|  |  |  |

みんな聖堂に集合しました。
今日は侍者会です。

教会学校始めの祈りで、始まりました。6年生が先唱しスタートです。
今日歌った聖歌は「大波のように」です。聖堂は、広くて、あまり声が出ていませんでした。神様に届くような声で歌えるといいですね!

 

 

今日は、侍者会を行います。
まず、リーダーから「お聖堂はいる時に礼をしてきた?」と、みんなに質問がありました。
みんな、「してきた!」と、答えてくれましたね。
「お聖堂には、ご聖櫃にイエス様がいらっしゃいます。だから、私たちは、礼をしてお聖堂には、入ります。侍者は、イエス様の一番近くで、神父様のお手伝いをする係です。イエス様がそばにいるという事を忘れないようにして、侍者としてミサが与れるように、それにふさわしい態度を表せるように練習しましょう」

 

その言葉を受けて、低学年と高学年に分かれて、練習します!

まずは、低学年チーム。
初聖体を受けた子どもたちは、いよいよ侍者の奉仕を行えるようになります。今回は、入堂・朗読の所作を覚えます。
でも、一番大事なのは、普段からのミサに与る姿勢ですね。
先週のお話の通り、神様に招待されているわけですから、神様の食事会に与る姿勢というのが問われますね。
食事会には食事会のマナーがあります。侍者は、そのマナーを一番守らないといけない人です!

 

 

それでは、練習を始めましょう!

まずは、入堂!入堂するときは、手を合わせる!手を上を向ける!

 

入堂で歩くときは、ペースを考える事。しっかりと祭壇を向き、後ろの人がついてきていることをしっかり背中に感じつつ、横の人とそろって、まっすぐ歩くこと。

 

そして、祭壇の前に並んだら、司式司祭の動きを横目で見ながら(顔も体は前を向くこと)司祭が、礼をしたら、一緒に礼をしましょう。頭を上げる時は、ゆっくりと、司祭に合わせて、あげましょう。礼は、一番深い礼(60度くらい)です。祭壇の前は、一番深い礼。それ以外は、浅い礼と覚えるといいと思います。

 

最初に言った通り、侍者にとって大事なのは、動いている時だけではありません。
侍者席に、座っている時も大事です。
そして、侍者リーダーと一緒に、全員が合わせて、立ったり、座ったり出来るようにしましょう。
立ったら、すぐ手を合わせる!侍者の基本姿勢を普段のミサの時から、とれるようにしましょう!

 

そして、1人ずつ朗読の誘導の練習をしました! 祭壇の前では、深い礼! そして、朗読が終わったら、大きな声で「神に感謝!」と言う。動きと一緒に、それも覚えましょう!

 

 

 

高学年は、感謝の典礼の練習です。

まずは、カンパネラの練習ですね。
聖変化と顕示、そして、司式司祭が御血を頂くときにならします。
カンパネラが鳴り響くときは、そこは神様の空間になっているという事です。美しく、そして、タイミングよく鳴らしましょう。
目の見えない人は、カンパネラの響きだけが、頼りなんですから!

 

奉納行列を迎える時もリーダーから指示されなくても、動けるようにしましょうね。
この時、侍者リーダーは、祭壇にカリスを届けたり、いろいろすべきことが多いので、みんなには、自分たちで動けるようにしてほしいと思います。

 

短い時間でしたが、今日はここまで! 高学年も低学年も「出来ている!」ではなくて、より高いレベルを目指して、奉仕できるように頑張りましょう!

 

最後に、マリア様のお祈りを唱えました。

 

 

 

そして、先週、今週と、 初聖体を受けた子が、侍者デビューしています!
はやく慣れて、立派に奉仕できるように頑張りましょう!
他の子達も、追いつかれないように頑張らないとね!

来週は、1学期終業式です!
みんな元気に集まってね!




 |  |  |  |

今日は梅雨で肌寒く、小雨も降っています。
そのせいかお友達が3人と寂しいですが、元気に行きましょう!

