|  |  |  |

本日、年間第15主日の10時半のミサ後、今年洗礼・堅信を受けられた6名とその代父母、さらに、愛徳カルメル修道会のシスターたち、洗礼や堅信のための勉強会を担当したカテキスタをお招きし、「受洗・受堅を祝う会」が行われました。

 

冒頭、会の進行を務めるヨゼフ会副会長より、挨拶がありました。

 

そして、まず、フィリップ神父様により、ご挨拶を頂きました。
「洗礼や堅信は、スタート地点であり、キリスト者の道は始まったばかり」というお話がありました。

 

そして、フィリップ神父様が食前の祈りへと導かれました。

 

そして、ヨゼフ会副会長が乾杯の音頭をとり、乾杯!!

 

 

 

しばらく、参加者で食事を楽しみます。
代父母の方々や共に入門講座を過ごした方々と会話が弾んでいました。

 

 

 

受堅者・受洗者のみなさんに、司牧評議会委員長より挨拶がありました。
挨拶の中で、共同体に早く馴染んで貰えるように、教会の活動等、様々な説明が、委員長より行われました。

 

そして、ヨゼフ会会長・マリア会会長、青年の代表から、それぞれ挨拶があり、会の紹介と活動報告が行われました。
男性信徒はヨゼフ会、女性信徒はマリア会、そして、青年は青年の活動にそれぞれ入会・参加して頂き、教会での活動を活発に行って頂けたらと思います。

 

 

次に、受洗者・受堅者の方々から自己紹介が行われました。
自己紹介のために配られたカードに応えるかたちで、それぞれ挨拶して頂きました。

 

 

そして、金曜日と日曜日の入門講座、堅信講座を担当して下さったカテキスタ3人の方々からそれぞれご挨拶を頂きました。
カテキスタの皆さんも本当に喜ばれていましたね。
お話のなかであったように、何か信仰生活で困った事があれば、代父母さんやカテキスタの方々に相談していただければ幸いです。みんなで一緒に成長出来ればよいですね。

 

 

今回も、心得のある信徒の方々が点ててくださったお茶やお茶菓子をお出してくださいました。

 

実は今回も、昨年受堅・受洗した方々達は、この会に裏方として参加してくださっていました。

 

教会学校の子も今回はお手伝いしてくれました。

 

 

 

そして、代父母を代表して3名の方からお祝いの言葉頂きました。

 

 

今回スタッフとして裏方の仕事をしてくれた、『昨年度の受洗者・受堅者の方々』の紹介があり、お2人からお祝いの言葉と1年間信者として生活しての感想をお話して頂きました。

 

 

 

最後に、なんと今日誕生日を迎えられたお2人にサプライズでバースデーケーキをマリア会の方々が用意してくださいました!
しかも、代母と代子で同じ誕生日だったそうです!

お誕生日おめでとうございます!

 

 

終わりに、シスターが終わりの祈りへと導いてくださり、「いつも喜んでいなさい」を歌い、散会となりました。

 

 

 

最後にフィリップ神父様、愛徳カルメル修道会のシスターたち、受洗・受堅者の方々とその代父母、カテキスタの方々で記念撮影!

 

お手伝いしてくださったマリア会の方々や昨年の受洗・受堅者の方々も一緒に!

 

受洗者・受堅者と代父母がより関係を強くし、早く教会共同体に馴染んで頂けたらと思います。
教会共同体も皆さんとの関りがより強いものになるように、積極的に関わっていけたらと思います。




 |  |  |  |

青年有志たちで作っている同人誌「野ばら」の第13号が発刊されました。

「野ばら」は、2016年5月に創刊され、以来、1か月おき(奇数月)に発刊しています。
「野ばら」というタイトルは、この同人誌の発起人がつけたもので、マリア様をイメージしたものだそうです。

この同人誌の中で、青年達は、カトリック文学に挑戦しています。自分の信仰を内省し、祈りのように、書き上げています。

 

各号には、それぞれテーマを設け、執筆しています。
第14号は、「夏・夏休み・主の変容・聖母被昇天」をテーマに、詩や散文が収録されています。

 

PDF版も無料で配布しています。バックナンバーも取り揃えています。(リンク先よりダウンロードが出来ます)

 

 

毎号、巻頭作品は、前号の読者の方々から感想を頂いたなかで、一番評価が高かった同人の作品が掲載されます。
野ばらの巻末には、連絡用メールアドレスなどを載せていますので、感想等を、御寄せ頂けたら幸いです。




 |  |  |  |

 

各講座・勉強会のお知らせです。

 

キリスト教(入門)講座

講師:松戸教会 カテキスタ グループ

1年をかけて、キリスト教の基礎を学んでいきます。
洗礼を希望れる方、教会の教えについて知りたい方、聖書について興味ある方、キリスト教を基礎から学びたい信徒の方などを対象としています。
(注)日曜コースと金曜コースと内容は違いますが、どちらを受講しても洗礼を受けることが出来ます。

● 日曜コース

7月15日(日)まで。
9月2日(日)より、再開。

● 金曜コース

7月20日(金)まで。
9月7日(金)より、再開。

 

 

「愛のよろこびを味わう」(水曜日 午前10時より)

講師:フィリップ神父

教皇フランシスコの著書「愛のよろこび」をフィリップ神父の解説を交えながら、通読し、分かち合います。

7月18日(水)まで。
9月12日(水)より、再開。

 

主日のミサの朗読箇所の勉強会(木曜日 午後6時半より)

講師:フィリップ神父

次の週の主日のミサの朗読箇所を朗読し、フィリップ神父の解説を伺い、分かち合います。

7月19日(木)まで。
9月13日(木)より、再開。

 

宮原大地助祭の勉強会(土曜日 午後5時より)

講師:宮原 大地 助祭

聖ヨハネ・パウロ2世教皇の使徒的書簡「主の日ー日曜日の重要性」を教材に、その内容を宮原助祭が解説してくださり、日曜日の多様な側面を考察しつつ、その変わることのない価値と重要性を参加者で分かち合います。

7月7日(土)まで。
9月29日(木)より、再開。




 |  |  |  |

松戸教会では、毎月第1週の主日のミサのなかで、その月に誕生日を迎えられる方々の祝福を行っています。

 

今月は、フィリップ神父様がコロンバン会100周年記念行事のため、お留守にされていたので、本日、年間第13主日のミサのなかで油谷 弘幸神父様にお祈りを唱えて頂き、灌水して、祝福して頂きました。

ミサに与った方々からも祝福の拍手が送られました。
7月生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます!




 |  |  |  |

DSC00507

 

7月26日(木)10:00より、聖堂で聖体礼拝のミサと聖体賛美式が行われます。

The Benediction is administered from 10:00 on July 26.

 

聖体礼拝の会は、以下のように行われます。(神父様がお留守にされている時は、ミサが行われません)

 

多くの方の参加をお待ちしています。