|  |  |  |

ヨゼフ会主催の勉強会(2017年度 第1回)が8月19日 15:00から17:00まで開催されました。

中央協議会のイグナシオ神父様(グアダルベ宣教会)にお越しいただき、カトリック教会における共同体性について考えるシリーズの第1回目として、「聖書に見られるカトリック教会の共同体性」という題で講義をしていただき、そのあと分かち合いを行いました。参加者は30名でした。

講義風景です。みなさん真剣に聞き入っています。

今回は主に旧約聖書における共同体性についてお話をいただきました。

最初に、集団、団体と共同体の違いについてご説明いただきました。集団はただの集まりであるのに対して、団体はある目的に向かってまとまった集団であると言えます。団体では一人、一人の個性は重要でなく、役割のために個性をなくすことを求められます。一方、共同体は団体と同じようにある目的に向かう集団ではありますが、目的を達成するために一人、一人が大事になります。そのために一人、一人の違いも大切になります。

次に、教会について、ご説明いただきました。教会はEcclesiaです。Ecclesia(エックレーシア)はギリシャにおける民会をあらわす単語です。一方、聖書における教会の意味は神の呼びかけによって呼び集められた人々(信者)とその集会のことになります。

そして、旧約聖書における共同体性の説明に移りました。「神の民」「12部族」「約束の地」「律法」「儀式」「救いの歴史」「契約」の7つのキーワードを元に、わかりやすく説明していただきました。

最後にグループに分かれて、学んだことの分かち合いを行い、まとめてグループごとに発表しました。その後、神父様に全体をまとめていただき、勉強会が終了となりました。

共同体性をキーワードとして、教会の本質について神父様に大変わかりやすく説明していただき、たいへんよい勉強会となりました。(参加いただいた皆さんからもそのような声を多く寄せていただきました。)次回はいよいよ新約聖書での説明となります。第2回からの参加も歓迎です。より多くの皆さんの参加をお待ちしております。

次回は10月28日の開催となります。

詳細はまた追って、ホームページでもお知らせいたします。




 |  |  |  |

ワックスがけの終了後、暑気払いが行われました。
鉄板焼き用のお肉や焼きそばを台所で用意し、鉄板で焼いていきます!

 

 

会が始まる前に、今病気を療養されている小川神父様や信者の方々のために、祈りを捧げました。

フィリップ神父様のお導きで、アヴェマリアの祈りを10回唱えた後、病人のための祈りを唱えました。

病人のための祈り

神よ、御ひとり子は、
すべての人の弱さと貧しさをご自分の肩に背負われ、神秘に満ちた苦しみの価値を、わたしたちに示してくださいました。
病に苦しむ兄弟姉妹(小川神父様)を、祝福してください。
不安と苦しみの中にあって、孤独に打ちひしがれることがありませんように。
心と体をいやしてくださる主イエス・キリストに結ばれて、苦しむ人々に約束されているあなたの慰めと励ましを得ることができますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって。
アーメン。

 

 

祈りをささげた後、地下ホールに移動し、懇親会のスタートです。

会長から挨拶があり、乾杯!

 

暑い中、ワックスがけに参加したメンバーがお互いの健闘を讃え、また、懇親を深めます。

 

会の最後に、長老の方々からお話を伺いました。
キリスト者の先輩として、人生の先輩としてのメッセージを頂きました。

 

 

今回は、暑い中、多くの方々に集まって頂き、ありがとうございました。
9月には、錬成会も行われます。(昨年の錬成会)錬成会の方にも是非ご参加ください。

 

松戸教会所属の成人男性信徒は、みなさん、ヨゼフ会に入会出来ますので、是非、多くの方に入会して頂き、ご一緒に今後も様々な活動を行いたいと考えています。たくさんの方々の入会・ご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

本日、午前10時から聖堂のワックスがけを行いました。
昨年度から、四旬節、待降節の大掃除で行っていたワックスがけを、夏の暑い時期に行う事となり、ヨゼフ会の年間活動となりました。

 

御聖堂グループです。
長イスを移動し、ワックスがけを行います。

 

 

こちらは、地下ホールグループです。
机やソファなど様々なモノを外に出し、ワックスがけを行います。

 

 

多くの方々に集まって頂き、無事予定通りお昼頃にはワックスがけを終わらせることが出来ました。
来年以降も続けることになると思います。その際には、よろしくお願い致します。




 |  |  |  |

復活の聖なる徹夜祭の前、午後5時半よりフィリップ神父様、李助祭、典礼委員と一緒に、徹夜祭の奉仕者が集まり、打合せを行いました。

典礼の流れを確認し、2時間を超えるミサが、滞りなく、行われるように、詳細に自分の役割を確認し、本番に備えました。

 

光の祭儀の行われるルルドにも実際に立ち、様々な点について確認を行いました。

 

 

復活の聖なる徹夜祭は、典礼の中心であり、教会のなかでも、もっとも大きな行事です。
多くの方に参加して頂けたらと思います。

 

ヨゼフ会のメンバーは、このように教会の行事に積極的に参加しています。
今日新しく受洗・転籍された方々も、是非ご参加ください。




 |  |  |  |

今日の午後5時半から、主の受難の祭儀で祭壇奉仕を行うメンバーが、フィリップ神父様、李助祭、そして、典礼委員会の方々と打ち合わせを行いました。

 

 

フィリップ神父様から直接細かく指示を頂き、祭儀が滞りなく進められるよう、様々な確認を行いました。
普段行われるミサとは違いますので、(聖金曜日にミサは行われません)より綿密な打ち合わせが必要になります。

 

特に十字架の顕示、十字架への礼拝に関しては、丁寧に行われます。

 

ヨゼフ会のメンバーは、このように教会の行事に積極的に参加しています。
新しく受洗・転籍された方々も、是非ご入会ください。