|  |  |  |

本日、イグナシオ神父様を迎えて、ヨゼフ会勉強会が開催されました。
勉強会はカトリック教会における共同体性を考えるシリーズの最終回(第4回)として行なわれ、「教皇フランシスコからの呼びかけ -現代に生きる教会共同体への問いかけー」というテーマでお話をいただきました。22名の参加をいただき、楽しい勉強会となりました。

今回の勉強会は、大きく分けて、次の4つのテーマでお話をいただきました。

  1. フランシスコとは誰ですか? - 教皇フランシスコの人物像
  2. 非ヨーロッパ人が教皇に任命されたことの意義
  3. 教皇が現代の教会共同体に求めているもの
  4. 教皇の発した4つの文書について

 

 

以下要点をまとめます。

〇フランシスコとは誰ですか

・フランシスコは移民者の子です。
⇒ イタリア移民の伝統的なカトリックの大家族で育った。
・フランシスコはイエズス会士です。
⇒ 修道司祭で、共同体的なものの見方をする。養成・育成に力を入れる。行動的である。
・フランシスコはブエノスアイレスの大司教でした。
⇒ 当時は軍事政権

 

 

〇非ヨーロッパ人が教皇に任命されたことの意義

⇒ 1272年ぶり。世界に開かれた教会。

 

 

〇教皇が現代の教会共同体に求めるもの

・外に出向いていく教会
⇒ 排除されている人のもとに行く、無視され、小さくされている人のところに行く。
・司牧的なケアを大切にする
⇒ 特に老人、子ども、青年、障碍者
・神のいつくしみを生きる
⇒ そしてそれを述べ伝える
・福音的なセラピーを行う。
⇒ 特に悩んでいる人、苦しんでいる人のために
・世界的、グローバル的なビジョンをもってキリストのメッセージを生きる。
⇒ 核兵器、迫害、難民

 

 

〇教皇の発布された4つの文書を読みましょう。

・「福音の喜び」
⇒ 福音宣教について
・「ラウダート・シ」
⇒ 環境について
・「愛のよろこび」
⇒ 家族、愛について
・「喜びなさい、大いに喜びなさい」(未翻訳)
⇒ 聖性について

 

 

教皇フランシスコの生い立ちと背景について、わかりやすく教えていただきました。
教皇の言葉について、もっと学んでいこうと思いました。

 

 

 

 

勉強会の後、ミサを司式していただきました。

 

ミサ後、打ち上げ…

イグナシオ神父様、本当にありがとうございました。
またよろしくお願いいたします!




 |  |  |  |

ヨゼフ会主催の勉強会がグアダルペ宣教会のイグナシオ神父様をお招きして、下記の日程で行われます。シリーズで行っている勉強会ではありますが、初めてお聞きになってもお分かりいただける内容です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

題目
シリーズ カトリック教会における共同体性(最終回)
教皇フランシスコからの呼びかけー現代に生きる教会共同体への問いかけ
内容
  1. フランシスコとは誰ですか?
  2. 非ヨーロッパ人が教皇に任命されたことの意味
  3. 教皇が私たちや現代社会そのものに求めているもの
  4. 教皇の発した「4つの文書」を理解しよう
日時 6月16日(土) 15時から18時まで
場所 カトリック松戸教会 地下ホール
講師 イグナシオ・マルティネス神父(中央協議会/グアダルペ宣教会)



 |  |  |  |

聖木曜日「主の晩餐の夕べのミサ」、聖金曜日「主の受難の祭儀」、そして、復活の聖なる徹夜祭が行われるこの過越の聖なる三日間のために、当日の午後5時半から、侍者を担当する方々に集まって頂き、フィリップ神父様のご指導のもと、典礼の式次第の確認をし、本番に備えました。

 

主の晩餐の夕べのミサでは、洗足式、ご聖体を仮祭壇へ移動することについて、確認が行われました。
その際の侍者の動き等に関し、司祭より指示がありました。

 

主の受難の祭儀では、十字架礼拝、仮祭壇からのご聖体の移動について、司祭から指示がありました。
1年で唯一ミサの行われない聖金曜日の祭儀は、普段のミサとは全く違うものとなります。始めて聖週間の侍者を行う青年や高校生とも役割などを詳細に確認しました。

 

