、私たちが聖霊をいただいていることを意識し、教会のいのちとその一致の源に立ち返ります。今日、私たちは聖霊の働きによって、霊の実が見える教会共同体として成長しているかどうかを見、そうあるべく新たに求められている日でもあります。

集会祈願

すべての人の父である神よ、きょう祝う聖霊降臨の神秘によって、あなたは諸国の民を一つの聖なる教会に集めてくださいます。聖霊を世界にあまねく注いでください。
教会の誕生にあたって行われた宣教の働きが、今も信じる民を通して続けられ、豊かな実りをもたらしますように。
聖霊の交わりのなかで、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子 私たちの主イエス・キリストによって。
アーメン

 

 

ことばの典礼

 

第1朗読 使徒言行録 2章1~11節
第2朗読 ローマの信徒への手紙 8章8~17節
福音朗読 ヨハネによる福音書 14章15~16、23b~26節

 

 

そして、お説教。
聖霊降臨が私たちにとってどのようなものなのか…、また、聖霊について、お話しくださいました。

 

 

感謝の祭儀。

 

 

さて、今日は、東京大司教区の合同堅信式が行われます。
入信の秘跡の最後の秘跡であり、いつも共にいてくださる聖霊を受け、聖霊の賜物を受ける「堅信」の秘跡が、聖霊が降り注ぎ、教会の福音宣教が始まった聖霊降臨の主日に行われるのがふさわしいとされているからです。松戸教会からは、10名の方々が堅信に与ります。

 

今日で、50日間の復活節が終わります。
キリストは昇天され、弁護者たる聖霊が私たちに降りました。教会の季節は、明日から年間へと戻ります。




 |  |  |  |

今日は「聖霊降臨」の日です。
始めのお祈りを、5年生がしてくれました。教会学校、元気にスタートです。

 

聖霊降臨の日は、教会ができた日。教会の誕生日です。 主の祈りを唱えます。主の祈りも覚えられてきましたね!

先週のおはなしですが、イエス様は天に昇る時、何と言ったか覚えていますか?
3日間とどまっていなさい、と言われました。
そして、現れたイエス様を見て弟子たちは、幽霊?!と思いました。そんな弟子たちに、「幽霊に足はありますか?食事をしますか?私は生きています」と、イエス様は知らせてくれましたね。

そして聖霊降臨。
さて、聖霊って、どんな風に来たんだろう??みんなで想像して、動いてみよう!
そよそよと、そよ風のように吹いてきた?
それとも、ビューン、ドシンドシンと、力強く、大風のように?!
みんな、思い思いに動きます。ロールプレイは難しかったかな?

神さまは、私たちのことを見ていてくださるだけではありません。聖霊を送ってくれて、勇気づけてくれています。

みんなで「大波のように」を歌いました。
聖霊に満たされると、どうなる?「最高になる」「穏やかになる」「平和」色々な意見がでましたね。聖霊に満たされると、イエス様について行こう!と思わされるのです。
神さまは、私たちのことをただ見ているだけではありません。聖霊を送ってくれて、勇気づけてくれています。1人で頑張れ、とは言っていないのです。私たちは弱いものだから、神さまに身をゆだねてこそ、強く生きられます。大変だな、という時には神さまにゆだねていきましょう。

素敵な詩をカテキスタより紹介され、みんなで読みました。

 

最後はアベマリアの祈りです。

また来週、元気に集まってくださいね。




 |  |  |  |

教会学校はじめのお祈りです。

 

 

続いて主の祈り。体を使って、覚えます。まだ、ぎこちない子もいますね。頑張って覚えましょう!