 

 

いつもの様に、教会学校はじめの祈りをして、アヴェ・マリアの祈りを心を込めてしましたね。

続いて、遅れてきたお友達、お母さんも一緒に主の祈りを体いっぱい使って表現しながらしました。

 

お祈りはいつもイエス様と一緒に、イエス様を感じながら、天のお父様に向かってしましょうね。

♪イエス様がいちばん を歌って今日も決めポーズ!です。

 

 

 

さて今日の授業は、ミサについてのお話です。

「みんななんで日曜日に教会に来るのかわかりますか?」
「神様に祈りに来てる」 「学びに来てる」 「学校がおやすみだから?」なんて声もありました。

お母さんが行けって言うから、本当は面倒だな~、なんて思っている子もいるかもしれませんね。
日曜日はイエス様がご復活された日で、そのお祝いの為に神様がみんなを招待してくださっているんです。

「みんなは招待されてるの知ってた?招待状見たことある?」
「えっ。ホントに?今日?」 

 

では、今日は特別に、皆さんにもちゃんと届いている招待状を見せてあげましょう。

 

食事会って書いてありますよ。
「お食事会に招かれたら、みんなどうする?」
「ちゃんとした服を着る」 

なるほど、そうだよね。
お食事会にはメニューがあるよね。

 

これはミサのメニュー表です。

さあ、神様は一体どんな料理を用意してくださるのかな?

 

ミサの流れには、ひとつひとつ大事な意味があります。みんなが心を一つにして祈り、お食事会に参加してくれることを、神様は望んでおられます。

 

入祭

ミサが始まる前には、食事の前に手を洗うように、心をキレイにして参加しましょう。

 

ことばの典礼

朗読は、お料理の材料になります。

 

感謝の祭儀

神様が、目の前でお料理してくださいます。
侍者をするときは、イエス様の代わりとして神様のみ旨を果たせるようお祈りされている神父の為に、一番良いタイミングを考えて動きましょう。

聖変化したご聖体は、イエス様そのものになります。
イエス様が私達の為に十字架の上で苦しまれ、死んで、復活されたおかげで私達は神様とつながることが出来ます。
そのイエス様を信じていなければ、ご聖体もただの小麦粉のかたまりにすぎません。

 

交わりの儀

 さぁ、料理を頂きましょう。お祈りをして、みんなと平和の挨拶を交わします。
イエス様をお迎えする準備をして信仰を宣言し、ご聖体(祝福)をいただきます。    

 

閉祭

いただいたお恵みに感謝して、家に帰ります。神様の愛を伝えに行きます。

神様がまず初めに私達に光を造ってくださったように、週の初めの日曜日、ミサはみんなに光を入れる日です。
つらくても悲しくても真っ暗にならずに、また一週間がんばれますね。
その光をみんなの祈りや行動を通して、たくさんの人に分けてあげられる時、きっと神様はお喜びになります。

 

では、今日はここまで。
家に帰って、お父さんやお母さんと今日の内容を話してみましょう。メニュー表も見せてあげてね。

それでは、みんな、神様からご招待されている食事会に遅れないように、しっかり準備を整えて、ミサに与りましょう!

また来週元気に集まってね。




 |  |  |  |

教会学校始めの祈りで、今日も始まりです。

まず「イエス様がいちばん」をみんなで歌いました。2人組になって、肩をポンポン。照れくさそうな子もいましたね。

 

 

そして主の祈りです。声を、出して、身体も動かして、覚えられてきている子が増えてきました!

 

今日のお話は、御聖体についてです。

その前に、命って、なんだろう? ふつう、走ったり、お話したり、食べたりする。それができなくなって体が動かなくなる。命がなくなる、死んでしまうというよね。
でも、体は動いていても、心、魂が死んでしまったように、思うことがあるね。
たとえば、友達からひどいことを言われたら…死んでしまったような気持ちになるでしょう。体が元気なためには、お肉とかお野菜とか食べることが必要ですね。

じゃあ、心や魂が元気なためには?
御ミサの中でわたしたちは、イエス様の御からだ、ご聖体を頂きます。イエス様のからだを食べるのですね。

ご聖体をいただくとどうなるのでしょう?
イエス様に似たものになります。
イエス様のおからだをいただく時は、イエス様がどんなことを考えて、どんな行いをされたのかを考えていただきます。
イエス様は、「永遠の命」と言うことをいわれました。それは神様と仲良しで、神様の子どもであるイエス様のことを、よく知ることが永遠の命だと言われたのです。だからイエス様のからだをいただくことは「永遠の命」をいただくこと。心や魂が元気になっていくことです。

 

ご聖体をいただく前の奉納の時。ぶどう酒に水を少しだけ入れるのはなぜでしょう。知っていますか?

