|  |  |  |

マリア会では、各地区から連絡員が集まり、毎月第2日曜日に地区連絡会を開いています。司牧委員会の報告を受けて、議論したり、各地区に連絡したりします。

11月11日の連絡会では、バザーの報告、統括、マリア会総会についての論議などがされました。

 




 |  |  |  |

10:30のミサのあと、教会学校の子供達が、
「2019年ワールドユースデー支援募金」の呼びかけを行いました。

大きおな声で元気一杯呼びかけました。
募金してくださったみなさま、ご協力ありがとうございました!




 |  |  |  |

今日もみんな元気に集まりました!
お祈りをして始めます。

最初に歌の練習をします。

みんな、教会の暦(教会のカレンダー)の始まりはいつだかわかりますか?
教会暦の最初の季節は「待降節」ですが、
今年は12/2(日)から教会の新しい年が始まります。

では、一年の最後は?
今年は、11/25(日)が教会の一年の終わりです。
なんの日でしょうか?
「王たるキリスト」です。
一年の最後の日曜日が「王たるキリスト」の祝日です!

この日みんなは行列を行います。
まず、聖母子像の前で、「イエスさまがいちばん」を歌います。
そして行列の時に「あめつちをつくり」を歌います。

今日はこの二曲とも練習しました。

さて、授業に入ります!
プリントを2枚配りました。
1枚は「マルコによる福音」が書かれたプリントです。

まず、「マルコによる福音」の12章28〜34節を助祭が朗読してくださいました。

「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか」という質問に、
イエスさまが「第一は神さまを愛すること、第二は隣人を自分のように愛すること」とお答えになったというお話です。

なんでクリスマスにイエス様はきたのでしょう?
2枚目のプリントに、書いてあります。
私たちが住む世界を「神の国」にするためです。

「神の国」ってどういう国でしょうか?
今日はそれをみんなで考えてみましょう!

神さま見たことある人、いますか?
いませんね…。
「天国」は神さまがいる場所です。
神さまがいないところ、見えないところでも幸せにするためにイエスさまはきました…
神様が見えなくても幸せなところ、それが「神の国」です。

聖書をヒントに、「神の国」がどんなところか考えてみましょう!

2つのグループで別れて、助祭やリーダーに手伝ってもらいながら
「神の国」について書かれているところを探してみました。

さて、それぞれのグループで、聖書の中で「神の国」がどんなところかわかる箇所を見つけられたでしょうか?

「神の国」て言うのは?
一人一人みんな神さまを一番に考えていて、
自分と同じようにみんなを愛すしている状態です。

みんな、「主の祈り」を覚えていますか?
「私たちの日毎の糧を今日もお与えください」
というところがありますね。
糧というのはご飯のことです。
みんな、自分のごはん…と思って祈りますか?
それとも、お腹が減っててもご飯が食べれない人のことを考えて祈りますか?
みんながそういう風に、他の人のこと考えられる世界が神の国です。

例えば、「よいサマリア人」のたとえ話では、
サマリア人は自分のお金を全部使って、傷ついている人を助けました。
当時は、みんな傷ついている人や病気の人に近づいちゃいけないと思っていました。
だけどサマリア人は近づいて助けました。

今日の福音(「マルコによる福音」10章46〜52節)で、
イエスさまは目見えない人を見えるようにしました。
他の箇所では、立てない人立てるようにしたこともありますね。
イエスさまはいつも人を癒した後にこう言います。
「あなたの信仰があなたを救った。」
これは、「あなたが神様と繋がってるから、治ったんだよ」という意味です。

神さまとみんなが繋がってる!
そんな状態が神の国です!

神の国はもう始まっていると、イエスさまはいっています。
イエスさまを観たら神さまを感じられるからです。
でも今のみんなイエスさまを観たことないけど…
なんで2000年間キリスト教は続いたのでしょうか?

それは、神さまの存在を感じていたからです。
そして神様と繋がりたいと思わせることがずーーっとあったのです。

「教会」ってなんでしょうか?
みんなは場所とか建物のことだと思うかもしれませんが、違います。
イエスさまを信じる一人一人が集まったら、教会です。
お互い、会った時に神さまの存在を感じるというのが教会です!
だからキリスト者は、会ったら神様を感じさせる人じゃなきゃダメなのです。

そのためには…さっき助祭が読んでくださった「マルコによる福音」にあった、
イエス様が言った2つの掟を守ることが大事です!

錬成会のこと、思い出してください。
配膳係の子に、チームの仲間の飲み物より先に、自分の飲み物をまずとった人もいました。
チームの仲間のご飯が用意されていないのに、ご飯を食べ始めたチームもありました。
これでは、「隣人を愛しなさい」という掟、守れていなかったね。
「神様は何してほしいか?」を考えて毎日を過ごしましょう。
イエス様はその見本を一番にやってくださったので、
「イエス様だったらどうするか?」考えるとよいですね!

どうしてもイエス様のことが考えられないなって時もあるかもしれませんね。
そんな時、「ロザリオの祈り」を唱えましょう!
マリア様も、とてもお手本になる方です。
ロザリオのお祈りをして、マリア様だったらどうしようって考えてみましょう。
「主の祈り」「アヴェ・マリアの祈り」「詠唱」はみんな覚えているよね?
覚えていれば、口で唱えている間もほかのこと考えられますよね。
ロザリオを唱える間「マリア様助けてください、イエス様みたいになれますように」って祈ってください。

最後、「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて、教会学校を終わりました。
解散する前に、神父さまがくださったロザリオをみんなに配りました。

ぜひ使って、「イエスさまみたいになれますように」と祈りましょう!

また来週も元気に集まってください!!




 |  |  |  |

バザー最後の最後の準備を行いました。
保護者の方々と一緒にリーダーもゲームコーナーの準備をします!

面白いゲームをたくさん用意してますからぜひ来て下さいね!




 |  |  |  |

Tomorrow,The St.Michael Festival Bazaar will be held at Matsudo Church.
A bazaar has many small shops.Of course we will open,too!!

We prepare for our famous pork barbecue.

 

Everyone is invited!
Please Join us!!