|  |  |  |

本日、ヨゼフ会主催で(第1回勉強会に引き続き)2017年第2回目の勉強会が行われました。

 

前回と同じくグアダルペ宣教会のイグナシオ神父様(中央協議会)にお越しいただき、15時から18時まで3時間にわたって、「新約聖書にみるカトリック教会の共同体性」という題でお話しいただきました。悪天候にも関わらず、前回を上回る34名の方にご参加いただき、楽しい時間を過ごすことができました。

イグナシオ神父様のお話に、熱心に聞き入る参加者のみなさんです。

ヨゼフ会勉強会 第二回風景

 

以下簡単に内容をまとめます。

  • 新約聖書で、イエスは12人の弟子を選び出し、派遣します。(マタイ10:1-4)これが「新しい神の民」の始まりです。ここで、12という数字は旧約聖書の12部族と対比されています。
  • マタイ 18:15-20も大事です。イエスの名によって集まるところ(共同体・教会)には、イエスもいらっしゃいます。そこにはイエスの恵みがあります。
  • 12人の弟子には聖霊が降り、全世界に福音を伝えることができるようになります。(使2:1-12)これは、新しい神の民は全世界の人が対象であることを意味します。
  • ルカ24:13-35(エマオでイエスが現れる話)で、イエスのいない状態に戻ろうとしている二人の弟子に対して、イエスは「戻れ」とは言わずに一緒に歩いてくださいます。イエスは共同体と一緒に歩いてくれます。
  • 共同体のなかで、イエスは仕えるものとして、いてくださいます。(マタイ20:20-28)私たちもイエスにゆだねましょう。

・ミサは共同体・教会にとって一番大事なものです。(ルカ 22:14-23)ミサがなければ私たち共同体の意味はありません。また、ミサは義務ではなく権利です。食事をとるのが義務ではないのと同じです。

 

まとめとして、つぎの3つの質問をみんなで考えました。

  • 旧約の神の民と新約の神の民の違いはどこにあるか。
  • 旧約の神の民と新約の神の民の共通点はなにか。
  • 教会にとって一番大事なことはなにか。

みなさんはどのように考えますか?

 

いろいろと考えされられる、いい勉強会でした。

勉強会はシリーズとして、引き続きイグナシオ神父様にお話をいただきます。

これからは次のような観点でお話をいただく予定です。

  • 組織的な観点からみるカトリック教会の共同体性
  • 霊的な観点からみるカトリック教会の共同体性
  • 教皇フランシスコのお言葉から考えるカトリック教会の共同体性

次の勉強会は来年になります。日にちは決まり次第、ご連絡差し上げます。

みなさんのご参加をお待ちしています。

 




 |  |  |  |

聖ミカエル祭の準備のため、ヨゼフ会はテントの設営、物販物の搬入・様々な荷物を運んだり、用意・確認ししたりしました。
10月9日には、亀有教会にテントをお借りしに行きました。また、バザーの前日である今日は、まず、午前中に集合し、買い出しをしました。

 

午後1時半、バザー委員の指示のもと、テントの設営、物販物の搬入・様々な荷物を運びます。

 
力仕事は、ヨゼフ会の担当です。
テーブルやイス…

 

物販品の搬入…

 

テントの設営…

 

マイクなどの音響を整えたり…

 

会場となる幼稚園でのセッティングもマリア会の方々と協力して行います。

 

 

様々な準備を行いました。
明日は、多くの方々のご来場をお待ちしています!




 |  |  |  |

今年も、9月9日(土)、10日(日)に、ヨゼフ会錬成会が行われました。
昨年に続き、松戸教会・亀有教会の合同で行われ、亀有教会からは松田神父様、そして、2名の方々の参加があり、総勢20名で練成会を行いました。

 

 

午前7時に集合し、企画担当者から説明を受け、行程の確認を行います。

 

出発前に、聖堂にて、9月2日に帰天された第6代主任司祭小川拓郎神父様のために祈りを捧げました。

 

そして、荷物を積み込み、5台の車に分乗して松戸教会を出発しました。

 

さほど長い渋滞にもあわず、予定より早く関越道の花園ICを下り、昼食会場に到着。昼食は握り寿司とざるそばのセット。

 

 

午後は、秩父市の武甲酒造を見学、工場を見学後、試飲。楽しみにしていた人も多く、ドライバー以外は美酒を堪能しました。

 

 

 

 

15時前に目的地であるおくちちぶ両神キャンプ場に到着しました。

 

 

 

食材の買い出しチームが着いた後、全員で手分けして夕食準備をします。

 

 

バーベキュー料理ができ、松田神父様の食前の祈りで、懇親会がスタート。

 

 

幹事の新企画で、プロジェクターを使っての参加者紹介、過去の錬成会写真の投影があり、大変盛り上がりました。そして、深夜まで、幾つかのグループに分かれ、懇談が続きました。

 

 

 

 

2日目、まずは朝食づくり。

 

松田神父様のお導きで、食前の祈りを唱え、朝食を頂きます。

 

 

 

そして、8時前にキャンプ場を出発。秩父市中心部にあるカトリック秩父教会を訪問しました。

 

 

ここは巡回教会で主日のミサは午後ですが、許可を得て、松田神父様の司式により御ミサを行わせていただきました。

 

ことばの典礼…

 

共同祈願を唱え、心を1つにして祈りを捧げます。

 

 

 

 

ミサ後、信徒の方々が茶菓でもてなしてくださいました。そして、秩父教会前で、記念撮影!

