|  |  |  |

本日、東葛飾宣教協力体(豊四季亀有・松戸)の平和を願うミサが、亀有教会にて、豊四季教会の立花神父様、亀有教会の松田神父様、そして、松戸教会の伊藤神父様の共同司式で行われ、松戸教会からも多くの信徒が参加しました。

このミサは、終戦の日を迎えるこの時期に、平和を願い、共に祈りを捧げ、3つの教会の信徒の『交わり』を通して、お互いの理解と協力を深めるために捧げられます。

 

 

午前10時半、ミサが開祭されました。

集会祈願

正義と平和の源である神よ、あなたは争いを憎み、思い上がるものを打ち砕かれます。世界を悪の力から守り、苦しみと涙を私たちから取り除いてください。すべての人が、あなたの子どもとして平和のうちに生きることが出来ますように。
聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、私たちの主 イエス・キリストによって。アーメン

 

ことばの典礼が集まります。

第1朗読

 

そして、福音朗読

 

 

第1朗読 エフィソの信徒への手紙 2章14~22節
福音朗読 マタイによる福音書 11章25~30節

 

 

お説教は、豊四季教会の立花神父様によって行われました。

お説教の中で、聖ヨハネ・パウロ2世やコルカタの聖テレジア(マザー・テレサ)の言葉を引用され、平和の大切さ、そして、私たちがキリスト者として行うべきことを説かれました。

 

共同祈願は、3教会のメンバーがそれぞれ1つずつ唱えました。

松戸教会の共同祈願

今、世界では自国第一主義が台頭し、わたしたちの先輩が決して戦争を起こさない理想の世界を目指していたことを忘れかけています。
父なる神がお造りになったこの美しい世界に感謝し、みことばの光に照らされたわたしたちが、次代を担う人々とともに、主に与えられた平和を実現するために働くことができますように。

 

 

 

 

感謝の典礼が行われます。

 

 

そして、平和を願う祈りが唱えられます。
「主イエス・キリスト、あなたは使徒に仰せになりました。『わたしは平和をあなたがたに残し、わたしの平和をあなたがたに与える。』わたしたちの罪ではなく教会の信仰を顧み、おことばの通り教会に平和と一致をお与えください。」

集まった3つの小教区の信徒が交わりを深め、平和の挨拶をかわします。

 

 

その後、ご聖体を拝領します。土曜日の午前中にもかかわらず、多くの方が参加し、共に平和を願いました。

 

 

 

ミサ後、コンベンツアル聖フランシスコ修道会のブラザーが作られたオリジナル曲を2曲披露してくださいました。

 

そして、亀有教会のフランシスコ館で懇親会が行われました。

 

「正義と平和」について考える良い機会になったと思います。

この期に、もう1度、世界中で笑顔が生まれるように、「平和」が広がるように…キリスト者として行動できるように願い、祈りましょう。




 |  |  |  |

本日、年間第19主日のミサは、東葛飾宣教協力体の司祭交流のため、豊四季教会の立花  昌和神父がいらっしゃり、司式してくださいました。

(伊藤神父様は亀有教会へ、亀有教会の松田神父様は豊四季教会にて司式されました)

司祭交流では、3度目のお越しとなりました。 お隣ということで、様々な場面でお世話になるとおもいますが、どうぞよろしくお願いいたします。
また、是非、松戸教会にお越しください。




 |  |  |  |

8月15日(水)、聖母の被昇天の祭日のミサは、午前10時半から行われます
ミサのなかでは、この一年間に帰天された方々への祈りを行います。

9時半よりロザリオの祈りを1環、唱えます。

なお、当日は、教会学校錬成会のため、子どもの奉仕するミサとなります。
ミサ開始、10分前より教会入り口聖母子像前から行列を行います。

 

Holy Mass celebrating the Assumption of the Blessed Virgin Mary is celebrated at 10:30 a.m. on Thursday, August 15th .
(the Rosary is prayed  from 9:30 a.m.)

 

 

聖母の被昇天とは…

聖母の被昇天の祝日は、1950年に「無原罪の聖母が地上の生涯の終わりにからだも魂もろとも天にあげられた」と教皇ピオ12世によって定義されたように、マリアが栄光につつまれて天国へ上げられたことを祝います。

聖母の被昇天は、マリアが神の母であることに由来します。マリアが神の母になったことが全世界にとって恵みであるように、マリアの被昇天は、神へと昇る全人類の被昇天のはじまりでもあるのです。

laudate(女子パウロ会)「聖母の被昇天」より

 

 

多くの方々のご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

下記のとおり、東葛飾宣教協力体(亀有豊四季・松戸)主催の「平和を願うミサ」が行われます。

 

日時  DATE

8月17日(SAT) August 17 10:30 a.m.

 

会場  PLACE

カトリック亀有教会 Kameari church

 

 

3つの教会の信徒の『交わり』を通して、お互いの理解と協力を深めましょう。

ミサは信者でなくても参加することが出来ます。平和を願い、共に祈りを捧げましょう。

多くの方々のご参加をお待ちしております。

 

Let us pray together to God for peace. Through fellowship,all the parishioners from our churches (KameariToyoshiki and Matsudo) may deepen our mutual understanding and cooperation.

We are looking forward to seeing all of you joining the Mass.

 

 

車でこられる方へのお願い  Attention

当日、会場の駐車場は利用できません。会場近隣の有料駐車場をご利用願います。

No parking space available on the day. Please use the pay parking lot near the church.




 |  |  |  |

8月6日から8月15日まで、カトリック平和旬間2019が行われます。

 

2018年平和旬間 日本カトリック司教協議会会長談話 “平和の問題に常に関心を”

 

祈りのリレーに参加しましょう。

 

また、東京教区では平和旬間の間に様々なプログラムが行われています。
講演会や平和巡礼ウォーク、平和を祈るミサなど企画されております。ぜひご参加下さい。

 

東葛飾宣教協力体(松戸・豊四季・亀有)では、8月17日(土)午前10時半から亀有教会で平和を願うミサが行われます。

 

 

平和のための祈り 2019

神よ、わたしを平和のために働く者としてください。
憎しみのあるところに愛を、
争いのあるところにゆるしを、
分裂のあるところに一致を、
疑いのあるところに信仰を、
誤っているところに真理を、
絶望のあるところに希望を、
闇に光を、悲しみのあるところに喜びをもたらす者としてください。
慰められるよりは慰めることを、
理解されるよりは理解することを、
愛されるよりは愛することを求めますように。
わたしたちは与えるから受け、
ゆるすからゆるされ、
すべてをささげて永遠のいのちをいただくのです。

出典 『カトリック儀式書 結婚式』( カトリック中央協議会 )