 

 

 

私たちは、いつもどんな風にお祈りをしたらいいのでしょう?
毎日お祈りしていますか?
ここに、1枚の写真があります。シャルル・ド・フーコーという神父様の現像されたものです。
幼いイエス様がお祈りをしている姿が写った、と言われています。
天を見て、お父様を見て、私たちもお祈りしましょうね。

 

 

 

さて、今日のお話しは「主の昇天」についてです。イエス様が天に昇られたということです。
何故、私たちのところに来てくださっていたのか?分かる人?
「…??」
あら?先週、お話ししましたね!
食べてはいけない木の実を食べてしまった人間。イエス様はそんな私たちを、元のあるべき姿に戻したい、罪を赦したい、という思いで来てくれました。40日間、色々なことみんなに教えてくださったのです。そして、天に昇られました。
「お父様!アッバ父よ!」いつもお祈りを忘れずに、過ごしましょう。

 

みんなで「イエス様が一番」を歌いました。

 

 

その後の時間で、教会学校でやりたいことをみんなで書きました。

ゲームをしたい、歌を歌いたい、泳ぎたい!?、色々な楽しい考えが出ましたね。泳ぐのは難しいけれど……
来週もまた元気にあつまりましょう。




 |  |  |  |

今日もみんな元気に集まりました!
「教会学校・はじめの祈り」でスタート!

今日は、侍者の練習を10時まで行います。
伊藤神父様が主任司祭になられて、侍者の所作が少し変更になりました。
練習をしっかり行って、よりしっかりとした奉仕が行えるようにしましょう!

 

まずは、みんなにリーダーからお話がありました。

ミサは、お祈りです。
教会のお祈りに「わたしだけ」のお祈りはありません。ぜんぶ「わたしたち」のお祈りです。
だから、みんなで心を1つにしてお祈りします。
「お祈り」をするというのは、神様とお話して、神様とより強く結ばれることです。
だから、私たちが1つになって、イエス様を通して、神様とつながることがミサの1番大事なことです。
侍者をする時だけじゃなくて、ミサに与っているみんなと一緒に1つ1つの言葉を合わせ、同じ動きをして、心を合わせていきます。
神様とお話しする時、みんなはどんなふうにしますか?人と真剣に話したい時、他の人と話したりとか騒いだりとか、うるさい場所で話したいと思いますか?
そして、侍者は、イエス様の代わりに神様と私たちをつなげてくれる神父様のお手伝いをするのが役割です。
神父様は、ミサの時、一生懸命お祈りしています。
お祈りの時、私たちのことが気になったら、お祈りすることが出来ないですよね。
だから、まずは私たちがしっかりと心を合わせて「お祈りする」こと、そして、神父様がお祈りだけに集中できるように、しっかりと侍者の役割が出来るようにしましょう!
今日の練習の1番目標は、「みんなで心を合わせてお祈りする姿勢をとる」ことです。

 

では、入堂の練習からスタートです。
みんな香部屋の前に移動してください!

手を合わせる時は、指先を上に向けましょうね。神様のほうに向けるって感じです。
指先を前に向けるのは楽ですけど、見ていてあんまり美しくないですね。
美しい所作というのも、侍者にとっては大事なことです。
そして、最初に言いましたね。同じ姿勢にすることによって、心を合わせることが大事です

 

伊藤神父様が主任司祭になり、変わったことの1つ。
侍者に新しい役割が出来ました!

開祭の合図は、今まで香部屋の入り口のアシジで購入した鐘で行っていましたが、旧聖堂の鐘楼の鐘を鳴らすことになりました。
白服になった子たちにやってもらいます。
白服の子たちには、実際に鐘を鳴らして練習してもらいます!

 

そして、入堂の練習!
歩くときは、横の人と「心を合わせて」歩調を合わせましょう。
歩くペースも大事ですね。主の降誕や復活の主日、そして、今度行われる「聖霊降臨の主日」のような祭日のミサでは、ゆっくり目に歩きますが、普通の主日は、ある程度、ペースを上げていきましょう。神父様が心地よいペースで進めるスピードです。入祭の歌に合わせるのも大事ですね。

 

朗読の際の侍者の動きも変わりました。
1つ1つ丁寧に行いましょう。
祭壇に向かって行う礼とそれ以外の礼では、礼の深さが違いますよね。
そこもポイントです。

 