ぶどう酒はイエス様の血。水は私たち。
私たちの全部をささげて、例えば、あの人は嫌だなとか、許さないとかという気持ちも神様にあげて、空っぽになって、ご聖体をいただくということです。
そうすると、イエス様がわたしたちの中で働かれて、わたしたちをイエス様に似たものにしてくださいます。
聖書にある「パンをさく」とは、「体をさいて」という意味で、神様はご自身の体をさいて、私たちにくださっているのです。

 

今日は…絵本『大きな木』を読みますね。

 

ここに出てくる大きな木は自分を少年にささげて、ささげて、「幸せでした」。木がなんだか可愛そう、幸せなんだ!?など、色々な事を感じながらお話をききましたね。

 

今日はここまでです。
また、元気で集まりましょう。




 |  |  |  |

今日は「キリストの聖体の祭日」です。
10:30からのミサでは、初聖体クラスで頑張って勉強して来た子たちが初聖体をうけます!
そして、そのミサは「子どもの奉仕するミサ」になります。

今日の教会学校では、「子どもの奉仕するミサ」の練習をしました。

 

 

はじめにみんなに、先週役割を発表しましたね。
自分の役割の位置に着いてください!

先唱は、高校生と小学6年生が行うので、リーダーが用意した台本をチェックしまします。
朗読の2人も、それぞれ朗読の練習をしました。
(写真がない!ごめんなさい!)

 

そして、今日は、初聖体を受ける子どもたちも一緒に入堂します。
侍者の子達と一緒に練習します!

一緒に入堂するのは、主の公現の時に1度だけ行った子達もいましたが、久しぶりの入堂です。
侍者を行うリーダーと一緒に練習しましょう!

手を合わせて、ゆっくりと行進!みんな忘れないでね!

 

入堂の練習後、侍者は、最もウィークポイントとなっている奉納の練習をおこないます!

 

奉納行列を迎える時の役割、立ち位置をもう1度しっかりと確認します。

 

この後、初聖体を受ける子たちは、共同祈願の練習もしていました。

 

みんなしっかり自分の役割を確認できましたか?
2019年度の初陣です!みんな頑張りましょう!




 |  |  |  |

今日は「三位一体の」の祭日です。
始めのお祈りをして、今日も教会学校、元気にスタートです。 

 

始めに「イエスさまがいちばん」を歌いました。
二人ずつ組みになって、タントンタントンと相手の肩を、歌の途中で交代しながらたたきながら歌いましょう!

 

では、今日のお話です。

カテキスタから質問です!
「今日は何の日?」
「父の日!」と、元気に答えてくれました。
……正解ですね…。でも、ここは教会学校…教会では“三位一体(さんみいったい)”の祭日です。

「イエス様は、神様のことを、“アッバ、父よ”と呼ばれ、わたしたちにも“アッバ父よ”と呼び掛けて祈りなさいと教えられました。」
「この前、イエスさまは天のお父様の所に昇られたけど、その時、『高いところからの力に覆われるまで、都にとどまっていなさい』と、弟子たちに伝え、弟子たちはマリア様と一緒に都にいて祈って待っていると、十日目に大風のような音がして、高いところからの力、聖霊に覆われたのでした。」

「“三位(さんみ)”とは、イエスさまが教えられた天の父と、イエスさまが約束されて私たちの所に降りてこられた聖霊、そしてイエスさまご自身、です。」

「天の父と、御子イエス様と、聖霊の考えておられることは、同じです。それは、わたしたちのことが大好き!いつも私たちのことを思っておられる、元気かな、大丈夫かなと。」

 

ここで十字の切り方を復習しましょう。

「父と子と聖霊のみ名によって。アーメン」の意味を覚えていますか?
この言葉で十字を切るのは、父と子と聖霊(三位一体の神さま)が、悪いものからわたしたちを守ってくださいますようにということです。
そして、もう一つ意味があります。
天の父と、イエスさまと聖霊さまはいつも語り合っておられます。いつも交わっておられます。その中にわたしたちも入って、ひとつになることができますようにという意味です。

 

 

最後に歌を歌いましょう。
最後の歌は、「大風のように」です。 聖霊さまがわたしたちの心に来てくださいますように思いを込めて、歌いましょう!

 

みんな、三位一体の意味わかった?
実は、三位一体の神という考え方は、大人でも難しいです。神様のことを完全に理解することは、私たち人間には出来ないからです。
でも、「神様は私たちが大好きで、いつも守ってあげたい」と思ってくれていることを覚えておきましょう。そして、私たちもいつも神様と一緒にいられるように、神様の子どもとして、恥ずかしくないことをしましょう。

では、今日はこれでおしまい!
来週は、キリストの聖体、みんなの仲間が初聖体を受けます!
みんな元気に集まってください!