復活の聖なる徹夜祭は、光の祭儀、洗礼式などについて細かに司祭から指示を頂きました。
先唱者も参加し、典礼の頂点である復活の聖なる徹夜祭のために詳細な箇所まで確認し、滞りなく行えるようにしました。

 

このようにヨゼフ会は、2018年の過越の聖なる三日間のミサ・祭儀が、聖週間のための侍者会を行い、滞りなく行われるように、奉仕しています。




 |  |  |  |

毎年、聖週間直前の土曜日、松戸教会では、大掃除を行い、聖週間を迎える準備を整えます。

ヨゼフ会は、聖堂などの普段手が届かない様々な箇所や力仕事などの担当です。

 

四旬節の大掃除では、昨年8月にワックスがけをしたこともあり、聖堂やエントランスホールや地下ホールでの力仕事や高い所を綺麗にするのみです。

 

まず、全員集まり、役割分担を行います。

 

そして、各々、担当の箇所で大掃除に参加しました。

今年も、多くの方に集まって頂き、短い時間で終わらせることが出来ました。来年もよろしくお願い致します。




 |  |  |  |

本日、ヨゼフ会主催で、シリーズ第3回目の勉強会が行われました。

 

講義風景です。

前回と同じくグアダルペ宣教会のイグナシオ神父様(中央協議会)にお越しいただき、15時から18時まで3時間にわたって、「現代教会におけるキリストのからだである教会共同体の役割について」という題でお話しいただきました。今回は12名の方にご参加いただき、密度の濃い時間を過ごすことができました。

 

以下簡単に内容をまとめます。

まず、全体の前置きがありました。

  • 教会共同体は神、人間、世界と関わります。また、神、人間、世界はお互いに関わり合います。
  • 教会には組織的な要素と霊的な要素と救いの手段としての要素があります。これらはそれぞれ王、祭司、預言者のキリスト三職務に通じます。
  • 教会の歩みは一直線に進んできたわけではありません。らせん的に上がったり下がったりしながらも、キリストの愛によって神の国に向かって歩み続けています。

 

教会の組織的な要素としては次のような内容でした。

  • 教会共同体の民は天国を目指してこの世を一時的に通過する寄留者です。イスラエルの民がそうであったように、です。今の悩みは一時的なものです。いずれ、みんな父のふところに帰るからです。
  • 教会共同体は、さまざまな国や民族の文化に「受肉」します。「受肉」は神がキリストとして人間になったことですが、文化に「受肉」するということは、キリストがその文化に入っていくことを言います。
  • 教会共同体のメンバーは同じキリストの弟子であり、みんな平等です。ただし、それぞれの役割や責任は異なります。共同体のメンバーはキリストとともにあって、王であり、祭司であり、預言者です。

 

教会の救いの手段(秘跡)については次のような内容でした。

  • 秘跡はキリスト者の信仰の原点です。すべては父なる神の愛から始まります。父なる神の愛がキリストの受肉となり、イエス・キリストを唯一の仲介者として聖霊の導きによって教会での秘跡が行われます。
  • 秘跡により父なる神が一人一人の現実に近づくことができます。
  • カトリック教会では人生と関連した7つの秘跡があります。
  1.  誕生(洗礼)
  2.  成長して大人として生きる(堅信)
  3.  神と一致して生きるための糧(聖体)
  4.  自分のすべてを世界のために神様にささげる(叙階)
  5.  永遠の愛を生きる(結婚)
  6.  ゆるされる喜び(ゆるし)
  7.  病気と直面するとき(病者の塗油)

 

教会の霊的な要素については次のような説明がありました。

  • 教会共同体は祈りを捧げます。典礼により神の永遠の流れと人間の時間と空間が一つになります。
  • ミサ聖祭では二つの食卓で二つのパンをいただきます。(みことば(聖書)とご聖体)

だいぶ難しい内容ではありましたが、わかりやすく説明していただき、なるほどと思える勉強会でした。今回は人数が少なめだったこともあり、フランクな雰囲気で勉強会を進めることができたと思います。

次の勉強会はシリーズ最終回として、引き続きイグナシオ神父様に教えていただきます。教皇フランシスコの言葉から共同体について考えていく内容となります。6月16日(土)に15時から18時まで3時間かけて勉強いたします。皆さんのご参加をお待ちいたします。