 

 

 

 

この後、満願の湯に移動し、汗を流し、それぞれで昼食を食べました。

 

 

13時前に出発。道の駅花園に寄り、買い物をし、帰路につきました。16時前に無事、松戸教会に帰着。

 

 

 

2日間とも天候に恵まれ、幹事団の尽力により計画どおり進行し、無事に錬成会を終えることができました。
亀有教会の松田神父様やヨゼフ会の方々との交流がさらに深まり、実り多い錬成会になりました。

 

 

ヨゼフ会では、随時会員を募集しています。松戸教会信徒の成年男子は、全員有資格者となりますので、ぜひ多くの方に入会して頂き、共に松戸教会を盛り上げていけたらと思っています。

 

 

 




 |  |  |  |

ヨゼフ会主催の勉強会(2017年度 第1回)が8月19日 15:00から17:00まで開催されました。

中央協議会のイグナシオ神父様(グアダルベ宣教会)にお越しいただき、カトリック教会における共同体性について考えるシリーズの第1回目として、「聖書に見られるカトリック教会の共同体性」という題で講義をしていただき、そのあと分かち合いを行いました。参加者は30名でした。

講義風景です。みなさん真剣に聞き入っています。

今回は主に旧約聖書における共同体性についてお話をいただきました。

最初に、集団、団体と共同体の違いについてご説明いただきました。集団はただの集まりであるのに対して、団体はある目的に向かってまとまった集団であると言えます。団体では一人、一人の個性は重要でなく、役割のために個性をなくすことを求められます。一方、共同体は団体と同じようにある目的に向かう集団ではありますが、目的を達成するために一人、一人が大事になります。そのために一人、一人の違いも大切になります。

次に、教会について、ご説明いただきました。教会はEcclesiaです。Ecclesia(エックレーシア)はギリシャにおける民会をあらわす単語です。一方、聖書における教会の意味は神の呼びかけによって呼び集められた人々(信者)とその集会のことになります。

そして、旧約聖書における共同体性の説明に移りました。「神の民」「12部族」「約束の地」「律法」「儀式」「救いの歴史」「契約」の7つのキーワードを元に、わかりやすく説明していただきました。

最後にグループに分かれて、学んだことの分かち合いを行い、まとめてグループごとに発表しました。その後、神父様に全体をまとめていただき、勉強会が終了となりました。

共同体性をキーワードとして、教会の本質について神父様に大変わかりやすく説明していただき、たいへんよい勉強会となりました。(参加いただいた皆さんからもそのような声を多く寄せていただきました。)次回はいよいよ新約聖書での説明となります。第2回からの参加も歓迎です。より多くの皆さんの参加をお待ちしております。

次回は10月28日の開催となります。

詳細はまた追って、ホームページでもお知らせいたします。




 |  |  |  |

ワックスがけの終了後、暑気払いが行われました。
鉄板焼き用のお肉や焼きそばを台所で用意し、鉄板で焼いていきます!

 

 

会が始まる前に、今病気を療養されている小川神父様や信者の方々のために、祈りを捧げました。

フィリップ神父様のお導きで、アヴェマリアの祈りを10回唱えた後、病人のための祈りを唱えました。

病人のための祈り

神よ、御ひとり子は、
すべての人の弱さと貧しさをご自分の肩に背負われ、神秘に満ちた苦しみの価値を、わたしたちに示してくださいました。
病に苦しむ兄弟姉妹(小川神父様)を、祝福してください。
不安と苦しみの中にあって、孤独に打ちひしがれることがありませんように。
心と体をいやしてくださる主イエス・キリストに結ばれて、苦しむ人々に約束されているあなたの慰めと励ましを得ることができますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって。
アーメン。

 

 

祈りをささげた後、地下ホールに移動し、懇親会のスタートです。

会長から挨拶があり、乾杯!

 

暑い中、ワックスがけに参加したメンバーがお互いの健闘を讃え、また、懇親を深めます。

 

会の最後に、長老の方々からお話を伺いました。
キリスト者の先輩として、人生の先輩としてのメッセージを頂きました。

 

 

今回は、暑い中、多くの方々に集まって頂き、ありがとうございました。
9月には、錬成会も行われます。(昨年の錬成会)錬成会の方にも是非ご参加ください。

 

松戸教会所属の成人男性信徒は、みなさん、ヨゼフ会に入会出来ますので、是非、多くの方に入会して頂き、ご一緒に今後も様々な活動を行いたいと考えています。たくさんの方々の入会・ご参加をお待ちしています。