福音朗読の侍者の立つ位置も変わりました。
アレルヤ唱を歌う前に動き始め、神父様と一緒に祭壇に礼をして、神父様を先導する侍者2人が先にのぼり、自分の位置につきます。
今までと違う所作、位置どりになりますから、しっかりと覚えましょう。

 

奉納の際の動きは、一番難しいところですね。奉納行列から祭壇の準備まで、侍者の腕の見せ所です。
奉納行列の先導の時も、横の人と「心を合わせて」同じ歩調で歩きましょう。もちろん、後ろについてくる奉納される方のことも考えないとダメですね。もし、足が不自由であまり早く歩けない方だったら、ゆっくり歩かないといけません。その時も、自分の動きに自信をもって、隣の人をキョロキョロみないようにしましょう!

そして、内陣で待ち、受け取る側も立ち位置をしっかり覚えましょう。何度も言いますが、侍者の所作には美しさが求められます。

 

役割がない時の動きのほうが侍者は大事です!
立つ時、座る時も「心を合わせて」みんなで一緒に!
立っている時に油断して、手を合わせるのを忘れてしまう子もいますね。また、前を向かず、横を向いてしまう子もいます。
他の人の動きが気になるのもわかりますが、侍者が変な動きをしていると、ミサに与る人たちが気になって、お祈りに集中できませんよね。それでは、「心を合わせる」のを邪魔してしまいます。基本的な姿勢を忘れないように、常に手を合わせて、体をまっすぐに前を向く!
忘れないようにしましょう!

 

5年生の子は、カンパネラを鳴らす練習もしました。
まずは、タイミングを覚えましょう!

 

 

 

侍者の練習の後、幼稚園で歌の練習をしました。

今日の歌は♪イエスさまがいちばん。

歌詞の「いちばん!!」に合わせて、指で1のポーズをしてます。恥ずかしがらずに高く、もっと元気に上げていきましょう。

 

今日みんなと考えるのは、ヨハネによる福音のこの箇所です。

わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人を愛され、父とわたしとはその人のところに行き、一緒に住む。

これは、イエス様が弟子たちに言われた言葉です。私達はみんなイエス様が大好きだよね?神様のみことばを守ったら、イエス様がみんなの中に来て住んでくださるんだって。なんだか心強いよね。

ミサの時に、「キリストのからだ」「アーメン」ってご聖体をいただきますね。イエス様のおん体をいただくからには、神様とのお約束をちゃんと守らなくちゃいけないですね。

 

最後に主の祈りをして今日はおしまいです。

 

また来週。
みんな元気に集まってね!




 |  |  |  |

教会学校、初めの祈りで始まりです。
しおりをいつも持ってきてくださいね。

 

今月は聖母マリア様の月です。知っていましたか?
みんなで「マリア様のこころ」を歌いました。

青年もクラスに来てくれました。

私たちも、マリア様のような広い心でいたいですね。

 

 

そして主の祈りを唱えました。
十字を切るのは大事なしるし。信仰の証です。
体を動かしながら、覚えましたね。

みんな覚えられたかな?

 

今日のお話は、「私があなた方を愛したようにあなた方も互いに愛し合いなさい」
好きな人とは仲良くできるけれど、あまり好きでない人とはどうでしょう?
みんなで考えてみました。

この世界を神様はことばで創られました。
初めのことばは「光あれ」でしたね。
そして、人のことは土のちりで創られました。
それがアダム。アダムは一人で寂しそうに見えたので、神様はアダムのあばら骨から、エバを創られました。

ある時へびが来て、食べてはいけない実を「食べても大丈夫だよ」と誘惑しました。
その実を食べた2人は裸であることに気づいいて恥ずかしくなりました。
これは人の初めての罪でした。原罪と言います。

そして私たちのために、神様はイエス様を送ってくださいました。
今日のお勉強はここまでです。

 

最後にアヴェ・マリアを唱えてお祈りしました。

 

来週も元気に集まってね!